« 「農民たちの農地破壊」と」「日本の崩壊」 | トップページ | 『源氏物語』の後に出て来た凄い作品 »

タマティー注目の碌でもない演歌歌手「紅晴美」

●福島県が産んだ史上最悪の演歌歌手「紅晴美」

 最近、演歌専門チャンネルという物があることを知り、少しばかり見入ってしまった。全ての番組が演歌物だから、演歌のことを好きな奴しか絶対に見ない。このため番組の質が普通の番組よりもかなり高く、演歌になんの興味もない俺でも充分に楽しめた。

 俺はその番組に「夏川りみ」がたまたま出ていたからこそ、その番組を見ていたのだが、その番組になぜだか俺が全く知らない演歌歌手が出ていた。その演歌歌手の名は「紅晴美」。見た目はブス。体型はチビデブ。しかしキャラは強烈であって、俺は久々に、

「この演歌歌手は絶対に売れる!」

とすぐに思ってしまった。

 俺には演歌に対して理論があって、女性の演歌歌手で出来のいい歌手は、「とにかくブスでなければならない」と思っている。それにいい歌声を出すためには「寸胴」の方がいいのであって、案の定、紅晴美は歌は巧いのだ。そしてブスでチビデブなら性格が強烈になるものだから、それゆえ他人よりも1つ抜きん出ることができるようになるのである。

 紅晴美の凄い所は歌手でありながら、シンガーソングライターでもあるということだ。要は自分で自分の歌を作ってしまう。演歌歌手も売れた後は自分の曲を作ったりするが、最初から自分の曲を作ってしまう人物は考えてみればいないものなのである。

 紅晴美は福島県いわき市出身ということなのであるが、まさに福島県が産んだ史上最悪の演歌歌手である。なぜ史上最悪かは彼女の姿を見てみればいい。今の演歌界に足りない物は、紅晴美が持つ「毒々しさ」なのである。みんな「いい人」ばかりだから、演歌に変化を齎すことができないのである。

●非難囂々の紅晴美

 実を言うと、この紅晴美は既に非難囂々である。ニッポン放送で番組を持っていたのだが、リスナーの方々から、

「紅晴美はニッポン放送から出て行け!」

とクレームが殺到したというのだ。こういうクレームをぶつけたくなる気持ちは実に解る。なぜなら「晴美」という名の女性はとにかく出しゃばるので、それを嫌がる人は徹底的に嫌がってしまうのである。

 ブスの人が全然解っていないことに、「自分はブスなんだ」という自覚であろう。女性の場合、美人の女性なら言っていいことでも、ブスの女性なら許されないことがある。親しくもないのに慣れ慣れしく話せば、美人の女性なら「なんて気さくな人なんだろう」と思われ、ブスな女性なら「うざいんだよ」と思われてしまうのである。

 紅晴美はまさにこれであって、ブスだからこそわきまえなければならないのに、相手を喜ばせようとあれこれ喋ってしまうのである。人生の経験値が足りないと言ってしまえばそれまでなのだが、革新的な人ほど叩かれるものだから、これをどう乗り切っていくかなのである。

 こういう場合、圧倒的な歌唱力があれば、その非難を全て吹き飛ばすことが可能なのだが、そこまで歌は巧くないのである。歌手デビューが遅かったので、場慣れしていないからマイクの持ち方もまだまだと言った所で、雑音が入ってしまうような持ち方をしているのである。

 ただ紅晴美には「伸び代」があると考えることもできるので、既存の演歌歌手たちのようにもう完全に出来上がってしまい、今後どうやったとしても発展していく可能性がない人たちよりも断然にいい状況にあると言ってもいいのである。

●芸名が悪すぎる

 しかし紅晴美は芸名が悪すぎる。紅晴美自体、名前の響きは良いものなのだが、なんせ画数を調べて行くと、どう解釈したとしてもダメなのである。

「紅晴美」 総画は30画

なので、これだと一時的に売れるかもしれないが、その人気を持続できない。しかも陰陽が「陽陰陽」なので、これだと挟みになってしまい、パワーを思う存分発揮できないのである。

 だから歌唱力が充分にあり、シンガーソングライターでもある紅晴美になかなか人気が出ないし、ブレイクもしないのである。そこで俺が紅晴美のために芸名の改名案を考えた。「紅晴美」は名前の響きがいいので、これを残しつつ、多少手を入れる程度にした。

①紅デブ晴美

 そのまんまではないかと思うが、この芸名は強烈であり、一度聞いたら絶対に忘れることはない。しかもこの芸名の総画は「38画」で、芸術性を高めることができることができるのである。紅晴美がなんで非難を受けてしまうのかといえば、芸術性がまるでないからなのである。

