« 勝手にテレビ東京の女子アナ「狩野恵里」をモヤモヤ運命鑑定しちゃいました。 | トップページ | 節分会にてタマティーの反省会 »

なぜ兄弟姉妹は喧嘩をするのか?

●兄弟姉妹だからこそ喧嘩をする

 母親にしてみれば、自分が産んだ子供たちはみんな仲良くして欲しいと思う。なぜなら自分が妊娠し出産したために、どんな子供でもあっても愛おしいからだ。しかし子供たちがそういう母親の親心を解るなんてことは有り得ないのだ。子供たちが集まれば喧嘩が始まることになるのだ。

 哺乳動物はどの動物もみんな仲良くして成長するなんてことをしない。どの動物も「喧嘩による成長」ということをやってくるのである。子供同士で喧嘩をし合い、それで自分の能力を向上させていくのである。だから大きくなって親元から離れた時、それなりの実力を持っているから、親なしでも生きて行くことができるようになるのである。

 しかしこの現実は母親にとっては心が痛い。母親は子供たちよりも遥かに高い精神レベルにいるから、喧嘩せずとも全員が利益を得る方法を知っているのである。母親は子供たちにもそうして欲しいと思うが、精神レベルの低い子供たちはそんなことせず、利己的に振るまって自分だけが利益を得ようとし、それで喧嘩になるのだ。

 母親が育児をする際に、この兄弟喧嘩による精神的負担を解消するためには、「陰陽バランスの法則」を知っておくといい。子供たちは皆平等ではなく、生まれた順に「陰陽」があり、それを踏まえて育児をすると、兄弟喧嘩を最小限に抑えることができるのだ。

 まず第一子が「陽」である。第二子が「陰」。第三子が「陽」。こうやって子供たちには生まれた順番に陰陽が付き、それによって子供たちの性格が或る程度決定してくるのである。だから第一子がやっていることを第二子に押しつけてはならないし、第一子は第一子、第二子は第二子と、それぞれの性格を認めてあげなければならないのだ。

 人間には男女という性別の違いがあるから、その上で「陰陽バランスの法則」をより具体的に述べていかなければならないことになる。

●兄と弟

 兄と弟の場合、この兄弟喧嘩は壮絶なものとなる。第一子長男は自分が生まれた瞬間から母親から思いっきり愛されることになる。なんせ母親としては初めての赤ちゃんであり、しかも家督を相続する男の子であるので、その愛情の注ぎ方は尋常ではないのだ。

 第一子長男は自分の母親が自分のことを最優先してくれるのは当たり前のことだと思って成長してくる。そこに第二子次男が生まれて来るのである。母親は次男が赤ちゃんゆえに、次男に愛情を注ぎ始めるのだが、そうなると長男としては面白くないのだ。

 次男が一人歩きできるようになると、長男と次男は喧嘩の日々を送るようになってしまうのである。この兄弟喧嘩は長男と次男だけに原因があるのではないのだ。母親にも原因があるのであって、母親が次男を産んだ後、長男にも愛情を注ぎ、出来ることなら他の人に長男の世話を任せておけば、こんなことにはならなかったのである。

 男の子にはスポーツをやらせろ。そんなに激しいスポーツは要らないが、スポーツをやらせることで、有り余ったエネルギーが兄弟喧嘩の方に行かないようにしてしまえばいいのだ。自分に体力がついてくると、男の子は余り喧嘩をしなくなるものなのである。

 母親はそれと同時に、兄と弟とでは性格がまるで違うということを理解しておかなければならない。兄は長男ゆえに責任感が強い。弟は兄と違って孤独癖があるのである。だから次男に向かって「お兄ちゃんを見習いなさい」というのは禁句なのであって、逆に長男に向かって「あなた、お兄ちゃんなんでしょ」というのは禁句なのだ。

 母親がこの禁句を言ってしまうと、長男も次男も大爆発を起こして来るのである。

●姉と妹

 姉と妹は普段仲がいいのに、些細なことで喧嘩をし始める。姉は妹が1歳辺りになるまで、自分のオママゴトの道具として妹を使って来たという経歴がある。そのため姉は妹に対して、常に自分の思い通りに動いて欲しいという意識を持っているのだ。

