« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

子供の不眠症問題

●子供だって不眠症に罹る

 子供はスヤスヤと眠るものなのだが、子供だって不眠症に罹る。この不眠症は本人が自発的に罹ったのではなく、親の不注意で引き起こされたもので、親が何もしなければその不眠症は延々に続くことになる。子供たちの中には目の下に隈を作っている者もいるのだが、こういう子供は大人になるまで生きられるのかが心配になる。

 子供が健康に育つためには大量の睡眠時間を必要とする。睡眠時間には変動があるが、子供の睡眠時間は10時間と見ておけばいい。これぐらい寝ないと健康な体を作れないのである。睡眠中に体の修復と成長が行われるので、睡眠時間が短ければ病気に罹り易くなってしまうのである。

 子供の不眠症の原因は親が子供に夜更かしをさせてしまうことにある。それと夜にテレビやスマホを見ることで脳が冴えてしまい、それで眠れなくなってしまうのである。テレビやスマホがなかった時代には子供の不眠症など存在していなかったのに、テレビやスマホが普及すると途端に子供の不眠症が出てきたのである。

 子供の不眠症を放置しておくと、その子供はいずれ不登校になる。朝起きることができないので、学校に行きたくなくなってしまうのだ。しかも不眠症のために脳が疲労しているために、無理矢理に学校に行ったとしても全然学校の授業が頭の中に入って来なくなってしまうのである。

 子供の睡眠不足で一番おっかないのは、小児性白血病や小児癌に罹ってしまうことである。慢性的な睡眠不足では体が心底弱っているために、白血病や癌を発症させ易いだけでなく、一度発症すると猛スピードで侵攻して行くことになり、それで呆気なく死亡ということになってしまうのである。

●早寝を義務付ける

 子供には早寝を義務付けることだ。子供は午後9時までには寝かせるようにし、それ以降の時間に起きていることは絶対に許さないようにすることだ。早寝をしてしまえば、自然と早起きになるのであって、早起きをしているということは自然と早寝になるのである。この早寝早起きの関係を巧くつかうべきなのである。

 日中、太陽光を充分に浴びると、夜になると睡魔が襲ってくるようになる。だから昼間は外で遊ばせ、太陽光を沢山浴びておくことだ。それに遊びによって体を動かしまくれば体が疲労するので、それで夜になれば眠たくなるのである。

 子供には勉強ばかりさせるな。というのは、子供は手足を動かさないと、頭が巧く機能しないようになっているからだ。だから子供に家事手伝いをさせて、手足をできるだけ多く使わせるようにすべきなのである。子供に勉強ばかりさせると、不眠症になることもありえるのである。

 夕食の時間が余りにも遅くなってしまうと、当然の如くに就寝時間も遅れることになる。午後9時に就寝するなら、夕食は午後6時頃ということになる。そんな時間に父親が帰って来ないというのなら、休日だけ家族揃って食べるように決めておけばいいのである。

 早寝をさせた以上、睡眠中に体の修復と成長がなされたから、朝になれば必ずウンコが出る筈なのである。子供がウンコをしたかどうかは必ずチェックすべきであって、朝の排便が終わらない内に朝食を食べてさせてはならない。ウンコをせずに朝食を食べてしまうと体の中に老廃物と毒素が溜まってしまい、夜に寝たとしても体が巧く修復や成長をしてくれなくなってしまうのである。

●テレビやスマホには気を付けて

 テレビやスマホは脳を覚醒してしまうので、夜遅くまでやっていると脳が覚醒してしまい、眠ることができなくなってしまう。そこで午後8時以降はテレビやスマホの使用を禁止して、就寝前の時間をリラックスして過ごさせるようにすることだ。

 就寝前にリラックスして眠ると、疲労回復が全然違う。就寝前に緊張させてしまうからこそ、子供達は寝つかず、寝たとしても睡眠が深くないのである。睡眠が深ければ不登校にはならないが、睡眠が浅ければ些細なことを切っ掛けに不登校になってしまうものなのである。

 自宅内でテレビを付けっ放しにしている家族は要注意である。こういう家族はテレビのために家族の会話がまるでできておらず、子供が不眠症に苦しんでいても、それが相当に悪化するまで気付かないということを平気でやってしまうのである。子供が不登校になってみて、初めて不眠症を患っていたことに気付くほどなのである。

 とにかくテレビは消す。必要な番組だけを見ればいいのである。できることなら録画してしまい、CMを飛ばしながら見ると時間を節約することができる。親がテレビに対して制限をかけておけば、子供達も自然とテレビに制限をかけてくるようになる。

 スマホには親子で決まり事を作っておかないと、子供は布団の中でスマホを弄るということをやってしまう。それで睡眠不足になり、いずれは不眠症を引き起こし、そして不登校になるということを仕出かしてしまう。だから夜にスマホをやると自律神経が興奮してしまい、睡眠に支障が出て来ると教え、本人が納得した上で夜間にスマホをやらないようにさせるべきなのである。

●19歳までは成長し続ける

 人間は19歳までは成長し続ける。それなのに子供は10歳までなら親の言うことを聞くのに、10歳を過ぎると段々親の言うことを聞かなくなる。だから10歳までの育て方が大事になってくるのである。10歳までの間に睡眠をしっかりと取らせるような育て方をしていると、子供は大きくなっても道を外れなくなるのである。

 中学生や高校生の頃は体力が有り余っている時期なのだが、その時期にしっかりと睡眠を取らないと、本来なら成長できる筈の成長ができなくなってしまう。この時期に睡眠不足になってしまうと、大人になってから能力が伸びないということになってしまうのである。

 それだけでなく、大体夜更かしというのは非行の始まりみたいなもので、就寝時間が遅ければ遅いほど、朝起きることができなくなってしまうから、それで学校に行かなくなり、不良たちと遊ぶようになってしまうのである。不良の発生は親が早寝を義務付ければ防ぐことができるということを絶対に忘れてはならない。 

 19歳までに充分な睡眠を取った人は大人になってから能力が伸びるものなのである。だから10代の時にそれほど根を詰めて勉強することはないのである。10代ですべきことは文武両道であって、学問をするが、それと同時にスポーツにも励む。そういうことをしていれば、自然と夜になれば眠たくなるので、寝てしまえばいいのである。

 現代社会のように何もかもが便利な社会になってしまうと、逆に昔ながらの生活を維持して、しっかりと睡眠を取ることが非常に大事なことになってくる。不眠症に罹って眠ることができない人は仕事もできなくなっていくから、それで自然と脱落していくのである。不眠症に罹らないためにも、早寝早起きをし、夜になってからのテレビやスマホは控えるべきなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

サッカーからフットボ-ルヘ

●なぜ日本のサッカーチームは勝てない?

 今回のサッカーワールドカップのブラジル大会で日本はグループリーグ敗退が決まってしまったのだが、日本のサッカーチームに褒める所は何もなかった。下手糞なプレーが目立ち過ぎて、合計2点取ったにも拘わらず、試合その物のレベルが余りにも低すぎた。

 敗因の筆頭として考えられるのが、時差を考慮せず、大会直前にブラジル入りしてしまったことにある。ブラジルは地球上では日本の裏側にあるので、現地に行っても1週間ぐらいは時差ボケが続き、体が本調子にならないのである。その状態でサッカーの試合をしろというのだから、無理がありすぎたのである。

 もう1つの敗因は、日本のチームにはストライカーがいないということである。これは以前から指摘され続けたことなのであるが、確実にゴールを決めるストライカーがいないと、ああいう大舞台では点を取れないのである。日本のチームはセットプレーが得意と言われるが、それはストライカーがいないということの裏返しなのである。

 日本のチームは攻撃主体で、試合になれば攻め込み続けるのだが、それなのにゴールを決めることができない。攻めあぐねている間に中盤が空いてしまい、そこをインターセプトで敵に突かれてしまい、逆にゴールを決められてしまうのである。

 攻撃陣が敵陣の奥深くに入り込んでいるので、敵の速攻を受けた時、防御陣だけで防御しきれるものではないのだ。攻撃してもいいのだが、敵が反撃した時にその反撃をすぐさま潰せるように戦力を配置しておくのは、戦術として絶対に考えておくべきことなのである。それができないとなれば、戦術自体が間違っているとしかいいようがないのである。

●音相から見たサッカーとフットボール

 日本のサッカーがなぜ攻撃主体を好むのかといえば、それは「サッカー」という名称それ自体に原因がある。サッカーは略称である。サッカーの正式名はフットボールである。サッカーは「アソシエーション フットボール」の略で、協会式フットボールという意味である。

 音相からみると、サッカーは攻撃主体のスポーツになってしまう。「サ」は華やかに感情的で、それが「カ」という合理性の強い音で強化されるので、それで攻撃をやりまくってしまうのである。サッカーという名称を使った場合、サイドに切り込んでから中央突破という遣り方を好んでしまう。

 これに対してフットボールは防御主体のスポーツになる。「フ」は生真面目に働く性格で、それが「ト」という粘り強い音で強化されるので、それで防御を重点に置いたゲームを展開してくるのである。フットボールという名称を使った場合、堅守速攻を好み、守りに守り抜いて、敵のミスを突いて反撃を仕掛け、それでゴールを決めるということをやる。

 サッカーとフットボールは競技自体同じ物だから、「名前なんて関係ないではないか?」と反論が来るかもしれないが、サッカーという名称を用いた国と、フットボールを用いた国とでは、ゲーム内容がまるで違うのである。アメリカ合衆国は国内にアメリカンフットボールがあるために、どうしてもサッカーという名称を使用しなければならないのだが、では彼等がどのようなゲームをやっているのかといえば、攻撃主体のサッカーなのである。

 因みに、サッカーという名称を用いている国は、日本とアメリカ合衆国とカナダとパラオぐらいなもので、国際的には少数派に属するのである。世界の殆どの国々はフットボールという名称を用いているのであって、だからフットボールを防御主体のスポーツだと思い、そういうゲームを展開して来るのである。

●字画から見たサッカーとフットボール

 日本でサッカーという名称が使われてしまったのは、それなりの理由が存在する。字画的にはフットボールよりサッカーの方が断然に良かったからだからだ。サッカーという名称を使った場合、サッカーが広まるまでに時間がかかるが、しかし一旦火がつくと一気に急上昇していき、国民的なスポーツにまで発展してしまうのである。

 サッカーは9画なので、これが確実に起こる。事実、サッカーは野球に押されてマイナーなスポーツで有り続けてきたのだが、Jリーグが発足すると大ブレイクし、現在のように国民的スポーツへと成長していったのである。フットボールは15画なので、こんな華々しい発展の仕方は絶対にできないのである。

 しかも9画にはスター選手を生み出してしまうというという機能がある。このためサッカーという名称を使っているとスター選手が出て来てしまうのである。スター選手の存在は、日本にサッカーを定着させるためには必要だったが、日本がワールドカップで優勝するために逆にスター選手の存在こそが邪魔なのである。

 この点、フットボールは15画なので、選手全員のチームワークを発揮することができるので、サッカーからフットボールの名称に変えると、スター選手が出て来なくなると同時に、選手1人1人が非常に強力になり、チームワークで勝利していくことができるようになるのである。

 サッカーはスター選手が出て来ると、大概負けてしまうのである。そのスター選手を徹底的にマークして潰していけばいいのであって、それによって攻撃力を減少させてしまうので、得点することができなくなってしまうのである。選手11人で守り抜き、攻めまくるのが理想的なのであって、サッカーのワールドカップで優勝するためにはスター選手などいない方がいいのである。

