« 憎悪の連鎖 | トップページ | 見てはならぬ物 »

宮崎県の不都合な現実

●宮崎県は非常に恵まれた県である

 宮崎県は非常に恵まれた県である。神武天皇が東征に出発した所なので、神代から人が住んでいたということであり、歴史が奥深いのである。それに自然は豊かで、食料も大量に取れる。県民の民度は高く、人材は多士済々である。

 「海が東で陸地が西だと栄える」と言われている。日本だと神奈川県とか徳島県とかがそうで、こういう地形は人々が住み易いので、人口は確実に増え、経済成長を繰り返して行くことになるのだ。宮崎県もこの条件を満たしているので、住んでみれば非常に住み易い。だから東京から宮崎県に移住する人たちまで出て来るのである。

 宮崎県の日照時間は全国第1位である。道理で果物が大量に取れ、しかもその果物が美味しいわけである。雪国のように冬の間は太陽光を浴びることができない人たちからみれば羨ましい限りなのである。日照時間不足から来る鬱病とは無縁であろう。

 しかし宮崎県の総県民所得は3兆円ほどで、全国第36位なのである。下から数えた方が早い貧乏県であるのだ。ただ宮崎県は第一次産業が盛んであるために物価が安いので、実質的には低所得であっても豊かな生活ができてしまう。だから総県民所得の低さの割には民度が高く、人材が大量に出て来るのである。

 宮崎県民自体、今の宮崎県の満足していない。その現れが東国原英夫を宮崎県知事にしたことであろう。確かにこれで宮崎県は有名になったが、彼が知事を務めていた時に口蹄疫が流行して大打撃を受けたことも事実である。現在の宮崎県知事は河野俊嗣であり、なんと広島県出身であり、東京大学卒で自治省の官僚だった人である。典型的な天下りである。宮崎県は民度が高い筈なのに、県民から県知事を輩出できないという異常事態に陥っているのだ。

●宮崎県の県民性

①宮崎県の男性の特徴

 宮崎県の男性の特徴は「おっとりとしている」と言われている。事実そうであろう。気性の激しい男性が宮崎県民であるとは想像できない。この「のんびり感」は宮崎県が食料豊かな場所だからなのであって、子供の頃から食べ物に恵まれてきたので、それでおっとりとしてしまうのであろう。

②宮崎県の女性の特徴

 宮崎県の女性の特徴は「気が強く負けず嫌い」であると言われている。男性がおっとりとしているのだから女性もそうだろうと思ってしまうが、事実はまるで逆なのである。男性の性格が穏やかな分、女性が前にしゃしゃり出てしまうのである。

 因みにファッションモデルの「蛯原友里」は宮崎県出身である。道理で気が強く負けず嫌いなわけである。宮崎県の女性が東京に出て来ると成功し易いかもしれない。競争に勝ち抜いて行くことができるからだ。それと同時に東京の女性が宮崎県に行くと、理想的な男性を見つけることができることであろう。のんびりとしているので、自然と女性に優しくなれるのである。

 宮崎県民の県民性自体は決して悪いものではない。実際に宮崎県に行って宮崎県民と会ってみれば、その人柄の良さに惹かれることであろう。しかし当の宮崎県民は自分たちの県民性を悪用しているといっても過言ではない。それが如実に現れるのが「酒とパチンコ」である。

 宮崎県民は男女問わずお酒とパチンコが大好きで、なんと、

 アルコール消費量 全国第4位

 飲み屋の件数 全国第2位

 パチンコ屋の数 全国第1位

である。宮崎県の人口が110万人しかいないことを考えると、この数値は異常である。大したお金もないくせに、お酒を飲みまくり、パチンコに興じているのである。県政をどうするか以前に、自分の生活が正すべきであろう。

●宮崎県にとっての不名誉な数字

 宮崎県には不都合な現実が存在している。

 離婚率 全国第5位

 父子家庭 母子家庭の数 全国第2位

である。女性の気が強いために、すぐに離婚してしまうのであろう。そのくせ再婚せず、それで父子家庭や母子家庭が異様に多いという事態を引き起こしてしまうのである。父子家庭や母子家庭が多ければ多いほど、地方自治体の負担が増えて財政を悪化させてしまう。それにどうしても文化レベルが上がっていかない。

 女性の気の強さは女性の社会進出が盛んということになるのだろうが、それは結婚をした上でやる分にはなんの問題もないが、結婚を破壊してまでやると途端に問題が出て来てしまうのである。離婚すれば真っ先に犠牲になるのは子供たちなのである。

 それだけでなく離婚した女性自身にも損害を与えており、

子宮癌死亡者数 全国第2位

である。この数値は飽くまでも「数」であって、人口を踏まえて「率」に換算すると全国第1位になってしまう。子宮癌は結婚して安全な性生活を送っていれば罹りにくいものだが、離婚して淫らな性生活を送っているといとも簡単に罹ってしまうものなのである。