 それに対して妹の方は、自分が母親から愛されるだけでなく、姉から愛されるので、自分が母親と喧嘩しても姉が庇ってくれるし、自分が姉と喧嘩しても母親が庇ってくれると、双方に保険をかけながら育って来る。このため自分にとって不利益なことが発生すると、母親だろうが姉だろうが喧嘩してくることになるのだ。

 母親にとって娘たちの喧嘩が悩ましいのは、二人とも女の子のゆえ、言語能力が達者で、口喧嘩を延々と遣り続けて来るのである。女の子は口喧嘩をすることで言語能力を発達させているともいえるので、口喧嘩をやっているのなら、放置しておいていいのだ。

 女の子には女らしさを味わうことのできる芸事をさせることだ。自宅では女らしくできないからこそ、喧嘩をすることでその不満を発散させているとも言えるのである。女の子は自分が女として生まれたことの幸せに気付くと、そう滅多なことでは喧嘩をしなくなるのだ。

 女同士だからといって、母親が無理に仲良くさせようとすると、非常にねちっこい喧嘩をしてくるので要注意なのである。姉には姉なりの言い分がある。妹には妹なりの言い分がある。その双方の意見を聞くのが母親の役目なのに、喧嘩を嫌うために無理矢理に仲良くさせようとしても、姉妹は絶対に母親の言うことを聞かなくなってしまうのだ。

●兄と妹

 兄と妹の組み合わせは意外と仲が良い。世間では「一姫二太郎」と言われるが、これは母親の立場に立って育児がし易いことだけなのであって、本当は先に息子を生み、次に娘を産んだ方が、兄と妹は余り喧嘩をしないので、育児がし易くなるのだ。

 母親は息子と娘を平等に愛することはない。息子の方にベタ惚れになってしまうのである。男子は自分が成長するために母親から母性愛を大量に必要とするので、いつまでも母親に甘えて来るのだ。これは妹が生まれて来ても余り変わらないのだ。このため兄は結構ズボラである。

 妹の方が自分が母親に育てられながらも、母親の関心が兄の方に行っているので、自分が必要とする母性愛を貰うことができれば、後は自分で自由に動いてしまうのだ。このため妹の方が兄よりも遥かにしっかりとしているのだ。第二子長女は機転の利く女性として育って来る。

 兄と妹のバランスが崩れるのは、下にもう1人子供が出来た時である。母親はどうしても末っ子の世話に追われてしまう。そうなると兄と妹が仲良くやってくれればいいのだが、もしも母親が長男と長女に対して母性愛の注ぎ方が不足してしまうと、長男はダメ人間になり、長女の方は手の付けられないほど厄介な人物になってしまうのである。

 だから子供が3人できると、絶対に父親の手が必要となってくるのだ。子供が1人や2人なら女手1つでも育てることができる。しかし子供が3人になってしまうと、もう絶対に母親だけで育児をすることはできないのである。母親が第一子を産んでから、第三子が生まれるまでの間に、夫婦の愛の形をしっかりと形成していないと、長男と長女から手痛い反撃を受けることになってしまうのである。

●姉と弟

 姉と弟の組み合わせは、母親が育て方を間違ってしまうと大変なことになる。まず姉は第一子ゆえに母親から大量の愛情が注がれることになる。なんせ母親は初めての赤ちゃんなので、なんでも至れり尽くせりであるのだ。そこに弟が生まれて来ると、母親は初めての男の子ゆえに今度はこっちの方にメロメロになってしまうのである。

 姉にしては弟に母親を奪われたと思ってしまい、弟に激しい嫉妬をするようになるのだ。弟の方は自分こそが家督相続権者であるので、姉如きがなんで俺よりも高い地位にいるのかと思ってしまうようになるのだ。こうなると何かの切っ掛けで大喧嘩になってしまい、収拾が着かなくなってしまうのである。

 厄介なのは、父親というものは長女を可愛がってしまうことだ。母親が息子を可愛がるように、父親も異性である娘を可愛がっただけのことなのだが、これが弟にして見れば気に食わないのである。これではこの家の跡取りとしての自分の面子が丸潰れになってしまうからだ。

