« 梅雨だからこそ洗濯機の掃除 | トップページ | 働かない人たちの効用 »

医学不要論 ~医者たちの殺人医療を絶対に許してはならない~

●人間は本来健康な動物

 人間は本来「健康な動物」である。健康であることが正常で、病気に罹る方が異常である。たとえ病気に罹っても、人間には「自然治癒力」という物があるから、大半の病気は自分で治すことができてしまうのである。医者は自分で治すことができなかった病気が発生した時に初めて御厄介になるものなのである。

 文明生活というのは便利な物なのであるが、便利になればなるほど、人間の体力は低下してきて、それで益々病気に罹り易くなってしまう。しかも文明は経済力があるために、医者の数を増やして行くことが可能になるのである。更には政府が福祉国家路線に乗り出せば、国民健康保険が整備されることで、医者の数は余計に増えることになるのである。

 現在の日本では医者たちは既に過剰である。医者の数を増やし過ぎてしまったからこそ、医者たちの質は下がってしまったのである。医者の数を増やして一体どうなかったかのといえば、病院内で死亡する病人たちが大量発生しているのである。医者だから犯罪に問われないのだが、こういう悪事がいつまでも続けられると思うな。

 今回紹介する本はこの本! 

 内海聡著『医学不要論』(三五館)

  医学不要論[内海聡]

 この著者の内海聡は医者であって、医者が唱えた医学不要論という所にこの本の最大の魅力がある。医学を外部の者が批判すれば辛辣な物になるが、医学を内部の者が批判すると内部情報を知っているがゆえに、驚愕の事態が暴露されることになる。

 俺はこの著者の意見に大賛成である。内海聡はちゃんと自分で物を考えた上で意見を言っているから非常に説得力がある。ただ内容が余りにも過激すぎるので、医学の知識がない人には衝撃的すぎる内容になっている。この本に書かれていることは本当のことなのであって、だからなかなか表に出て来ないのである。

●病気の8割は医原病

 実を言うと、病気の85%は原因不明なのである。医者が「これは本当に病気である」と認定できるものはたった15%しか存在していない。医学なんて物は所詮そんな物なのであって、医者だからといって全ての病気を治せる訳がないのである。

 医者たちにとってこの事実は余りにも都合が悪い。これでは医者たちが生活することができなくなってしまうからだ。そこで医者たちは「医者が病気であると認定した物が病気である」という異常極まりない定義を作り出し、それで自分が治せもしないのに治療に着手し始めたのである。

 これによって病気の8割は「医原病」という形で発症してしまった。この医原病が恐ろしいのは、医者の治療を受ける度に病状が悪化し、最終的には死亡してしまうということなのである。これが「殺人医療」なのである。如何なる推理小説を読むより、病院内での殺人医療を見た方が余程恐怖を与えるというものである。

 全ての医者たちが殺人犯であり、全ての看護婦たちは殺人幇助罪に該当する行為をやっている。

 医原病に対する治療法は実に簡単で、医者の治療を拒否すれば少なくとも死ななくて済む。病気を治したいのなら、とにかく生活を改善し、安全な飲食物を摂取すると同時に、体内の老廃物と毒素を排出させていけばいいのである。

 日本人は薬を飲めば病気が治るという考えを捨てるべきなのである。自分の体が汚染されているからこそ病気になっただけのことであって、病気になったら断食をして、体内の老廃物と毒素を排出するようにすれば、殆どの病気は治ってしまうものなのである。

●闇の支配者たち

 近代の医学がどうして殺人医療へと変化してしまったのかというと、これには「闇の支配者たち」の存在を語らなければならない。闇の支配者たちとは全人類を奴隷化すべく、全ての宗教や全ての国家を破壊し、個人の尊厳を踏みにじり、家族を解体しようとする連中のことである。

 具体的にはユダヤ教やフリーメーソン、イルミナティや三百人委員会であり、これらに付随する団体が大量に存在するので、それで闇の支配者たちの考えたことが実行に移されてしまうのである。闇の支配者たちの二大巨頭がロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥である。

 ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥の考え方は基本的に同じなのだが、多少異なる所もある。ロックフェラー財閥は石油を独占して巨万の富を稼ぎ出したので、それで石油から作られる医薬品を大量に販売するため、医学をその支配下に置こうと躍起になっているのである。

