« 日本のキリスト教徒たちが躓く「三位一体論」の正体 | トップページ | なぜアメリカのキリスト教徒たちはキリスト教の教会で機関銃を乱射するのか? »

近頃、都にはやる伝染病

●これだけ猛暑ならデング熱だって発生する

 平成26年の夏、東京のド真ん中で「デング熱」が発生した。発生源は代々木公園ということなので、代々木公園に来た人たちが蚊に刺されれば、デング熱に感染する可能性があるということである。その感染した人たちが他の場所で蚊に刺されれば、その感染は爆発的に広がることになる。

 ところが厚生労働省はデング熱の発生を確認したのに、

「流行する虞はない」

と声明を発表した。俺は思わず「そんなバカな~」と反論してしまった。なぜならデング熱は伝染病であって、条件が重なれば伝染が広がるのは予想されるのである。だからデング熱は伝染病指定を受けている訳であって、それなのに当の厚生労働省がそれを無視するのから本当に困った連中である。

 案の定、デング熱は広がり始め、全国的に流行の兆しを見せるようになった。

 デング熱の発生源は確かに代々木公園であったらしいのだが、この夏にこの公園でタイ料理の屋台が出たらしく、どうもそれが本当の発生源らしいのである。ということはタイ人がタイからデング熱を持ち込んだということになる。タイ人はデング熱に或る程度の免疫力を持っているので、すぐさま発症ということにはならないのだが、その人物に蚊が刺せば、他の人たちに感染してしまうのである。

 それなのに厚生労働省は日本人が海外に行き、そこで感染してから日本に帰国し、それでデング熱が広まったという考えを捨てていない。これだけ外国人が日本に来るようになれば、外国人が病原菌を持って日本に入国してくることもありえるのだが、厚生労働省はそれを全く考えていないのである。

 この夏はこれだけの猛暑が続いたのだから、何かしらの伝染病が発生してもおかしくはないのだ。中には厚生労働省が把握していない伝染病も存在し、その伝染病は確実に日本に広まりつつある。とにかく伝染病に罹らぬように気をつけることだ。

●天狗熱

 デング熱と似たような伝染病に「天狗熱」という物がある。この天狗熱に罹ると天狗状態になり、とにかくでかいことを言いまくることになる。そしてそれが本当に実現してしまったりするから恐ろしい。しかしでかいことを言ったのに失敗してしまうこともあるので、そうなるとバッシングに晒されることになる。

 本田圭佑は高校生の頃からこの天狗熱に罹りっ放しである。高校生当時は下手糞な選手だったのだが、天狗熱に罹ってでかいことを言いまくったためにワールドカップに出場するほどの快挙を成し遂げた。本当に夢は大きく持とう。大きく持てばそれに見合う努力をしまくるものなのである。

●チンチン天狗熱

 この天狗熱がチンチンに感染すると、「チンチン天狗熱」になる。このチンチン天狗熱に罹ると、なぜだか朝になるとおチンチンが天狗の鼻のように大きくなってカチンコチンに硬くなってしまうのである。如何にも摩訶不思議な現象であり、チンチンがでかいことをやりたくなっているのである。

 俺の場合、篠崎愛ちゃんのグラビアを見るとこのチンチン天狗熱が発症することになる。別に俺は篠崎愛のことをなんとも思っていないのだが、俺のチンチンは別のことを考えているのである。やはりチンチンであっても夢はでかく持った方がいい。

●捏造ウィルス

 捏造ウィルスとはマスコミ関係者に罹り易い伝染病で、この捏造ウィルスに感染すると捏造をやりたくて仕様がなくなってしまう。朝日新聞社は戦後この捏造ウィルスに感染しっ放しで、それで捏造記事を出しまくるようになってしまった。

 従軍慰安婦など歴史的には存在していないのだが、朝日新聞社は従軍慰安婦が存在したと主張した。他のマスコミ各社は「従軍慰安婦などいない!」と反論したが、それでもこの捏造記事を撤回せず、それで韓国や中国で反日運動が活発化し、しかも国連にまで飛び火し、日本に謝罪を求めるよう勧告したのだ。

 嘘は嘘なのだから、いずれはバレるものなので、それで今回、朝日新聞社は従軍慰安婦の記事を撤回すると表明した。しかし謝罪していない。朝日新聞社のためにどれだけ国益が破壊されたかしれないのだが、従軍慰安婦の記事を撤回するのなら、ちゃんと謝罪し、日本政府に損害賠償を支払うべきである。

●肩凝りK

 肩凝りKとは、テニスの試合が4時間以上に及び、肩凝りのために肩がカチンコチンになる伝染病を言う。どんな熱戦をしてもいいのだが、試合時間が4時間以上になるというのは如何なものか? こうなるとテニスの技術云々ではなく体力勝負になるだけであって、やはり時間制限を設けた方がいいのではないか?