●日本サッカー協会の二枚舌

 サッカーとフットボールはこれほどまでに違う物になってしまうのだが、ところが日本サッカー協会は既にフットボールという名称を採用しているのである。日本サッカー協会の日本語表記は「日本サッカー協会」だが、英語表記では「日本フットボール協会」になっているのだ。

 これは余りにも酷過ぎる二枚舌である。日本サッカー協会は外国に対しては国際基準に合ったことをやっているのに、日本国内では時代遅れの名称を用いているのである。日本人選手たちは母国語が日本語だから、それでフットボールではなくサッカーを頭の中で考えてしまい、それを実行に移してしまうのである。

 当然に攻撃主体のゲームを展開しようとする。攻撃主体では相手が弱ければ勝てる。事実、予選のアジアリーグは中国を始め、サッカーの弱い国のチームを完膚なきまでに叩き潰すことができたのである。しかし防御主体の相手が出現してくれば、途端に負けてしまい、しかもボロ負けという形で負けてしまうのである。

 日本のサッカーチームを率いた外国人の監督たちが采配に間違いを起こしたのは、これが原因なのである。ジーコ、トルシエ、オシム、ザッケローニと、サッカーの監督としては充分に高い能力を持った監督であったのに、ワールドカップのように防御主体の出来のいいサッカーチームが多く参加するものでは、呆気なく敗戦ということになってしまうのである。

 今回のワールドカップでもザッケローニは選手交代の時間をかなり遅らせてしまって、それが敗戦の原因にもなってしまったのだが、防御主体のイタリアの選手なら防御しきれた筈なのに、攻撃主体の日本の選手だと守り切れなかったのである。

●オーストラリアは2005年に名称変更

 日本がサッカーの名称の使用を禁止し、フットボールの名称に移行することは急がねばならない。というのは2005年にオーストラリアはサッカーからフットボールに名称を変更しており、それ以降、着実に強くなっていったからだ。オーストラリアはオセアニアの国なのにアジアリーグに参加しているので、これは手強い敵になってしまうのだ。

 現在の所、日本のサッカーチームにとって厄介な敵は韓国のサッカーチームなのだが、韓国は非常に感情的な国民であって、理性というものがまるでない。しかも人口は日本の半分以下なのだから、時間が経過すれば自然と没落していくから、そんなに恐れなくていいのだ。

 しかしオーストラリアは国民レベルで感情的になったことがない国民なのであって、しかも国土が広いために、未だにヨーロッパからの移民を受け入れており、人材が豊富なために、サッカーは非常に強い国になる可能性を秘めている。日本はワールドカップに出場する前に、とにかくオーストラリアを撃破しておかなければならないのである。

 今回、日本のサッカー選手たちは、

「自分たちのサッカーができなかった」

と嘆いていたが、最早、自分たちのサッカーでは勝てないし、時代遅れであることに気付いて欲しい。攻撃主体のサッカーでは、相手チームが守りを堅めてしまえば、シュートを打ってもゴールできない。敵陣に敵の選手たちが大量にいれば、それだけ防御力が増してしまうのである。

 日本のサッカーチームはコロンビア戦に於いて二軍相手にボロ負けしてしまったので、帰国すれば選手たちに批判が集中することであろう。特にいつもでかい口を叩く本田圭祐には批判が集中してしまう筈だ。しかしボロ負けの本当の原因はサッカーという名称を放置している日本サッカー協会にあるということを絶対に忘れてはならない。

 サッカーからフットボールへという名称変更は日本サッカー協会の内部でも多大な議論を必要とするし、名称変更を国民の間に定着させるにも多大な時間を要する。時間がかかることはやる前から解っているのだから、だから早く動いて名称変更を実施していかなければならないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

命のリレーで躓く人々

●産みたくても産めない環境って、一体何?

 人間は結婚してこそ一人前である。人間は結婚しなければいつまで経っても一人前になれないのであって、そのような未熟な人間は幾らでも妄想を開始して来る。その妄想はどう評価したとしても妄想なのであって、如何なることがあっても聞き入れてはならない。

 時折、バカな未婚女性が「産みたくても産めない環境があるから赤ちゃんを産めない」と言い出すことがあるが、これも妄想である。大体、「赤ちゃんを産みたくても産めない環境って一体何?」と訊き返したくなる。強制収容所に入っている訳でもないのだから、自分が赤ちゃんを産もうと決意すれば赤ちゃんを産むことはできるのである。

 赤ちゃんを産みたくても産めない病気ならある。それが「不妊症」である。因果関係は明確になっているから、それで悩む人たちがいるなら助けてあげることができる。しかし自分が病気を抱えている訳ではないのに、赤ちゃんを産めないというのなら、それはその女性本人に責任があるのである。

 環境のせいにするのは自立できていない証拠なのであるが、環境のせいにすると、その間違いを指摘してくれる人は稀で、自立できない人たちから応援のメッセージが届くから、非常に危険なのである。みんなが応援してくれるから、自分は正しいことを言っていると思ってしまいがちだが、間違っている物は間違っているのである。

 女性は結婚すれば人生が変わる。結婚前にあれこれ悩み考えるものであるが、結婚してしまえばそういう悩みは全て吹き飛んでしまい、結婚前に悩んでいたことは大したことではなかったということに気付くものなのである。だから女性は早くに結婚すべきであって、結婚を遅らせるようなことがあってはならないのである。

●豊かになれば晩婚化になるのは当然である

 日本は明治維新以降、男女ともに高学歴化の傾向にある。今では大学進学率が50%を超え、しかも女性の方が大学進学率は高いのである。大学や大学院を出れば女性は卒業後すぐに結婚とは行かず、女性の社会進出は当然の如くに行われるのであって、それは「晩婚化」という現象を生む。

 このような社会では、女性は晩婚化に対して自分で対策を立てるしかないのである。

 女性の体は19歳で成長のピークに達する。だから19歳で結婚するのが最善であるのだ。これは社会がどのように変わったとしても変わらない。26歳から33歳までは第二次女性ホルモンの大量分泌期なのだが、この時期が二度目の結婚適齢期なのである。

 33歳を過ぎても独身でいる女性は自分が女性であることを完全に忘れている。晩婚になって自分が不妊症に罹り、卵子の老化が妊娠を不可能にさせていると説明を受けると、

「なんでそういうことを教えてくれなかったんですか~」

と反論して来るものなのだが、そういうことは女性であるなら当然に知っておくべきことなのである。それを知らないで仕事をしまくっているからこそ、妊娠できなくなってしまうのである。

 30歳を過ぎると時間の経過が早くなり、40歳はあっという間なのである。女性が仕事をする場合、仕事をしまくるために本当に婚期という物を逃してしまう可能性が出て来る。これをやってしまう女性たちは多々いるからこそ、女性が仕事ばかりすることは危険なのである。

 女性が閉経してしまえば、もう赤ちゃんを産むことは不可能なのである。その時点になって結婚しても、その結婚は無意味なのであって、どんなに愛し合って結婚しても、それは単なる恋愛と変わらないのである。結婚を結婚として機能させるためには、早い内に結婚してしまうことが最も大事なことなのである。

●妊娠出産育児に対して100%条件が揃うことは絶対にない

 愚かな未婚の女性たちは妊娠や出産や育児に対して100%条件が揃うことを望むのだが、妊娠出産育児に対して100%条件が揃うことは絶対にない。こういう考えを持つこと自体が自立していない証拠なのであって、自分が自立していない状況で結婚後のことをあれこれ考えるべきではないのである。

 人間は他の動物たちと違い、妊娠や出産や育児に対して教えられない限り、正しいことができないという能力に欠陥を抱えた動物なのである。妊娠した時点で妊娠のことについて大して知らない。出産を無知でで臨めば陣痛促進剤が使用されてしまう。育児では赤ちゃんの泣きまくりにホトホト参ってしまう。そういうことになってしまうのである。

 妊娠した妊婦たちは妊娠や出産に対して何も知らないからこそ、妊娠中に勉強するのであって、勉強を怠れば出産時に酷い目に遭ってしまい、最悪の場合は母子ともに死んでしまうかもしれないのである。大体、陣痛自体、突如やってくるのであって、条件が100%揃って出産に臨む妊婦など1人もいないのである。

 赤ちゃんを産めば産んだで条件は100%揃っていない。赤ちゃんを産んだ母親たちは条件が揃っていないからこそ、必死になって努力して条件を揃えて行くのである。条件が100%揃っていないことは悪いことではないのだ。条件が揃っていないからこそ、母親たちは自然と努力していくのである。

 女性が高学歴になり、仕事で活躍してしまうと、遂々この「条件が揃わないからこそ努力する」ということを忘れてしまいがちだ。自分が努力せずに妊娠出産育児をしようとし、100%条件が揃うまで待つのである。そんな虫のいい話はどこにもないのであって、そういう考え自体が根本から間違っているのである。

●女性は仕事で成功しても、結婚で失敗したではダメ

 人間は「命のリレー」をすることで生命を繋いでいくことができる。アフリカの地に誕生した人類は、アフリカ大陸を出て全世界に広まっていったのである。その間、自分のご先祖は誰一人、命のリレーで躓かなかったからこそ、自分がこの世にいるのである。それなのに自分が仕事をする余りに、結婚せず、赤ちゃんを産まなかったら、自分は命のリレーをそこで止めてしまうことになってしまうのである。

 男性は仕事で成功することが人生で成功したことになる。男性は仕事で成功してお金を稼がない限り、女性と結婚することはできないからだ。しかし女性はそうではない。命のリレーで成功することが人生で成功したことになるのであって、仕事で成功しようがしまいが関係ないのである。

 もしも女性が結婚せず、仕事だけ成功したのなら、そのことをどんなに自慢したとしても、それは大失敗なのである。取り返しのつかない大失敗をやらかしてしまったのである。女性が赤ちゃんを産める期間は限られているのだから、仕事ばかりしていい訳がないのである。

 人間は決して自分だけで生きてはいけない。神を崇敬し、先祖祭祀をし、そして自分が子孫を残して行く聖なる義務を負うべきなのである。人間の人生に求められることは、子孫を作らず、自分の人生を完全燃焼すべきことではない。そういう生き方はバカな人間のやることなのである。

 命のリレーに成功した男女は誰であっても素晴らしい。しかし命のリレーに失敗した男女はどういう功績を打ち立てようが、命のリレーで失敗したことを償えないのである。仕事に追われるばかりに結婚しないというのは、人間として根本的な所が間違っているのである。

●女性は結婚を考慮した人生設計を立てるべき

 女性は人生設計を立てる時、結婚を考慮した人生設計を立てるべきなのである。結婚しないと解らないことは圧倒的に多い。学校や大学で教わったことなど、赤ちゃんを産んでしまえば全部吹き飛んでしまう。それほど学校や大学では無駄な知識を詰め込まれているだけということが解るのである。

 女性は結婚して赤ちゃんを産めば、どうしても減速せざるを得ない。所得に関してはM字曲線を描くことになるのだが、そういうことをするからこそ、生活の質が向上し、今までのようにお金を追いかける生活に終止符を打つことができるのである。

 結婚率と出産率は比例の関係にある。だから政府や地方自治体は家族の絶対的価値を守り、結婚している男女を優遇するような政策を実施していくべきなのである。少子化だからといって、未婚の母たちを支援しているようでは、まともな人間たちが育ってこず、社会は後に大きな損害を支払うことになるのである。