 それとロックフェラー財閥は「優生学」を採用し、人類の無駄飯食い連中を大量虐殺することに躍起になった。ロックフェラー財閥は「人口削減計画」というしっかりとした計画を持って、産児制限を推し進め、夫婦が持てる子供を2人以内とした。なぜ先進国に於いて夫婦は子供2人以内でしか子供を産まないのかといえば、この産児制限が大きく効いているからなのである。

 学校で行われる性教育も人口削減計画から出て来た物で、セックス洗脳を仕掛けることでまともな恋愛ができないようにさせ、乱交を繰り返す人生を送らせ、結婚も妊娠出産もできないようにさせるのである。事実、日本では性教育がボディーブローの如くに効いて、性教育を受けて育った人たちが大人になると、結婚しない人たちが大量発生したのである。

 インフルエンザの流行も闇の支配者たちが仕掛けた物で、インフルエンザ自体がアメリカ陸軍の細菌兵器研究所で作られたものなのである。子宮頚癌ワクチンの投与はもっと酷く、子宮頚癌ワクチンは子宮頚癌を撲滅するのが目的ではなく、不妊症に陥れることが目的で広めているものなのである。

●医者や医学への尊敬の念を捨てよ

 医者たちの殆どは闇の支配者たちのシンパになっている。下っ端の医者たちには解らないだろうが、学会でトップに立っている医者たちは明らかにこれを自覚した上でやっている。でなければ効果のない医療を使用し続けるわけがないからだ。

 西洋医学は確かに大発展を遂げたのだが、西洋医学には根本的な所で大間違いをしている。それは、

「人間のために医学があるのであって、医者のために医学があるのではない」

ということなのである。西洋医学は医者たちのために医学があるのであって、この根本があればこそ、平気で殺人医療を展開してしまうのである。

 医者になることを志す者は病人を救いたいという思いで医者になったことであろう。しかし医者になるための勉強は大変で、その過程で心を擦り減らしてしまい、自分が医者になる頃には昔持っていた青雲の志などとっくの昔に忘れ去ってしまうのである。こうして医者たちは往々にして医学を医者のための医学に作り変えてしまうのである。

 現在の医者たちは凶悪な殺人鬼である。平和な時代だというのに、病院の中で大量虐殺が行われ続けているのである。医者が患者たちを殺しても免責されるので、それでこの殺人医療が止まらない。医者が治療したのに患者が死んだのなら、なんらかの刑事責任を問うべきなのに、法律によってそれをできないようにさせているのである。

 日本国民が医者や医学に尊敬の念を持っている限り、医者たちはその甘さに付け込んで殺人医療を展開していく。だから医者や医学に対する尊敬の念を捨てるべきなのである。日本国民全員が健康になれば医者は失業してしまう。これが事実なのである。これが事実だからこそ、医者たちは人為的に病気を作り出さねばならないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25

|

« 梅雨だからこそ洗濯機の掃除 | トップページ | 働かない人たちの効用 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

タマティー様、こんにちは!
ともぞうです。
m(_ _)m
私もこの本好きです♪
内海先生の本は何冊も持ってて、とても勉強になってます♪
内海先生は、タマティーさまと似た者同士でぶつかりそうな雰囲気がするので、タマティーさまが共感されたのには驚きました…(笑)。
内海先生は、児童相談所の闇についても本出されてます。

私が思うに、内海先生とタマティーさまがタッグを組むとほんとにすごい事が起こるのではないかと思います(笑)。
勝手な妄想すみませんでした(笑)。

投稿: ともぞう | 2014年6月16日 (月) 13時07分

ともぞうさん、実を言いますと、俺が高校生の時に仲の良かった人物が「聡」という名の男性でした。happy01
何か「聡」という名の男性とは縁があるんでしょうな。

確か、ともぞうさんは看護婦だったけど、この手の本を読んでどう思うの?
西洋医学は戦争によって発達してきたから、外科とかでは威力をはっきするんだけど、内科になるとダメで、精神科になると更にダメになってしまうんです。
俺が思うに内臓系の病気にはなんといっても断食が一番効果的で、。精神病は脳の傷が原因で起こるから脳の傷を防ぐ食事を与えればいい。
医者はそれをやらん訳だから、医者が手を出せば病気は悪化、そして死亡。看護婦はその手伝いをしているわけですよ。