 第一子長女に続いて、第二子長男を産んだ場合、祖父母の力を借りるようにすることだ。まずは長女を祖父母に預けて、長女が下手に嫉妬しないようにさせるのである。その間、長男は母親にべったりなので、母親から母性愛を大量に貰える機会をきちんと確保しておくべきなのである。

 姉の方が先に生まれ、しかも女性ゆえに成長スピードが速い。だから長女への教育を最優先し、長女を早目にこの家から追い出してしまうべきなのである。父親がいつまでも長女を手元に置いておくと、息子の方はそれを許さず、親子間で激しいバトルが繰り広げられ、大概、父親が死ぬことになるのだ。

●じゃあ、母親はどうすればいいのか?

 母親が我が子たちの喧嘩に悩むのは、「四の結界」の中で起こっているということを絶対に忘れてはならない。「四の結界」はエネルギーが内側に向かってしまうので、どうしても家庭内で起こることに心を悩ませてしまうものなのである。

 じゃあ、母親はどうすればいいのかというと、子供たちに「公平」に接することだ。子供の喧嘩は双方にそれなりの言い分があり、親の立場から見ればそれは下らないことであっても、子供たちにしてみれば大ごとなのである。それなのに母親が子供たちの言い分を無視してしまっては、余計に喧嘩が悪化していってしまうのである。

 それと同時に「秩序」を重んじることだ。父系家族では、父親が頂点に君臨しており、その次に母親がいて家庭内の実権を全て握り、その下に第一子、第二子と続くのである。子供たちは生まれた順番で秩序を付けるべきであり、その秩序を如何なることがあっても崩さないことだ。

 自分たち家族だけで自己完結してしまわないことも必要なことだ。時には夫の実家に遊びに行ったり、妻の実家に遊びに行ったりすればいいのだ。子供たちは両親の双方の祖父母たちに会うことで、世の中には様々な人たちがいることを知り、自然と喧嘩する回数が減少していくようになるのだ。

 そしれトドメはなんといっても、子供を3人以上産むことだ。「四の結界」を突破するために、それしかないのだ。「四の結界」はいずれ「死の結界」へと変わっていくので、そうなれば今度は誰かが死ぬことになるのである。誰かが死なないと「死の結界」が崩れないから、「死の結界」の中にいる人たちは平気で誰かを殺してしまうようになるのだ。

 大体、子供たちが3人もいれば、母親の方は我が子たちの喧嘩にそれほど気にならなくなるものなのである。その喧嘩は成長過程に於いて必要なものだと解ったからこそ、その喧嘩が子供の喧嘩のレベルである内は放置しておくものなのである。そうやって子供たちは母親の庇護によってスクスクと成長していくのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 勝手にテレビ東京の女子アナ「狩野恵里」をモヤモヤ運命鑑定しちゃいました。 | トップページ | 節分会にてタマティーの反省会 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

タマティー様
お久しぶりです。
三歳長男、一歳長女を持ちながら、4月より育休復帰な上、天中殺&前厄で不安がいっぱいです。
第三子も欲しいけれど、営業職から外れなさそうだし、お金もいっぱいいっぱいで…
そんな中、転職のお話を頂きました。

運命鑑定をして頂きたいのですが…
課題をクリアする時間が育休中の今しかなさそうなので連絡しました!

投稿: りんりん | 2014年2月 3日 (月) 07時29分

りんりんさん、試練を受けるのですな?happy01

課題曲は、
宇多田ヒカルの『First Love』
です。
90点以上で合格。

できるかな~。

投稿: タマティー | 2014年2月 3日 (月) 17時13分

タマティー様
こんばんは。

先日、前厄の話で相談に乗っていただき
ありがとうございました。
さっそく お祓いに行って参りました。
しかし
大事件が発生しました。
5日前、主人の不貞行為が発覚しました。相手は5~6歳年下。20代前半で職場の隣の部署の子です。

ここ数ヵ月間
主人と接していても 何だか コミュニケーションが取れていない気がしていました。
娘は一歳になっておらず、まだまだ母乳育児真っ最中。私は 毎日
何だか寂しい。と、抽象的に感じていました。