 国会であろうが、地方議会であろうが、議員になるためには結婚して子供がいることを条件にした方がいい。議員だって自分が結婚して育児をしたことがなければ、まともな法律や条例を作ることはできないのである。未婚の男女が議員になってしまえば、口では少子化対策と言いながら、実際にやっていることは結婚制度の破壊ということになってしまうのである。

 この世の中は悧巧な人間よりバカな人間の方が多い。人間は進化の過程にあるのであって、知能を巧く発達させていない人は幾らでもいるのである。だから愚劣な意見が横行してしまうのだが、愚劣な意見はどう評価しても愚劣な意見なのであって、自分が正しい考えを持っていないと、その愚劣な意見に惑わされてしまうものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

らっきょうは「天然のバイアグラ」なり

●らっきょうの甘酢漬け

 カレーライスを食べる時、らっきょうを一緒に食うことになるのだが、なんでカレーライスにらっきょうが付くのか考えたことがあるだろうか? 多分、殆ど全ての人たちはなんにも考えることなく、カレーライスを食べたららっきょうを食べている筈だ。

 カレーライスにらっきょうが付くのにはそれなりの理由がある。

①らっきょうには胸のつかえを取る効果があるから

 らっきょうには胸のつかえを取る効果があるので、カレーの辛さのために胃に問題が発生しても、らっきょうを食べると除去されてしまうのである。インド人はカレーに慣れているかららっきょうは必要ないが、日本人のように近代以降になってカレーを食い始めた民族にはらっきょうが必要になるのである。

②カレーライスの甘さにらっきょうの酸っぱさ

 日本のカレーは甘い。しかもカレーライスということでお米の甘さも加わる。そうなれば血糖値が上がり過ぎてしまうのだ。そこでらっきょうを食べ、らっきょうの酸っぱさを利用して血糖値を下げるのである。こうなるとカレーライスを健康的に食うことができるのである。

③80対20の法則

 トドメは80対20の法則で、カレーライスを単品で出すより、カレーライスにらっきょうを付けた方が効果は格段に高くなるからなのである。理論上の効果は、単品だと0%だが、カレーライスにらっきょうが付くと190%の効果が出て来るのである。だからカレーライスを単品で出すよりは、カレーライスにらっきょうが付けて出した方がいいのである。

 自宅でらっきょうの甘酢漬けを作るのは結構面倒臭いことになるのだが、その苦労を払うだけの価値はあるのである。自宅にらっきょうがあるとないのとではその効果がまるで違ってくるのである。しかもらっきょうの甘酢漬けは長期保存が効くので、一度苦労して作れば、後はなんにもしなくていいので、結構楽であるのだ。

●鹿児島県でらっきょうをナマで食う?

 ただらっきょうに関しては、「他に何か食い方はないの?」という不満があった。らっきょうの甘酢漬けは確かに美味しいのだが、甘酢漬けということはそれに砂糖が使われているので、最近、体が砂糖を欲しなくなったので、余り食いたくはないのだ。

 こういう時に思わぬ情報が流れてきて、

「鹿児島県ではらっきょうをナマで食う」

ということを知ったのである。「らっきょうをナマで?」と反論したくなってしまったが、それはできないことではないので早速試してみた。綺麗に洗ったらっきょうに味噌を付けて食う。実にシンプルな物である。味は大してない。お酒のオツマミには丁度いいという感じである。

 ただらっきょうをナマで食ってからオナラが出まくりなのである。考えてみればらっきょうは食物繊維の塊なので腸内を刺激してオナラを大量発生させるのである。どこでも「プ~」とオナラをしてしまうので、とにかく人のいない場所でオナラをしまくる羽目になった。

 更にはウンコの出来が非常に良くなったのである。大量の食物繊維のために一度非常に臭いウンコが出ると、その後のウンコは合格点を貰えるほど綺麗なウンコになったのである。便秘に悩んでいる人はらっきょうをナマで食うべきであって、便秘は一発で解消されてしまうことだろう。

 ナマのらっきょうは「天然のバイアグラ」と言っていいくらいにチンチンに劇的な効果を発揮させる。らっきょうをナマで食うと勃起力が最大化されるので、インポに悩んでいる男性ならバイアグラを飲むより、らっきょうをナマで食った方がいい。しかし効果を出すためにはかなりの量の食わねばならない。1個や2個ではなく、10個以上食えばペニスに変化が出て来ることだろう。

 鹿児島県では不妊症の発症率が異様に低いのだが、らっきょうをナマで食うことが関係しているのかもしれない。らっきょうは女性の腰の姿に良く似ているので、女性がらっきょうを食えば卵巣や子宮を活性化させるし、ナマのらっきょうは天然のバイアグラの効果を発揮するのだから、赤ちゃんは確実にできることだろう。

●らっきょうに合う物がない

 ナマのらっきょうにはなぜだか味噌しか合わないのである。味噌だからこそナマのらっきょうを美味しく食べることができるのである。ただ「他にないの?」と不満を持ってしまう自分がいる。そこでらっきょうに合う物を探しまくったのだが、これが本当にないのである。

 ナマのらっきょうにマヨネーズを付けて食ったのだが、これがなんとも味気のない物で、マヨネーズのためにらっきょうの味が死んでしまうし、マヨネーズの味も何か変なのである。マヨネーズはなんでも合う物のなのだが、これでもダメなのである。

 ナマのらっきょうにケチャップを付けて食ったのだが、これはマヨネーズ以上に悪い組み合わせで、ケチャップの味がらっきょうの味を完全に殺してしまうのである。悔しいのでマスタードも付けたのだが、これもダメで、どうにもならないのである。

 らっきょうの味はそんなに強力な物ではないので、なんで今までらっきょうが脇役に徹してきたのかその理由が良く解った。主役になるためには味が濃くならねばならないのである。味が薄いというのでは主役を張ることはできないのである。

 マヨネーズもケチャップの味としてはかなり濃い。普段使っていると良く解らないのだが、らっきょうと組み合わせるとその濃さが非常に良く解るのである。マヨネーズとかケチャップを使い過ぎると味に鈍感になってしまうものだが、これはこれらの調味料自体、かなり味が濃いからなのである。

●らっきょうって他に食い方あるの?

 らっきょうには他に食い方はないのかと思って、「らっきょうの天麩羅」を作ってみた。しかしこのらっきょうの天麩羅は旨い不味いではなく、天麩羅として味がないのだ。らっきょうの天麩羅がない理由が良く解った。これでは天麩羅の具材としては使えないのである。

 らっきょうをネギ代わり使うという手もあるのだが、これならネギを使った方が遥かに便利なので、どうしてもネギを使ってしまうのである。らっきょうは玉ネギのように炒めると味が出る訳でもないので、玉ネギの代わりとしても使えないのだ。

 やはりらっきょうにはらっきょうの甘酢漬けかナマで食うしかない。らっきょうの甘酢漬けはカレーライスとの相性が最高である。ナマのらっきょうはビールのオツマミには最高なので、これからの暑い季節はどんどん手べ行った方がいい。「ビールに枝豆」も相性は抜群だが、「ビールにらっきょう」も相性は抜群なのである。

 ただナマでらっきょうを食うと、オナラがプップカプップカ出てしまうのでその点は注意が必要である。ビールを飲んで、「あ~、旨い!」と言いながら、肛門からは「プ~」とオナラが出てしまうものなのである。余りオナラをしまくっていると、調子に乗って実も出て来ることもあるので油断はならないのだ。

 らっきょうは収穫時期が限られているので、らっきょうが手に入る時に買ってしまい、洗った上で冷蔵庫の中で保存しておけばいい。時期的には梅雨になるわけだから、この時期にらっきょうをナマで食って精力を付けておけば、夏バテなんて絶対にしなくなることであろう。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (12) | トラックバック (0)

「ありのまま」に感動する人はありのままに生きてはいない

●デブ姉が「♪ありのまま~」に嵌った

 「MayJ.」の『Let It Go』がヒットしている中、うちのデブ姉もこれに嵌り、カラオケで歌いまくっているとのことであった。なんでも「♪ありのままで~」というサビの部分がお気に入りのようで、カラオケで何度も何度も歌って巧くなろうとしていた。

 最近のカラオケボックスは料金が非常に安いので、それこそ満足が行くまで居続けることができるのである。このため『Let It Go』の猛特訓が巧く行ったらしく、かなり上手に歌えるようになった。そのご機嫌な状態で実家に帰ってきたのである。

 それなのに我が家でデブ姉は「♪ありのままで~」と歌っているのに、風呂場から上がって来た時には、バスタオルで体をグルグル巻きにして出て来たのである。なんで隠す? ありのままはどこに行った? 他人に見せないからこそデブはデブのままなのだが、どうもその大事なことに気付かないのである。

 俺はこのブログで「MayJ.」の運命鑑定を行い、名前は物凄くいいのだが、自分の歌を機械的に歌ってしまい、感情を込めないという問題点があると指摘した。歌に感情が籠っていないと見る人たちは結構いて、そういう人たちは全員が全員、スマートであった。

 岡本夏生は東京MXテレビの『5時に夢中』で、「「MayJ.」の『Let It Go』より、松たか子の『Let It Go』の方が良かった」と発言していたのだが、これは本当にその通りであろう。これは聞けば解ることなので、これに気付かない人は音楽の能力に問題があるとみていい。

●意味不明のカミングアウト

 この『Let It Go』によって「ありのまま」という言葉が流行語になってしまった。そんな中、オーストラリアの或る女性が乳癌で乳房を切断したことをカミングアウトしたことがネットで話題になり、「勇気ある行動」と多くの人たちから称賛されたというのである。

 俺はこの情報を聞いて、「オーストラリアではまだ乳癌に対して乳房の切断をやっているのか?」ということに驚いてしまった。日本では乳癌の手術が劇的に発展して、もう乳房を切断する手術は殆ど行われていないのである。それなのにオーストラリアではまだ乳房を切断するという旧式の手術をやっているのである。

 もう1つ驚いたことは、「この女性には親しい友人がいなかったのか?」ということである。女性が乳房を切断すれば、見た目で解るものである。そうなれば友人に「どうしたの?」と訊かれ、「乳癌手術で切断したの」と答える筈である。しかしこの女性にはそれがなかったということなのである。

 このブログでも乳癌予防の情報を流しているのだが、乳癌になりたくなければとにかく赤ちゃんを3人以上産み、母乳で育てるべきなのである。気を付けるは授乳を終える遣り方で、「卒乳」という形で自然に終えず、「断乳」という遣り方で強制的にやってしまうと、それで乳管が詰まって乳癌になってしまうのである。

 だから女性が赤ちゃんを産まなければ乳癌は罹り易くなる。また赤ちゃんを産んだとしても赤ちゃんの数が少なく、断乳という乱暴なことをやってしまえば、乳癌に罹ってしまう。女性であるならそういう知識を持つべきであって、そういう知識がないからこそ乳癌に罹ってしまうのである。

●隠した方がいい人

 笑ってしまったのが、『Let It Go』の歌がヒットしている中、短パンの中央部に穴を空けて、そこにチンチンを出して自転車で走行したいた男性が警察に捕まったというニュースが流れたことだ。この男性は公然猥褻の疑いで逮捕されたとのことであった。

 しかも彼は仮出所中であり、前回も公然猥褻で逮捕されたので、自分のチンチンをみんなに見せたくて仕様がなかったのであろう。彼こそ「ありのまま」に生きたのだが、ありのままで生きようとすれば即逮捕なのである。懲役刑を下すより、チンチンを隠す生き方を教えてあげなければならない。