この本は看護婦の立場から見たら、相当複雑だろうな~。

投稿: タマティー | 2014年6月16日 (月) 19時35分

ご無沙汰しております!!
いつも勉強になるブログ更新有難うございます。

今回の記事もまさに私が体感したところでしたので、思わずコメントしてしまいました。

先週、両手が細かくピリピリしびれるのと、肩こり、頭痛がひどいので整形外科に行ったところ、「胸郭出口症候群」との診断を受けました。
レントゲンで見たところ、椎間板はきれいとのこと。
が、あまりにもなで肩の為、鎖骨のところにある神経が腕を動かす時に障るんだとか。

結局、生活習慣で治るとのことで、背筋をまっすぐにしたり、寝るときに横向きにならないなど・・・
B12を処方されて飲んでいました。

しかし!その次の週、こんどは突然のめまいに襲われ倒れてしまいました。
こんなに激しいめまいは初めてだったので自分でもかなりびっくり。吐き気はするしで、しばらく起き上がれませんでした。
立て続けに具合が悪くなり、さすがに心配になり、脳梗塞!?とかいらぬ心配をしてしまい、とりあえず耳鼻科にかかりめまいの検査をしましたが、さほど酷くない様で・・・coldsweats01

結局耳鼻科の先生も、「無理したんだと思いますよ。よく寝てください。」だけ。診断は特になく、医者でも結局はわからないんだろうなーと。
血流を良くする薬とめまいを抑える薬とB12をもらい何日か飲んでいましたが、薬は結局は毒なのでそろそろやめようかなと思っています。

MRI検査という選択もありますが、そこまでしなくても良いかな・・・と思いました。
タマティーさまの記事を読んでいますと、色々不安に思っていた心が軽くなりました。
これからも宜しくお願い致しますhappy01

投稿: ひげ夫 | 2014年6月16日 (月) 19時55分

ひげ夫さん、玄米を食べているので、気を付けて下さいね。
玄米パワーが体内に入って来た毒物を追い出すので、その際、体調が急激に悪くなるってことがあるんです。

タマティーにも「ミスタードーナッツ事件」というものがありました。
この前の日曜日に、差し入れとしてミスタードーナッツの金時味のドーナッツを貰い、それを食べたのですが、その直後から体調が不調になり、激しい頭痛に見舞われてしまいました。
自宅にはフラフラの状態で帰りました。
翌日、直ちに断食したら、体は元の調子に戻りました。

玄米を食べているのなら、多少の病気なら断食で治ります。
ひげ夫さんの病気も医学的には「撫肩」が理由なんだろうけど、たまには断食をして内臓を休ませた方がいい。それで治ると思います。

happy01

投稿: タマティー | 2014年6月17日 (火) 06時09分

タマティー様、早速のご回答有り難うございました!!

私は162㎝の43㎏というかなりのガリガリ体型ですが、それでも断食した方が良いでしょうか?
やったら死にそうな…coldsweats01
おすすめの断食方法がありましたら教えて頂いてよろしいでしょうか?

投稿: ひげ夫 | 2014年6月17日 (火) 08時00分

タマティーさま、おはようございます!♪
ともぞうです。
タマティーさま、お返事ありがとうございました!
(^-^)

私の場合、看護師としては落ちこぼれなので、私の気持ちは全然参考にならないと思いますが…(笑)、ボヤキを聞いてもらえるとありがたいです。
(^人^)

若い頃は、医者も看護師も、神に近い職業かのように感じ、すごく誇り高く思ってました。
だけど、病院で働いてると、嫌〜〜〜な医者もたくさんいるし、ほんとに内部はドロドロでした。
それに、命に対してのプレッシャーにたえられず私は脱落しました。

