« なぜタマティーのブログは九州地方に於いて福岡県だけ異様な人気があるのか? | トップページ | 母親が上機嫌でいることは、家庭内での最低限のマナーである。 »

人生の目的は自分の霊魂を成長させること

●人生は修行

 今回は宗教の話をすることにする。昭和憲法によって政教分離が定められ、学校に於いて全く宗教教育を受けることができないために、宗教のことを何も知らないという人たちが大量発生してしまったのだ。こういう異常な教育を受ければ「宗教アレルギー」を発症するのは当然であって、このために人間として真っ当な生き方をすることができなくなってしまったのである。

 「人生の目的はなんですか?」

と訊かれても、答えることができない人が殆どであろう。人生の目的が解っていないからこそ、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ、自分がどう頑張っても目的地に辿り着くことができないのである。しかし人間には寿命というものがあるから、そんな無駄なことをやっていれば、時間がなくなってしまい、それで死んでしまうことになるのである。

 人生の目的とは

「自分の霊魂を成長させること」

なのである。本物の宗教心を持っていれば、きちんとこう答えることができるのである。具体的に言えば「自分の人生を楽しみ、物心ともに成長し、人を豊かにさせ幸せにすることができたか?」ということを神様はあなたに問うているのである。

 この世は苦しみだらけである。このことは釈迦が喝破したことである。ここで言う苦しみとは、自分の思い通りにならないということである。なぜなら人は誰もが利己的に動くから、相手が利他的になって自分に何か良いことをしてくれることなど絶対に起こり得ないのだ。

 だから「人生は修行」と捉えた方が人生は巧く行くのだ。苦しみだらけの世界の中で、自分にとって楽しいことを見つけ、それによって物心ともに成長していく。そうやって自分が豊かで幸せだからこそ、他人を豊かに幸せにすることができるようになるのである。

●結婚

 宗教家は男性の方が多いのだが、一般人レベルでは、女性の方が男性よりも宗教心の大切さに気付くことが多い。なぜなら女性は「結婚」によって自立していくことになるので、そこで「運命の出会い」を経験してしまえば、我が身に神の見えざる力が働いたことに気付くからなのである。

 「運命の出会い」をしてしまえば、自分たちの状況がどのような状態であっても、何か突き動かされるように結婚してしまう。曰く「出会った時にこの人と結婚すると思った」、曰く「私の好みのタイプではなかった」と、曰く「様々な障害があって結婚できる状況ではなかったのに」と、女の直感に基づく感想が続出するのである。

 夫婦だからといって「運命の出会い」を果たすとは限らない。というか、恋愛結婚であるなら、運命の出会いを果たさなくても結婚してしまう可能性が必ずある。中には相性が悪いのに、なぜだか惹かれあって結婚してしまったりする。尤もこういう夫婦になると確実に離婚することになるのである。

 「結婚したのなら一体何をすればいいのであろうか?」

 それは結婚生活を楽しみ、結婚生活に於いて物心ともに成長し、結婚相手や子供たちを幸せにすることなのである。よりによって、殆どの夫婦は貧乏からスタートする。その貧乏な中で如何に結婚生活を楽しみ、物心ともに成長し、結婚相手や子供たちを幸せにするかが問われているのである。

 だから下手に結婚のスタート時点で余りにも豊かでいてしまうと、結婚後に「不妊症」に襲われたりする。豊かであることが当たり前だと思ってしまうと、結婚生活を楽しまないし、成長せず現状維持をすることに熱心になり、そして結婚相手を幸せにしようなどという気が全く起こらなくなってしまうからだ。

●妊娠出産育児

 男女というのは結婚すれば3年以内に、90%以上の夫婦が赤ちゃんを出産している。結婚というのは「妊娠出産育児」を必ず伴うものなのであって、結婚したのならとっとと赤ちゃんを産んでしまった方がいい。赤ちゃんを産めば、「この子を幸せにしたい」という感情が湧いて来るのだから、後はその感情に基づいて行動して行けばいいのである。

 但し、女性というのは3人の子供を産み育てて母親として一人前になるので、子供が1人の時や2人の時にはそれなりの危険が存在するのである。

 まず子供が1人の場合、その家族には「三位一体の結界」が張られることになるので、家族が安定していながらも、夫は忙しく働き回ることになる。こんな時期に夫に必要以外の家事や育児をやって貰うと、夫は仕事で成果を出すことができず、結婚自体が危険な状態になってしまうのである。