 文明状態の中で生きるということは、ありのままで生きてはならないということなのである。法の支配の下で生きているのであって、せめて憲法や法律を遵守して生きねばならないのである。だから家族という物が大事になってくるのであって、家族の中でなら或る程度ありのままに生きることができるのである。

 それゆえ国家権力が家族の中に入り込むのは絶対に許してはならない。国家権力が家族の中にはまで入り込んでくれば人々は本当にありのままに生きることができなくなり、国民の自由は確実に消滅してしまうからだ。「子供の権利」というのが危険なのは、政府はこの権利を足がかりに家族への侵入しようとするからなのである。

 「個人の尊厳」と「家族の尊重」は共に大事なのであって、家族を否定し、個人だけを引っ張り出す思想や、個人を否定し、家族だけを引っ張り出す思想は共に危険な思想になるのであって、どちらとも宜しくないのだ。人間は群生動物である以上、自分1人で生きればおかしな生き方をしてしまうし、かといって家族の中に押し込められれば窒息してしまうのである。

●謙虚さの欠如

 「ありのまま」という言葉に感動する人たちがいるかもしれないが、ありのままの自分というのは実は大したことはないのである。自分がどんなに美しいと思っていても、鏡で自分の姿を見続けていれば、自分の様々な欠点に気付くことであろう。自分の姿を鏡で見てうっとりとしているのは、余程の自惚れ者だけである。

 俺に言わして貰えば、ありのままに感動する人たちは謙虚さがないのである。謙虚さが欠如しているから、この世で生きていて様々なトラブルを引き起こしてくれるのである。人間というのは私利私欲で生きているのだから、自分にも相手にも利益になるような生き方を模索していけばいいのである。

 ありのままの自分は大したことはない。自分だけが大した者ではないのではなく、みんなも大したことはないのだ。それに気付いた時、本当の人生が始まる。自分が無価値だから、自分の心の中で価値を生み出し、それを具現化して行かなければならないのである。

 うちのデブ姉の場合、とにかくダイエットをして体をスリムにし、とっとと結婚することなのである。デブなくせして、唯我独尊状態にあるからこそ、デブはデブのままで、結婚もなかなか進まないのである。結婚するに当たって足りないのは、愛でもお金でもなく、「謙虚さ」なのである。

 『Let It Go』がアメリカ合衆国で産まれた歌ということを決して忘れてはならない。もう既にアメリカ合衆国の国民たちは謙虚さを失い、傲慢になっているのである。神は傲慢になる人間を徹底的に嫌うから、必ず天罰が下されることになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

働かない人たちの効用

●文明と宗教

 文明というのは働かない人たちを養うことができる。働かない人たちは働く人たちの稼ぎで養われることになるのだが、働かない人たちは労働しない分、働く人たちでは決して作れない物を作るのである。人類が文明状態に突入すると、宗教は急激に発展するのは、宗教家というのは最初の働かない人たちだったからなのである。

 狩猟採集経済から農業経済への移行は簡単に行われたのではなかった筈だ。というのは、狩猟採集経済では、狩猟は男性、採集は女性であるために、農業を最初に遣り出したのは女性たちだったからなのである。野菜の種を品種改良し、穀物にまで発展させた女性は、「巫女の女王」として君臨したのである。となれば男性たちは猛反発したに違いない。

 だから農業は古代メソポタミアで生まれたというのに、アラル海の近くに発祥したシュメール人たちに征服されてしまったのは、狩猟採集経済から農業経済への移行が、経済的には大成功ではあったとしても、政治的には凄まじい緊張関係を孕んでいたということなのである。

 これによって古代文明の宗教は女性たちの巫女と男性たちの神官のセットで行われることになった。荒野を開墾して農地に変えて行くためには男性たちの力が欠かせないから、男性たちの神官を宗教組織の中に入れておかないとバランスが取れないのである。

 古代文明には巫女と神官という閑な人たちがいた。だから古代文明は急速に発展していき、文明としては現代文明となんら変わらない物をあっという間に築き上げてしまったのである。働かない人たちは確かに働かないで富を生み出さないが、文明を発展させるという労働している人たちには決してできないことをやってのけてしまったのである。

●仏教伝来の衝撃

 古代文明も爛熟期を迎えると、古代文明の中から「人工宗教」という物が出て来る。人工宗教とは人工的に作り出した宗教で、古代宗教のように男女が協働して構成する宗教ではなく、男性たちだけによる宗教という所に決定的な違いがあった。

 古代エジプトで産まれたのが「ユダヤ教」で、その後、ユダヤ教から「キリスト教」や「イスラム教」が生まれた。古代インドで生まれたのが「仏教」で、仏教はウィグルを経て中国に渡り、朝鮮半島を経由して日本へと伝来した。ユダヤ教系統は一神教で他の宗教を排斥するのだが、仏教は宗教混淆を好み、その土地の宗教を活かしながら布教して行ったので、しっかりと定着した。

 日本人が仏教に驚いたのは、仏教が「仏像」を持っていたからである。神道は偶像崇拝を否定するので偶像が発達しなかった。これに対して仏教は偶像崇拝をやりまくったので偶像は思いっきり発展してしまった。だから古代日本人が仏像を見た時、こんなにも精巧な物を作れるのかと驚いたのである。

 もう1つ驚いた物に、「僧侶」の存在があった。僧侶たちは働かない人たちなのだが、この連中が物凄く勉強するのである。今の僧侶たちは堕落してしまいそんなに勉強しないが、古代日本にいた僧侶たちはそれこそ命懸けで勉強したのである。

 だから日本に仏教が定着すると、日本の文化は一気に発展にして行くことになるのである。仏教寺院には僧侶という働かない人々がいるので、そこから幾らでも文化が生み出されて来るのである。神道の巫女や神官たちは祭祀を行っても勉強はしないから、それで仏教と神道は決定的な差が付いてしまったのである。

●専業主婦こそが日本の文化を支えている

 働かない人たちは家族の中にもいる。それが母親である。全ての母親が働かない人たちではないが、その家族が豊かになれば母親は「不労」を選択することができるのである。まずは皇族と貴族の妻たちが不労をやり始め、続いて武士の妻たちが不労をやり始めた。そして近代になると中産階級以上なら「専業主婦」という者が生まれ、不労を遣り始めたのである。

 専業主婦と働く母親たちのどちらが優れているのかはなかなか判定できない。働く母親たちは労働することによってお金を得ることができ、それによって家族を豊かにしていくことができるからだ。しかし母親が働いてしまえば、育児が疎かになるし、文化的なことだって大したことはできなくなる。

 専業主婦は確かに労働をしていないのだが、その分、家事や育児に充分な労力と時間を投入できるので、優秀な子供たちを育てることができる。しかも文化的なことなら幾らでもできるので、それで専業主婦たちがいると文化レベルが急激に上昇して行くことになるのである。

 例えば読書にしても、働く母親たちは余り本を読まない。読んだとしてもビジネス書なので、これでは低い文化で生きて行くしかなくなってしまうのである。ところが専業主婦たちはかなり本を読むし、専業主婦の中には読書家と言っていい人も出て来る。こうなると専業主婦がいれば高い文化の中で生きて行くことができるのである。

 文化を生み出すためには「お金と閑」という物が必要なのである。貧乏では文化など産み出すことはできない。しかしお金を持っていても文化を生み出すことはできない。お金と閑という両方の物がセットになるからこそ、文化は産み出されるのである。

●文化はお金で買うことはできない

 文化と経済力は密接な関係にある。経済力の豊かな国でこそ文化は栄えるものである。例えば日本で平安時代に摂関政治が繁栄すると『枕草子』や『源氏物語』という古典を生み出している。イギリスではエリザベス1世が絶対王政で伸し上がっていった時に、シェイクスピアが出て来て名作を書きまくっている。ロシアではロマノフ王朝のまさに爛熟期にトルストイやドストエフスキーが出て来て名作を書きまくっている。

 世界に通用するような文化を生み出した国は近代以降独立を保っているし、国民は過去の遺産のためにかなり優位な地位に立つことができるのである。経済力は大量の余剰を産むから、それで働かない人たちを養うことができ、その者たちが後世に遺るような物を作ってくれれば、普通の労働する人たちよりも莫大な遺産を残してくれることになるのである。

 お金があれば文化を生み出せるが、お金があるからといって文化を買うことはできないのだ。要はお金の使い方なのであって、お金を持っている人がそれこそ道楽で働かない人たちを養うからこそ、その働かない人たちは通常の人たちでは考えることのできない物を考え出し、それが新たな文化となって現れるのである。

 だから政府が「国民の全ては働くべきである」と間違った考えを持ってしまうと、働かない人たちを無理矢理に働かせてしまい、それで新たな文化という物が全く生まれなくなってしまうのである。「みんなが労働しなければならない」という考え自体が貧乏人の発想なのである。

 経済と文化は常にリンクしている。高い経済力があればこそ、新たな文化が生まれ、新たな文化は経済を刺激して、新たな産業を生み出して行くのである。それゆえ経済のことばかり見つめてしまい、文化のことを無視してしまうと、経済を健全な形で発展させていくことができず、それどころか経済を病的な物に変えてしまうのである。

●専業主婦潰しは高い代償となって現れる

 自民党はフェミニストの女性学者たちに騙されるような形で男女共同参画社会路線を採用してしまったが、今度もまたフェミニストたちによる専業主婦潰しにまんまと乗ってしまった。低能というか無能というか、フェミニストの女性学者たちのあくどさを全く解っていないのである。

 自民党の支持者たちには専業主婦が含まれているのである。それを切り捨ててしまうのだから呆れる。因みにフェミニストの女性学者たちはイデオロギー的には日本共産党を支持することになるものなのである。なんでそんな連中の意見を採用しなければならないのか?

 安倍晋三首相は結婚していても子供がいないために、専業主婦の役割が全く解っていないのであろう。自民党も政治家になるには既婚者にして実の子がいることを条件に課すべきなのである。そうしないと専業主婦潰しを遣り出す党首が出て来てしまうのである。

 男女共同参画社会が本当に実現してしまえば、女性たちの地位は上がるどころか、急低下することになるであろう。確かに労働しているかもしれないが、文化的な物は何もないのだから、これでは「奴隷」となんら変わらない存在になってしまうのである。

 嘗てソ連のソロヴェツキー収容所の入口にはこういう標語が掲げられていた。

「労働によってのみ自由は得られる」

自由は労働しなくても持てるものなのに、労働価値説に取りつかれるとそれが解らなくなり平気で嘘を言い出すようになるのである。今後、日本人女性を待ち受けているのは、自分が「囚人」になることであって、死ぬまで事実上の全国強制収容所から出ることはできなくなるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

医学不要論 ~医者たちの殺人医療を絶対に許してはならない~

●人間は本来健康な動物

 人間は本来「健康な動物」である。健康であることが正常で、病気に罹る方が異常である。たとえ病気に罹っても、人間には「自然治癒力」という物があるから、大半の病気は自分で治すことができてしまうのである。医者は自分で治すことができなかった病気が発生した時に初めて御厄介になるものなのである。

 文明生活というのは便利な物なのであるが、便利になればなるほど、人間の体力は低下してきて、それで益々病気に罹り易くなってしまう。しかも文明は経済力があるために、医者の数を増やして行くことが可能になるのである。更には政府が福祉国家路線に乗り出せば、国民健康保険が整備されることで、医者の数は余計に増えることになるのである。

 現在の日本では医者たちは既に過剰である。医者の数を増やし過ぎてしまったからこそ、医者たちの質は下がってしまったのである。医者の数を増やして一体どうなかったかのといえば、病院内で死亡する病人たちが大量発生しているのである。医者だから犯罪に問われないのだが、こういう悪事がいつまでも続けられると思うな。

 今回紹介する本はこの本! 

