« 祝福「荒川静香の結婚」! | トップページ | なぜタマティーのブログは30代の女性たちに人気があるのか? »

なんで過食症が起こるのか?

●過食症で苦しむ女性たち

 過食症とは、激しく飲食をした後に、嘔吐や下痢などの代償行為をしてしまう病気である。ただ単に激しく飲食するだけでは過食症にならない。それは「暴飲暴食」なのであって、厳密な意味で病気ではない。過食症の場合、飲食の後に嘔吐や下痢などをしてしまうからこそ、これは病気だと認定されたのである。

 過食症の歴史は非常に浅く、1979年にアメリカ合衆国のジェラルド・ラッセル教授によって提唱されたものである。過食症はアメリカ合衆国生まれであることを良く覚えておいて欲しい。過食症なんて病気はアメリカ合衆国が覇権を獲得する前に存在しなかった病気であるのだ。

 過食症に罹る割合は女性の方が圧倒的に多い。女性の脳は食欲中枢と性欲中枢が近い場所にあるために、年頃になって体型を気にするような年齢になると、過食症を発生してしまう可能性があるのだ。男性の方は脳の構造が違うために、暴飲暴食どまりであるのだ。因みに過度の飲酒好きの女性や肉食系の女性は過食症の予備軍であると言っていい。

 過食症はその正反対の拒食症に転ずることがある。過食症のために食事の度に嘔吐や下痢を繰り返すので、それで飲食を一切しないということになってしまうのだ。過食症と拒食症は同じ物であるということが解っていないと、これらの病気を別個に扱ってしまい、根治が難しくなってしまう。

 過食症の女性はそれだけ大量の食べ物を食べているのだから当然に肥満になる。しかしその肥満は病的な肥満で、「むくみ」「虫歯」「低血糖」「低血圧」「全身倦怠感」といった、その外見の姿から想像できないくらいに、体がおかしな状態になっているのだ。肥満になりたくないから嘔吐し続けてしまうと、今度は一転してガリガリの痩身になってしまう。

 過食症は悪化すると「病死」か「自殺」によってその生命に終止符が打たれることになる。だから過食症をただ単に暴飲暴食の病気だと思っていると、とんでもない間違いを起こしてしまうのだ。これは癌とか白血病のように「死の病」なのであって、死ぬ危険性があると理解した上で慎重に治療をしていかなければならないのだ。

●赤ちゃんの時に負った「心の傷」

 拒食症の女性たちには或る共通項がある。それは「離乳食の開始時期が早すぎた」ということなのである。人間は哺乳動物である以上、哺乳期間は原則として2年もの長期間に及ぶ。その間、赤ちゃんは母乳以外の飲み物を飲めないのだ。

 それなのに拒食症の女性たちは生後6ヵ月から離乳食を開始しているのである。なんでそんなにも早い時から離乳食を食べ始めたのかといえば、それは『母子手帳』にそう書かれてあったからなのである。因みに生後6ヵ月の赤ちゃんには歯は1本も生えていない。それなのに無理矢理に離乳食を食わそうとするのだ。

 生後6ヵ月の赤ちゃんに離乳食を与えるとどうなるのかといえば、母親が赤ちゃんの口に離乳食を入れても、赤ちゃんは吐いてしまう。たとえ飲み込んでくれたとしても、その後、嘔吐してしまう。嘔吐しなかったら、今度はアトピーを発症してしまうのである。

 この光景、何かに似ていませんか?

