« 新シリーズ開始『タマティー天使の文壇レボリュ-ション計画』 | トップページ | 育児中に起こる危険な事々 »

コメントの制限について

●新シリーズを始めるに当たって

 これから新シリーズを始めるのだが、その前に1つ新たな注意点を述べておきたい。今回のシリーズはコメントに対して制限を設けるということである。今まで原則としてコメントは公開してきたのだが、前のシリーズで共産党員の方がこのブログを荒らし、余りにも無礼極まりないことをやり、俺を激怒させた。

 既に共産党員のコメントは公開していない。共産党員はそのイデオロギーがダメだけでなく、明らかに読解力がなく、俺が何を言っても誤解して受け取って来るので、幾ら相手にしても無駄だと解ったからだ。相手は洗脳されているのであって、その洗脳を解除してくれない限り、もはや人間と看做すことができないのである。

 俺としては「言論の自由」を重んじ、様々な人たちの意見を聞きたいのだが、そうやって全ての人たちに対して言論の自由を認めてしまうと、中には言論の自由を乱用したり、それどころか言論の自由を破壊するために言論の自由を行使して来る人たちが出て来てしまうので、それでこちら側もなんらかの措置を取らざるを得なくなってしまった。

 俺は小説執筆を最優先にしたい。悪質なコメントのために時間を割きたくはないのだ。本当に必要なコメントなら相手にしてもいいのだが、それ以外はお断りしたいのである。コメントのために時間が奪われれば奪われるほど、小説の執筆に当てる時間がなくなってしまうからだ。

 俺はこのブログを始めてから、価値ある情報を届けようと心掛けている。だったらこのブログを見ている人たちがコメントを寄越すなら、価値ある内容のあるコメントを出して貰うようにして欲しい。価値のないコメントを出したいのなら、どこか他のブログでやるべきなのである。

●男子禁制女性オンリー

 自分が男性なのにこういう制限を加えるのもなんなんだが、新シリーズでは「男子禁制」「女性オンリー」にする。このブログにコメントを寄せる人たちは殆どが女性たちなので、女性向けにこのブログを変えていった方がいいと判断した。

 統計ではこのブログを見ている人たちの3割は男性なのだが、その男性たちに配慮した記事を書こうとすると、どうしても特化していくことができないのである。女性だけに限定してしまった方が、このブログのレベルを上げることができるのである。

 男性たちには「女人禁制」「男性オンリー」にしてしまい、男性たちだけに向けて書いた方がいい。そういう物は非常にレベルが高くなるだろうから、もはやブログのように無料で行うのではなく、雑誌でも作ってそこで公開していった方がいいと思う。

 誤解のないように言っておくと、本当に価値があると思うなら、やはりお金を出して購入した方がいい。インターネットでは様々な情報を基本的に無料で得ることができてしまうが、そうやって無料の情報ばかり集めていると、何も行動を起こせなくなってしまう。自分が行動を起こすためには、情報はお金を出して買った方がいいのである。

 このブログの主な読者たちはその大半が主婦であり、家事や育児の合間に見ている物なのである。俺自身、そういうことを意図的にやったのではなく、ブログをやっている内に自然とそうなってしまった。だったら主婦向けに特化してしまった方がより出来のいい記事が書けるようになるというものなのである。

●女性ではあっても

 女性だからといってなんでもコメントを寄越していいというものではない。女性としてやるべきことをやっていない人は、コメントを寄越されても巧く答えようがないのだ。その女性が抱えている問題は相談によって解決することはない。自分が行動しないと解決しないのだ。

①独身女性

 独身女性はとにかく結婚しろ。結婚しないと親から自立できないので、それでおかしな考えを持ってしまうのである。もしも今、彼氏がいないなら仕事に集中すべし。彼氏がいないからといって合コンをやっているようでは、碌でもない男性としか巡り合うことはできない。

 男運が悪いというのなら断食して心身を浄化しろ。自分の心身が腐っているからこそ、男運が悪いのである。断食道場に行って断食をし、体内の老廃物と毒素を排出しまくれば、真っ当な男性と出会え、付き合えるようになるものなのである。

 30歳を過ぎると時間の進み方が早くなり、あっという間に40歳になってしまう。その時期になって結婚しようとしても、もう遅いのであって、結婚すればしたで今度は不妊症に悩むことになる。女性なら30歳までに結婚しておくべきだし、30歳を過ぎたら早目に結婚した方がいい。

②既婚女性

 既婚女性は結婚したら早くに子供をポンポンポンと産んで行け。母親として一人前になるためには、どうしても3人以上の子供を産まなければならないのであって、子供が1人や2人では少ないのだ。その夫婦に多少の問題があったとしても、子供が3人以上いればなんとかなるものなのである。

 結婚で気を付けるべきは「死の結界」であり、家族構成が4人になった時にこの結界が張られることになる。子供が2人の時にこそ、今後、夫婦としてどう生きて行くべきかを決め、家族を固めていかなければならない。早くに抜け出さないと、身内で不幸が発生するので、絶対にここでモタモタしてはならない。

 夫婦仲を良くしていくためには、夫婦で会話することが絶対に必要である。夫婦として情報の共有がなされていないと、たったそれだけのことで喧嘩が発生してしまうものなのである。情報を隠せば隠すほど、夫婦仲は悪くなっていくので、夫婦で会話してもないのに、相談事を持ちかけるようなことはすべきではない。