 トドメは、

女性自殺者数 全国第2位

である。女性の気の強さは最終的に自殺することで終結するのであろう。これも「数」であって、人口を踏まえて「率」に換算すると全国第1位になってしまう。新潟県の場合、自殺者数で全国第1位でも、白米の過剰摂取という条件が存在している。しかし宮崎県にはそういうことがないので、本当に気の強さが死に致らしめているのである。

 「宮崎をどげんかせんといかん!」と東国原英夫は宮崎県知事であった時に言ったが、どうにかしなければならないのは宮崎県民の方であろう。特に宮崎県の女性たちがその気の強さを抑えることをしないと、女性として不幸な人生を歩み、最終的には命まで奪ってしまうことになるのである。

●実は白血病多発地帯

 宮崎県の女性たちがなんでこうまで気が強いのかというと、それは男性のおっとりとした性格に対抗するためではない。それにはちゃんとした理由が存在するのである。宮崎県では県民たちが間違ったことをやっているからこそ、女性たちの気が強いということが起こってしまうのである。

 宮崎県は牧畜業も盛んで、

肉用牛の飼育数 全国第1位

である。「えッ、北海道じゃないの?」と思ってしまうものだが、実はそうではないのだ。宮崎県は日照時間が長いために、牧草が実に良く生えて来るのであって、それに対して北海道はただ牧場が広いだけであって、牛に与える牧草が少ないのである。

 勿論、宮崎県で生産される肉は全国に輸出されることになるので、宮崎県民がその全てを消費するということはない。しかし宮崎県民は肉料理を好むので、それで肉の消費量も多いのである。それで一体どうなったかというと、或る難病が大量に発生していたのである。

白血病死亡者数 全国で第5位

 これも「数」であって、「率」に換算すると恐らく日本でトップであろう。宮崎県は白血病の多発地帯であったのである。なんで宮崎県で白血病がこんなにも多発しているのかとえいば、それはやはり肉の消費量が多いということが関係している。

 人間は本来「果実食動物」なのであって、その進化の過程で肉を食ったに過ぎない。ところが人間の体はまだ肉食に完全適用できていないので、それで肉を食べ過ぎてしまうと、癌や白血病を引き起こしてしまうのである。肉は動物性蛋白質を大量に含んでいるので、それはそれで人体にいい効果を引き起こすのが、その反面、病気を発症させるというネガティブな面も持っているのである。

 しかも肉と穀物の組み合わせは最悪であって、内臓は炭水化物である「穀物」の方を優先して消化吸収するので、その間、肉は小腸や大腸に滞留してしまい、それでアミン類という猛毒を発生させて来るのである。これが多くなってしまうと、癌や白血病になってしまうのである。酒はそれ以上に危険で、酒のために消化吸収が進まず、それで癌や白血病に罹るリスクを極限にまで高めてしまうのである。

 更に宮崎県は気温が高いのでただでさえ体温は高くなる。そこに肉を食ってしまうと陽性が強くなり、それで女性は気が強くなるのである。宮崎県の女性の気の強さは肉を食い過ぎているからなのである。宮崎県の男性は明らかに食事過剰なのであって、それでおっとりとした性格になってしまうのである。

●宮崎県民には絶対にお勧めしたい「断食」

 俺が宮崎県民に絶対にお勧めしたいのは「断食」である。断食をすることで食事過剰にブレーキをかけ、体内の老廃物や毒素を排出させてしまうのである。宮崎県のように食料が豊富な場所なら、月に1度は本格的な断食をした方がいいのである。

 特に肉料理を食べた翌日は断食をして、体内の老廃物や毒素を早目に輩出してしまうことだ。完全断食でなくても、フルーツ断食にしてしまい、朝と夕の二回だけフルーツを思う存分食べる。これをやると内臓を休ませることができるので、それで癌や白血病に罹るリスクを思いっきり下げることができるようになるのである。

 それと男性には「禁酒」を勧めたい。飲酒さえしなければその分だけ活動する時間に充てることができるので、そんなおっとりとした性格にならなくて済むようになるのだ。もしもお酒を飲む時は節酒を心がけ、ベロンベロンに酔っぱらうまで飲酒をすべきではないのだ。

 女性には冷水シャワーをお勧めしたい。気が強いというのはエネルギーを効果的に出していないということなので、冷水シャワーを浴びて体の火照りを取ってしまうと、気の強さがなくなり、それでエネルギーを効果的に使えるようになるのだ。

 宮崎県で口蹄疫や鳥インフルエンザが発生したりするのは、それだけ宮崎県民が肉を食い過ぎているということなのである。神様が「そんなに肉を食うな」と警告を発しているのであって、謙虚になって神の声を聞き入れた方がいい。決して肉食をやめる必要性はないが、肉食をするなら断食を組み合わせることが絶対に必要なのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 憎悪の連鎖 | トップページ | 見てはならぬ物 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/55946944

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県の不都合な現実:

« 憎悪の連鎖 | トップページ | 見てはならぬ物 »