 そう! これは拒食症の女性が暴飲暴食の後に嘔吐を繰り返してしまう光景とそっくりなのである。赤ちゃんは母親から無理矢理に離乳食を食わされててしまったために、自分に「心の傷」を負ってしまったのである。母親の愛情は自分に無理矢理何かをすることだと思っているから、自分が大きくなって愛を欲しいと思った時に、暴飲暴食と嘔吐を繰り返すのである。

 日本は古来より、生後10ヵ月以降の赤ちゃんには離乳食を食べさせても良いという育児の習慣を持っていた。生後10ヵ月なら歯が1本ぐらいは生えて来ているし、離乳食を食べても免疫疾患の病気を引き起こす可能性が低くなるからだ。

 しかし日本政府がなんで日本の習慣を破り、生後6ヵ月からの離乳食を推奨するようになったのかといえば、それは『スポック博士の育児書』の意見を取り入れたからである。この本は育児書に於いて「史上最悪の悪書」と呼ばれているのだが、日本政府はこの本にまんまと騙されてしまったのである。

 この本はロックフェラー財団の支援によって作られた物であり、「人口削減計画」の一環として出された物なのである。彼らは人間の持つ育児の仕方を破壊してしまえば、人間は大きくなって病気だらけになって早死にするようになり、子孫を残さないと考えたからこそ、こんな悪書を作ったのである。

●アメリカ産の「危険な小麦粉」

 ロックフェラー財団は食糧面でも人口削減計画を推進しており、遺伝子の組み換えの小麦を作り、それを流通させてしまったのである。この小麦には食欲増進がプログラムされており、この小麦を食えば食欲が止まらなくなるのだ。この小麦が出回るようになってから、アメリカ合衆国ではデブが大量発生し始めたのである。

 小麦は炭水化物なのであって、人体にはそれほど必要な物ではない。パンなら1個か2個食べれば充分なのである。それ以上食べてしまうと、血糖値が上がり過ぎるので、人体は自然とストッパーが効くのである。ところが遺伝子を組み換えた小麦はそのストッパーが効かなくなってしまうのである。

 健康な体を持っていれば、アメリカ産の小麦を食べると胃がムカムカしてくる。しかし拒食症の女性は小麦の摂取量が多いために、ムカムカを通り越して、嘔吐してしまうのである。体はもうこれ以上、アメリカ産の小麦を食うのは危険と判断したからこそ、体は嘔吐で反応してくるのである。

 日本国内に国産小麦以外で流通している小麦粉は基本的にその大半がアメリカ産の小麦粉である。しかも学校給食では100%アメリカ産の小麦粉が使用される。このため日本人でありながら、アメリカ産の小麦粉を食う羽目になり、過食症の女性たちが出て来ることになってしまうのである。

 過食症や拒食症を発症している女性たちの大半がアメリカ人女性たちであるということを絶対に忘れてはならない。そして次いで日本人女性たちである。日本人でありながら、アメリカナイズされた生活を送ってしまったからこそ、こういう酷い目に遭わされているのである。

●病院での治療が治療になっていない

 過食症はアメリカ合衆国発の病気である。しかも或る悪魔的な邪悪な勢力が人工的にこの病気を作り、ばら撒いたのである。これはエイズと同じであって、彼等の人口削減計画というものが解っていないと、この人工的に作られた病気を解明していくことはできないのだ。

 過食症の原因が解っていないから、治療法がないのだ。過食症を治療する医者たちは「治療法」という言葉を使わず、「対処」という言葉を使っていることに着目しなければならない。過食症に対して治療法がないために、ただ単に過食症の症状がこれ以上悪化しないように対処しているだけなのである。

 悪質な医者になると、少し調べればこれはアメリカ生まれの病気だと解るのに、なぜだかそのことには触れず、日本の家族関係に問題があると問題を擦り変えて来るのだ。こうなるとその医者によって患者の家族関係が滅茶苦茶にされてしまうので、病院で治療を受ける時は患者の方に注意が必要なのである。

 過食症は「精神的な原因」「食品による原因」からなる。だから過食症の持つ精神的な所だけに着目してはならないし、逆に食品のことだけに着目してもならない。日本の医者は大学の医学部で医学を学んでも栄養学を学んでいないために、精神と食品が絡む病気に適切な治療法を打ち出せないのである。