勘が働き、とうとう携帯を見てしまいました。

スマホアプリのLINEで相手と繋がっており、
主人にメールが来た瞬間、画面に写った文字が
離れられないから愛して

見えたのです。

文の前後がわからないから主人にききました。

何もないと言われ見せてくれましたが
全て削除されたあとの
空の画面。。。

見間違えるわけないのですが私に 言う気は無いんだと。 そう思いながら
平常心を保てないので
問い詰めました。

「単なるメール友達」と言い張る主人。
しかしLINEは消去しても復元できるため、
復元してもらったら

一ヶ月前から体の関係があったことが判明。
仕事の残業を装い
相手の家に通っていました。
メールに私や娘の悪口は無く 離婚の文字や 相手との将来の話も無く
たぶん
軽い若い女の子と出来心で。。といったところかと思いますが
まさか自分が こんな目に合うとは思わなかったです。発覚直後、義母さんに会いに行き、話しあい、主人は結婚五年目にして初めて私の前で泣き、謝ってくれたので離婚はせず ペナルティーも無く
このまま 娘と三人
今まで通り暮らすことに私も納得できました。

私にも悪いところがありました。主人がよそに癒しを求める様な そんな気持ちにさせてしまったので。産後、性行為の誘いを 幾度となく断り
主人に育児に参加してほしくて趣味の時間を減らしてもらったり。。
毎日 素っぴん、パジャマな私は魅力が無くなっていたなと。。
はたから見れば
誰もが羨む様な 愛妻家でイクメンです。
だから 反動が。。。?

長いため、
2回にわけて投稿させてください。人生初の事で動揺していますweep

投稿: なこ | 2014年2月 3日 (月) 22時48分

続きです。

お忙しい中、一方的に
つらつらと申し訳ありません。


私自身、
主人と交際する数週間前まで
職場関係の社長と二年半不倫しておりました。

だから
自分に返ってきたのかと思ったりweep
ばれる前に 私から別れましたが。

今回、
深く傷つきましたが
自分が育児を理由に
女性として たくさんのことを忘れていたと感じ、それを反省しています。
まわりに話したら変だと言われるかもしれませんが
発覚→和解した夜、
私は主人を独占できるのは自分しかいないと確かめたくて性行為をしました。
不貞行為して汚らわしいなんて思わなかったです。
むしろ風俗に行かれたくらいの気持ちでいます。。。

翌日も、その翌日も
性行為をしました。
主人から誘った日も 私からの日も。ひとつになれて嬉しいです。
こんな目にあったのに
オカシイでしょうか(;_;)?

「今回の事で妻への愛情が再確認できた。相手はそのキッカケをくれただけで、恋愛感情は無い」と言う主人を信じています。

しかし たまにフラッシュバックは あります。
問い詰めた詳細やメールの内容はコチラでは省略していますがとにかく、その時は辛かったです。

このまま何も無かった様に接していけば良いと思いますか?
たまに蒸し返さない方が良いでしょうか。

私は自分にも落ち度があったと痛感しているので
悲しみに暮れては いません。ただ 自信が無いです。また よそ見されたら嫌だし 今、信じ直した気持ちが無駄になるのは嫌です。

とても まとまらない文章ですが
主人がよそ見しない様に、私に今できることは
何かありますか。。。

あまり好きでは無かった掃除を強化して
アロマをたいたり。。

夫婦仲が良いというキメテは 性行為ですか?話合いですか?
または
干渉しないで自分が好きなことをやっていく方が楽でしょうか。。

何でも良いので
タマティー様の感想が ほしいです。よろしくお願いします。

投稿: なこ | 2014年2月 3日 (月) 23時03分

なこさん、俺がアドバイスするまでもなく、全部解っているじゃないですか?happy01

この世は因果関係で成り立っているから、自分が悪いことをすれば、悪い結果として跳ね返って来るし、自分が自分の利益だけを追求すれば、相手だって自分の利益だけを追求しますよ。

夫婦仲が良いことの決め手は、「同時因果関係が成立していること」です。

互いに愛し敬い、互いが巧く行くように支援することですよ。
だから「愛」だけじゃダメ。
愛して敬うことが必要なんですよ。
そして互いに支援し合って、互いに利益が出るように配慮しないとね。