②紅野晴美

 紅野晴美はこれを音読してみれば解ることだが、こちらの方が言い易い。特にステージ上では「紅晴美」よりも「紅野晴美」の方が聴衆の頭に入り易い。しかも総画が「41画」だから、エネルギッシュになって攻めて行くlことができる。演歌の世界は小さな世界なので、エネルギッシュに動いている奴がいれば目立つものなのである。

③紅丸晴美

 紅丸晴美は総画が「33画」になって、パワーは最大化し、非常に飛躍し易い芸名となる。33画は女性だと強すぎる名前になってしまうのだが、紅晴美は苦労人といえば苦労人なので、これを制御できるだけの精神力は持ち合わせていると思う。

●デブだからこそファッショナブルに

 紅晴美に対してもう1つ頂けないのが、ファッションセンスの悪さである。個人的には今のレベルのファッションでも別に構わないと思っている。しかし紅晴美がブレイクしていくためには、これではダメなのである。もう少し派手にならないとヒット曲を生み出せないのである。

 デブはどう転んでもデブである。

 デブはそのまま姿で居ることは許されないのである。

 これはダイエットをしろと言っているのではない。デブだからこそファッションを奇抜にして、それで目立つようにしなければならないのである。考えてみれば、芸能界で売れているデブはみんなファッショナブルなのである。

 ただデブだからこそ、みんながそれに気付かないだけなのである。デブが着るがゆえに、全然綺麗に見えないのだが、実は高級ブランド品だったり、一流のファッションデザイナーが作った物だったりする。当然にお金はかかる。しかしその投資はデブが生き残っていくためには絶対に必要な出費なのである。

 世間の人々、特に中年女性たちというのは実に卑劣で、デブな女性歌手がド派手な衣装を着て歌っているのに、それを見て「似合わね~」と言ってストレスを発散させているのである。「天童よしみ」はまさにそういう役割を果たして人気を得続けているのである。

 俺は紅晴美の「性格の良さ」「喋りの巧さ」「抜群のデブ具合」を買っている。こういう物が揃えば、本来なら人々に愛されるような人物になる筈である。ところが実際にはなぜだか彼女の体からは毒々しさが出ているのである。この「毒の力」を使ってブレイクしていき、演歌界に変革を引き起こして欲しいものだ。

   じゃんがら恋唄|夢桜

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「農民たちの農地破壊」と」「日本の崩壊」 | トップページ | 『源氏物語』の後に出て来た凄い作品 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

タマティーさまはじめまして。
ライライと申します。

半年ぐらい前からブログを拝見しております。
長い&取りとめのない話ですので、お時間に余裕がありましたら
相談に乗っていただけますでしょうか。

私は今双子を妊娠中でして(34週。不妊治療はしておりません)、
双子妊娠の判明前は自然分娩での出産を考えていたのですが、
判明後はNICU等の施設がそろっている周産期病院の方が良いと思い12週頃に転院しました。
8月上旬に予定帝王切開による手術が決まっています。

最近過去の記事を遡って拝読しているのですが、
「帝王切開手術の99%以上は必要のない手術(2009/01/29)」の記事を読み、双子の場合も本当は自然分娩で出産できたのだろうかと今になって動揺しています。
また、まだお腹の中にいたかった赤ちゃんを帝王切開で無理やり取り出すと赤ちゃんは心に傷を負うという記事もあり、赤ちゃんに申し訳なく思う気持ちもあります。

しかし、陣痛を待って自然分娩をしようとした結果、第2子の分娩に時間がかかり障害が残ることがあったらどうしよう、それは嫌だという気持ちが最も強くこのまま予定帝王切開で出産するしかないかなと諦めてもいます。
帝王切開手術自体も平気なふりをしていますが、やっぱり内心は怖いです。

手術予定日が近づくにつれて、様々な気持ちが交錯しているのですが、私はどんな心構えで今後の妊娠生活および手術に臨めばよいでしょうか。

それと、先日の『猛暑の夏なのに「夏の冷え」』の記事に関わると思うのですが、妊娠中期頃から妊娠しているせいなのか暑さのせいなのか冷えのせいなのか、首から上、特に頭に異常に汗をかきます。お風呂上がりのようにぐっしょりです。
(寝入るときと、お腹が張っているときに顕著です。)
そのくせ、レッグウォーマーを1日中履いていないと脹脛がこむら返りを起こしたりします。