 気をつけるべきは、過食症は悪循環を引き起こすということだ。所謂「過食症スパイラル」で、過食症の患者が病院で治療を受けているのに、なぜだか過食症の症状が余計に悪化して行ってしまうのだ。また過食症は一転すると拒食症になってしまうので、今度は「拒食症スパイラル」を引き起こしてしまうようになるのだ。

 過食症にしても拒食症にしても、放置しておくと病死や自殺を引き起こすことになるということを絶対に忘れてはならない。医者と雖も確実に治療できないのなら自分の非を認めて交代すべきなのであって、それなのにダラダラと治療を遣り続けてはならないのだ。

●過食症の治療法

①アメリカ産の小麦粉を徹底的に抜く

 過食症の治療ではまずアメリカ産の小麦粉を徹底的に抜くことが必要である。過食症の女性はアメリカ産の小麦粉に体が反応してしまうのである。だから国産の小麦粉の切り替えるようにすることだ。少なくとも主食でパンやうどんを食べるのをやめることだ。これらの物にはアメリカ産の小麦粉が使われているからだ。

 外食の際には注意点を要する。自宅ではアメリカ産の小麦粉を除去できても、外ではそれがなかなかできないからだ。その際、主食を抜かしてオカズだけ食べるようにすることだ。炭水化物を極端に減らしてしまえば、体は脂肪や蛋白質を消化吸収することを最優先するので、多少、アメリカ産の小麦粉が入ってきても、辛うじて安全性を保つことができるのである。

②正食を心掛ける

 次に正食を心掛けるようにすることだ。「正食」と「病院で言われているような栄養バランスの取れた食事」とは違う。正食というのは、主食に果物や無精白穀物を使用し、そこに味噌汁などのスープ類、そして野菜や肉や魚とったオカズを揃えた食事であるのだ。

 人間は本来「果実食動物」なので、果物をしっかりと食べていないと、体が異常を起こしてしまうのである。過食症の女性たちは果物の摂取量が余りにも少なすぎる。朝起きて、朝の排便が終わったのなら、朝食を食うのだが、その際には果物から食べるようにすべきなのである。

 無精白穀物では、「玄米プラス押麦」のコンビがお勧めである。玄米プラス押麦だと必要な栄養が足りるからだ。玄米は一昼夜水に浸すと柔らかくなる。玄米と押麦の割合は半々である。そこに大豆を入れてもいいし、黍や粟を入れてもいい。要は白パンだけとか、白米だけとかにしてしまわないようにすることだ。

 食事の際は、野菜は勿論のこと、肉や魚をしっかりと食うことだ。過食症のためにデブであっても、筋肉量があれば充分に代謝することができるのである。また過食症のために痩せてしまったとしても、筋肉量があれば病気を治して行くことが可能になるのだ。

 食事は三食同じではなく、朝食と昼食は炭水化物中心、夕食は蛋白質中心にすることだ。極端なことを言ってしまえば、夕食時に炭水化物は要らない。なぜそういう食事にすべきかというと、過食症の女性は既に炭水化物が充分に足りているので、夕食時にはもう炭水化物が要らないからだ。

 それと過食症を治して行くためには間食を絶対にやめることだ。間食ではお菓子を食ってしまうので、それだと炭水化物が過剰になってしまうのである。日中はウォーキングを必ずすることだ。できることならサウナにでも行って汗を流しまくることだ、もしもどうしても間食したいのなら「木の実」を食うようにすればいい。

 食事の度に食べた物を記録していく。これをやると自分が何を食べたかが解るので、自然と食事量が減るのだ。何も考えずに無闇に食いまくっているからこそ、大量に食べてしまうのであって、自分が考えながら食べれば自然と食事量の必要量に落ちて行くのだ。

③咀嚼回数を増やす

 過食症の女性には食べ物を飲み込む癖がある。これは赤ちゃんの頃から母親に躾けられてしまった癖なので、この癖をなんとかしてやめるように持っていくことだ。咀嚼回数を増やし、箸を置いて、一口三十回以上噛むようにすることだ。