 因みに肩凝りKはテニス選手の錦織圭とは一切関係ありません。

●チュウチュウの名月ウィルス

 チュウチュウの名月ウィルスとは、仲秋の名月になると、乳幼児を持つ家庭で蔓延するウィスルである。未だ良く喋ることができない子供に向かって、「仲秋の名月と言ってみん?」と嗾けると、「チュウチュウの名月」と答えて来ることになる。

 子供だから仲秋の名月が言えないのだ。チュウチュウの名月って、どんなにお月様だ? これはたったこれだけで大爆笑物なのだが、中にははっきりと「仲秋の名月」と言いきってしまう子供がいるので、こうなると詰まらない。滑舌が良いことはそれだけ成長したということなのだが、だったらその分、他で笑いを作って欲しいものだ。

●コンビニウィルス

 コンビニウィルスとは、様々な都市にコンビニエンスストアを出店して、その都市を食い荒らして行く危険なウィルスである。買いたい物が揃っているので便利なことは便利なのだが、そのために確実に財布を破壊して行くことになる。

 コンビニに一旦嵌ってしまうと、コンビニ中毒になるから用心すべきである。スーパーに行けばいいものを、なぜだかコンビニで済ましてしまうのである。因みにどんな商品であろうとも、スーパーの方が安いのであって、どう考えてもスーパーの方がお得である。

●自販機ウィルス

 自販機ウィルスとは、喉が渇いてもいないのにジュースを自販機で買って飲んでしまう病気である。その理由は白砂糖にあるのであって、栄養分が不足しているために、どんどん飲んでしまうのである。このため最終的には「糖尿病」になり、そうでなくても近視や風邪や肩凝りに悩まされることになる。

 19歳まではどうしても大量の水分を欲しがるのだが、19歳を過ぎるともう大量の水分を必要としなくなる。だから20代のどこかで断食をして、体内の過剰な水分を排出させておかないと、自販機ウィルスの餌食になってしまい、そこから抜け出せなくなってしまうのである。

●100円ショップウィルス

 100円ショップウィルスとは、全ての商品は基本的に100円なのだが、結果的に千円以上買う羽目になる超危険なウィルスである。似たような諺に「海老で鯛を釣る」という物がある。但し自分が釣っているのではなく、自分が釣られているのである。

 100円ショップはコンビニ以上に便利なのだが、中国製の商品は実に壊れ易いので要注意である。国産や他の国の製品なら大丈夫なのだが、なぜだか中国製はすぐにぶっ壊れるのである。中国製の商品を買うと、「安物買いの銭失い」になるので、くれぐれも中国製の商品だけは買わないようにすることだ。

●ズボラ出血熱

 ズボラ出血熱とは、我が家で流行中の危険な伝染病である。事の切っ掛けは俺の母親が家の包丁を全て研ぎ、

「刃が物凄く切れるようになっているから注意してね」

と家族に向かって注意したのだが、その翌日に縒りによって注意した本人が包丁で手を切り、出血したのである。

 まさにズボラだからこそこんなバカげた事件を起こすのだが、ズボラではない俺はそんな事件を引き起こさない。要はズボラな人間を狙い撃ちにして来る伝染病なので、ズボラな奴を見つけたのなら、少し離れておいた方がいい。いずれ出血してくる筈だ。

●イカチーウィルス

 イカチーウィルスとは、これも現在我が家で大流行中の伝染病である。これも俺の母親が我が家に持ち込んだ物で、青森県八戸市にある「花万食品」という会社の商品である「イカとチーズのハーモニー なかよし」という物に、うちの母親が嵌ってしまったのである。

 確かに食べてみると、このイカチーは美味しい。ただ食品添加物が気になるので、この点を改善して欲しい。イカチーはお酒のオツマミとしては最高で、これを食べながらワインを飲むと美味しいかもしれない。商品を改善してくれれば、もっと売れて欲しい商品である。

 もしもこのブログを見て「イカチー」が欲しくなったら、花万食品に電話し、

「タマティーさんからの紹介で~」

と言うべし。花万食品としては俺のことを知らないだろうが、売上に貢献したとして、「イカチー」をプレゼントしてくれるかもしれない。我が家では「イカチー」が大流行しているので、これは深刻な問題なのである。

●城南海ウィスル

 城南海ウィルスとは、タマティーだけが罹っている伝染病で、城南海の歌声を聞くと、胸が高鳴ってしまうという伝染病である。別名「恋煩い」とも言う。この伝染病は伝染病のくせして他の人には感染しない。ただこの伝染病に罹った本人だけが高熱で悶え苦しむことになる。

 まあ、とにかく、都には様々な伝染病が流行しているので気をつけるべし。後、半月くらいはまだまだ夏の暑さが続くので、変な伝染病だってはやる可能性は常に存在しているのである。しかもこれだけ暑ければ、またどこかの場所で集中豪雨になったり、巨大台風が日本列島に直撃してくるかもしれないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 日本のキリスト教徒たちが躓く「三位一体論」の正体 | トップページ | なぜアメリカのキリスト教徒たちはキリスト教の教会で機関銃を乱射するのか? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

タマティーさんこんばんは。お久しぶりです。
今回のは面白かった~(笑)
イカチーが気になります!
城南海さん、TVではお見かけしたことがなかったのですが、気になってネットで見てみました!
とっても素敵な方で歌も抜群!!確かになぜ売れていないのか不思議です。私も好きになりました!

投稿: たかみん | 2014年9月 8日 (月) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/57280954

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃、都にはやる伝染病:

« 日本のキリスト教徒たちが躓く「三位一体論」の正体 | トップページ | なぜアメリカのキリスト教徒たちはキリスト教の教会で機関銃を乱射するのか? »