 内海聡著『医学不要論』(三五館)

  医学不要論[内海聡]

 この著者の内海聡は医者であって、医者が唱えた医学不要論という所にこの本の最大の魅力がある。医学を外部の者が批判すれば辛辣な物になるが、医学を内部の者が批判すると内部情報を知っているがゆえに、驚愕の事態が暴露されることになる。

 俺はこの著者の意見に大賛成である。内海聡はちゃんと自分で物を考えた上で意見を言っているから非常に説得力がある。ただ内容が余りにも過激すぎるので、医学の知識がない人には衝撃的すぎる内容になっている。この本に書かれていることは本当のことなのであって、だからなかなか表に出て来ないのである。

●病気の8割は医原病

 実を言うと、病気の85%は原因不明なのである。医者が「これは本当に病気である」と認定できるものはたった15%しか存在していない。医学なんて物は所詮そんな物なのであって、医者だからといって全ての病気を治せる訳がないのである。

 医者たちにとってこの事実は余りにも都合が悪い。これでは医者たちが生活することができなくなってしまうからだ。そこで医者たちは「医者が病気であると認定した物が病気である」という異常極まりない定義を作り出し、それで自分が治せもしないのに治療に着手し始めたのである。

 これによって病気の8割は「医原病」という形で発症してしまった。この医原病が恐ろしいのは、医者の治療を受ける度に病状が悪化し、最終的には死亡してしまうということなのである。これが「殺人医療」なのである。如何なる推理小説を読むより、病院内での殺人医療を見た方が余程恐怖を与えるというものである。

 全ての医者たちが殺人犯であり、全ての看護婦たちは殺人幇助罪に該当する行為をやっている。

 医原病に対する治療法は実に簡単で、医者の治療を拒否すれば少なくとも死ななくて済む。病気を治したいのなら、とにかく生活を改善し、安全な飲食物を摂取すると同時に、体内の老廃物と毒素を排出させていけばいいのである。

 日本人は薬を飲めば病気が治るという考えを捨てるべきなのである。自分の体が汚染されているからこそ病気になっただけのことであって、病気になったら断食をして、体内の老廃物と毒素を排出するようにすれば、殆どの病気は治ってしまうものなのである。

●闇の支配者たち

 近代の医学がどうして殺人医療へと変化してしまったのかというと、これには「闇の支配者たち」の存在を語らなければならない。闇の支配者たちとは全人類を奴隷化すべく、全ての宗教や全ての国家を破壊し、個人の尊厳を踏みにじり、家族を解体しようとする連中のことである。

 具体的にはユダヤ教やフリーメーソン、イルミナティや三百人委員会であり、これらに付随する団体が大量に存在するので、それで闇の支配者たちの考えたことが実行に移されてしまうのである。闇の支配者たちの二大巨頭がロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥である。

 ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥の考え方は基本的に同じなのだが、多少異なる所もある。ロックフェラー財閥は石油を独占して巨万の富を稼ぎ出したので、それで石油から作られる医薬品を大量に販売するため、医学をその支配下に置こうと躍起になっているのである。

 それとロックフェラー財閥は「優生学」を採用し、人類の無駄飯食い連中を大量虐殺することに躍起になった。ロックフェラー財閥は「人口削減計画」というしっかりとした計画を持って、産児制限を推し進め、夫婦が持てる子供を2人以内とした。なぜ先進国に於いて夫婦は子供2人以内でしか子供を産まないのかといえば、この産児制限が大きく効いているからなのである。

 学校で行われる性教育も人口削減計画から出て来た物で、セックス洗脳を仕掛けることでまともな恋愛ができないようにさせ、乱交を繰り返す人生を送らせ、結婚も妊娠出産もできないようにさせるのである。事実、日本では性教育がボディーブローの如くに効いて、性教育を受けて育った人たちが大人になると、結婚しない人たちが大量発生したのである。

 インフルエンザの流行も闇の支配者たちが仕掛けた物で、インフルエンザ自体がアメリカ陸軍の細菌兵器研究所で作られたものなのである。子宮頚癌ワクチンの投与はもっと酷く、子宮頚癌ワクチンは子宮頚癌を撲滅するのが目的ではなく、不妊症に陥れることが目的で広めているものなのである。

●医者や医学への尊敬の念を捨てよ

 医者たちの殆どは闇の支配者たちのシンパになっている。下っ端の医者たちには解らないだろうが、学会でトップに立っている医者たちは明らかにこれを自覚した上でやっている。でなければ効果のない医療を使用し続けるわけがないからだ。

 西洋医学は確かに大発展を遂げたのだが、西洋医学には根本的な所で大間違いをしている。それは、

「人間のために医学があるのであって、医者のために医学があるのではない」

ということなのである。西洋医学は医者たちのために医学があるのであって、この根本があればこそ、平気で殺人医療を展開してしまうのである。

 医者になることを志す者は病人を救いたいという思いで医者になったことであろう。しかし医者になるための勉強は大変で、その過程で心を擦り減らしてしまい、自分が医者になる頃には昔持っていた青雲の志などとっくの昔に忘れ去ってしまうのである。こうして医者たちは往々にして医学を医者のための医学に作り変えてしまうのである。

 現在の医者たちは凶悪な殺人鬼である。平和な時代だというのに、病院の中で大量虐殺が行われ続けているのである。医者が患者たちを殺しても免責されるので、それでこの殺人医療が止まらない。医者が治療したのに患者が死んだのなら、なんらかの刑事責任を問うべきなのに、法律によってそれをできないようにさせているのである。

 日本国民が医者や医学に尊敬の念を持っている限り、医者たちはその甘さに付け込んで殺人医療を展開していく。だから医者や医学に対する尊敬の念を捨てるべきなのである。日本国民全員が健康になれば医者は失業してしまう。これが事実なのである。これが事実だからこそ、医者たちは人為的に病気を作り出さねばならないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25

| | コメント (11) | トラックバック (0)

梅雨だからこそ洗濯機の掃除

●お気に入りのTシャツが~

 梅雨時は洗濯をするのものひと苦労の時期を迎える。雨のためになかなか洗濯物が干せないので、洗濯物はどんどん溜まって行くのだ。曇りだから洗濯物を干そうと思ってもなかなか乾かない。家の中で干せば乾くだろうと思ったら、カビが生えてしまったりするのだ。

 今年、六月になって関東では雨が降りっ放しになり、我が家では洗濯物が溜まりに溜まってしまった。そこで雨の合間に洗濯をして干したのだが、洗濯物は乾かず、ま、家の中でひと晩干せば乾くだろうと思っていた所、翌朝、乾くには乾いたが、Tシャツにカビが生えてしまった。

 実を言うと、このTシャツはブランド物で、気に入ってかなり頻繁に使っていたので、そろそろ室内専用に変えようかな~と思っていたら、この有様である。カビが生えたのは家の中で干したからと思っていたのだが、どうも洗濯機が怪しいということになった。

 洗濯機の掃除は定期的にやっていたのだが、ここ最近は洗濯機の掃除をやっていなかった。案の定、洗濯機は汚れており、それでTシャツにカビが付着してしまったのである。しかもこの湿気、カビは増殖する一方であり、なんとかせねばということになった。

 今回の洗濯機の掃除は本格的にやろうということになった。定期的に掃除をしていたのにカビが生えた以上、今までの遣り方ではダメだということなのである。そこで洗濯機の掃除をどうすればいいのか調べまくって、やっと効果的な掃除の仕方を発見した。

●洗濯機の掃除

 洗濯機の掃除で最も大事なことは、「ぬるま湯を使う」ということなのである。ぬるま湯じゃないとカビが巧く剥がれないのである。今までは水を使ってやっていたからこそ、大した効果がなかったのである。それで夜、入浴が終わった後に、お風呂の残り湯を使って洗濯機の掃除をすることになった。

 洗濯槽にぬるま湯が満タンになると、洗濯槽クリーナーを入れ、そのままの状態で8時間放置した。通常は2~3時間なのだが、説明によると最大8時間までならいいということなので、その最大8時間を使って掃除をしたのである。まさか水漏れがあるのではないかと心配で、夜に目が覚めた時には洗濯機が大丈夫かどうか確かめたりした。

 朝になって洗濯機を見ると、緑色の水が透明になっていた。これが終了のサインということで、その水を流し、再度、通常モードで洗濯機を回し、洗濯機を綺麗にした。するとゴミのポケットには大量のカビの死体があり、「こんなにもカビが生えていたのか~」と驚いてしまったぐらいであった。

 こんな汚い洗濯機を毎日使っていたということは、洗濯物がこのカビで汚れてしまったということなのである。こういう知識を知っているか知らないかで、服の使用期間はかなり変動すると思う。それになんか臭う服を着ている人は物凄く汚い洗濯機を使っているということになる。

 掃除機の掃除なんてしないものだ。これと同じで洗濯機の掃除もなかなかしないものだ。それではイカンということなのである。特に洗濯機は水を使う以上、汚れるのは当然なのであって、定期的に掃除をした方がいいのだ。しかも掃除の際には正しい遣り方でやらないとちゃんとした効果が出て来ないのである。

●洗濯機の蓋を閉めっ放しにしてはならない

 我が家では洗濯機にカビが生えないように注意していたのにこの有様なのである。もしもカビに対してなんの対策もしていない家なら、カビの量はこの程度ではなかった筈だ。もっと多かった筈であって、だからカビが生えないように注意することは必要なのである。

 洗濯機を使い終わったのなら、洗濯機の蓋を閉めっ放しにしてはならない。蓋を閉めてしまうと、その内部は乾燥することができず、カビが生えまくってしまうことになるのだ。几帳面な正確な人ほど洗濯機の蓋を閉めたがるのだが、そうなるとカビだらけになってしまうのである。

 それと洗濯物を洗濯機に入れっ放しにしないことだ。洗濯籠に洗濯物を入れればいいものを、洗濯機に直接洗濯物を入れる人がいるものだ。面倒臭いからそういうことをやるのだが、これをやると洗濯槽の中は湿度100%になり、洗濯物にカビが生えてしまうのである。

 これと同じことが、洗濯機を回して、洗濯物をそのまま置いといてしまうと、洗濯物にカビが生えることになる。忙しい時にこういうヘマをやらかしてしまうのだが、忙しいのなら洗濯は後回しにすべきであって、無理して洗濯をしないことだ。

 洗濯機は水物である以上、とにかく乾燥させることが必要なのである。洗濯機がある部屋を閉めっ放しにするのは余りお勧めできない。ドアを少しでもいいから開けておいて風通しを良くしておけば、洗濯機は乾燥するものなのである。ドアを閉めっ放しにしてしまうからこそ、洗濯機がなかなか乾かず、それでカビが繁殖してしまうのである。

●洗濯機を使い放しにするな

 洗濯機を使いっ放しにすることはしない方がいい。特に梅雨の時のように湿度が高い時に洗濯機を使っても、使用後になかなか乾かないのだ。それなのに湿った状態で洗濯機を使ってしまえば、洗濯機の内部にカビが生えて来るのは当然のことなのである。梅雨の場合、それこそ梅雨の間の晴れ間を巧く利用して洗濯をして行った方がいいのである。