 お勧めは「スジ肉」や「スルメ」や「干し肉」や「鮭の燻製」を使って、咀嚼の練習をすることだ。今まで食べ物を飲み込んで来てしまったために、顎の筋肉が弱体化しているのである。最初は顎が痛いだろうが、それだけ顎に筋肉がついていないってことなのである。

 咀嚼回数が増えれば、食後の嘔吐をやめることができる。大して咀嚼せずに食べ物を飲み込んでしまったたがために、胃がビックリしてしまい、嘔吐しようとするのである。嘔吐するということは、それだけ咀嚼していないってことなのである。

④定期的に断食をする

 過食症の女性たちは食事は充分に満たされているのに、激しい空腹感に襲われているのだが、この時に敢えて定期的な断食をすべきなのである。断食をすることによって、その空腹感にブレーキをかけ、空腹感が激しくならないように抑えるのである。

 お勧めは、「日中断食」と「フルーツ断食」の組み合わせである。朝食と夕食を食べるのは許されるが、朝食と夕食の間は一切の飲食物が禁止される。しかも朝食と夕食は果物だけであって、これによって内臓を休ませてあげるのである。週1日ペースでやれば、確実に空腹感が収まって行くことになるのだ。

⑤母親に自分をどう産み育てたかを聞く

 過食症治療の最後が自分の心の傷を癒して行くことだ。過食症の女性は自分が赤ちゃんの時に母親から無理矢理に食べ物を食べさせられてしまったために心の傷を負ってしまったのであるが、自分がどう産み育てられたかを知ることで、心の傷を癒して行くのだ。

 この治療法には選択肢がたった2つしかない。「母子の関係を修復する」か「母子の関係の修復を諦める」ことだ。生後6ヵ月の赤ちゃんに無理矢理に離乳食を食わすような母親は、母親として未熟者であるということを決して忘れてはならない。母親は完璧な女性ではないのだ。

 母子の関係を修復できるのなら修復すべきである。しかし母子の関係を修復できないのなら、自分の母親と別れて、できる限り接触しないようにすることだ。拒食症の女性にしてみれば、自分に母性愛をくれなかった母親であっても、自分の母親である以上、どうしても自分の母親から愛されたいと思ってしまうのである。

 この心の傷を治す営みは必ず「痛み」を伴う。しかも「激しい痛み」だ。ノートに自分の心の内を書き綴ったりして、時間をかけて心の傷を癒して行くしかないのだ。自分の母親が自分の心にl傷をつけたかもしれないが、自分の心は飽くまでも自分の物であって、それをどうするかは自分で決めていくしかないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 祝福「荒川静香の結婚」! | トップページ | なぜタマティーのブログは30代の女性たちに人気があるのか? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今回の記事も、参考になることばかりで娘に重ねて読んでいたのですが、娘は生後9ヶ月くらいから無理やり姑に「ご飯にも慣れていってもらわないと」と半ば強引に食べさせられていました。家では母乳のみでしたが、心の傷が心配です。
不注意で火傷を負わせてしまったこともあって、心にまで傷を負わせたくありません。
9ヶ月くらいなら、10ヶ月とあまり変わりませんか?どう思われるでしょうか?

投稿: ひろこ | 2014年1月10日 (金) 09時14分

タマティさま

とても興味深く読ませていただきました。当方は過食、拒食とも幸い無縁ですが、知り合いになってしまった方がいて、ストレスか好き嫌いなのかなと楽観視していました。先入観は怖いですね。。
アメリカ産の小麦、気を付けます。戦後、パン食が増えたのはおしゃれ、手軽、欧米への憧れの背景に、パン食にみあう味覚を作ることが意図されていたと何かで知りました。パンには海草や味噌、ゴマや魚はあわず、オイルや肉、甘いジャム、ミルクがあうためそれらを輸入させて貿易を潤すためとか。すいません、タマティさまの記事で拝見した気がします。。(笑)

一歳半の息子は炊き込みご飯(玄米と押し麦)が大好きです。とくにひじきと大豆、きんぴらの炊き込みご飯が(笑)
本年もよろしくお願いします。

投稿: ヤマヨ | 2014年1月10日 (金) 16時48分

ひろこさん、心配し過ぎ。happy01

それは「心の傷」というより、「デブの元」ですから。
そうやって無理矢理に食わしたからこそ、旦那さんはデブデブになったんじゃ~!