 子供が2人の場合、その家族には「四の結界」が張られるので、家族のエネルギーは内側に向かうことになる。この時期に家族の有り様をきちんと決めておかないと、「四の結界」は「死の結界」に変わり、誰かが病気したり死ぬことになる。この時期は絶対に油断できない時期なのである。

 3人目の赤ちゃんが生まれると、その家族は「四の結界」を脱して、安全になり、それどころか吸引力が働くので、資産が着実に貯まるようになる。この時期はせっせと資産を形成して行く時期なのであって、資産運用益は生活費に回さず、そっくりそのまま再投資してしまった方がいい。 

 因みに、3人産むと、妻としてはもう1人産みたくなる。それなのに夫は「もう打ち止めにしよう」と言い出してきたりする。こういう時、「自分は夫を幸せにすることができたのか?」ということを自分の心に問うて欲しい。今まで夫を幸せにして来なかったからこそ、夫は妻が喜んでいる時に、その喜びを打ち消すかのようなことを言うのである。

●結婚の中で起こる問題

 結婚していれば、必ず何かしらの問題が起こるものなのである。結婚してなんの問題も起こらないということは絶対に有り得ない。では、なんで結婚して何かしらの問題が起こるのかといえば、それは神様が、

「あなた、その結婚を楽しんでいますか?」

「あなた、その結婚を物心ともに成長させていますか?」

「あなた、その結婚で夫や子供たちを豊かに幸せにすることができていますか?」

ということを問うているのである。

 だからどんな問題であっても、その問題を解いてしまえば、自分の霊魂がレベルアップすることになる。自分の霊魂がレベルアップしたからこそ、今までよりも更に豊かに幸せになることができるのである。勿論、時には1人ではどうやっても解決できない問題が出て来る。

 その時は他人に相談すればいいだけのことなのである。自分1人で全ての問題を解決することを神様は望んでいない。神様は自分1人で処理していいものと、自分1人で処理してはならないものの区別をつけろと言っているのである。

 大事なことは、どのような問題に直面しても、

「私って幸せなんじゃん!」

と思うことなのである。なぜなら問題が発生するということは、自分を成長させるチャンスになるからなのである。確かに問題に直面した時は苦しい。だがその問題を解決してしまえば、自分が成長できてしまい、もう二度とその手の問題に遭わなくて済むようになるのだ。

 自分が結婚して幸せになっているからといって、世間の人たちもそうだと間違った考えを抱いてはならない。世間の人たちは基本的に利己的に動くものなのである。人間の利己心を巧く利用すれば、自分も利益を得ることができるだけのことであって、間違っても他人が利他的になって何かをしてくれるなどと思ってはならないのだ。

●神仏習合はルーズだけど、なぜだかぶっ壊れない

 神道では自分が「神の御言持ち」となって、「神の栄光」をこの地上に樹立していくことを崇敬者たちに勧める。結婚しているのなら、まずは結婚生活でそれを実現していかなければならない。人間は遠く離れた人を幸せにすることはできないが、目の前にいる人なら幸せにできるものなのである。

 仏教では、日本の場合、大乗仏教なので、「菩薩行道」に徹して、仏国土の実現を目指すことなのである。神道と仏教では言っていることは異なっているが、言っている内容はほぼ同じである。だから「神仏習合」ということができたのである。

 日本は長らく神仏習合でやってきたので、神道だけを引っ張り出すのも、仏教だけを引っ張り出すのも、それは双方共に無理があり過ぎる。況してや外国から新たな宗教は入って来ても、神仏習合があれば入って来ることはできない。大事なことは、「人生は自分の霊魂を成長させるためにある」という教えなのであって、その教えに合う宗教ならなんでもいいのである。

 なんともルーズだが、我々のご先祖たちがそうやってきたのだから仕様がない。そしてこのルーズな遣り方は想像以上に素晴らしいもので、なかなかぶっ壊れない。嘗て浄土真宗が神仏習合を嫌って破壊しようとしたが壊れなかったし、復古神道が神仏習合を嫌って破壊しようとしたが壊れなかったのだ。キリスト教は戦国時代と近代に於いて二度も神仏習合に攻撃を仕掛けたが、これまた壊れなかった。