 毎日、洗濯をやっていれば、家事の負担が重たくなる。そこで月に1回か2回かは洗濯をしない日を設け、洗濯機を休ませるようにするのである。こういう決まり事があると、主婦自身が疲労を回復させ、それに洗濯機の内部を乾燥させることでカビが生えにくくすることができるのである。

 洗濯物の量が少ないのに洗濯機を回すと、洗濯物を良く洗えないどころか、洗濯機を傷めることにもなりうる。洗濯をする際は洗濯物が充分に溜まった状態ですべきであって、洗濯物が多少出たからといって回さないことだ。これを守るだけでも洗濯機の寿命が長くなるものなのである。

 洗濯機の寿命は10年と思っておいた方がいい。家電というのは10年も使い続ければどこかに問題が発生して来るものなのである。最大で20年と言った所である。もうその頃には新型の洗濯機が出ているのだから、そちらに買い変えてしまった方がいいのである。

 世の中には旧式の洗濯機を使って自慢してくる人もいるのだが、そうやって長年に亘って使っているということは、洗濯機の中はカビだらけなのである。技術というものは日進月歩で発展して来る以上、新型の洗濯機を使っている方が優位に立てるのは当然のことなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (1)

絵本の読み聞かせは話芸なり

●話には最適の時間が存在する

 人間は喋ろうと思えば幾らでも喋り続けることができるのだが、話には最適の時間という物が存在する。人間の話という物は人間自身が考える以上に短い物なのであって、人間はその短い内容の話しか相手に伝えることはできないのである。

 お笑いでは、

漫才は3分

漫談は5分

コントは7分

が最適の時間となる。全部10分以内なのであって、それ以上ではないのだ。笑いで核となっているのはこの程度の時間なのであって、これがきちんとできていないと、より長い時間の笑いに耐えることができなくなってしまうのである。

 絵本も10分以内で終わる物である。絵本を1時間かけて読む母親はどこにも存在しない。だからダラダラと絵本を読むのではなく、スピード感を持って読んでいかないと、絵本の面白さを我が子に伝えて行くことができないのである。

 自分が相手に何かを伝えたいからといって、あれこれ言いまくっても相手は聞き入れてくれないものなのである。自分の話の内容を1つか3つに絞り、それだけを伝えて行くようにすべきなのである。それゆえ絵本を読む時は、

「この絵本の作者は一体何を言いたいのだろう?」

と考えて読まないと、子供は絵本の話を理解してくれなくなってしまうのである。

 絵本は作者が半分、母親が半分を担うことで、初めて機能できる代物なのである。それなのに母親に絵本をどう読み聞かせればいいのかを教える教育機関はない。母親たちは「愛情があれば大丈夫」と反論して来るかもしれないが、絵本の読み聞かせが下手な母親たちは大量に存在しているものなのである。

●絵本の読み聞かせの三条件

 絵本の読み聞かせには3条件が存在する。「絵本そのもの」「読解力」「好演力」の三つである。絵本それ自体ソフトであるが、そのソフトをどう活かすかも必要になってくるのである。絵本は作者が作るが、読解力や好演力は母親の側に求められる物である。

①絵本そのもの

 絵本の読み聞かせは絵本それ自体でかなりの部分が決まってしまうことになる。絵本は全て良い物ではなく、絵本としての条件を満たしていない物が大量に含まれている。絵本で本当に良い作品はごく僅かなのであって、本屋で絵本を買う時は絵本を良く吟味してから買うことだ。

 絵本を1冊も買わずに図書館で借りて済ますというのは絶対にやめた方がいい。こういうことをやっていると、絵本の良し悪しが解らなくなってしまうからだ。やはり自分がお金を出して絵本を買うからこそ、下らない絵本を買うことがなくなり、質の高い絵本だけを買うことができるようになるのである。

②読解力

 絵本を読み聞かせるためには、子供の方にではなく、母親の方に読解力が必要になってくる。母親が絵本の内容を理解した上で読み聞かせれば、子供は絵本の内容を理解することができる。絵本はこれだけ短い文章だというのに、絵本の内容を理解できない母親たちは必ず存在するのである。

 絵本作家は結婚しているかどうかが非常に重要な基準になってくる。結婚している絵本作家なら、自宅で育児をしているのだから、愛情溢れる物語を作って来るものなのである。絵本作家が結婚していない場合、変な絵本を作って来る可能性があるので、絵本作家の結婚の有無は絶対に問うべきなのである。

③好演力

 絵本の読み聞かせは、母親に好演力が求められる。演技力ではない。絵本を読み聞かせて、恰もそこに物語の世界があるかのように子供に思わせるのである。母親は女優になったつもりで、正確には「声優」にでもなったつもりで読み聞かせればいいのである。

 母親が絶対にやってはならないのは棒読みである。この手の人は国語の成績が悪かった人であろう。絵本の内容がきちんと解っていれば、抑揚を付けることができるようになるので、それで子供は母親の話を聞いて大喜びすることになるのである。

●絵本を使って会話する

 子供がまだ会話できない時、とにかく内容のある話は10分以内で終わるということを覚えさせるようにすることだ。子供によっては、静かに聞いていたり、声を出したり手出ししたりする者もいるが、少なくとも母親が自分に物語を読み聞かせていることぐらいは理解できているのである。

 子供が会話できるようになったら、絵本を使って会話してみることだ。

「あなたが主人公だったらどうする?」

と主人公を自分に置き変えさせると、実に様々な意見を言って来ることになる。絵本の主人公と自分との距離を消滅させてしまうというのが、絵本の内容をちゃんと理解することができることの早道なのである。

 子供の想像力は大人の想像力を超える。母親は人生の先輩だから、どう考え、どう行動するのが最善であるかを理解している。しかし子供は経験値が少ないのだから、突飛なことを言い出して来るものなのである。それを楽しむくらいの余裕が必要なのである。

 絵本を読み聞かせて、はい終わりでは、読解力が向上していく訳がないのである。子供は真剣になって聞くが、真剣に記憶を喪失していくということも平気でやってのける。その自分の小さな頭で考えさせるからこそ、絵本を読み聞かされた後、その物語を記憶して行くことができるのである。

 絵本を子供を眠らせるための道具として使えるものだが、それは絵本本来の役割ではない。忙しいからといって、絵本をそういう機会でしか使っていないと、子供の脳は成長していかないのだ。1日の内に、絵本をじっくりと読み聞かせる時間を設けることは、育児に於いてとっても重要なことなのである。

●絵本の読み聞かせが巧くなるコツ

 絵本の読み聞かせが巧くなるコツは、「同じ絵本を何度も読み聞かせる」しかない。母親自身、絵本の内容をきちんと理解していない場合がある。何度か読んで行く内に、「あ、この作者はこういうことを言いたかったんだ~」と解ることだって有り得るのである。

 それに何度も同じ絵本を読み聞かせていくと、問題のある絵本は自然と脱落していくことになる。そのため良い絵本だけが自然と残って行く。良い絵本は無駄な話を全部切り落としているから、自分が読んでみるとその話を良く理解できるし、子供たちだって喜んでくれるのである。

 子供の方も自分が好きな話は何度も読んで貰いたいので母親にせがむものだ。子供はその物語を知っているが、再度、母親に読んで貰うことでより読解力を深めて行くことができるのである。まだ読み書きできないのだが、読み書きを覚える前にこういう経験をしていたからこそ、いざ勉強をし始めると国語力が急上昇して行くことになるのである。

 子供も自分で文字が読めるようになれば、母親に絵本を読んで貰うことをせがまなくなる。ということは母親が絵本を子供に読んであげる期間というのは実に短いものなのである。だからその期間を大事にすべきであって、決して疎かにしてはならないのである。

 絵本の読み聞かせは話芸である。話芸というからには母親が如何なる時に読んでも子供たちに喜んで貰わねばならないのである。話芸は同じ話を何度も喋り、その話の内容を洗練させて行くからこそ、他の人が読むより素晴らしいということになるのである。こういうことは地道に努力していれば自然と出来るものだから、インチキをせずに絵本を読み聞かせて行けばいいのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児童相談所による介入過誤事件

●「乳幼児の反抗期」と「虐待疑惑」

 乳幼児は可愛い者であるが、必ず反抗期を迎える。所謂イヤイヤ期の突入してしまうと、なんでも「イヤイヤ」言い出して母親を困らせることになる。この対策としては、選択肢を与えて、どちらかを自分で選ばさせるというぐらいなのだが、第一子なら母親も緊張感があるので、余程バカな母親でない限りきちんと行うことができる。

 しかし第二子になると、「四の結界」が作動して来るために、母親は第一子の世話をしながら、第二子の世話をする羽目になるので、それでどちらかの子がぐずり始めれば、2人ともぐずってしまい、それで母親は激怒し、余計に泣かせてしまうことをやってしまう。

 だから子供が2人いる時にじっくりと家族の在り方を定めて、とっとと3人目を生んでしまうべきなのである。3人赤ちゃんを産めば、母親として一人前になれるので、子供の反抗期で自分自身が参ってしまうということなど起こらなくなるものなのである。

 子供が2人目の時に気を付けるべきは、母親が母親として未熟であるために子供たちを泣かせてしまい、それを見た近所の人が「これは虐待ではないか?」と疑い出し、児童相談所に通報してしまうことなのである。児童相談所は閑を持て余している組織だから、「待ってました!」とばかりに、その母親を狙い撃ちにしてくるのである。

 これは歴とした「児童相談所による介入過誤事件」というべきもので、地方自治体による不法行為である。母親に虐待疑惑をかけられたとしても、母親は虐待をやっていない。子供を2人持つ母親なら誰でも通過することなのに、それを児童虐待だと勘違いして、その家族に介入して来ることになるのである。

●児童相談所に潜む「赤い児童相談員たち」

 児童相談所は設立当初、本当に必要性があったからこそ設立した物なのだが、近年、児童相談所は様変わりしてしまっている。日本共産党が児童相談所に目を付け、児童相談所の職員たちを共産党の党員やそのシンパに変えてしてしまっているのである。日本共産党は家族制度の解体を主張しているのだが、これを実現すべく児童相談所を使って家族に介入し、家族破壊を行おうとしているのである。

 だから児童相談所の介入過誤事件は、その目的は「虐待の撲滅」ではなく、「家族制度の廃止」にある。児童相談所は地方自治体の機関なのだから、これに夫婦だけで対抗しても勝てる訳がない。児童相談所の方は屁理屈を積み重ねて、幾らでも介入しようとして来るのだ。

 最近、NHKが盛んに児童虐待のことを報道しているのだが、NHKの中には共産党員やそのシンパがいるので、援護報道を行うことで児童相談所の介入過誤事件を支援しているのである。NHKのニュースで児童虐待のことが報道されても、児童相談所による介入過誤事件のことは報道されることがないのだ。

 介入過誤事件は今後大量発生する可能性があり、社会問題化すると思う。既にかなり多くの犠牲者たちが出ている。マスコミでは報道されていないのだが、宗教団体の多くはこの情報をキャッチしており、既に天理教などはその対策に乗り出している。

 児童相談所は本来、その歴史的役割を終え、廃止されるべき機関である。このまま放置しておけば廃止されてしまうからこそ、児童虐待を意図的に作って家族に介入し、それでこの機関を存続させようとしているのである。ニュースで児童虐待のことが報道されたからといって、「はい、そうでうすか~」と鵜呑みにしてはならないのである。