この話題でも旦那さんに話して、笑いを取ろう!

投稿: タマティー | 2014年1月10日 (金) 17時32分

タマティー様。
過食、拒食
どちらも経験のある私。そして
生後7ヶ月になる娘がいるので
今回もとても興味深く読ませていただきました。
ひとつ質問させてください。
娘の離乳食は一才まであげないつもりが。
大人の食事風景を見て、よだれを出して口をもごもご。噛み噛みするしぐさが増えたので
六ヶ月半から、重湯、または液体状に潰したおかゆをあげ始めました。
今日で10日目です。


食後、30分くらいで、あそびながら、少~しだけ吐くので、やはり早すぎなのでしょうか。。
いつも、大さじ2くらい食べてます。
スプーンに慣れさせる目的だけなので、食べる量は少なくても気になりませんが、重湯だけを練習程度に続けて、野菜は、まだまだ先が良いのか。。。
離乳食を始めたばかりでこの記事に出会ったので、見直そうか悩んでいます。
本人は、食べながら泣いたり嫌がったりしません。ほーーーんの少しだけ、天日塩(海の精を入れると、反応が良いです。


私自身は五ヶ月くらいで母から離乳食を食べさせてもらったみたいです。

30才ですが
20才の時に (厄年)四年付き合って同棲した恋人に別れを告げ、その後、徐々に過食に走り
五年間くらい 食べては後悔。食べては下痢。泣く。という意味不明な生活をして、今より14キロ太っていました。。。コンビニ大好きでした。。


その後、新しい恋をしたら体重は減って、元に戻りました。

しかし
結婚して仕事をやめたら毎日が暇すぎて心が暗くなり拒食ぎみに。。

どうも環境の変化にすこぶる弱い様です。

追い討ちをかける様に
新婚旅行先のメキシコが暑すぎて体調を崩し、なれない食事で胃腸炎に。
身長153センチで
体重は38キロになってしまいました。

もう、食事をすることが怖かったです。


その頃
パソコンで 食事のこと、添加物のこと、不妊のことを調べてタマティーさんのBlogを知り、今に至ります。
何でも体の不調には原因があって
体をつくっているのは食事であって…
食事は大切だなと
日々、思っています。
娘にも、
自然で季節にそった美味しい食材を知ってもらい、体に負担の無い食生活をしてもらいたいです。

投稿: なこ | 2014年1月10日 (金) 22時17分

オーストラリアの小麦も多いですが、どうですかね?
国産は放射能がコワイんですが。。。

投稿: はるるん | 2014年1月10日 (金) 23時19分

なこさん、離乳食はまだ早すぎますね。happy01

育児書には「赤ちゃんが大人達の食事を見てヨダレを垂らしたら、それが離乳食を開始する合図」と書かれていますが、赤ちゃんはいつでもヨダレを垂らしているもんなんですよ~。(笑)

離乳食はせめて歯が生えてからにしよう!

投稿: タマティー | 2014年1月11日 (土) 07時41分

はるるんさん、オ―ストラリア産の小麦でも大丈夫です。happy01

投稿: タマティー | 2014年1月11日 (土) 07時53分

タマティー様。


た…確かに。。!
四六時中、
よだれは分泌中です。


歯がゆそうですが
まだ歯は生えないので

はえてから離乳食にします!