暑いんだか冷えてるんだか、自分の感覚と身体の反応が一致しない状態が続いており辛いです。
これはやはり身体が冷えているというサインなのでしょうか。

やっぱり長くなってしまいました。
申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

投稿: ライライ | 2014年7月28日 (月) 17時49分

ライライさん、まさに「飛んで火に入る夏の妊婦」ですな~。happy01

もっと自分のお腹の中の赤ちゃんを信じてあげましょう。

古来、双子を妊娠したことが幸運と看做されてきたのは、安産になる確率が高いからだと思います。
胎児が2人もいれば、陣痛が起こり易いし、早目に出てきますよ。

だからまずは自然分娩で出産することに切り替え、それがダメなら帝王切開ということにすればいいと思います。

その不気味な汗の正体は、運動不足のために、体内の熱が上半身に行ってしまっているものです。
とにかく歩こう!
歩く量が足りていないから、上半身は火照り、そのくせ下半身はこむら返りを起こすほど冷えているって訳です。

夏でも午前中は涼しいのだから、午前中の内に歩いて、ひと汗流しておくようにすると、体が調子よくなります。
くれぐれも冷房には気をつけて下さい。
体を冷やすと難産になってしまいますので、

それと水分補給にスイカを食べた方がいい。
冷やすのではなく常温にして、しかも天日塩を振りかけて食うと、酵素水分や塩分が充分に足りて安産に成り易くなります。

投稿: タマティー | 2014年7月29日 (火) 05時52分

タマティーさま

ライライです。
早速のお返事ありがとうございます!happy01

双子は安産になりやすいのですね。
私は今になって子宮頸管が短くなってきているから安静にするように、と医師に脅されましたが、もともとじっとしていられない性質でずっと動きまわってました。
「子供が産まれたらしばらく行けないから!」とかこつけて、中期には温泉旅館に泊まったり、最近はおいしい焼肉を食べに出かけたり…。
もちろん日常の家事も(少々手抜きですが(笑))してます。

主人や周りの人からすると冷や冷やものみたいですが、ここまで経過が順調で妊娠生活を満喫できたのも確かに赤ちゃんのおかげですね。
赤ちゃんを信じていい意味でなる様になると構えていたいと思います。

やっぱり運動不足なのですね~。
幸い6時前には起きる生活をしているので、午前中家事で動き回るようにします。
先週は本当に暑くて冷房まみれでしたが、今週は割と涼しいので無理のない範囲で冷房なしで乗り切ってみます。
(信州から味噌の国に嫁いで初めての夏なので夜が本当に寝苦しいです…。)

スイカは大好きで週2,3回食べてます。
でもいつも冷やしちゃってるので常温&天日塩で食べてみますね。

赤ちゃんは雲の上から両親を選んで来てくれたとのことなので、
それに恥じないお母さんになりたいと思います。

また良い報告ができるように頑張りますね。
本当にありがとうございました!

投稿: ライライ | 2014年7月29日 (火) 08時36分

タマティー様、初めまして。紅晴美と申します。
数年前の記事ではありますが、とても楽しく拝見させて頂きました。
此方のアドバイスを受け、今回所属レコード会社の移籍と併せて紅丸晴美へと名前の改名をさせて頂く事に致しました。この旨一言お断りしておきたく、コメントを送らせて頂きました。
実は、私のマネージャーの苗字に丸が入っていたので驚きつつ、即決!全て丸く行きますように…と願って。関係ないけど、私の体も丸いです。
昨年は様々な困難に遭いましたが、まだまだ頑張って行く所存です。アドバイスと暖かな毒舌(笑)有難う御座います!

投稿: 紅晴美 | 2017年5月24日 (水) 16時51分

紅晴美さん、マジで?lovely

歌唱力に関してはもう売れるレベルになっていると思う。
しかも演歌でシンガーソングライターってのは、それだけで価値が高いですよ。

但し、「どんな仕事でも、1つ1つ大事にやっていかないと」。

演歌は売れなくて当たり前の世界だから、観客が居ようが居まいが、丁寧に仕事をしていく。
見ている人は必ず居るので、ちゃんとした事をやっているのなら、その内、ファンになってくれる人たちが出て来るというもんですよ。
「晴美」という名があると、どうしても出しゃばってしまうので、それだけ出しゃばるのなら、「自分はどうなんだい?」って事になりますので。
紅晴美時代のトラブルは殆どこれが原因でしょう。


圧倒的な歌唱力を持ちたいなら、とにかく「美空ひばり」さんを手本にするといい。城南海って歌の巧い若い歌手が居るので、その子も意識した方がいいです。

それと作詞作曲は毎日やっるべきでしょうね。毎日創っていれば、その内、ヒットするような作品が生まれ来る物です。


実をいうと、今年は運気が物凄く良く、再デビュ-は大吉。しかも「紅丸晴美」という新芸名は運勢がメチャクチャ強いので、大ブレイクの可能性は高いですよ。

投稿: タマティー | 2017年5月25日 (木) 05時29分

ありがとう御座います!紅丸と書いて呼び方は紅でもいいですか?美空ひばりさんは大好きです!しかし貴方様は面白い人です!笑っちゃいました!私をよく知ってるわー!ビックリ!やる気100倍です!