現役バリバリの看護師さん達が内海先生の本なんて見向きもしないと思います。
自分の仕事を誇りに思ってるから、医療は正しいか?なんて疑問にすら感じないと思います。

私は、内海先生の考えには本当に納得しています。
でも、現実問題として、看護師として働かないと、給料もそうだし、何も取り柄が無い私には出来る仕事が無いんです…。
かといって、もう医療の闇を知ってしまった以上、誇りを持って働いてる人達と一緒には働きたくないです。
なので、今は東洋医学やアーユルベーダやホメオパシーを勉強して、何か方向転換が出来ないかと育児休暇中をチャンスに模索中です。
特に今私が勉強している事は、“気”の世界です(笑)。
タマティーさまに笑われそうですが、チャクラもわかるようになってきたし、花に手を近付けると指がビリビリして気を感じるし、人から邪気をもらうと、体がザワザワビリビリするのがわかるようになりました。
こんな事を勉強してもお金にはなりませんが、人生がうまく流れるようになるのでは?と期待しています。
タマティーさまがもし興味あれば、竹下雅敏さんを一度検索してみて下さい。

話がそれて長くなり、申し訳ありませんでした。
今後もタマティーさまを応援させて下さい!
今後も宜しくお願いします♪

投稿: ともぞう | 2014年6月17日 (火) 08時07分

タマティー様、何度もすみません。
ミスタードーナツ事件を読んで思い出しました!!先々週ディズニーシーに行って、お昼も夜もそこで食べました。
毎度の事ながら、あんまり美味しくない…wobbly
保存料たっぷりって感じでした。

思い当たるとすれば、それしかないな~と思いました。
タマティー様の様にその日のうちに具合悪くなったわけでは無いのですが。
玄米を食べて、日頃体の中が浄化されているところに、そういった質の悪いものが入ると、いわゆる拒絶反応で具合が急激に悪くなるという事ですよね!?
食べ物には気をつけないといけませんね。

投稿: ひげ夫 | 2014年6月17日 (火) 09時30分

ひげ夫さん、太るのに失敗したんですね。crying
健康だと太るのって意外と難しいかも。
痩せるのは簡単なのに。

一番のお勧めは日中断食である。朝食と夕食の間、何も飲み食いしないとう断食です。
後、何か豪華な食事を食べた翌日には、フルーツ断食を行って、果物だけ食べて過ごすという物もあります。

食事の際にはしっかりと食うと同時に、時には断食をやって内臓をやすませることも必要なんです。

玄米はパワーが強いので、毒物が入って来ると、それを除去しようとし、その過程で体調が悪くなる時があります。
そういう時は無理して食わない方がいいのであって、断食して遣り過ごしておけば、毒素も消えるんです。
本当に外食は注意したいですね。

投稿: タマティー | 2014年6月18日 (水) 06時59分

ひげ夫さん、引っ越した方がいいですね。happy01
天中殺明けゆえに、時期的には最高です。

気に入った所があるなら、そこに引っ越せばいい。

但し、マンションの場合、中古はちょっと~。
耐震の問題がありますので~。

引っ越すなら、とにかく情報を沢山集めることですよ。
そういうことをやっていれば、必ず最良の物件が見つかるものです。

投稿: タマティー | 2014年6月20日 (金) 05時59分

ひげ夫さん、いつでもどうぞ。happy01

投稿: タマティー | 2014年6月21日 (土) 06時23分

タマティー様はじめまして。
私は2年不妊治療中の主婦です。
最近こちらに辿り着き、ピンっと来るものがありましたので、記事を遡って読ませて頂いては、感銘を受け参考にさせて頂いております!

私の義父は医者でしたが、胃癌になり、一年足らずで他界しました。
医者であった義父が最期に選択したことは「治療を何もしないこと」
抗癌剤投与を断ったことで、入院していた病院から追い出され、知人の病院を頼ってうすーい点滴だけを受ける日々でした。
(その点滴でさえ癌の栄養になると半分捨ててました。)

義父は常々、一番良い死に方として餓死状態を目指している…と語っており、その通り最期まで意思を貫いて治療を拒んだお陰で、亡くなる前日まではっきりとした意識を保ってました。

一番身近な医療従事者が、最期は医療を拒んだということが、全てを語ってるなぁと得心し、私は病院の不妊治療を勇気を持って止めます!

タマティー様に出逢い本当に感謝です!!
長々と失礼致しました。
これからも楽しみにしていますhappy01


投稿: リツカ | 2014年6月22日 (日) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/56482612

この記事へのトラックバック一覧です: 医学不要論 ~医者たちの殺人医療を絶対に許してはならない~:

« 梅雨だからこそ洗濯機の掃除 | トップページ | 働かない人たちの効用 »