女性が赤ちゃんを産んでしまうと、育児に熱中してしまう女性たちが結構いるので、そういうことをやってしまうと、旦那さんは浮気してしまいます。
心が広くて旦那が浮気してもOKというのなら、別に問題ないんだけど。なこさんみたいに旦那さんのスマホを覗き見するような心の狭さだと、当然にトラブルになります。

まずは旦那さんにスマホを勝手に見てしまったことを詫びてみては?
男としては奥さんにこれをやられるのが一番つらいですよ。
たとえ浮気をしても、私はあなたを信じているってことになりますから。

それと夫婦の共通の目標を設定することです。
大体、イクメンなんて自慢にならんて。
それよりも仕事をして大金を稼ぐように仕向けることです。

投稿: タマティー | 2014年2月 4日 (火) 06時45分

タマティー様。
ありがとうございます。

傷心なのに。わらってしまいました。
イクメンって 何の自慢にもなりませんね!!ほんとうに そうです。

お互いを高め合って認め合って
束縛せずに 頼って
愛し敬います。

そうですね
スマホを見たこと、謝ってなかったですweep 今夜、主人が帰宅したら謝ります。

そしてすいません、
また質問をさせてください。。。
私は1983年生まれで前厄なのですが

気分転換に
新しい 趣味、習い事や ちょっとした仕事を始めるのはよくないでしょうか?
もちろん
かた手間で できる簡単なレベルです。。。

今おもえば
私は主人に執着していて
自分の趣味はBlogを 細々と書くくらいで。(悪口は一切書かない主義なのでランチや娘の話のみですが。笑)

趣味や楽しみが少ないので悪い意味で主人にばかり目がいっていたのかも。。と思いました。
もっと視野を広げたいです!

投稿: なこ | 2014年2月 4日 (火) 18時26分

なこさん、もう大丈夫ですね。happy01

趣味を持って、自分に余裕を持つことは大事なことですよ。
趣味の遣り過ぎは逆に問題があるけど、息抜き程度の問題ならOKです。

投稿: タマティー | 2014年2月 5日 (水) 06時48分

タマティー様。ありがとうございます!

もう、相談は無いだろう。と毎度思っているのに
色々おこります。
今回も、お忙しい中、感謝感謝です。


心を病む父の事も
今回の夫の事も
タマティー様に相談して
心の安定が取り戻せましたし客観的に自分を見れます。

昨日、スマホの覗き見は謝りました。


気にしていないよ。僕が悪いんだから。と言ってくれましたが
私も 謝れて何だかスッキリです。


主人に依存せず
自分のやるべきことを
きちんとやっていきます!娘の成長を二人で喜んで 平和に暮らしていきたいです(^^)

投稿: なこ | 2014年2月 5日 (水) 07時37分

とても参考になります。
私には3歳の娘と9ヶ月の息子がいます。
姉弟の子育て方法、もう少し詳しく教えて下さい。

投稿: はるるん | 2014年2月 5日 (水) 13時57分

タマティー様に質問です。兄弟喧嘩の記事の中にある、女の子らしさを味わえる芸事ってなんですか?

投稿: なす | 2014年2月 5日 (水) 16時02分

はるるんさん、長女は早くに成長し、息子さんの方はかなり甘えん坊になります。happy01

その成長スピードの違いを巧く利用して、長女の方を先に家から出してしまい、息子さんは跡取りとして育てるようにすることです。

母親としては息子さんの方が可愛いので、長女そっちのけになってしまうけど、それを露骨にやると長女が嫉妬します。
やはり母親は公平な立場に立たないと拙いです。

投稿: タマティー | 2014年2月 5日 (水) 16時41分

なすさん、出産後1ヵ月かんは出来る限り文字を読まない方がいいです。
視力が低下する危険性があります。

一応、質問に応えておきます。
ピアノ、日本舞踊、バレエ、体操、フィギュアスケートなど、要は服装がお洒落なものです。

投稿: タマティー | 2014年2月 5日 (水) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/54638463

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ兄弟姉妹は喧嘩をするのか?:

« 勝手にテレビ東京の女子アナ「狩野恵里」をモヤモヤ運命鑑定しちゃいました。 | トップページ | 節分会にてタマティーの反省会 »