ありがとうございました〔^O^〕

投稿: なこ | 2014年1月11日 (土) 08時12分

タマティー様
過食症の話題ではないです すみません。三人目妊娠中です。三歳半の上の子の癇癪の悩みです。幼稚園まであと一年です。他の子の持物をほしがり、「○○ちゃんのだから」と言っても、ずっとぐずぐず言ってます。思い通りにならないと癇癪。生後3ヶ月から保育園に言ってる姪と比べてしまいます。姪は分別がしっかりしていて癇癪は起こさず、同じ月齢なのに、お姉さんのようにうちの子を見てくれます。うちの子が姪の物を欲しがれば譲ってくれるのに、うちの子は癇癪ばかり。早くから保育園に入れれば良かったのかと後悔。両親、義両親も姪と比べて、「全然違うね。雲泥の差」とまで言われ、たまに私も我が子はどこかおかしいんじゃないか?とばかり考え、育て方を間違えたとばかり後悔です。とにかく、子どもと距離をとりたくなります。すごく子育てがストレスでおかしくなりそうです。こんな精神状態で三人目出産を迎えます。苦しいです アドバイスください。

投稿: なす | 2014年1月12日 (日) 21時55分

タマティーさん、はじめまして。サッカンともうします。

いつもこどもが寝たあとでこっそりブログを拝見しておりましたヽ(´▽`)/・・・が、今回は、過食症がテーマ。わたくし、拒食も過食も17年以上経験しており、1歳7か月のこどもがいる今なおも、その症状は治っておりません。

出産前まで約6年ほど貿易事務の仕事で忙しくしておりましたので、拒食やら過食やらは案外落ち着いていたのですが、こどもが生まれるのを機に仕事を辞めてからは、また過食嘔吐の頻度が半端なくなりましたー(><;)


いまも、授乳中でお腹がすきます。それが摂食障害特有のお腹の減りにも似ている気がするんです。おやつ(とくにジャンクなお菓子類)が止まらないところとか。体重にも執着しまくりですよ、いまだに。


やっぱり、小麦ですかぁー 正食ですねぇー さっそくメモさせてもらいました☆あとは母親の子育ての仕方・・・あぁ、わたしも4か月になるかならないかぐらいの時から離乳食を食べさせられていたそうですわ(@Д@; 


この問題、なかなか周囲には理解してもらえないので、とても助かります。拒食に過食、これも自分の一部分だと思っていままで一緒に共存(?)していましたが、タマティーさんの書かれていることも参考にまたまた毎日楽しくやっていこうと思います♪

投稿: サッカン | 2014年1月12日 (日) 23時32分

お返事遅くなってしまい申し訳ありません。私の為に記事を書いて下さり本当にありがとうございます。しかし薬の副作用なのか頭がフラフラし働かないので、文章の意味が理解出来ません。今自分自身が何を打ち込んでいるのかも理解出来ません。大変申し訳ありませんがなるべく早くお返事致しますのでせっかくたくさんお言葉いただいて心配してくださって本当に申し訳ありませんが、少々お待ちいただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。

投稿: みなみ | 2014年1月13日 (月) 07時01分

なすさん、幼児にはなんでも欲しがる時期があるのは当たり前ですよ。happy01

その姪と比較しないように。
その姪は保育園に行ってしまったために、自分の意見を主張しなくなってしまっただけのことですよ。

多分、物が欲しいんじゃないと思う。
愛情が欲しいんだと思う。
1日30分でもいいから、子供と一緒になって遊ぶことですよ。

どうせ幼稚園に行けば、そういう癇癪はおこさなくなるので、安心して下さい。

投稿: タマティー | 2014年1月13日 (月) 07時41分

みなみさん、待っていますよ~。crying

投稿: タマティー | 2014年1月13日 (月) 07時42分

タマティー様 ありがとうございます 周りからの目を気にしていたのかもしれません。もっと気丈に頑張らなければ、と思いました。

投稿: なす | 2014年1月13日 (月) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/54524749

この記事へのトラックバック一覧です: なんで過食症が起こるのか?:

« 祝福「荒川静香の結婚」! | トップページ | なぜタマティーのブログは30代の女性たちに人気があるのか? »