③不妊症に悩んでいる既婚女性

 不妊症に悩んでいる既婚女性たちは、自分の不妊症が「不妊症ストレス」による物であるということに気付くべきである。幾ら子供が欲しいからといって不妊治療に焦ってしまうと、それが不妊症ストレスになって、子供ができないということを繰り返してしまうのである。 

 不妊症を克服していくために生活改善を行うことが絶対に必要だから、1つ1つ間違った生活を正して行くことだ。一例を挙げておくと、合成洗剤の入ったシャンプーは洗髪の際に髪の毛を通じて子宮にまで到達してしまい、それで受精卵が着床しないという現象を引き起こすのである。だったらまずはシャンプーを安全な物に変えて行くしかないのである。

 不妊症の女性たちで気になるのが、とにかく米の飯をきちんと食っていないことだ。日本人の体は米の飯に対応するように作られているので、米の飯を食わないと巧く機能しない。俺は玄米と押麦を半々の割合にした物を勧めているが、これを食うと栄養が充分に取れるし、お通じも良くなる。ということは、妊娠することだって可能になるのである。

●過去の記事に関しての注意

 ブログには様々なコメントが寄せられるのだが、その中には1年以上も前の記事に対してコメントを寄越して来る人がいる。ブログなんだから1年以上前の記事に関して質問して来るのは失礼であろう。ブログは日記形式でやっているのだから、最新の記事に対してコメントするなら解るが、過去の物に対して質問されても困るのである。

 もしも質問したいのなら「随分前の記事なのに済みませんが~」とか言うべきであろう。自分のコメントが失礼に当たると解り、ちゃんと一言何か言うなら、こちらだって答える気になるが、そういうことをしないのなら、こちら側としては答える必要性はない。

 ブログを毎日書き続けている以上、過去の記事のことなんか忘れている。ただ、その時は正しいと思って書いた。しかし誤字脱字はあるし、表現がオーバーだったり、俺が勘違いしていた物もある。だからといってその記事の真偽を確かめるようなコメントを寄越すべきではない。

 今だから告白するが、俺はこのブログを遣り始めた時、国際的な秘密結社の陰謀と謀略に関しては半信半疑だった。だが様々なことを調べて行く内に、この手の国際的な陰謀と謀略はあると認めざるをえなくなった。フリーメーソンとかイルミナティを抜きにして、現代社会のことを語ってはならないのだ。

 だからどんなに情報通の人であっても、秘密情報に接することがなければ、真実を見極めることはできない。俺はたまたま秘密情報を多少なりとも知ることができる立場にあるので、その秘密情報を少しではあるがこのブログで公開したりしている。

 このため「そんな情報やテレビや新聞には出ていない!」と言われても困るのである。テレビや新聞は一般大衆を洗脳するための道具なのであって、そんな情報を鵜呑みにしているような人はこのブログを見るべきではないのだ。闇の支配者たちが存在しているというのに、そういう考え方は無意味なのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 新シリーズ開始『タマティー天使の文壇レボリュ-ション計画』 | トップページ | 育児中に起こる危険な事々 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

タマティー様
新シリーズ楽しみです。
内容が濃密て面白くなっているタマティー様の記事が主婦向けに特化されると伺い、より楽しみになっています。
国家の土台を築いている主婦がどのように成長するのか、宗教や財産の形成、子育てなど学びたいことがたくさんあります。
コメントを書くのに必要条件を私はなんとか満たしていて、ホッとしています。
これからも応援しています。

投稿: りりまま | 2014年10月24日 (金) 11時09分

お久しぶりですwink
コメント欄について、結構辛口で書いていらっしゃるのでタマティーさんかなり嫌な思いしてきたのではないかと感じました。
大変でしたね…タマティーさん優しいからいつもいろんな相談やコメント貰って丁寧に答えていますもんね。
私は主婦で母でもあるのでタマティーさんの過去の記事もかなり読んでいます。面白いしためになります!
今回こんなにハッキリと書いたので失礼なコメントは減ると思いますよ。私も気をつけようと思いました 笑。

今回、二人目を妊娠してまた過去の記事を見返して勉強しています。
死の結界になると覚悟しつつも四人家族になるのが楽しみで仕方ありません。早めに三人目を作ろうとは思いますが、イマイチ死の結界をどう過ごせば良いのかわからなくて…。
でも家事、育児を頑張って謙虚に生きていくのが大事なのかなと思って過ごそうと考えていますが他に気をつける事があったら教えて下さい!…しかも出産予定の来年は厄年なので。
ちなみに初の助産院での出産の予定です。
タマティーさんの記事のおかげで決まりました。助産院かなり良いです。ありがとうございましたheart04

投稿: ちぃ* | 2014年10月25日 (土) 07時25分

以前コメントに丁寧なお返事を下さり、ありがとうございました。子供を産んだらまたコメントします。
お世話になったので出産報告させて下さい☆
タマティーさんの夢の実現を応援します(^^)

投稿: えりぽん | 2014年10月26日 (日) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/57497311

この記事へのトラックバック一覧です: コメントの制限について:

« 新シリーズ開始『タマティー天使の文壇レボリュ-ション計画』 | トップページ | 育児中に起こる危険な事々 »