●対策

①夫婦で話し合いの場を設ける事

 児童相談所が介入過誤事件を引き起こしてきた場合、妻だけで対処するのは絶対に無理である。妻は家事や育児をやっている以上、児童相談所が介入してきても巧く対応できないのだ。だからまずは夫婦で話し合いの場を設け、夫婦が協力して対抗しないとどうにもならないことを理解させるべきなのである。

②警察に通報する事

 児童相談所の介入過誤事件に対して、夫婦だけで対抗するには無理がある。相手は行政権力を持っているのであって、それに対して個人というのは余りにも無力なのである。そこですぐさま警察に通報して、警察の力を使って児童相談所に対抗するようにすることだ。警察が入ってくれば、児童相談所の暴走にブレーキをかけることができるのである。

 警察に通報すると警察の方で記録が残るので、少なくとも児童虐待をやっているのではないという記録を残せるようになる。これは裁判になった時に価値を持って来るのであって、児童虐待の疑いをかけられている以上、児童虐待をやっていないという証拠を作り上げなければならないのである。

③人権侵害だと法務省に通報する事

 児童相談所がやっている介入過誤事件は国家権力の乱用である。法務省の人権擁護局に通報して、「これは人権侵害である」ということを政府の側に認めてさせてしまうことだ。個人の問題ではなく、社会問題にさせてしまえば、法務省だって動かざるを得ないのである。

④裁判に訴える事

 お金があるのなら児童相談所の介入過誤事件に対して裁判に訴え出て、逆に損害賠償を貰うというやり方もある。だから児童相談所が介入過誤事件をやる相手は貧乏な夫婦だということになる。お金持ちの夫婦にやったら竹箆返しを食らうことになるからだ。

⑤引越しをする事

 児童相談所と争うのが面倒だというのなら、引越しをして、その地方自治体から去ることである。これは泣き寝入りになってしまうのだが、育児をしながら、児童相談所と戦うというのは無理があるといえば無理があるので、この手段の致し方ないのである。

●育児における「80対20の法則」

 育児をしている母親たちにしてみれば、自分が育児をしているというのに、マスコミで児童虐待の報道がなされるとショックを受けてしまうものだ。自分が愛情を持って育児をしている以上、母親であるなら愛情を持って子供を育てて欲しいと思うものだ。

 しかし母親たちが幾らそう思っても児童虐待はなくならない。政府が幾ら介入したとしても児童虐待はなくならない。人間にとって児童虐待は或る意味「宿命的」なものであって、人間が人間である以上、この児童虐待から逃れることはできないのである。

 人間は生態系の頂点に立っているのだが、生態系の頂点に立つ者は必ず「子殺し」を行うのである。そうやって子供を殺すことで、生態系の頂点に立てる数を減らし、生態系の下に居る者たちが絶滅しないように配慮するのである。子殺し以外では、平時では殺人事件や死刑執行、戦時では戦争をやることで、人口を減少させているのである。

 だからどんなに人々が児童虐待をしないように願っても、不幸な子供たちは必ず出て来る。政府がどんな法律を定めても児童虐待は止まらないのだ。「80対20の法則」を使えば、上位20%の子供達は非常に恵まれた環境で育つが、下位20%の子供たちは児童虐待で死ぬ可能性を常に持っているのである。

 子供を持っている親たちに児童虐待をさせないようにさせるのは、本来、宗教団体の仕事なのである。親たちの精神を成長させてしまえば、親たちは児童虐待をしなくなるものなのである。親が精神的に成長していないからこそ、児童虐待をやってしまうのである。

 政教分離だからといって、政府が宗教を除外し、何もかも政府がやろうとすれば、政府は権力を拡大し過ぎてしまい、その内、ぶっ倒れてしまうものなのである。政府は宗教団体に対して政治に手出ししないようにさせると共に、宗教団体の力を巧く使って児童虐待が起こらないようにしていかなければならないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

完璧な恋愛はどこに存在しない

●恋愛は知れば知るほど失敗する

 この世には「完璧な恋愛など存在しない」。実際に恋愛してみれば、男女は互いに欠陥だらけで、交際だって様々な問題を発生させる。だから相手の完璧な事を求めたり、なんにも問題のない交際を求めてしまえば、その恋愛がダメになってしまうのは当然のことなのである。

 恋愛は理性の産物ではない。かといって感性の産物でもない。「運命の出会い」が産み出した物であって、自分が好きな相手と交際することもあれば、最初は好きではなかったのに、時間をかけて段々好きになっていく交際もある。ここで大事になってくるのは「男女の相性」であって、相性が良くないと絶対に長続きしないのだ。

 人間には相反する者を求めたがるという傾向がある。余りにも男らしい男性は、余りにも女らしい女性を求めたがるし、お金持ちの男性は貧家出身の女性を求めたがるし、頭の良い男性は頭の悪い女性を求めたがる。自分とは正反対の者と付き合うことで中和させるのである。

 もう1つ人間には同じ者を求めたがるという傾向がある。日本人男性なら日本人女性を、金持ちの男性なら名家出身の女性を、大卒の男性なら大卒の女性をというように、同じレベルにある人と交際すると、今の自分の地位を維持できるので、それで自分の立場を強化することができるのである。

 人間には大きく分けてこの2つの傾向があるのだから、恋愛を取り出してあれこれ分析しても仕様がないのである。恋愛を知れば知るほど失敗するのであって、恋愛のことを余り知らない方が巧く行くものなのである。それよりも自分が本当にしたいことを最優先して楽しく生きていれば、自然といい相手に巡り合うことができてしまうのである。

●自分の思い通りに行かせようとするからこそ破局する羽目になる

 自分がどう生きたとしても、完璧な相手というのは絶対に現れることはない。そういう相手は恋愛に於いて必要のない者なのである。恋愛に於いて必要な者は自分と相性の良い相手であって、相性さえ良ければ、相手に何かしらの欠点があっても巧くやって行くことができるのである。

 自分にとって相性が良いのか悪いのかは運命学を使って判断することができるのだが、運命学を使わずとも理解することができる。それは自分がその相手と交際を始めた時に、スムーズに行けばその交際は恐らく良いものだが、自分がその相手と交際を始めた時に、何かしらのトラブルが発生したのなら、やめた方がいいのである。

 こういうのを「神のお知らせ」という。

 神様はその交際が正しいのか間違っているのか、それをその本人たちに教えてくれるのである。例えば、その相手と交際してから仕事が巧く行ったとか、逆にその相手と交際してから仕事でも交友関係でもトラブル続出とか、冷静になって考えれば、「これは神のお知らせだな」とすぐに解るのだが、恋愛に夢中になっていると、これがなかなか気付かないのだ。

 神中心の考えがなく、自己中心で生きていると、大概の人たちは相手を自分の思い通りに動かすことに躍起になる。男性なら女性に対して自分にとって都合のいいセックスをするよう強要したり、女性なら男性に対して浮気をしないように強要したりする。

 しかしこうやって自分の思い通りに動かしても、その恋愛は確実に破局することになる。神の見えざる力が全く働いていないから、その恋愛の全てを自分たちの力で動かさなければならず、その内、両者とも疲労困憊になってしまい、それで破局ということになるのである。

●大事なことは自分が変わる事!

 異性は性別に於いて自分とは違う。男女が平等の状態にあるなら、恋愛が始まる訳がない。男性は男らしく成長し、女性は女らしく成長してくるからこそ、その両者が出会って交際すると、互いに格差のある部分があるから、それでエネルギーを発生させることができるのである。

 自立とまでは行かないまでも、恋愛をする前に、男女双方が自分のすべきことをきちんとやっていると、いざ交際が始まるとトントン拍子で恋愛が進んで行くことになる。準備万端であるために、コケる要因が全くないから、それで恋愛がドンドン進んで行くことになるのである。

  恋愛ホルモンは3年間に亘って分泌され続けるので、恋愛というのは3年以内に結婚に持ち込まないと巧く行かない。ズルズルと長引いてしまう恋愛は、その恋愛に何かしらの問題があるからこそ結婚にゴールインできないのであって、早くにその問題を解決して、結婚してしまうべきなのである。

 女性の場合、19歳で成長のピークに達するが、それ以降は老化の一途を辿ることになる。結婚はどんなに遅くとも女性ホルモンの分泌量がピークに達する33歳までにやるべきであって、それを過ぎてしまうと女性の方が圧倒的に不利になっていくのである。

 恋愛をすれば何かしらの問題が発生するのは当たり前である。それなのに問題が起これば「もう嫌!」と言っていたら、その恋愛を発展させて行くことができないのは当たり前のことなのである。大事なことは自分が変わることなのであって、自分を変えて行けば自然と恋愛は発展していくことができるのである。

●完璧を求めれば前進しなくなる

 人間は不完全な動物である。決して完全な動物ではない。不完全だからこそ神を求めることになるのだが、神を崇敬しないというのなら、その人は自分が不完全であるにも拘わらず完全を求めようとし出す。そして完全を求めれば求めるほど、前進しなくなり、それで自分の人生が袋小路に入ってしまうのである。

 恋愛を何度も繰り返して、そのくせ結婚できなかった女性は或る1つの共通点がある。自分が大した女性ではないのに、男性に対して過剰な要求をし、この恋愛を完璧な物にしようと躍起になっているということである。恋愛中にどこか無理していれば結婚しないのは当たり前のことなのに、それすら気付かないのだ。

 デートだからといって高級レストランでの食事をしたり、高級ブランド品のプレゼントされたりした時点で、相手の男性はこの恋愛のために相当に無理をしているということなのである。双方が無理をしている限り、セックスすることはできても、心を通わせることなど決してできないのであって、些細なことで喧嘩をして、それで別れてしまうことになるのである。

 人間には必ず欠けている所がある。だから異性を求めて、その欠けた所を補って貰うのである。恋愛をしている中で、自分の欠点を曝け出し、それを相手の男性が巧く包み込んでくれた時、その恋愛をしている男女は劇的に変わっていくのである。

 恋愛がクライマックスに到達すれば、女性は必ず奥様モードになって顔が奥さんの顔つきになる。この顔に変わればいずれ結婚することになるだろうし、結婚しても離婚することはない。恋愛結婚は恋愛してから結婚するまで、かなり労力と時間を要するものなのであって、早すぎても遅すぎてもいけないのである。

 恋に浮かれていると、結婚へと持ち込むことができないという結果に終わってしまうものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『リボンちゃん』 ~女の子に於ける魔法の力~

●女の子には魔法が必要

 男の子と女の子では育て方が違う、男の子には必要のない物でも、女の子には必要な物がある。それが「魔法」である。魔法は魔法の力を使って実力以上のパワーを出すことなのであって、これがあるからこそ、女の子は正しく成長していくことができるのである。

 男性の成長には時間がかかる。だから「大器晩成」という言葉が存在するのである。しかし女性の人生は早い段階で決まるのであって、急成長して行くしかないのである。女の子を男の子と同じように育ててはならないのである。女性には大器晩成などないのであって、間違った育て方をすれば、女の子は大人になっても結婚しないし、子供も産まなくなってしまうのである。

 母親が気を付けるべきは、自分自身、もう魔法を使わなくなっているということなのである。このため娘が魔法を欲しがっても、魔法を与えることをしなくなってしまうのである。母親としては結婚を維持し、子供たちを育てて行くためには、現実を直視し、実力以上のことをやらないという態度を貫くしかない。しかしそれを娘に適用してしまったら、娘は正しく成長していくことができなくなってしまうのである。

 娘が母親の言うことは10歳までである。10歳までなら母親の言うことを素直に聞くのであって、その間に娘に魔法を与えてしまい、急成長するように仕向けてしまうべきなのである、娘は魔法さえあれば自分で成長していくので、何もかも母親の手を借りるということがなくなるのである。

 時折、教育熱心な母親に碌でもない女性が育って来ることがあるが、これは母親が教育を重視する余りに娘に魔法を与えなかったのである。女の子には女の子なりの遊びの仕方があるのであって、それを子供の時期に禁止されれば、心の歪んだ子が育って来るのは当然のことなのである。

 今回紹介するのはこの本!