投稿: 紅晴美 | 2017年5月26日 (金) 09時22分

紅晴美さん、 「紅丸晴美」は「くれないまる はるみ」と呼んだ方がいいです。happy01

「紅晴美」だと、
「紅」は「紅色の服を着た人」転じて「色気のある演歌歌手」、
「晴美」は「張っていく事」を意味します。
「晴美」によって「攻撃力」はあるんですが、防御力がないんです。
それで人間関係でトラブルってしまったんですよ。

「丸」は「開拓地」転じて「砦」という意味があります。
だから「紅丸晴美」だと、「色気のある演歌歌手」が「防御力」と」「攻撃力」の双方を使って芸能活動をしていく、という事になるんです。


気を付けるべきは、日本には総合商社の「丸紅」(まるべに)があるので、
「紅丸」と書いて、「べにまる」と読まれてしまう事で、「べにまる」と呼ばれてしまうと、「紅花の生産者の紅花畑」になってしまうので、こうなると演歌から離れて行ってしまいます。


改名の効果を出していくためには、毎日「紅丸晴美」と紙に書いていった方がいいです。

投稿: タマティー | 2017年5月27日 (土) 05時20分

ありがとうございます。
しかしタマティさんは凄い人ですね。
凄すぎて笑っちゃいました。
ところで、紅丸と書いて「くれない」の読み方で良いですか?
この名前で私は頑張ります。
これからも私は「毒の力」を使ってヒットを出します。
新曲がコロムビアから9月20日に出ます。
是非、聴いて感想をください。

投稿: 紅 晴美 | 2017年5月27日 (土) 10時38分

紅晴美さん、移籍後の新曲楽しみですね。必ず聞きます!lovely

「紅丸」は絶対に「くれないまる」です。happy01
「紅丸晴美」と書いて、「丸」だけ読まないのは、大凶以前に論外なので、気を付けて下さい。

「くれないまる はるみ」だと、
「ま」と「み」で、唇が閉じるので、名前が引き締まるし、
唇に刺激が行くので、女性たちの支持を得易くなります。

ちなみに戦前、「紅丸」という客船があり、「瀬戸内海の女王」と呼ばれていたそうです。
西日本の人たちは未だに覚えている人たちも居るだろうから、福島県出身の晴美さんにとって、西日本でファンたちを獲得するためにはかなり役に立つと思います。


五木ひろしさんもそうだけど、演歌歌手は売れるためには芸名を変えてもいいのであって、今回、なんで「紅丸晴美」に変えたのか、その事をトークネタで使用すると、話は盛り上がりますよ。

投稿: タマティー | 2017年5月27日 (土) 18時47分

ありがとうございます。
わかりました。
紅丸晴美で全て丸くいくように頑張ります。
新曲を聴いたら、また毒舌でお願いします。

ちなみに私は、女毒蝮と言われていました。

頑張るぜ〜〜。

投稿: 紅晴美 | 2017年5月28日 (日) 10時26分

お久しぶりです。
じつは、紅丸晴美にしようと思いましたが、
レコード会社からそのままでと言われましたので
紅晴美で頑張ります。
引き続き紅晴美を宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

投稿: 紅晴美 | 2017年6月28日 (水) 12時24分

紅晴美さん、え~ッ!crying

ま、確かに「紅晴美」もいいですからね。
「紅丸晴美」は紅晴美に「丸」を入れるだけだから、思い切った改名には思われないのかも。
ルックスはともかくとして、歌唱力は充分にあるので、後は芸名なんですけどね~。

紅晴美さんからコメントを頂いてから、「作詞熱」に火がついてしまい、作詞をせっせとやってます。
演歌の物は余り作らないんですけど、なぜだかネタが出て来ますね。

作詞して解ったんですけど、紅晴美さんの場合、とにかく「インパクト」ですよ。
作詞作曲なされるから、インパクトのある物を作れば、ヒットするんじゃないかな。
今の演歌界は男性歌手たちが盛り上がっているから、次は女性歌手たちですよ。

投稿: タマティー | 2017年6月29日 (木) 05時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/56823825

この記事へのトラックバック一覧です: タマティー注目の碌でもない演歌歌手「紅晴美」:

« 「農民たちの農地破壊」と」「日本の崩壊」 | トップページ | 『源氏物語』の後に出て来た凄い作品 »