 勘違いしてはならないのは、神道や仏教が優れていたからではないのだ。神仏習合を行う人たちが、宗教を使って自分の霊魂を成長させようとしたからこそ、神仏習合は守られてきたのである。往々にして、宗教は信仰に狂う余りに、自分の霊魂を成長させるどころか、堕落させることもあるので、そういうことを考えれば、ルーズであっても、神仏習合をやり続けた方が良いのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« なぜタマティーのブログは九州地方に於いて福岡県だけ異様な人気があるのか? | トップページ | 母親が上機嫌でいることは、家庭内での最低限のマナーである。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!こういう記事好きです!
人生の目的をこんなに端的に言い表して下さって、目から鱗でした!思春期に抱いた「なんのために生きるのか」という疑問に今なら答えられます。
本当にそうですね。霊魂を成長させるため、自分を高めていかなければですね。
私は頭では分かっていても、なかなか行動に移せない人間なのですが、子どもが生まれたら少し変わりました。子どもの為なら何だってできるし、いろいろ動けるようになってきました。

タマティーさんに以前お願いしていた運命鑑定ですが、いつ頃お願いしたら良さそうですか?
私は今月中なら急ぎませんので、タマティーさんの都合のつく時にお願いできたら、と思うのですが。
課題のアンパンマンの歌詞暗唱は、もう完璧です!毎日お風呂で練習しました。知っている歌だけに、つい歌いそうになるのをこらえて朗読するように声に出すのが難しかったです。

投稿: たかみん | 2014年3月 8日 (土) 22時50分

たかみんさん、それなら早く送って下さい。happy01

家族全員の名前と生年月日、それに結婚した年月日です。
ついでに質問事項を入れて頂くと有難いです。

投稿: タマティー | 2014年3月 9日 (日) 06時44分

タマティーさん、こんにちは(*^_^*)

生きる事とは。
命ある限り生きなければなりません、一日一日をどのように過ごすのか、考え方、行動次第でその人の人生って変わりますよね。
私は、小さい頃は無気力でした。でも、ある時からチャンスがあるなら興味が無いことでも何事も、経験だ挑戦してみようと思い誘われた事は断らず挑戦する事にしました。

今まで知らない世界、知恵、知識を知る事が出来、性格が変われたように思います!

そして、日々思う事は感謝です。
一日何事もなく、幸せに暮らせる事は自分一人の力だけでは無いのだとつくづく思います。そして、子供が生まれ子供を守力って凄いですよね!独身の頃では考えられないパワーが自分にはあるのだと感心しました。
どの世の中でも、皆こうして子育てしてきていたのですね
(^^)
人と比べず、傲らず、焦らず、毎日生活出来る事を心掛けとて感謝を忘れずに生きたいです。それが子供に伝わればと思います。
これからは、今までして頂いた行いを皆さんにお返ししていき生きたいです。

最近、沖縄の海、大石林山、鳥、魚、桜、蛇
自然に触れる機会がありました(*^_^*)パワー頂きましたよ!

最後に、文章や言葉での表現力を鍛えるのが今の私の課題です(>_。o<)タマティーさん・・・!?

投稿: ぽんちゃん | 2014年3月 9日 (日) 11時22分

すみません(^-^;
続きです!タマティーさんに先ほどのコメントで伝わりましたでしょうか?(^。^;)

伝えるって難しいです(>。<)

投稿: ぽんちゃん | 2014年3月 9日 (日) 19時00分

タマティー様
返信ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))
もちろんお忙しいことと存じてますので、いつまでも待ちますっ☆
これまで何年もファンだったのですがドキドキしてコメントさえできなかったので今参加してるだけでもハッピーです!

タマティー様のブログに出会わなければ、知らないこともたくさんあったし、三人目も絶対希望しませんでした。
順番が回ってくるまで、今までのを読み返して日々の生活にとりいれていきまーす。
それから馬場さん?の謎の歌も修得します(笑)
ところでジャックナイフのようなのってどんなんだろって考えてしまって悶々としちゃいますε-(´∀`; )

投稿: 泳美孝 | 2014年3月 9日 (日) 23時22分

たかみんさん、ちょいと質問があります。

1、旦那さんとはどう付き合って結婚したのか?

2、たかみんさんの親兄弟は?

3、夫婦の性生活はどう?

投稿: タマティー | 2014年3月10日 (月) 06時20分

ぽんちゃん、伝わりました。happy01

どう答えていいか解らなかったので。
別に悪意はないですよ。

投稿: タマティー | 2014年3月10日 (月) 06時22分

タマティーさん、失礼しましたm(_ _)m

タマティーさんみたく魅力的な文章、伝える文章力どのようにすれば良いのかなと思いまして(^-^;
やはり、本を沢山読見込む事ですかね。

いつも、ありがとうございます(^_^)v

投稿: ぽんちゃん | 2014年3月10日 (月) 16時33分

たかみんさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01


たかみんさんと旦那さんは性格がまるで正反対ゆえに結びついてしまった仲です。
たかみんさんは天高く上って行こうとするのに対して。旦那さんは地べたに這いつくばります。
性格が正反対ゆえに、双方学ぶことが多く、それで時間をかけながらゆっくりと成長していくことができます。

しかし結婚した時期が天中殺の時期なので、「時の利」を得ることができません。

この結婚が持つのは意外にも姑さんがいるからであって、旦那さんは姑さんがいると運気が停滞し、その一方でたかみんさんは姑さんの支援を受けることができるので、それでどうにかこの結婚を維持できているってわけです。

たかみんさんは家事よりも仕事に魅力を見出してしまう女性です。
それに対して姑さんは家事が得意なので、いっそのこと、家事は姑さんに任した方がいいです。
幾ら努力しても適う相手ではないです。

たかみんさんは万能選手型でどんな仕事をやらしても巧く行きます。
最初の仕事で躓いたのは、その職場が仕事に関して合理性がなかっただけのことで、たかみんさんの能力の問題ではないです。
ああいう場合、補助員を雇って雑用を処理させるべきなんです。

教育関係でも一般企業でも自分が好きな方を選ぶといいです。
教育関係の仕事に就けば、子供たちの能力を高くすることができます。
一般企業に勤めると、前回と同じように社長の引き立てにあって出世していきます。
前にいた会社に戻るっていう手も大ありです。


たかみんさんにとって最大の問題は「この結婚を本当に維持できるかどうか?」です。

恐らく、夫婦の危機はセックスに関して出て来ると思います。
旦那さんは性欲が淡白で、性愛術も巧くないです。
それに対して、たかみんさんは意外とセックスが好きで、自分の限界を突き抜けてしまうセックスをすると、まるで人生が変わってしまいます。

セックスは子作りのみと考えてこの結婚を維持するか、それとも離婚してセックスの巧い男性と再婚するか、その2つに1つしかないと思います。


年齢が年齢ゆえに、今の年齢なら人生のやり直しが効きます。
3年以内にこの問題は必ず浮上して来るので、その時、どう選択するかです。
もしも結婚存続を決断したのなら、子供をもう1人産んでこの結婚を安定させるべきです。
しかしもしも離婚を選択したのなら、勇気を出して離婚し、その際は子供を置いて出て行くしかないです。


この結婚はお金の問題とか、嫁姑の問題でどうにかなるものではないです。
そこの所を絶対に勘違いしないで下さい。


後、旦那さんが結核をしたというのが気になります。
今のご時世に結核を発症するなんて、相当おかしな生活を送っていたと思います。
それと結核は性欲を盛んにさせるので、それなのに性欲が淡白ってのは非常に気がかりです。

投稿: タマティー | 2014年3月10日 (月) 17時10分

タマティーさん、鑑定本当にありがとうございました!しかもこんなに迅速に(^-^)
鑑定を受けて、やっぱり外に仕事に出た方がいいのかーと勇気が湧きました!家事は本当に姑には適いません。お任せして私は他のことに精を出すようにします。周りにもそうしたら、と言われていたのでこれで胸がスッとしました。
結婚が危機になるという点で、タマティーさんは嫁姑問題やお金の問題ではない、と仰いますが、それはそれらに関して問題が起こることはないという意味ですか?それともそういった問題は起こるが、離婚問題にまで発展することはない、という意味ですか?
主人の結核は、本人は川に飛び込んで遊んだからか、トレイルランニングで富士山頂までマラソンしたからのどちらかが原因だと言っていました。アウトドア好きなんです。当時の生活自体はおかしな点はなかったかと推測します。真面目で穏やかで決して派手好きではないタイプの人間です。地べたを這いつくばるというのも、妙に納得です。主人は地道に慎重に進むタイプで、私は先に先に結論から出したいタイプなので、そこで私がイラっとしたり、時には逆に尊敬したりしています。
離婚なんて全く考えていないので、性生活で問題が起きても、子作りのためと割り切るしかなさそうですね。確かに私の方が欲求不満な時が多いです。(^_^;)
でも家庭を壊してまでセックスしたいかと言えば、それは決してないので、我慢することになるでしょう。まぁ今は出産後でそんな気も起きませんが。早めに2人目を作りたいです!
タマティーさんに鑑定をお願いして良かったです!どんな怖い結果が出るかとドキドキでしたが、そんなに悪い結果ではなくて一安心しました(*^o^*)

投稿: たかみん | 2014年3月10日 (月) 20時25分

たかみんさんは外に出て働いた方がいいです。happy01
仕事はできる方なので、出世していくことができることでしょう。

姑さんは口が悪いですが、家事に関しては支援してくれます。
嫁姑の問題はあるだろうけど、それはたかみんさんが外に出て働く以上、仕方ないですよ。
感謝の言葉を積極的に言うようにして下さい。

肺結核の原因はスポーツにし過ぎですね。
肺結核は運命学的に言うと、自分の心の中に何か悩み事あったり、目の前にいる人を大切にしなかったりすると、罹ってしまうと言われています。
夫婦の会話は心掛けて下さいね。
話をしないと、苦悩というものは大きくなっていきますから。

運命鑑定ではやんわりと言いましたが、天中殺の時期に結婚しているので、油断は禁物です。
今は、たかみんさんと旦那さんと姑さんの三者のバランスがあるからこそ、巧く行っているだけで、もしも姑さんが死んだたら、非常に危険なことになります。
子供を3人産んでおけば、結婚が安定しますので、卒乳したら、すぐに次の子を妊娠、というのが最善の選択肢だと思います。

投稿: タマティー | 2014年3月11日 (火) 06時43分

ありがとうございます!やっぱり嫁姑問題は仕方ないですね。感謝を忘れず、言葉に表して家庭円満に努めたいと思います。
結核は再発はないかと思いますが、油断は禁物ですよね。主人は忙しくてほとんど家にいないか、いても仕事をしてるので、会話は少なくなりがちになると思います。気をつけます!
最後にもう1つだけ質問してもいいですか?
家業の方は今後順調にやっていけるでしょうか?今は義父が亡くなってまだ年数もそれ程経っていないので、主人と義母2人でなんとかやっていますが、今のままの仕事量ではパンクしてしまいます。従業員を雇うことも考えています。ただこじんまりとした家業ですので、今後子どもを2人、3人と生んで育てていくだけの経済面での問題も心配です。古い家なので改築も検討していますが、夢物語で終わってしまうのでは、と不安です。順調に発展していくためのアドバイスがありましたらお願いしますm(_ _)m
主人は真面目でコツコツ努力でき、それを苦にしないタイプの人間です。今まで怒ったことを見たことがないくらい穏やかな性格です。どうにか今の休みなしの状態から良い方向へ向かわせてあげたいのですが…。
何度もお願いして申し訳ないのですが、急ぎませんのでお時間のある時にお願いしますm(_ _)m

投稿: たかみん | 2014年3月11日 (火) 12時45分

タマティー様、こんにちは!

出産し、子育てをしていると
節目節目で神様に感謝する・祈る儀式があるのね…と改めて感じます。
昔は赤ちゃんが生き抜くこと自体、
大変なことですよね。
親子で外に出れば、見知らぬ年配の方や
同じ子育て中の方々が気にかけて声をかけてくださいます。
「いくつ?」と聞かれるたび、自然と、
「おかげさまで⚪︎ヶ月になりましたー!」
と言えるようになったのは、
子供が生まれて元気に育ってくれるのは、
神様の、周りの皆の、おかげなんだな〜と感じられるようになったからです。
子供が生まれてからは少しは謙虚になれました(笑)

ところで、私は今年後厄です。
本厄の年に息子を授かり、年末に出産しました。
本来なら誕生から約1ヶ月後に
地元の氏神様へ息子の初宮参りをするところ、
厳しい寒さが続いたので
今月3月半ばに宮参りを予定しています。

そこでお聞きしたいのですが、
私の後厄のお祓いは、息子の初宮参りの前なのか後なのか、
はたまた厄払いしなくてよいものなのか、
教えていただきたいのです!
お忙しいところ本当にすみませんが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: 味噌子 | 2014年3月11日 (火) 16時55分

たかみんさん、その状況下で従業員を雇うのはどうだろうね~。happy01

まず自営業って、基本的に休みはなしですからね。
会社員みたいに週休2日とかないですから。
それだけ忙しいってことは、仕事があるんだから、どんどんやった方がいい。

自営業は軌道に乗りさえすれば、家族を養っていく分だけのお金を得ることができます。
その点は心配しない方がいい。

親の仕事を継承する場合、親と同じことをやっていると潰れると言われます。
親のやっていたことを継承しつつも、何か新しい物を加えないとね。
今は親の仕事をきちんとできるかも怪しいから、取り敢えずせっせと働くことですよ。

危険になるのは、恐らく家を改築し出した時でしょうね。
大体、その職業で、新築の家って見たことないし。
修築しながら使うのが最善ですよ。

投稿: タマティー | 2014年3月11日 (火) 17時31分

味噌子さん、まずは初参りでしょう。happy01

確かに冬に初参りに行くのは寒いです。
雪国の人は一体どうしているんだろう?

初参りでの注意点。
初参りでは姑さんが赤ちゃんを抱いて参拝するものなんです。
姑さんがいない場合のみ、母親が抱いていいんです。
神社の神職者たちは厳しいことを言わないので、かなりの人たちが間違ったやり方で初参りをやっていると思います。
(厳しいことを言うと来なくなるので、神社の経営上、黙っておいた方が得策みたいです)

そんで儀式の際には、
「赤ちゃんを授けて下さいまして有難うございます」
「我が子が健康に育ちますように」
「神様の栄光が益々栄えますように」
と三段階で、
「感謝」
「祈願」
「祝福」
を自分なりの言葉でやるんです。

俺も良く知らなかったんだけど、これは神職者の方からジカに教えて貰ったので、間違いないです。
祈願ばかりじゃダメみたいです。

投稿: タマティー | 2014年3月11日 (火) 17時41分

お早いお返事ありがとうございました!
金銭面の心配は大丈夫なんですね。少しホッとしました。安心して家族を増やしていけます!
まだまだ受け継いで10年も経っていないので、軌道に乗るまでは地道にコツコツやっていくしかなさそうですね。従業員を雇うのはまだ少し先だと思います。本当に休みがないのが辛いです。私が働いてるわけじゃないですが。
新築マイホームはやはり夢でしょうか。いつかデザイン住宅を建てたいと思っていましたが…。分相応に身の丈に合った暮らしをしていきます。リフォームでもだいぶ気持ちは変わりますしね!
たくさんアドバイスしていただき、本当にありがとうございました(*^o^*)
これからも毎日ブログ拝見します!ためになる記事ばかりで、タマティーさんのブログを見つけられてラッキーでした!数少ない新潟県民のタマティーファンとして、これからもよろしくお願いします!

投稿: たかみん | 2014年3月12日 (水) 00時27分

タマティー様、
初参りにおける貴重情報
ありがとうございました!
神様の繁栄もきちんと祈ってまいります!

今回、夫の両親は来ることができないため、
我々家族3人と私の両親で
初参りに行ってきます。
お姑さんがいない場合は、
私の母ではなく、私が息子を抱くということですよね。
それからやはり神様には
お願いばかりじゃダメなんですね。
初参り前にタマティーさんにお聞きしてよかった…
万全の体制で迎えることができそうです。
本当にありがとうございました!

投稿: 味噌子 | 2014年3月12日 (水) 23時57分

いつもブログ拝見しています。
先月、30代半ばで弟が亡くなりました。不慮の事故でした。神も仏もあるもんか、と言いたい気分になってます。
タマティ様に相談なのですが、遺骨を埋め込むリングを作って毎日身に付けておきたいと思ってるのですが、何か問題点があるでしょうか?少量とはいえ、分骨になって、故人が成仏できないのではとか、わたしの家庭に影響があるのでは、と悩んでいます。どうか、よきアドバイスをお願いします。

投稿: ななこ | 2014年3月16日 (日) 20時34分

ななこ さん、ご愁傷様です。crying

冬場は事故が多いので、出来る限り外出しないことですよ。

その指輪はやめておいた方がいい。
不慮の事故では、霊界に行っても、本人は自分が死んだと理解できないんです。
そのため、ななこさんがそういう思いを持ってしまうんです。

不慮の事故の場合、手厚い供養をした方がいいです。
四十九日まではまだまだ霊魂になってこの世にいるので、下手にこの世に執着させないことです。

投稿: タマティー | 2014年3月17日 (月) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/54724610

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の目的は自分の霊魂を成長させること:

« なぜタマティーのブログは九州地方に於いて福岡県だけ異様な人気があるのか? | トップページ | 母親が上機嫌でいることは、家庭内での最低限のマナーである。 »