 『リボンちゃん』(文渓堂)

 作 サトシン

 絵 細川貂々

 リボンちゃん[サトシン]

●魔法はオシャレから始まる

 最初この『リボンちゃん』を読んだ時、手塚治虫の『リボンの騎士』をパクったのではないかと思ってしまったが、実際に読んでみるとそういう物ではなく、魔法のセオリーをきちんと踏まえて作った物だと言うことが解った。魔法だからといって、ただ単に使えばいいってわけではないのである。

 まず主人公は自分の服を「ドレス」に変えるという魔法を使う。続いて「靴」も欲しくなったので、魔法を使って靴を用意する。魔法というのはオシャレから始まるのであって、女の子はオシャレな格好をすれば、実力以上のパワーが出るようになるのである。

 主人公は家の外に出て魔法を使って行くのが、その魔法が全て人間関係に対して使っている。女の子はみんなから愛されたいのであって、魔法によってみんなが仲良くなり、それで愛が溢れるようにしていくのである。最終的には読者にまで魔法をかけてくるので、演出としては実に巧いやり方である。

 絵本を読む時は音読するのが当たり前なのだが、母親がその絵本の内容を良く理解した上で音読しないと、絵本の良さがなかなか子供に伝わらなくなってしまう。母親の中には子供を眠らせるアイテムとしてしか絵本を使わない人もいるので、それではダメなのである。

 この『リボンちゃん』を読んでみれば解ることだが、無駄な文章がない。物語自体が複雑ではないので、不要な文章を入れる必要性がなかったのである。シンプルな物語だからこそ、言葉もシンプルになり、それでいざ音読してみると、実に素晴らしい結果が出て来るようになるのである。

●父親の娘に対する愛情

 俺が『リボンちゃん』に感心したのは、「絵が巧い」ということであった。女の子の表情が実に良く描けているのである。こういう絵本を女の子に読ませると、女の子は喜ぶと思う。絵本は絵次第で評価がガラリと変わってしまうので、これは非常にラッキーだったと思う。

 作画を担当した細川貂々はカトリックの信者である。道理で普通の絵本作家が書くような物を書いて来ない訳だ。ただ夫が鬱病になり、『ツレがうつになりまして』という本を出し、それがベストセラーになった。カトリックの信者なのに、夫が鬱病を患うだなんて、信仰に何か問題があったということではないかと俺は思ってしまう。

 『リボンちゃん』の物語はシンプルであるが、「肉付きがない」という批判を加えようと思えばできる。しかしこの絵本は父親の娘に対する愛情を深く感じてしまう。絵本が実戦的なのである。実際に絵本を娘に読み聞かせたことのある人じゃないと書けないと思った。もしも育児を経験していないのなら、オカマの気があると見た。

 作文を担当したサトシンは『うんこ!』で絵本作家デビューした人物である。俺はこの絵本を見た時、「アホか!」と思ってしまったが、まさかこんな巧い絵本を書くまでに成長して来るとは思わなかった。スタート時点のハードルが低かったために、こういう飛躍が可能になったのであろう。

 絵本は女性2人がタッグを組んでやった方が巧く行き易い。しかし作文と作画は全く違う才能なので、女性だから同じと考えているようでは巧く行かない。それなら男女2人でタッグを組んでやった方が巧く行く。サトシンのシンプルな物語に、細川貂々が巧い絵を載せたからこそ、成功したと言っていい。

●女の子の脳がフィーバーする時期

 人間の脳は5歳から6歳の時にシナプスが最大化することになる。だから赤ちゃんを産んでから、如何に多くの刺激を脳に与えてシナプスを増やして行けば、脳の臨界期を迎える頃にはシナプスの量を通常の子供たちよりも多くすることができるのである。

 乳幼児にとって最善の環境というのは、自然豊かな環境なのである。自然で発生する景色や音を見たり聞いたりすることで、脳は刺激されまくり、シナプスを増やして行くのである。都会のような人工的な環境は乳幼児にとって最悪といえる環境であるのだ。

 かといって乳幼児を自然の中で育ててればいいのではなく、人間の力によって脳のシナプスを増やして行くことができる。母親が絵本を読んであげることもその内の1つで、子供は母親の声を聞き、絵本を見ながら、脳のシナプスを増やして行くのである。だから絵本は質の高い物を選ばなければならないのである。

 女の子は或る時期から、自分で自分の歌を作ったり、自分で脚本を作って演劇したりする。女の子の脳がフィーバーしている状態なのであって、これが起これば母親としては育児に成功したと判断していい。女の子は魔法を使って自分が本当に楽しいと思えることをやってくれるのである。

 女の子は10歳までは夢見る少女なのだから、学校の勉強など大して重要ではないのだ。それよりも魔法を使って遊ぶ方が大事なのである。子供の時にこういう遊びをやっていれば、自然と自立していくし、真っ当な人間に育って行くものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

病気になったら静かに寝てろ

●なぜ病院は患者を寝かせるのか?

 病気になって病院に入院すると、病院ではまず患者をベッドに寝かすということをやる。なんでベッドに寝かすのかといえば、人間の体は横になると「造血」し始めるので、それで新しい血液を得、その新しい血液で病気を駆逐して行こうとするのである。

 血液の生産量が追いつかなくなるからこそ、病気が悪化して来ると輸血ということになるのである。輸血を要するようになった時、本格的な手術が行われるから、患者としては「これで治る!」と思ってしまうが、これは勘違いなのであって、そうやって輸血を受けてしまうと、自分の造血能力が低下し、最悪の場合は死んでしまうことになるのである。

 しかし悲しい事に、病院では造血によって病気を治すということをやっているのに、医者たちも看護婦たちもこのことを理解していない。寝て治るなら病院など要らないから、それで造血によって徐々に体が良くなっていっているというのに、医者も看護婦も患者の体に手出ししてしまうのである。

 だがそうやって医者や看護婦が患者の体に手出してしまうと、患者の病状は益々悪化していく。患者の体が持つ造血能力を無視して治療を行っているので、それで体の機能が狂ってしまい、治る筈の病気が治らなくなってしまうのである。

 本来なら、病気の治療に時間をかけるべきなのである。患者の造血能力は病気によって低下している以上、造血に適した食べ物を食べさせ、後はベッドに寝かせておけば、徐々に血液が生産され始めるので、それで病気は徐々に治って行くのである。

●病気中にテレビを見るのはダメ

 病院に入院したのなら、とにかく寝るようにすることだ。寝ていればいずれは治るのである。寝ないからこそ治る筈の病気も治らなくなってしまうのである。だから病人にとって入院中のテレビ視聴は厳禁である。テレビを見ているだけで脳が覚醒してしまい、寝るに寝られなくなってしまうのである。

 テレビ視聴は意外とエネルギーを食う。テレビを見ている際、体を動かしはしないが、それでも脳がエネルギーを消費し、肝腎の病気治療のためにエネルギーを回せなくなってしまうのである。それでテレビを見ている患者ほど、病気をスムーズに治せないのである。

 昔は病院にテレビなどなかった。或る企業が100円で30分間見られるのテレビを病院に普及させたために、病院でテレビを見ることができるようになってしまったのである。今では無料でテレビを見ることができるようになっているが、それでどうなったかといえば、病院の完治率は下がる一方になっているのである。

 入院すれば閑だというのは重々承知している。日中なのになんで寝て過ごさねばならないのかと思ってしまうものだ。しかしそうやって骨休みをしてこなかったからこそ、病気になってしまったのであり、病院に入院したのなら、とにかく寝て治すことに徹するべきなのである。

 病人なのにテレビ視聴をしている人は、自分の病気を本気になって治す気がないのである。幾らテレビを見た所で病気が治ることは決してない。自分が本気になって病気を治したいと思うなら、まずはテレビを消すことであって、閑だろうがなんだろうが、病気を治すことを最優先させるべきなのである。

●午前中は動き、午後から寝る

 切実な問題として、幾ら病人だからといって、1日中寝ることはできない。重病人なら1日中寝ていることができるが、それは「昏睡」というべきであって、意識不明の状態になっているからこそ、そうやって寝続けることができるのである。

 病院に入院していても「早起き」をすることだ。病人ゆえ余りにも早く起きる必要性はないが、それでも午前7時までには起床しておいた方がいい。というのは、午前7時に起床しておかないと、朝食までに排便することができなくなってしまい、それで排便もせずに朝食を食うことになり、体内の老廃物や毒素を輩出できなくなってしまうのである。

 それと午前中は行動する時間帯なので、病人であったとしても起きて動くようにすると血行が良くなり、血液が体の隅々にまで行き渡らせることができるようになるのである。そのため細胞は活性化し、病気の治りも早くなってくるのである。

 午前中に或る程度動かないと血行が良くならないから、それで夜になっても巧く造血されなくなるのだ。このため病院で寝てばかりいる病人は顔色が非常に悪いことになってしまうのである。病院側が患者たちを動かす配慮を取っていないからこそ、長期入院している患者たちを治せないのである。

 病人に散歩を義務付けている病院は皆無である。だから病気を巧く治せないのである。病人の場合、朝食なんて絶対にいらない。朝食を食う閑があるなら、起床後散歩に出かけ、適度な疲労を覚えるまで歩かせるようにすべきなのである。そうやって午前中動けば、昼食を美味しく食べることができ、その後、昼寝ということになるのである。

●大病をした時は休むに限る

 大病した時は仕事を一旦やめて、治療に専念すべきなのである。それだけ今までの仕事の仕方が勤続疲労を激しく溜め込んでしまったということなのである。病院に入院したのに、病室でも仕事をしているようであれば、その病気が治ることはなく、それどころが病状が悪化して行き、病死してしまうことになるのである。

 勤続疲労による病死は過労死の一種である。職場でバタンと倒れる物だけが過労死なのではない。勤続疲労を溜め込んで死んでしまう物は全て過労死なのである。こういうことが起きないようにちょこまか休むのではなく、長期休暇を取ってじっくりと休むべきなのだが、長期休暇の重要性が解っていないと、1週間か2週間しか長期休暇を取らないのである。

 仕事をしている最中に発病してしまった場合、どうしても「焦り」が出て来る。病気をせずに仕事を続けていればその仕事をやり終えることができるのに、病院に入院してしまったばっかりに仕事を完成させることができないのだ。しかしその焦りこそが病気を更に悪化させるのである。

 仕事をしている人が発病した時、体は「もういい加減に休んでくれ~!」と言っているようなものなのである。その体の声を無視して働けば、体だってギブップしてしまうことになるのである。どんな仕事であっても、自分の命を犠牲にしなければならない仕事なんてのはないのである。

 今まで忙しく生きて来た人は、たとえ病室で仕事をしなくても、新聞を読んだり、テレビを見たり、会話したりと、とにかく忙しいことをやっている。そういう生き方が自分の体をダメにしてしまったというのに、その誤れる生き方を改めないのである。つくづく病院は医者や看護婦たちだけでやらせてはならず、必ず宗教家をセットにしなければならないと思ってしまう。なぜならその人が本当に病んでいる箇所は、その人の「心」だからだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »