« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

生シュークリーム事件

●ジャンボシュークリームが大好きなのですが・・・

 俺がプレゼントされて嬉しい物に銀座コージコーナーのジャンボシュークリームという物がある。これは大きなシュークリームなので、これ1つを食べれば満足できてしまい、費用と効果を考えると非常に素晴らしい商品であるのだ。このジャンボシュークリームだけは何度貰っても嬉しい。

 しかしこのジャンボシュークリーム、徐々に小さくなっていきやがった。俺の体が大きくなったからそう感じるのではなく、本当にジャンボシュークリーム自体が小さくなっていったのである。こうなってくるとジャンボとは言い難く、普通のシュークリームより少し大きい程度でしかないのだ。 

 しかも味まで落ちたみたいで、昔は本当に美味しかったのだが、徐々に味が落ちて来て、少し甘いカスタードクリームが入っている程度しかなくなってしまった。俺の味覚が老化したのではなく、どうも材料をケチっているみたいで、それで味がガクンと落ちてしまったのである。

 トドメは皮が薄くなったことであり、俺がジャンボシュームリームを食っていると、反対側の皮がビリッと破れてしまい、それで中身が零れてしまうようになってしまった。こうなると慌てて反対側を食べる羽目になり、そうなると今度は前に自分が食べた方のカスタードクリームが零れてしまい、悲惨なことになってしまうのである。

 もうジャンボシュークリームはやめにしたい所なのだが、所詮、貰い物ゆえ、貰えるのであれば有難い。しかし食えば悲惨なことが起こる。「食うべきか、食わざるべきか、それが問題だ」と独りで考え込んでいると、家族の者に食われてしまうので、それなら自分がパクリと食べてしまった方がいいのだ。

●それは近所のパン屋から始まった

 銀座コージコーナーのジャンボシュークリームの件では悶々としていたのだが、或る日、我が家にとって大事件が発生した。それは近所のパン屋さんから始まったのだが、徒歩で20分程度の距離にあるパン屋がとんでもないことを仕出かしてくれたのである。

 そこのパン屋ではいつもパンを買っていたのだが、店の一番奥にガラスのケースがあり、そのケースの4分の3は何も置いておらず、その隅っこにケーキのような物が置いてあった。それは何かと良く見てみると、「生シュークリーム」だった。

 「生シュークリーム?」

 シュークリームに生があるとは知らなかったので、これは何かと店員に尋ねると、

「生クリームのシュークリームです」

と答えて来た。

「それなら普通のシュークリームは何?」

「あれはカスタードクリームを使っている物です」

 今まで生きて来て生シュークリームなる物を知らなかったのだが、そういう物があるなら試しに買ってみることにした。全然期待していなかったのだが、なんせ銀座コージコーナーの一件があったので、生シュークリームでもいいやという非常に安易な気持ちで買った。

 ところがこれを家に帰ってから食べてみると、なんと美味しいこと、美味しいこと。今まで食べていたシュークリームの価値が全て吹き飛んでしまうほどの美味しさだった。この生シュークリームの良さは、生クリームの美味しさプラスに、生地が硬いことであって、これによって歯応えが加わると美味しさが数倍に跳ね上がるのである。

●食パンに生クリームを付けて食べる

 生クリームとパン生地がこんなにも相性のいい物だとは、ケーキを食べたことがあるくせに全然気付かなかった。シュークリームはカルタードクリームでなければならないと思い込んでいたので、ケーキ以外にも生クリームとパン生地を組み合わせる方法があると知らなかったのだ。

 そんな折、俺の誕生日があり、誕生日ケーキを自宅で作り、普段ならケーキを作り終わった後すぐにボールに残った生クリームをペロペロと舐めてしまうのだが、今回はそれをやめ、翌日の朝食のために残しておいた。食パンの新しい食べ方を思いついたのである。

 翌日の朝は、その生クリームを出して来て、そこに焼いたパンを付けて食べた。これは滅茶苦茶美味しく、ケーキを手掴みで食べているようなものであり、朝から至福を味わうことになった。これはチーズフォンデュの生クリームバージョンであって、とにかく美味い。

 我が家では原則「白砂糖禁止」なのだが、ケーキのようにどうしても白砂糖を使わざるを得ない物に限っては、例外として白砂糖の使用を認めている。尤も俺は「白砂糖ではなく黒砂糖を使って欲しい」と頼み込んでいるのだが、なかなかこの意見は受け入れて貰えず、このことには関しては常に不満を抱いていた。

 しかしこの生クーリームをパンに付けて食べる方法を思いついたお蔭で、その不満が完全に吹き飛んでしまった。これを毎日食べるのは問題があるにしても、たまにはこういう物を食べて気分を上々にするというのは必要なのである。

●洋菓子と和菓子の違い

 和菓子も洋菓子も同じ菓子なのだが、その考え方には根本的な所で決定的な違うがある。和菓子は砂糖の分量を多くし、甘味を強調することになるのだが、用菓子は砂糖の分量を少なくして、甘味を無闇に強調しないようにしている。

 このため和菓子は1つか2つかで済むのに、洋菓子だと大量に食べることが可能になってしまう。だから和菓子の食べ放題などという物はないが、ケーキの食べ放題という物なら存在している。洋菓子は砂糖の量が少ないので、それで下手をすると沢山食べてしまい、その結果、肥満になってしまうのである。

 洋菓子の中でシュークリームが日本人に受けたのは、洋菓子の中でも甘味の強い物なのであって、だからシュークリームを1つか2つ食べれば満足できる。それなのにその甘さを抑えてしまったら、シュークリームを食う価値がなくなってしまうのである。

 菓子職人たちは、「フランスではこういう風に作られている」と反論してくるかもしれないが、フランスと日本では気候も民族も違うのであって、同じ物を出されても困ってしまうのだ。洋菓子の中には日本人受けする物があるのであって、それを作ればいいのであって、売れたのならその品質を維持すべきなのである。

 恐らく銀座コージコーナーでジャンボシュークリームの品質が落ちていったのはコストダウンの結果なのだろうが、そういうことをやっているとうちの近所のパン屋程度の者に呆気なく負けてしまうことになるのだ。「美味しいか美味しくないか」は食えば解ることなのであって、今後、俺がどちらを選ぶかといえば、絶対に生シュークリームの方であるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

U-18最強トーナメント優勝者「佐々木麻衣」ちゃんに対して勝手に運命鑑定

●小学生なのに既に大人

 女子小学生を20人ほど集めると、なぜだか1人大きな体を持った女の子がいるものだ。その子は運動神経が良い訳でもなく、頭が良い訳でもなく、しかし話をしてみると既に大人なのであって、女子小学生であっても幼稚さが全然ないのだ。

 『カラオケバトル』の2014年U-18最強トーナメントで優勝した「佐々木麻衣」ちゃんなんかはまさのその手の子で、小学生の段階で既に大人になっており、歌が巧いだけでなく、司会者との応答もきちんとできているので、こういう女の子こそ優勝すべきであろう。

 それにしても今回のトーナメントはハイレベルだった。「さくらまや」ちゃんって物凄く可愛いいし、歌も格段に巧いってのが良く解った。さすが史上最年少で歌手デビューしただけのことはある。そのプロ歌手を破っての優勝だから、佐々木麻衣ちゃんは本当に凄い。

 子供の頃から体格の良い女性は母性本能が非常に強いので、必ず結婚するし、子供を沢山産むことになる。だから早目に出世して自分のすべき仕事をしておかないと、出来ちゃった結婚とかしてしまうから、普通の道を歩ませない方がいいのだ。

 俺としては城南海の歌こそ最も素晴らしいと思っているのだが、点数に関しては佐々木麻衣ちゃんの方が上なのであって、現在、中学1年生であったとしても、彼女に適うプロ歌手というのはいないと見ていい。それほど凄い実力の持ち主なのである。

●字画

 そこで佐々木麻衣ちゃんに対して勝手に運命鑑定をすることにした。運命鑑定をしてみると、「さすが!」と俺が唸ってしまうほどの非常に素晴らしい鑑定結果が出た。本当の運命通りの人生を歩んでいるのであって、そのために自分の実力を遺憾なく発揮することができたのである。

 まず地格を見てみると、

「17画」

なので、両親から愛情をたっぷりと貰いながら育つことができる。このため体格が非常に良くなっただけでなく、人格的にも成長することができたのである。この点が他の子たちとの違いなのである。

 人格は、

「15画」

なので、1人でコツコツと何かをするより、自分の歌声を披露して、お客さんたちに楽しんで貰った方が人生は好転して行く。因みに15画は子沢山なので、結婚すれば赤ちゃんをバンバン産んで行くことになる。

 総格は、

「31画」

なので、トップに躍り出て来る運命を持っている。決して勝負運が強い訳ではないのだが、自分がトップに出なければならない時には必ずトップに出て来ることになる。かといって常勝ではなく、自分が優勝する必要性のない時は、後一歩の所で負けてしまうことになる。

 注目すべきは外格で、なんと

「16画」

なので、棚から牡丹餅的な幸運が訪れて来ることになる。今はこの運命が作動していないのだが、歌手デビューすればすぐに何かしら賞を取ったり、自分の行く手を遮る歌手が不祥事を起こして消えてしまったりとか、そういう本当に運がいいとしかいいようのないことが起こることになる。

●字義

 佐々木麻衣ちゃんの字義を調べてみると、もっと凄いということが解った。

 まず名の「麻衣」は「天使として母親の許に舞い降りてきた」という意味で、母親がそのように意識的に感じたか、無意識の内に感じたかしないと、この名前は名づけられないのだ。母親も精神レベルの高い人だから、母親の支援を常に得ることができる。

 それに麻衣は「麻の衣」という意味も持ち、これは「巫女」を意味する。このため佐々木麻衣ちゃんは直感がいいし、その立ち振る舞いも様になっているのだ。前世が巫女であるかは解らないが、名前に巫女を意味する物が入ると、普通の女性たちにはない特殊な力を持つことができる。

 「麻衣」ではなく「舞」としてしまうと、「舞妓」や「芸妓」を意味することになってしまうので、そうすると常に誰かの視線を気にするようになってしまい、佐々木麻衣ちゃんのように威風堂々とはならない。同じ発音でも、漢字が違うと性格が違ってしまうものなのである。

 麻衣の音相は「本当の意思」:という意味で、自分が本当にやりたいことがあれば、万難を排して成功させることになる。しかし自分が本当にやりたいことを見つけないと、遊び呆けてしまう。だから「まい」の名を持つ女性には、一生懸命になって何かをやっている人と、遊び呆けてしまう人の両極端がいるのである。

 「まい」の名を持つ女性は、学校の勉強を優先しない方がいい。というのは、学校では様々なことを学ばされるので、それで勉強している内に自分が本当にやりたいことが解らなくなってしまうからだ。「まい」という名は良い名なのだが、その使い方を誤ると、とんでもない不幸を産み出してしまうこともあるのだ。

●早く歌手デビューしておくれ~

 俺が佐々木麻衣ちゃんにつくづく感心するのは、「歌声」「体型」「ファッションセンス」「髪形」「会話の仕方」、どれをとっても合格点を与えることができてしまうということだ。特に歌声に関しては、ただ単に歌が巧ければ良いのではなく、ビヤ樽のような体型になった方がいい声が出るのであって、佐々木麻衣ちゃんのあの体型が美声を産み出しているのである。

 最近、NHKの女子アナ「橋本奈穂子」の酷いファッションが我が家で問題になっているので、佐々木麻衣ちゃんのようなセンスのいいファッションを見ると、本当にホッとする。多分、母親が選んでいるだろうが、こういう母親の許に生まれるというのは、本当に運がいい証拠なのである。

 ただ欠点があるとするなら、それはいつも不満顔でいることだ。何かしらの不満があるからこそそういう顔になってしまうだろうが、これは不幸を呼び寄せることになるので、この不満顔だけは絶対にやめた方がいい。この世は自分の思い通りにはならないのであって、自分の思い通りにならなかったといって不満を垂れていては、それが思わぬ不幸を産み出してしまうことになるのだ。

 佐々木麻衣ちゃんに望むことがあるなら、「早く歌手デビューしてくれ~」ってことである。素人の段階で運を使い果たしてしまうと、歌手デビューしてから伸びなくなってしまうからだ。もう既にプロ歌手よりも巧いのだから、中学生で歌手デビューしたっていいのである。

 普通の女性たちとはパワーが断然に違うので、歌手デビューすれば必ずヒットすることになる。幾ら歌が巧くても、いい曲に巡り会わないと、ヒット曲が出ないので、こういうのもまた運なのである。運のいい歌手はヒットするし、運のない歌手はどんなに努力してもヒットしない。それが芸能界なのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

狩野恵里のパワーの源泉「拝みシャンプー」

●驚異の「拝みシャンプー」

 俺はテレビ東京の女子アナ「狩野恵里」の運勢が強いのは、「エリ」という名前にあると嘗て運命鑑定の結果を発表した。ところが、『モヤモヤさまぁ~ず2』の「北九州編」で、なんと狩野恵里の衝撃的な事実が発覚したのである。それは、

「拝みシャンプー」!

 拝みシャンプーとは一体どういうものかというと、シャンプーを手に取り、それを頭上で泡立て、その後、洗髪をするというものである。両手で泡立てている姿がまるで拝んでいるように見えるので、それで「拝みシャンプー」と命名されたのである。

 この拝みシャンプーの一体何が凄いのかといえば、狩野恵里本人はシャンプーが床に零れて無駄にならないように頭上で泡立てているのだが、これをやれば本人は何かを拝んでいる意思はなくても、外見上では拝んでいるように見えるので、それで運気が良くなってしまうのである。

 狩野恵里の洗髪の頻度は解らないが、洗髪する時に毎回これをやっているのなら、狩野恵里は洗髪する度に運気が良くなっていくということになってしまう。だからアナウンサーとして大した能力もなく、美人でもないような女性が『モヤモヤさまぁ~ず2』に出ることになってしまったのである。

 拝みシャンプーは見た目には滑稽なために、さまぁ~ずの2人だけでなく、スタッフたちも大爆笑だったのだが、俺も笑いながら本当に驚いてしまった。「エリ」というのは引きの良い名前なのであり、そこに拝みシャンプーで運気を良くすれば、どうにだって人生は巧く行くようになってしまうからだ。

●大人になればなるほど手を肩から上に上げなくなる

 人間は子供の頃なら良くしたのに、大人になるとしなくなることがある。それは手を肩の上から上げることであり、このため大人たちは気の流れが悪くなってしまい、それで不幸が発生して来るようになるのだ。必要がないからしないまでのことだが、だからといってそれで良い訳ではないのだ。

 子供たちをジャングルジムで遊ばせると、喜んで這い上がって行くことになる。人間は本来、あの動きをするようになっているのであって、だからあの動きができてしまうと、非常に楽しいのである。じゃあ、大人になってあの動きをするのかといえば、まずしないであろう。

 満員電車は嫌なものだが、それでも吊革にぶらさがっていると、なぜだから体が楽になるものだ。手摺を持つより、なぜだか吊革に掴まった方がいい。これは手を肩から上に上げたために気の流れが良くなり、それで体が楽とかんじてくるのである。

 大人になれば殆どの人たちが手を肩から上に上げなくなるのに、その中で拝みシャンプーをやっている奴がいれば、その者こそぶっちぎりで勝利していくのは当然のことだ。なぜならみんな気の流れを悪くしているのに、自分だけは気の流れがいいのだから。

 しかも拝みシャンプーはその姿がまるで礼拝をしているような形になる。だから神様からの祝福を得ることができてしまうようになる。本人には礼拝をしている気持ちなど更々ないのだが、神様から見れば狩野恵里だけが礼拝していると見てしまい、それで祝福を施すことになってしまうのである。

●安産スッポン運動と五体投地に共通すること

 俺は妊婦たちに安産スッポン運動を勧めているのだが、この安産スッポン運動もまた気の流れを良くするので、それで安産になるのだ。因みに安産スッポン運動を知らない人たちに説明しておくと、要は立ったまま平泳ぎをする体操であって、これを妊娠中にやると安産になる確率が一気に高まるのだ。

 インドとかチベットとかで行われる礼拝形式「五体投地」もまた気の流れを良くするので、五体投地が存在しない日本人から見れば異様な光景だが、礼拝の仕方としてはこの礼拝の仕方こそ最高の形式であるのだ。インド人もチベット人もそれなりに理由があるからこそ、五体投地をやっているのである。

 この安産スッポン運動と五体投地に共通する物は、合掌した状態で手を上に上げることであって、これが体にとって非常に良いのだ。しかもこれこそ神様から見れば本気で礼拝しているように見えるので、それで祝福を与えるということになるのである。

 世の中には一所懸命になって何かの宗教を奉じているのに、それなのに不幸になってしまう人たちがいる。俺に言わせれば、合掌した状態で手を上に上げるという動作をしないために、どうしても気の流れが悪くなるし、神様から見て本気で礼拝しているように見えないので、それで祝福をくれないということなのである。

 まともな宗教心がなくても、拝みシャンプーのように気の流れを良くし、神様から見て本気で礼拝しているように見えれば、神様は祝福を与えるし、自分だって健康になっていってしまうのであり、要は外観をどうするかなのであって、どんなに敬虔な宗教心があっても、外観がダメならダメなのである。

●拝みシャンプーをやってみました

 拝みシャンプーがそんなにも凄いというのなら、洗髪の際、実際に拝みシャンプーをやってみることにした。やってみるとこれが実に面倒臭い。シャンプーを泡立てるのは、今まで胸の前でやっていたので、これを頭上でやるというのは結構大変なのである。

 狩野恵里みたいに行き成り頭上で泡立てるというのはどうも抵抗感があるので、そこで多少は胸の前で泡立て、その後、頭上に持って行き、頭上でより泡立てた上で洗髪するようにしたら。これならどうにかなるのであって、しかも泡立っている手ですぐさま髪の毛に触ることができるので、それで洗髪がし易くなるという利点も発生するようになった。

 もう1つ気付いたことは、この拝みシャンプーをやると。手を上げている時間が通常の倍になるので、それでこれはこれでいい運動になり、腕に筋肉がつくことになる。考えてみれば狩野恵里はそれなりにいい筋肉を持っているので、これは普段から生活の中で筋肉を巧く使っているからなのである。

 この拝みシャンプーの効果はすぐに出て、その日の睡眠では本当に熟睡できてしまい、体の疲労の取れ方が半端なものではなかった。不眠症に悩まされていた俺にしてみれば、とにかく朝まで眠り続けることができたというのが実に有難かった。

 確かに拝みシャンプーは面倒臭いし、見た目にもいい格好ではない。だから拝みシャンプーが広まることはないだろうが、これは実に効果のある物なのであって、拝みシャンプーをやってみたいと思う人は是非ともやってみた方がいい。それなりの効果が必ず出て来ることになるだろう。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄分が不足すると妊娠しない?

●現代人を襲う鉄分不足

 貧血は決して病気ではないが、未病の段階にある物である。貧血はその名の通りに血液が貧しくなっている状態にあり、貧血が続くと、生理不順になるし、生理不順になれば不妊症を発症して来ることになる。だから幾ら不妊症を治そうとしても無駄で、まずは血液を増産して貧血を解消していかなければならないのである。

 貧血は基本的に「鉄分不足」から来るものである。鉄は赤血球を作るのに欠かせないミネラルなので、鉄分が不足してしまえば、血液の生産量はグッと低下してしまう。女性は生理があるゆえに、どうしても月に1度は或る一定量の血液が体外に排出されてしまうので、それで鉄分を補給していかないと、血液が不足してしまうことになるのだ。

 日本の土は鉄分の多い土なのだが、それでも戦後、日本の土壌は鉄分不足に襲われるようになった。まずは化学農薬による「土壌の劣化」であり、それに続いてハウス栽培の普及によって、同じ場所で連作を繰り返した結果、鉄分は決定的に不足するようになってしまったのだ。

 それと紅茶や珈琲といった物は鉄分の吸収を阻害する。アルコールに至っては余計に鉄分を消費してしまうことになる。それゆえ女性が紅茶を珈琲を常飲し、アルコールを頻繁に飲むようになると、貧血になるし、生理不順になるし、不妊症になってしまうのである。

 貧血の症状が出ているのなら、飲酒は厳禁であって、紅茶や珈琲をやめてハーブティーでも飲むようにした方がいい。野菜に含まれる鉄分の含有量は減少傾向にあるので、下手に鉄分を失うようなことをすべきではないのだ。鉄分不足だからといって、安易にサプリで補うという考えは絶対に良くない。

●鉄分不足による不妊症

 不妊症の女性たちにしてみれば、「なんで鉄分不足が不妊症になるのか?」、その点が不明のことだろう。鉄分不足によって貧血になっている場合、それで本人は多少なら動けるかもしれないが、血液が不足しているために、既に本人の体が危険な状態になっているのであって、それなのに体は敢えて妊娠しようとはしなくなってしまうのだ。

 これは体が自動的に自分の命を守る働きだと言っていい。

 それに貧血だと、たとえ妊娠しても胎児に充分な血液を与えることができないので、それで妊娠してもすぐに流産ということになってしまう。不妊症の女性が折角妊娠したのに、なんでいとも簡単に流産を引き起こすのかといえば、洋は血液が不足しているからだ。

 女性にとって厄介なのは、女性の体は33歳を過ぎると老化のスピードが進み、鉄分がより多く失われて行くということなのであって、見た目はそんなに変わらなくても、体内では鉄分不足が決定的となり、それで妊娠できる状態ではなくなる者たちが出て来てしまうのである。

 自分が不妊症になったと解ると、会社で仕事をし、更に病院で不妊治療を受けることになる。それが忙しく動き回るということなのであって、それで血液が大量に消費され、その結果、妊娠できるほどの血液がなくなってしまうのである。

 だから不妊症の女性が病院での治療をやめて、漢方医の所に行くと妊娠したという事例が出て来るのだが、あれは漢方薬が効いたということもあるが、漢方医たちが持つ「のんびりさ」が不妊症の女性に忙しく動き回ることをやめさせ、それで体が妊娠できる状態になったというのが大きいのだ。

●鉄分の補給

 鉄分を多く含んでいる食材は、

「レバー」「はまぐり」「シジミ」「海苔」「ゴマ」「ヒジキ」「干しエビ」

といった物である。見れば解ることだが、基本的に和食に関係する食材ばかりである。ということは、洋食化に伴って和食を食べなくなってしまうと、途端に鉄分不足の症状が出て来るのであって、要は食事を変えてしまったことが貧血の原因になっているのだ。

 貧血だからといって、レバーだけを食べても貧血が解消しない理由はまさにここにこそある。確かにレバーは鉄分を多く含んでいるが、それだけで鉄分不足を解消するほどの鉄分を得られる訳がないのだ。食事を和食に戻してしまえば、一発で解消できるものなのである。

 もう1つ付け加えておくと、「鉄瓶」や「鉄鍋」や「鉄製のフライパン」を使うと、調理の度に鉄分が溶け出してくるので、それで食材以外から鉄分を補給できてしまう。日本でも昔から鉄製の調理器具が使用されてきたのであって、それを違う物に変えてしまったからこそ、貧血という症状が出て来てしまったのである。

 テフロン加工のフライパンは確かに焦げることはない。しかしそのために鉄分の補給ができなくなってしまうのであって、そっちの方が代償は高くついてしまうのだ。焦げなくするためには、調理をする前に熱く熱するとか、質の高い植物油を使うようにすべきであって、フライパン自体を変えるべきではないのだ。

 また鉄分の吸収には「銅」が欠かせないので、銅を多く含んでいる「魚」を食べるようにすることだ。但し、銅は皮の辺りに多く存在しているので、皮ごと食べるようにしなければならない。刺身とかだと、確かに魚を食べているのだが、銅はそれほど摂取できていないのである。

●鉄分はカルシウムとセットで

 鉄分を補給できれば貧血がなくなる。それだけでなく不妊症の女性の場合、赤ちゃんができないことによるイライラもなくなってしまう。それだけ以前は貧血のために脳に充分な血液が行かず、それでイライラしていたのであり、それが鉄分の補給によって見事解決できてしまったのである。

 鉄分とカルシウムをセットで取ると胎児の骨の形成されるので、それで妊娠が可能になるし、しかも丈夫な赤ちゃんが生まれて来ることになる。高齢出産になった場合、どうしても出産にリスクが伴うことになるので、胎児の骨を丈夫にしておくことは絶対に必要になってくる。

 ではどうやってカルシウムを補給すればいいのかといえば、それは味噌汁の際に煮干しでダシを取り、しかもそれを食事の際に食べてしまうことだ。これをやるだけで妊娠可能な量は充分に摂取できるのであり、今までは煮干しを捨てていたからこそ、不妊症を発症してしまっただけなのである。

 しかし近年、煮干しに酸化防止剤が使用された物が多く出回っているために、安全な煮干しという物が少なく、都市部では入手困難にすらなっている。そこでサンマなどの安い魚を買ってきて、身だけでなく、骨ごとミキサーにかけてしまい、ミンチしてしまう。それを小分けにして冷凍庫に保管すると、味噌汁を作る際に非常に重宝する。

 このサンマのミンチを大量に入れれば、「サンマのつみれ汁」の出来上がりである。普通の味噌汁の何倍ものカルシウムが入っていることになる。当然に不妊症には絶大な効果があるので、こういう物を飲んでいれば、確実に妊娠していくことができるようになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『名著で読む日本史』 ~これを読めば日本史が解る!~

●歴史学と考古学の違い

 日本人として絶対に必要な物は「日本史を学び、日本精神という物を持つ事」である。幾ら日本人として生まれたとしても、日本史を学ばず、日本精神を持たなければ、いずれは消滅して行ってしまうことになる。血統は大事な物かもしれないが、それは絶対条件ではない。日本民族は純血だけで拡大してきたのではなく、帰化人を受け入れて発展してきた民族であることを忘れてはならない。

 ところがこの日本史が連合国の占領中に徹底的に破壊されてしまった。アメリカ合衆国は日本を破壊するためには、学校で日本史を教えることを禁止し、それだけでなく大学に於いても日本史研究を禁止してしまった。占領後はこれを解除したのだが、甚大な損害を発生させ、その悪影響は現代に至るまで及んでいるのだ。

 戦後の日本史学の根本的誤謬は、

「歴史学と考古学をごっちゃにしてしまい、歴史学だというのに考古学のことを延々と述べるということをやっている」

ということである。このため神武東征も、景行天皇の九州遠征も、日本武尊の東国遠征も、神功皇后の三韓征伐も、雄略天皇の朝貢停止もなくなってしまい、これでは日本古代史のことが全く解らなくなっているのである。

 歴史学と考古学の違いが解っていない歴史学者は歴史学者として失格である。歴史学は歴史書を研究する学問であり、考古学は発掘を行い、出土品を研究する学問である。これらの学問にはリンクする所もあるが、歴史学は歴史学であり、考古学は考古学なのである。

 今回紹介する本はこの本!

 渡部昇一著『名著で読む日本史』(育鵬社)

  名著で読む日本史[渡部昇一]

 渡部昇一博士は日本史の学者でなく英語学者なのだが、日本の歴史学者たちが歴史学者ではなくなってしまったので、敢えて自分の専門外の日本史に関する本を書いたのであって、戦後の日本が異常事態になっている以上、こういう仕事こそ日本にとって必要だし、有益であるのだ。

●歴史書と物語

 まず歴史を理解するために最も大事なことは、

「歴史の根幹となっている物は物語である」

ということであって、とにかくこのことを理解しなければならない。物語とは本来「我々先祖である霊魂たちが語るお話」ということなのであって、宗教的な意味合いが非常に強い物なのである。

 日本の場合、「語部」という物が存在し、巫女たちがこの仕事を担当した。だから日本最初の書物である『古事記』は女性である稗田阿礼が口述し、それを太安万侶が著述したのである。因みにこの『古事記』は後に忘れ去られた書物となり、江戸時代になって本居信長が『古事記伝』によって復活させた。

 天武天皇の壬申の乱によって律令体制が整えられていくのだが、その際、必要になったのが歴史書である。『古事記』もこの必要性で作られたのだが、朝廷としては『日本書紀』こそを初の国史とした。『古事記』は『日本書紀』を作るための資料だったに過ぎないのである。

 国史はその後、『続日本紀』『日本後紀』『続日本後紀』と続き、後は実録で『日本門徳天皇実録』『日本三代実録』となった。実録は国史ではなく、天皇の一代記というべき物で、この実録を集めて歴史書を作るのである。だから『六国史』という言い方は間違いで、朝廷は『四国史』しか作れなかったのである。

 なんでこうなってしまったのかといえば、日本では天皇家が続いているので、日本史を中国風の歴史書で書くことには限界があったからなのであり、中国のように易姓革命があり、先の王朝を倒した者が新たに王朝を興し、それで前の王朝の歴史を書き残すということができないからだ。

 そこで登場してきたのが、『栄華物語』であり、朝廷に於いて実権を握った藤原氏に注目して歴史を語って行くという手法を取った。この『栄華物語』も作者は女性で、赤染衛門という歌人が書いた物なのである。『栄華物語』の後に『大鏡』『今鏡』『水鏡』『増鏡』と続いて行くことになる。

●史上最悪の悪帝<後醍醐天皇>と「武士たちの忠誠心」の問題

 鎌倉幕府の成立によって天皇や公家たちから武士たちの世になっていくのだが、鎌倉時代は朝廷にかなり権限があり、朝廷と幕府が拮抗した形になっていた。だから『平家物語』や『吾妻鏡』なのであって、鎌倉幕府は歴史書を編纂していないのである。

 しかし後醍醐天皇が出て来ると事態は一変してしまい、朝廷側が鎌倉幕府を打倒したのはいいが、「建武の新政」に大失敗し、朝廷は分裂してしまった。これによって南北朝の動乱が起こり、この戦争の中で朝廷は完全に力をうしなってしまったのである。

 この過程で出て来たのが『神皇正統記』であり、『太平記』なのだが、「物語」や「鏡」ではなく、「記」なのであって、「記録」として歴史的事件を遺して行こうという考えが出て来たのである。文武天皇が築いた律令体制は南北朝の動乱の中で完全崩壊したと考えたからこそ、これらの作者たちは記録という形で遺したのである。

 『神皇正統記』と『太平記』はセットなのであって、この2つを読めば、大体、日本のことが解るようになる。

 まず1つ目は日本は神国なのであって、それを連綿と継承していかなければならないということ。

 2つ目は天皇は政治に手を出してはならないのであって、天皇は政治を武士たちに任すべきであるということ。

 3つ目は武士たちは政治を任された以上、死力を尽くして戦うべきなのであって、後世に名を残すような功績を打ち立てなければならないということ。

 天皇は後醍醐天皇以降、どの天皇も政治には手を出してきていない。天皇自体、天皇の身でありながら政治に手を出してしまうと、日本を大混乱に陥れてしまうと解っているのであり、ということは武士たちが政治意識を持って政治に参加しなければならないということになる。

●応仁の乱が日本を完全に変えた

 室町時代は鎌倉時代以上に日本史に於いて重大な変化が起こっていたのだが、室町幕府自体、強力な権力を持つ幕府ではなかった。南北朝の動乱のためにエネルギーを使いきってしまい、南北朝の合一ができても、幕府は強い力を持つことができなかった。

 そういう弱い幕府だったからこそ、応仁の乱が起きてしまい、これによって幕府の力は殆どなくなり、日本は戦国時代へと突入していくことになる。この応仁の乱は日本を完全に変えてしまったのであり、公家たちはこの争いの中で完全に没落してしまい、武士たちだけによって政治が動かされる時代がやってきたのである。

 戦国時代は群雄割拠することになるのだが、それによって地方が開発され、民度が急上昇した。これが江戸時代になると固定されてしまったので、余計にその動きが強化されることになった。封建制度と地方文化はセットなのであって、封建制度がないと地方文化が育ってこないのである。

 近代化は西ヨーロッパ諸国で起こったのだが、西ヨーロッパ諸国では封建制度があったために地方が充実し、それで近代国家へと飛躍することができた。日本は西ヨーロッパ諸国と遠く離れたいたのだが、封建制度をやり、地方が充実していたからこそ、近代化を行うことができたのである。

 中国では春秋戦国時代までなら封建制度を取っていたが、秦が中国を統一してしまうと、郡県制度を採用した統一国家になってしまった。朝鮮は新羅が統一すると統一国家になってしまった。だから地方文化が発達せず、近代化に踏み切ることができなかったのである。

 因みに道州制の導入は絶対にダメである。道州制では地方の規模が大きくなり過ぎてしまい、地方自治を行うことができなくなってしまうからだ。現在、日本は46都道府県があることで、地方は充実し、多彩な人材が出て来ているのであって、それを自らぶっ壊すことをやってはならないのだ。

●江戸時代に起こった日本史ブーム

 江戸幕府は朱子学を御用学問にしたのだが、その朱子学によって日本史ブームが湧き起こった。朱子学は歴史重視であって、その王朝は正統なのか異端なのかを分けるのであり、そうなると日本でもその峻別をやろうとしたのである。

 江戸幕府は『本朝通鑑』を編纂するのだが、この内容に反対したのが水戸藩で水戸藩は独自に『大日本史』を編纂し始めた。しかし両方とも巻数が膨大な物になってしまったので、それでよりコンパクトな歴史書が求められるようになった。

 そこで頼山陽が『日本政記』と『日本外史』を書き、これが大ベストセラーになったのである。意外なことかもしれないが、それまで日本人の多くは、自国の歴史を殆ど知らなかったのであり、これによって日本史を詳細に知ることができ、民族意識が高まり始めたのである。

 『日本政記』と『日本外史』は、「天皇こそ日本の国家元首である」という日本史に於いては当たり前のことを指摘した。江戸時代では征夷大将軍が事実上、日本国を代表する者だったので、それで天皇の価値を理解できない者たちが大量に存在していたのである。

 頼山陽は朱子学に立脚していたのだが、彼の本を読んだ者たちは朱子学とは違う考えを持つようになった。それが「尊皇」なのであって、日本は中国のように専制君主の国ではなく、天皇は国家元首であっても政治権力を持つべきではなく、武士たちが政治を取り行うべきであるというように考えた。

 この問題は幕末に「尊皇か勤皇か」ということで大いに揉め、尊皇派が「尊皇倒幕」という形で反幕府勢力を集結させ、それで明治維新がなった。だから『日本政記』と『日本外史』を読み、それらがどういう影響を与えたのかを知らないと、幕末の動乱や明治維新のことが全く解らなくなってしまうのである。

●近代日本を破滅に追いやった軍部大臣現役武官制

 明治維新は尊皇派が勤皇派を押し切って成し遂げたものなのだが、勤皇派が消えた訳ではない。薩摩閥の殆どは尊皇派だったのだが、長州閥では伊藤博文が勤皇派であり、よりによってこの人物が明治憲法を作ることになってしまい、それが後に大問題を引き起こすのである。

 伊藤博文はドイツの憲法学から学んで、ドイツ帝国憲法の皇帝主権を真似て、天皇主権の憲法を作ろうとした。しかし日本は天皇主権の歴史など一度たりともないのであって、それで天皇は神聖不可侵であって、政治的に無問責とした。 

 当然、明治憲法はそれ自体がおかしいのであって、憲法制定後、憲法学者たちが天皇主権説と天皇機関説で論争することになり、この論争に天皇主権説を取った上杉慎吉は破れ、天皇機関説を取った美濃部達吉が勝利することになった。憲法の条文では天皇が政治的に無問責になっている以上、憲法解釈としては天皇機関説が妥当ということになる。

 ところが論争で負けた筈の上杉慎吉が陸軍士官学校で憲法学を教えることになり、それで武官たちの間で負けた筈の天皇主権説が広まってしまうことになった。帝国陸軍の将校たちがおかしくなるのはこれ以降なのであって、陸軍士官学校で間違った憲法解釈を教え込まれたからなのである。

 よりによって時は大正デモクラシーの時代であり、政友会と民政党が激しく争い、民政党の浜口雄幸内閣の時に、政友会の鳩山一郎が統帥権干犯問題を政争の具に使い、それで暗殺へと追い込んでいった。この辺りから軍部が政治に手を出すようになり、犬養毅首相暗殺事件や青年将校の乱を引き起こしてしまう。

 そして岡田啓介内閣の時に、軍部大臣現役武官制が復活し、これによって軍部が内閣の命運を握るようになってしまった。首相のやっていることが気に食わないと、陸軍大臣や海軍大臣を出さなければいいのだから、それで総辞職ということになってしまったのである。

 この軍部大臣現役武官制は法律ではなく省令なのであって、憲法でもなく法律でもなく省令が日本の命運を誤らせてしまったということになる。尤も帝国陸海軍はこの軍部大臣現役武官制のために国防省を作ることができず、大東亜戦争では陸軍と海軍が別個に戦うことになり、それで大東亜戦争では完敗してしまったのである。

 戦後の日本では、明治憲法には統帥権の独立があり、それで軍部が暴走したと間違ったことを教えているのだが、歴史的事実はそうではないのだ。統帥権の独立は近代国家なら当たり前のことなのであって、軍隊のある近代国家ならどこでも統帥権の独立を行っているものなのである。

 鳩山一郎の憲法犯罪は重大なのであって、鳩山家の者を絶対に首相にしてはならない。鳩山一郎の孫が鳩山由紀夫であることを考えれば、鳩山家の連中は皆殺しにすべきなのであって、これに対して如何なる宥恕も与えてはならない。

●軍事学を知らない政治家たちによる悪政

 歴史というものは70年以上経たないと、正当な評価を下せない。というのは、70年未満だと情報が全て出て来ないのであって、その状況下で歴史を評価しても正しい評価を下せる訳がないのだ。特に20世紀は社会主義の世紀だったのであり、共産党が情報を隠蔽しており、それが出て来ない限り、歴史の総括など絶対にできないのだ。

 そうはいっても、戦後の日本が異常な政治をやってしまったということは、情報が全部出て来なくても解る。その原因はなんといっても昭和憲法にあるのであって、戦争放棄をアメリカ合衆国から要求されたために、日本の政治家たちは本当に政治的無能力者になってしまったのである。  

 その魁となったのは、「吉田茂」であり、彼のやった憲法犯罪は非常に重い。というのは、連合軍最高司令官のダグラス・マッカーサーは日本を7年間統治してみて、日本の満州事変と支那事変と大東亜戦争は「自衛戦争」であったということに気付き、吉田茂首相に憲法の改正と国軍を持つよう勧めたのである。それなのに吉田茂首相はそれを拒否してしまったのである。

 これに対して「岸信介」は日本のまともな独立国ではないということに気付き、それで安保改定を行い、どうにかに日本の地位を高めた。しかし日本の社会主義勢力は日本が本当の独立国になってしまうと社会主義革命ができなくなってしまうから、それで安保闘争を引き起こし、岸信介内閣を総辞職に追い込んでしまった。

 米ソ冷戦の最中、日本は経済発展を可能にさせ、国民を非常に豊かにしたのだが、冷戦が終結すると、途端に迷走し始めた。その魁が「細川護熙」であり、このバカ殿は戦後日本で唯一「大東亜戦争は侵略戦争であった」と認めた首相なのである。

 これ以降、中国と韓国が反日攻勢を強めて、日本の外交は非常に危機的な物になっていった。大東亜戦争は欧米列強がブロック経済を採用し、それによって日本が生存を確保するためにやった戦争なのであり、侵略戦争ではない。これは日本と戦争をやったアメリカ合衆国も戦後になってやっと解ったのであり、それなのによりによって日本の首相が侵略戦争だったと言い出したものだから、日本の政治がおかしくなっていくのは当然のことだと言っていい。

 政治学では、

「軍事力を握った者こそ、その国の最高政治権力者だ」

ということなのであり、戦後の政治家たちはこの鉄則を理解しないがために悪政を展開しまくっているのである。昭和憲法は日本国民が作った憲法ではない以上、とっとと無効にしてしまい、日本国民が本当に必要とする憲法を制定すべきなのである。

●『名著で読む日本史』を家庭での日本史の教科書にしよう!

 この『名著で読む日本史』の一体何が凄いのかといえば、この本は家庭で日本史の教科書になってしまうということだ。内容は決して難しくない。平易な言葉で書かれていながら、内容は非常に深い。しかもより詳しく知りたければ、この本の中で紹介された本を読めばいい。

 まずは親がこの本を読むべきだし、この本を読むことによって、学校で受けた洗脳を解除し、正しい歴史を見られるようにしなければならない。子供たちにしてみれば、実に勉強し易いようになっているので、文字が読めるようになれば、自分1人で読めてしまい、それで親子で日本史のことを会話することが可能になるのだ。

 戦後の日本では、歴史教育に関しては学校を信用することができないという異常事態になっている。だから歴史教育のことを学校に任せてしまうと、子供が大人になってからとんでもないことになってしまう。そういう異常な憲法体制下で生きている以上、それなりの対策を独自に取るべきなのである。

 中国でも韓国でも盛んに反日教育を行い、そのためその反日教育を受けた人たちが執拗に反日攻勢を仕掛けて来ることになる。だから日本は中国と韓国と揉め続けることになるのであって、中国や韓国が滅亡するまでその戦いはやむことがない。

 日本にとっては苦しい戦いが続くが、嘘をついているのは中国や韓国なのであって、日本人が正しい歴史を知っていれば、反日攻勢を打ち砕くことができるし、中国や韓国を滅亡に追いやることが可能になる。逆に言えば、日本人が正しい歴史を知らなければ、中国や韓国のために日本が攻め滅ぼされても、別におかしくはないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

虫歯になっても歯医者に行くな!

●子供が虫歯になったら歯医者に行かすな

 育児をしていて、子供が虫歯になることがあるものだが、子供が虫歯になっても歯医者には行かすな。というのは乳歯は成長すればいずれ抜け落ちる物なのであって、乳歯が虫歯になったからといって何か特別な処置を施さなくていいのである。

 永久歯になったら歯を大事にすべきであって、歯が痛むようなことをしてはならない。歯を死ぬまで大事に自分で守っていくように教えるのは、親として絶対に必要なことである。歯の残り具合と寿命には深い関連性があるので、歯が早くに抜けると早死にするし、年を取っても歯が残っていれば長生きすることができるのである。

 虫歯になって歯医者にいっても、虫歯が治らず、余計に悪化してしまったという人たちは非常に多い。日本に歯医者たちが大量に存在していても、日本の歯科医学のレベルは非常に低いのであって、どう治療したとしても、患者たちの歯を守ろうという意識がまるでないのだ。

 実を言うと、日本で初めて歯医者をやったのはアメリカ人であり、その人物が日本人に歯科医学を教えたのだが、この男性はフリーメイソンなのであって、日本人の歯をボロボロにするために悪質極まりない歯科医学を教えたと見るべきなのである。

 歯の治療と称して、歯を削り、歯に詰め物をするということを教えたのは、この人物なのであって、歯は虫歯になっても削らなければ自動修復できるというのに、歯を削って詰め物をしてしまうからこそ、虫歯が治らず、最終的には歯が抜け落ちてしまうのである。

●虫歯の原因は「砂糖」

 そもそも虫歯の原因は一体なんであろうか? 虫歯の原因は砂糖を摂取してしまったことによってエナメル質が破壊されてしまい、それで虫歯になってしまったのである。だから砂糖さえ食べなければ虫歯になることはないのだ。まずはこの点を徹底的に理解しなければならない。

 歯を守るために歯磨きをすることは確かに大事なことである。しかし幾ら歯磨きをしたとしても、食事から砂糖を抜かない限り、虫歯を予防することはできないのだ。歯医者はそのことを知っているからこそ、歯磨きを勧めるが、砂糖の摂取禁止を勧めたりはしないのだ。

 人間は文明以前の狩猟採集経済の時と比べて、文明以後の生活では、なんと1万倍以上も脳の情報量は増えてしまった。このため脳はフル稼働し、それによって人類は高度な文明を築き上げたのだが、それは同時に脳が余計にエネルギーを必要とするという事態を引き起こしてしまったのである。

 だから人類は加工しなければ食べることのできない砂糖を栽培し、製造し、そして消費するという異常な行動を取ることになる。砂糖自体、人間が食べることを予定していない食べ物なのであって、砂糖を食べるということは、内臓に激しい負担を強いているということなのである。

 厄介なことに、砂糖を精製して白砂糖にしてしまうと、不純物を殆ど取り除けてしまうために、その甘さは非常に強烈で、この強力な甘さに人間の脳は麻痺してしまい、それで一度でも白砂糖に嵌ってしまうと、そう簡単に抜けることができなくなってしまうのである。

●砂糖を徹底的に取り除く

 我が子を虫歯にさせたくないのなら、食事から砂糖を徹底的に取り除くということが必要である。白砂糖を使用するのは絶対禁止で、どうしても砂糖を使う時は「黒砂糖」を使用し、出来ることなら「蜂蜜」を使った方がいい。甘さを控えてしまえば、他の味を出せるのであって、白砂糖を使うからこそ、どの料理も甘くしてしまうのである。

 母親にしてみれば、お菓子を完全になくしてしまえば、砂糖の消費量は激減し、それによって子供たちが虫歯にならなくて済むという莫大な利益を得ることができる。尤も子供たちは食間にお腹を空かすことがあるので、その時は「木の実」でも食べさせておけばいいのであって、子供たちの要請に負けてお菓子を出すからこそ、我が子を虫歯にさせてしまうのである。

 加工食品には必ず砂糖が入っている。砂糖は防腐剤としての機能もあるために、加工食品ではどうしても砂糖を使用してくるのだ。だから加工食品は買わない、食べないを貫き通す。大体、普通に自宅で料理していれば、加工食品なんて要らないのであって、便利だと思って加工食品を買うからこそ、子供たちが虫歯になってしまうのである。

 子供たちが甘い物を欲しがるということは、それだけ穀物をしっかりと食べていないことだから、とにかく穀物をしっかりと食べさせるようにすることだ。お米の場合、白米ではなく玄米にすると、腹持ちが良いので、食間に空腹を感じるということがなくなり、それで甘い物を欲しがらなくなるのだ。

 それと蛋白質の量を増やし、炭水化物ではなく、蛋白質をエネルギー源として活動させるようにすることだ。子供は体が成長していくので、蛋白質をきちんと摂取していないと、炭水化物でその不足したエネルギーを補おうとする。だから子供たちに肉や魚を食べさせないというのは、子供たちを甘い物に走らせてしまうことになってしまうのである。

●フッ素入りの歯磨き粉は危険

 歯磨きにも注意が必要である。まず歯磨きは食後すぐに行ってはならない。歯は食事の際に多少表面が剥がれるので、それを食後に唾液で修復するということをやっている。それなのに食後すぐに歯磨きをしてしまうと、その修復ができなくなり、それで虫歯になってしまうのである。

 歯磨きは朝食ならせめて30分は置くべきだし、夕食ならそれこそ就寝前にやればいい。昼食の後は歯磨きは要らない。なぜなら日中は唾液が大量に出ているので、それで歯の修復がきちんとなされるからである。1日3回もしっかり歯磨きしている奴に限って虫歯になるのは、歯磨きをやってはならない時に歯磨きをやっているからなのである。

 フッ素入りの歯磨き粉を使用していると、フッ素化症によって歯がダメになってしまう。歯がダメになるだけでなく、歯茎が腫れてしまったりする。これはフッ素が猛毒だからなのであって、フッ素のために歯や歯茎が傷み、最終的には歯そのものが破壊されてしまうのである。

 フッ素が虫歯予防に効果があると言い出したのは、これまたアメリカ合衆国の歯医者たちであって、これはウランの精製過程で発生した物をどうにか処理するために、こんな危険なことを言い出してきたのであり、フッ素が虫歯予防に効果があるのだというのは、科学的根拠は何もない。

 歯磨き粉は「天日塩」で充分であり、天日塩を一摘み口に入れて、それで歯ブラシで歯磨きをすればいい。これで歯に付着したゴミは完全に落ちてしまう。気を付けるべきは歯磨きだけでなく、舌磨きもしなければならないことであって、大人になったら舌磨き専用のブラシを買ってきて、歯磨きのついでに舌磨きをするべきなのである。

●予防歯科学という考え方

 歯医者は患者が虫歯になったらすぐに治療を始めるということはすべきではない。歯医者がすべきことは虫歯を予防することなのであり、そのための指導をしていけばいいのである。虫歯になったからといって歯を抜いてしまえば、歯の修復ができなくなってしまうのであって、歯をできるだけ残して行くということをしなければならないのだ。

 このために必要になってくるのが「予防歯科学」という学問である。どうすれば虫歯の発生を予防できるのか、それを研究し、その研究成果を歯医者たちに教育していき、それを実施して行く。この予防歯科学が普及すれば、虫歯の発生率は激減することになるであろう。

 それと同時に法的整備も必要で、歯医者が行き成り虫歯の治療に当たった場合、その歯医者を処罰するようにし、行き成り虫歯の治療ができないようにさせる。こうしておけば自然と虫歯の発生率が下がり、歯の残存率も高くなるのだ。

 現在のように、国民健康保険があるために格安で歯医者で治療を受けられるというのは非常に危険なことなのである。歯医者たちは虫歯を治す気は更々なく、患者たちの歯を破壊することで、より大儲けしているだけのことなのであって、国民健康保険の弊害がこういう所に出ているのである。

 歯科医学の実情を知らないと、リッチな歯医者だとか、綺麗な歯科医院といった外観に騙されてしまうことになる。なぜこうも歯医者たちが豊かになっているのかといえば、それは患者たちの歯を破壊しまくったからなのであって、決して虫歯をきちんと治療した結果、そうなったのではないのだ。その点を絶対忘れないようにしなければならない。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (8) | トラックバック (0)

『告白か罰か」 ~『ノーラ、12歳の秋』の謎~

●作家たちの落とし穴

 人間は思春期になれば恋愛することになるから、当然に文学に於いて恋愛小説は非常に多い。しかし人間は行き成り恋愛する訳ではなく、恋愛をする前に友情という物を形成していかなければならない。同性同士で友情をきちんと形成できたからこそ異性と恋愛しても巧く行くのであって、このことに関して例外はないのだ。

 ところがどの作家たちも恋愛のことに関しては或る程度書くことができるのに、友情のこととなるときちんと書くことができない。なぜそうなってしまうのかといえば、男女共学の学校に行ってしまったために、友情よりも恋愛を有線してしまい、それで友情を巧く書くことができないのである。

 俺が様々な小説を読んでつくづく思うのは、友情のことをきちんと書けているのは「男性なら男子校出身者」「女性なら女子校出身者」なのであって、男子校や女子校のように異性がいない空間にいたからこそ、異性に邪魔されることなく、同性同士で友情を形成することができたのである。

 作家たちにはこういう裏事情があるから、読者たちは間違っても恋愛小説ばかり読むようなことをしてはならない。もしもそういうことをやってしまうと、自分の恋愛が巧く行かないだけでなく、同性同士で友情を育むこともできず、人生の様々な場面に於いて損害を発生させてしまうことになるのだ。

 今回紹介する本はこの本!

アニカ・トール著『ノーラ、12歳の秋』(小峰書店) 菱木晃子訳

  ノーラ、12歳の秋

 この本は表紙が地味で別に期待することなく読み始めたのだが、スウェーデン人が書いた本なのにスウェーデン人が書いたとは思えないほど文章が巧いのだ。最初、「この本は日本人が書いたのではないか?」と思ってしまったくらいに文章が巧い。

 「変だな~」と思って著者のことを調べてみたら、なんとスウェーデン人であってもユダヤ教徒であり、肌は白くなっているものの、顔つきも体つきも北方モンゴルそのものであった。すぐにこの人物は改宗ユダヤであり、ハザール人だと解った、改宗して千年経っても、人間は変わらないものである。

 日本人には北方モンゴロイドの血が流れている以上、ハザール人の書いた小説は実に読み易い。生粋のスウェーデン人はルター派を信仰しているので、それで自分の主観をあれこれ書くということをやる。ユダヤ教徒派そんなことしないのであって、自分が言わなければならないことだけをきちんと書くということをやるのである。

●『ノーラ、12歳の秋』の概要

 『ノーラ、12歳の秋」は、ノーラはサビーナと仲が良かったのだが、夏休みの間、病気のために離れていたので、それで新学年が始まると疎遠になってしまう所から始まる。サビーナは夏休みの間にファニーと仲が良くなり、それでノーラよりもファニーと仲良くすることを優先してしまう。そのため取り残されたノーラは縒りによってクラスの中でも最もダサいカーリンと友達になる。

 しかしノーラはサビーナとファニーに嫉妬し、サビーナが大事にしていたウォークマンを盗み、自宅に隠してしまう。ところがその盗んだ行為をカーリンに見られてしまい、カーリンはノーラの弱味に付け込みながら、友達になろうとする。

 ノーラは盗んだウォークマンをサビーナに返す気になり、カーリンに頼んで密かに返すことにした。それなのにカーリンは自分がファニーから苛めを受けていたので、そのウォークマンをファニーの机の中に入れてしまい、それでサビーニとファニーを喧嘩させる。

 その後、ファニーはカーリンに謀られたことに気付き、カーリンを読んでパーティーを開き、「告白か罰か」というゲームで告白を強いつつ、カーリンのオッパイをみんなに見せて辱めようとさせる。カーリンはウォークマンを盗んだと嘘の告白をし、泣きながら帰ってしまった。

 この事件のためにカーリンは転校することになり、罪の意識を感じたノーラはカーリンの所に行って謝罪しようとし、ノーラがカーリンの家に着いてベルを鳴らした時にこの物語は終止符が打たれる。ラストシーンが見事というしかなく、読者たちの心を確実に捉えてしまったのである。

●訳者は完全に誤解している

 それなのに訳者はこの小説を完全に誤解している。実を言うと、『ノーラ、12歳の秋』の原題は『告白か罰か』なのだが、訳者の「菱木晃子」は「告白か罰か」というゲームが日本にないため、それで原題を変えて、『ノーラ、12歳の秋』という題名にしてしまったのである。

 確かにこの小説は、ノーラが12歳の秋に起こった出来事である。しかしだからといってそんな題名では絶対にダメなのだ。

 この小説の題名は『告白か罰か』以外に有り得ない。「告白か罰か」かただ単にゲーム名だけではなく、この物語の物語構成上非常に重要な物となっているからだ。最初は「告発か罰か」というゲームをやり、そのゲームによってカーリンは嘘の告白してしまう。それによってカーリンを失うという罰を受けることになったノーラは罪の意識を感じて、カーリンの所に行くのである。

 論理学的には「弁証法」が使用されており、弁証法が解っていれば、このラストシーンは絶妙というしかない。

 ところがこの終わり方に対して、訳者の菱木晃子は、

「一方的な結論を押しつけていないところに、この物語の未来への広がりが感じられます」

と訳の解らないことを言っているのだ。そうではなくて、もう結論は出ているのであり、それ以降のことを書けば蛇足になってしまうからこそ、作者のアニカ・トールはノーラとカーリンがどういう遣り取りをしたのか書かないのである。

 作画担当の「高橋和枝」はこの小説の内容を理解して絵を描いたのだが、訳者が題名を変えてしまったために、それでインパクトのない絵を描いてきてしまった。題名が『告白か罰か』であるなら、ちゃんとインパクトのある絵を描いてきたことであろう。

 「翻訳書の法則」で行くと、原題が変えられた場合、その翻訳は信用できないということなのだが、俺がこの小説を読むに、翻訳に於いて何か問題があるとは思えなかった。ただ原題を変えている以上、訳者は意訳をやっている可能性があり、彼女がやった翻訳を信用することができないのだ。

 菱木晃子のプロフィールには生年が書かれているので、悪質な翻訳家ではないということが解る。しかし慶応義塾大学卒というのが気になる。翻訳家で巧い人に慶応義塾大学卒はいないので、彼女の翻訳能力をどこまで信用していいのか解らない。

●人間関係が絶妙

 この小説の一体何が凄いのかというと、人間関係が絶妙なのであって、作者は登場人物たちの名前と性格をきちんと一致させて書き続いっているのだ。スウェーデン人ゆえに日本の運命学を知らないだろうが、日本の運命学を知った上で書いたのではないかと思ってしまうくらいにピタリと一致しているのである。

 まず、ノーラの性格は、運命学的には「のんびり屋であり、しかしやる時はやる」というものである。のんびりな性格とやる時はやるというのは矛盾しているものだが、普段のんびりしているからこそ、常に余力があり、いざという時はその余力を使って大胆なことを仕掛けて来ることになる。

 次にサビーナの性格は、運命学的には「お姫様」なのであって、だからノーラがサビーナことが好きなのである。ただサビーナは家庭の事情が複雑なので、それでこの小説では「お姫様」ではなく、「悲劇のヒロイン」ということになっている。

 ファニーの性格は、運命学的には「妖婦」なのであって、そのためにファニーがサビーナを誘惑し、悪い方向へと引っ張っていくのである。のんびり屋のノーラにとって、妖婦ファニーは理解しがたい間柄にあり、それで敵愾心を燃やすことになる。

 カーリンの性格は、運命学的には「合理的であり、しかもその発言には説得力がある」というものである。ノーラはカーリンを嫌っているのだが、それでもカーリンとの距離が縮まっていくのは、カーリンの意見には納得させられるからであって、それでカーリンとの縁を切らないのだ。

 俺が勝手に運命鑑定させて貰うと、

「ノーラは誰とも友情を形成することができない運命にある」

という結果が出た。ノーラの置かれた状況は絶望的なのであって、ノーラがどうやっても救いはないのだ。作者がユダヤ教徒であり、自分の友人たちがキリスト教徒だったと考えると、なんでこんな人間関係になっているのか良く解る。

●友情と恋愛

 ノーラたちは12歳なのだが、ノーラ自身、好きな男の子はいない。しかしサビーナやファニーには好きな男の子がいて男女交際を行っている。早すぎる男女交際は友情の形成を犠牲にしてしまうので、だからノーラは苦悩してしまうのである。

 通常、女性は初潮を迎えると、男子を排除し、女性たちだけで集まろうとする。女性たちしかいないからこそ、女子力を思いっきり伸ばすことができるのであって、それで自分を結婚可能な人物に変えて行く。この時期に女性同士で友情を形成するからこそ、いざ自分が異性と恋愛しても、きちんとその男性を愛することができるようになるのである。

 だからサビーナやファニーみたいに女性同士で友情を築くことなく、男女交際をやってしまうと、どうやっても恋愛をすることができないのだ。事実、付き合っている男子たちはどうみても子供であり、女性を敬い、女性を愛するだけの力を持っていない。

 通常の育ち方をすれば、親友ができるのは高校生の時であり、その時にその親友と永遠の友情を築き上げると、不思議と自分に最も相応しい男性が現れ、恋に落ちて、正しい恋愛をすることができてしまう。これは本当に摩訶不思議な現象なのだが、恋愛は友情の後に来ることを知っていれば、別に恋愛に焦ることはないのだ。

 ノーラは下手に嫉妬せず、サビーナともカーリンとも別れ、新たな友人を探して友達にならないと、まともな友情を築き上げることができない。ノーラにとっては非常に苦しい選択を強いられるのだが、学校にはそういうこともあるのであって、下手に仲良くしてはならないのである。

●作者はレズビアンなのか?

 俺がこの本を読んですぐに思ったのは、

「この作者はレズビアンなのではないか?」

ということであった。というのは、作者の書き方が実に厭らしいのだ。普通の女性なら見過ごしてしまうものでも、しっかりと見ているのであって、この作者がレズビアンであると考えた方が納得がいく。

 俺が心底違和感を感じてしまうのは、この物語の世界の異常さである。この作者は男性たちを全く評価しておらず、男性たちを全て卑下して書き、「女性たちだけの世界」を作り上げている。俺は様々な小説を読んできたが、こういう異常な書き方をした小説を読むのは初めてである。

 しかしこの作品を読んで行くと、「この作者はレズビアンである」と推定できる条件は揃っているが、物語自体はレズビアニズムを推奨する物にはなっていない。確かにこれは女性同士の友情の話になっているのであり、「これは一体なんなんだ?」ということになる。

 そこで作者のアニカ・トールの運命鑑定を行ってみた。

Annika Thor

地画が14画で、同性愛の気がある。人画が4画で、これまた同性愛の気がある。総画が21画なので、作家としてはトップに躍り出て来ることになり、そのためもしも女性同士で付き合った場合、「タチ役」になり、ネコ役の女性を抑圧するようになる。

 写真で作者の顔や体つきを見ると、レズビアンの臭いがプンプンする。顔は大人に成り切れていない顔であり、体は異常な性生活を行っていそうな体である。ユダヤ教徒ゆえに同性愛は禁止されているので、もしもレズビアンとして生きていないなら、女性への愛を胸に秘めて生活しているということになる。

●作者の真意によって評価はガラリと変わる

 この小説は1997年にスウェーデンで出版されたのだが、瞬く間にベストセラーになり、その年で最もヒットした児童文学作品となった。そして同時にスウェーデンでは論争が巻き起こり、友情とイジメのことで様々な意見が出まくったのである。

 しかしこの小説の結論は、

「ノーラはカーリンに謝罪しても、友情を形成することはない」

ということであり、非常に絶望的な落ちになっているのだ。というか、この小説は女性同士の友情のことを描きながら、この作者はそれとは全く別の真意があって、それなのにそれが一体なんなのか、この俺ですらそれが掴めないのだ。

①レズビアニズムを密かに推奨している物なのか?

 ノーラが主人公ゆえに、作者はノーラだろう思ってしまうのだが、カーリンが他の子たちとは違う生活をしているということは、カーリンこそ作者の人物像が投影されたキャラである。アニカ・トールがユダヤ教徒の家庭で育ったのなら、カーリンこそアニカ・トール自身だと推定できる。

 となると、カーリンは既に女性として体だけが成熟しており、それに対して女性としてなんの成長もしていないノーラに対して好意を寄せている。ということは、女性として成熟した自分が、まだ肉体的に未成熟の少女、しかも男性に恋するというバカなことを経験していないウブな少女が好きだということになる。

 つまり、「レズビアンにしてロリコン」ということになる。

②ユダヤ教とキリスト教の和解を秘めた物なのか?

 宗教的なことを考えれば、ユダヤ教徒である自分に対して、キリスト教徒の女性がキリスト教的偏見を持つことなく近づいてくることを臨みつつも、キリスト教徒たちの弾圧と迫害によってユダヤ教徒たちは深く心が傷ついており、そう簡単には和解できないとしたとも考えることができる。

③友情とイジメを論じた物なのか?

 この小説を素直に読めば、友情とイジメを論じた物になる。しかし、「だったらこの落ちは一体なんなんだ?」ということになる。少なくとも作者に親友がいるのなら、こういう落ちは作らない筈であって、本人に親友がいなかったらこそ、こういうヘンテコな落ちを作ったと見るしかないのだ。

●なんでベストセラーにならなかったのか?

 俺としてはこの小説が日本でベストセラーにならなかったのが不思議である。技術的には第一級の文学作品なのであって、日本のように文学の強い国では売れて当然なのである。しかし作者の真意がイマイチ解らないために、読者たちから嫌われてしまったのかもしれない。

 最大の問題点は訳者の菱木晃子が題名を変えてしまったことであり、それによって作画担当の高橋和枝がインパクトのない表紙を描いてしまったことであろう。確かにこの小説はノーラが12歳の秋に起こった出来事だのだが、それだけではないのだ。12歳の小学生には余りにも大きな問題がそこにあったからこそ、ノーラは苦悩しているのである。

 訳者が本当に正しい翻訳をしているのか解らないので、とにかく訳者を変えて再度翻訳を行い、新版の物を出して売り出せば、きっとヒットする筈だ。日本人なら小学生向けではなく、中学生向けだ。白人は成長が早い分、老化するのも早いのであって、日本人とは成長スピードが違うのである。

 日本人の多くが友情とイジメの問題を真剣に考えていないからこそ、毎年のようにどこか学校でイジメが発生し、自殺者が出ているのだ。これは異常なことなのであり、学校が自殺者を出すようでは最早存続していくことはできなくなってしまい、学校崩壊は目前に迫っているのである。

 イジメというものは、イジメた側は綺麗さっぱりと忘れてしまうものだが、イジメられた側は生涯に亘って忘れないし、終生に亘って恨みを抱き続けてしまうことになる。

「たった1度のイジメが生涯に亘って心の傷となる」

ということを理解していれば、自分の気に入らない相手だからといって、イジメをしようとはしない筈であろう。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『99%の人たちが知らないこの世界の秘密』 ~人類総奴隷化計画は着々と進んでいる~

●人類総奴隷化計画とは?

 「この世にはとんでもない悪党たちが存在している」

 この当たり前の事実を、なぜだか世間の人たちは理解しようとしない。自分が善人だからといって、世の中の全ての人たちが善人なのではない。善人がいれば悪人がある。それなのにその悪人たちの存在を無視してしまえば、悪人たちや遣りたい放題ということになってしまうのだ。

 現在、この地球上に於いて着々と進んでいるのが「人類総奴隷化計画」という物である。この計画のために日本では既に阪神淡路大震災や東日本大震災が引き起こされ、原発が爆破され、そして今やTPPによって日本経済が壊滅させられそうになっている。

 こういう話をしてしまうと「陰謀論」ということになってしまうのだが、とある人物が陰謀論とは関係なしに、この巨悪を突き止めた。その人物の名は「内海聡」であって、彼は精神科医として医学批判を繰り返している内に、この巨悪の存在を知ってしまったのである。

 今回紹介する本はこの本!

 内海聡著『99%の人が知らない この世界の秘密』(イーストプレス)

 99%の人が知らないこの世界の秘密[内海聡]

 この本はとにかく凄い! 何が凄いのかといえば、陰謀論の本を何千何万冊と読むより、この本を読めば奴らの陰謀の大半を理解できるようになっているのだ。陰謀論の本の中には出鱈目な情報が含まれているのが多々あるので、陰謀論の本だけを読んでいると、奴らが一体何をやっているのか解らなくなってしまうことになる。

 内海聡はどうしてこの事を知り得たかというと、精神科医として警察病院に勤務した関係から、警察や公安調査庁に知り合いが出来、そこから情報を得ることができたということ、宗教関係の人たちと交友関係にあり。そこからも情報を貰えることができたからである。

●ユダヤ人は繁殖力が非常に弱い民族

 一体誰が人類総奴隷化計画を推し進めているのかといえば、それは「改宗ユダヤたちの中に潜む邪悪な連中」である。誤解してはならないのだが、ここで反ユダヤ主義を唱えているのではない。当のユダヤ人自身、この人類総奴隷化計画の犠牲者なのであって、ユダヤ人たちの奥にとんでもない連中が存在しているからこそ、それにユダヤ人たちが利用されてしまっているのである。

 ユダヤ人は古代エジプトから脱出して民族を形成した。この民族は飽くまでも宗教民族であって、民族学的にユダヤ民族という民族は存在しない。古代エジプトの中で「アテンラー」を唯一の神とする一神教が出来、その影響を受けて「ヤー」を唯一の神とするユダヤ教が出来、それを信じた者たちが民族を形成したのである。

 脱エジプトはモーゼが最高指導者となって行われたのだが、このモーゼの時代に生きたユダヤ人たちの末裔たちは現在せいぜい100万人程度しか存在していない。ユダヤ人というのは繁殖力が非常に弱い民族であって、3千年以上経ってもこの程度にしかならなかったのである。

 まず「食事の問題」がある。ユダヤ人たちは律法によって豚肉を食わないので、どうも繁殖力が落ちてしまうのだ。解り易い例では中国人たちは豚肉を良く食うのだが、そのために凄まじい繁殖力を示している。豚肉にはより多く繁殖できる力を付与するのであって、これを食わないとなると繁殖力が落ちてしまうのである。

 次に「女性の問題」がある。ユダヤ教は一神教であるために、男性の地位は高いのだが、ユダヤ教に於いて女性の地位はないに等しい。なんせユダヤ人たちは祈祷の際に「主よ、自分が女性に生まれなかったことを感謝します」と言っているくらいだから、これでは女性たちが積極的に子供を産もうとは思わなくなるのは当然であろう。

 トドメがキリスト教の誕生であって、これによってユダヤ人たちはキリスト教にごっそりと取られてしまったのである。イエスも12使徒も全てユダヤ人なのであって、原始教会の信者たちはその殆どがユダヤ人だった。しかもキリスト教が古代ローマで国教となると、その後は執拗に改宗を強いたために、ユダヤ教を捨て、キリスト教徒になってしまったユダヤ人たちが続出してしまったのである。

●ハザール王国の国民挙げての改宗

 続いてユダヤ人たちはイスラム教の勃興によって、イスラム教徒たちから追われるようになった。ユダヤ人たちがイスラム教に改宗することはなかったが、イスラム教諸国ではユダヤ教徒たちに重税を課したために、ユダヤ教徒たちは脱出せざるをえなくなってしまった。

 ユダヤ人たちはインドや中国にも逃げることになるのだが、黒海沿岸の北東部に存在していた「ハザール王国」にも逃げ込んできた。ハザール王国は7世紀から10世紀に存在した遊牧民族の国家で、匈奴が西進した際に付いていったらしく、アッティラが死亡してヨーロッパの匈奴たちが離散すると、黒海沿岸に辿り着き、そこに住み始めた。

 ハザール人たちはトルコ系の民族である。モンゴル平原ではトルコ系の民族の方が古く、モンゴル系の民族は後発である。匈奴がどの系の民族なのかは論争があるのだが、匈奴が古い時代のモンゴル平原に誕生した以上、トルコ系の民族と見て間違いない。

 ハザール人たちは長らく宗教混淆をやっていたのだが、ハールーン・アツ・ラシード王(785~809)の時代に国王を初めてとして王族たちがユダヤ教に改宗してしまい、その後、主だった貴族たちも改宗してしまった。これによってハザール王国は繁栄するどころか衰退し始めた。そして956年、キエフ公国の侵略によって滅亡してしまった。

 ハザール人たちは古代ユダヤ人たちがそうであったように、ユダヤ教を信仰したがために祖国を失ってしまったのである。しかしユダヤ教には律法があるので、それで祖国を失っても、民族を保つことができた。それでキエフ公国がモンゴル帝国に滅ぼされると、ハザール人たちは中央アジアにまで進出した。

 モンゴル帝国の後はロシア帝国の支配下に入ったので、それでハザール人たちはロシア帝国の様々な地域へと進出していった。ロシア帝国はこのハザール人たちに手を焼き、度々大量虐殺をやったが、そのためにハザール人たちは危機意識を強め、最終的にはレーニンを輩出してロシア革命を引き起こし、ロシア帝国を滅ぼしてしまった。

●サバタイ派の登場

 真正ユダヤと改宗ユダヤとでは民族がまるで違うから、文章の書き方がまるで違う。本物のユダヤ人たちはトーラーを見れば解るように、周辺民族の宗教や文化をパクリながらユダヤ教を作って行った。このため或る意味、合理的に出来ている。

 しかし改宗ユダヤたちが登場してくると、ハザール王国に於いて既に宗教も文化もあったために、複雑な物を作り始めるのである。これは彼等が書いた文章を見れば一発で解るので、ユダヤ教徒なのに複雑な文章を書いているなと思ったら、そのユダヤ教徒は改宗ユダヤだと思った方がいい。

 改宗ユダヤたちはトーラーよりタルムードを好む傾向があり、超正統派と正統派と保守派を形成した。それまでのタルムードはラビたちが読む物だったのに、普通の信者でも読むようになったのは改宗ユダヤたちが登場して以降である。

 こうなると生活の全てがと律法とその解釈で規定されてしまうことになるので、それに反発してサバタイ派が登場してきた、サバタイ派は16世紀にトルコで産まれたサバタイ・ツェヴィを救世主と看做す一派である。サバタイは躁鬱病の患者だったのだが、自ら救世主を名乗り、これを信じる改宗ユダヤたちが大量発生した。

 サバタイ派は改宗ユダヤの主流派とは違い、まともな宗教活動をやらず、秘密結社を結成して、そこで秘密裏に活動したようである。彼等の秘密結社からフリーメーソンやイルミナティといった秘密結社が出て来るのである。彼等の実行機関となっている組織が「300人委員会」であり、その上に「33人評議会」という物が存在する。

 サバタイ派の多くはユダヤ教徒としては表面上、改革派に属している。改革派自体、サバタイ派が作った物で、彼等はこれをカムフラージュしている。しかし勘違いしてはならないのは、改革派がサバタイ派ではないということだ。サバタイ派の中には正統派や保守派に属している者たちもいる。超保守派にサバタイ派がいないのは、超保守派は救世主を待望する一派なので、それで超保守派にはいられないのである。

●サバタイ派の奥に居る者は一体誰?

 33人評議会の上には更に「7人評議会」という物が存在する。この7人評議会は「人類の知らない7人衆」と言われるのだが、人類が全く知らない訳がない、33人評議会の連中はこの7人評議会の命令を受けて動いているに過ぎないのだ。

 ということは、彼らは知っているということになる。

 この7人評議会こそ、サバタイ派の奥にいる者たちであろう。「この連中は一体誰なんだ?」ということになる。確かにこの7人衆に関しては、どの陰謀論の本を読んでも全く出て来ないのだ。情報が意図的に遮断されているのであって、陰謀論の本を読んでいてはこの連中の正体を見破ることができない。

 俺が思うに、7人衆は恐らく「ハザール王国の元王族たち」であろうと思う。なぜなら7人衆は明らかにサバタイ派の人たちから敬意を表されているからだ。サバタイ派は改宗ユダヤのハザール人と考えれば、こういう扱いを受ける人々はハザール王国の元王族と考えた方がいい。

 その証拠が「日猶同祖論」である。この日猶同祖論が改宗ユダヤの方から出て来る背景には、改宗ユダヤ自体、自分たちの素性を知っているということになる。どの民族でも王族たちに情報が集中する以上、ハザール王国の元王族たちはユダヤ教徒を装いながら、実はハザール王国の本来の宗教を保持している可能性がある。

 ハザール人たちはユダヤ教に改宗する前、「テングル・カガン」という神を崇敬していた。これはトルコ語系に属する物であり、モンゴル語にすると「テングリ」。日本語にすれば「天神」ということになる。ハザール人もモンゴル人も日本人もウラル=アルタイ語族に属するから、本来の宗教は全く同じなのである。

 日本民族はウラル=アルタイ語族から最も早く離れた民族で、ハザール人たちも比較的早く離れた。このため日本語とヘブライ語には似たような言葉が出て来ることになる。尤もこのヘブライ語というのは、ハザール人たちがユダヤ教の一斉改宗することで、トルコ語系の言葉がヘブライ語に流れ込んだ物なのであるが・・・・・・。

●霊性を破壊することで・・・・・・

 ハザール人たちがユダヤ教の背後で、日本人の宗教と似たような物を持っているというのなら、彼らが一体何をしているのか解って来る。ハザール人たちが人類総奴隷化計画を進めて行くのなら、大量虐殺を積極的に推進し、無抵抗になった者たちだけを奴隷にしていけばいい。

 しかしそういうことせず、なぜ食品添加物をばら撒いたり、放射性物質をばら撒いたり、伝染病をばら撒いたりするのか? 要は異教徒たちを徹底的に苦しませ、その上で死なせるという方法を取っている。これは彼等の真の目的が「異教徒たちの霊性を破壊する事」にあると考えるとスムーズに理解することができる。

 例えば放射性物質はただ単に人体を汚染するだけでなく、霊魂まで汚染するとなれば、日本に原発を持たせ、しかも破防壁を持つことを妨害し、その上で地震兵器ハープを使い東日本大震災を引き起こし、そして原発を爆破させる。幸い、原発事故自体では死者が出ていないが、原発事故のために放射性物質が拡散し、東北地方に住む日本人たちを汚染し、彼等が死ねば死後に苦しむことになる。 

 これに対してハザール人たちは食品添加物の入っていない安全な食べ物を食べ、放射能汚染とは無縁な暮らしをし、そして市場には流通していない安全な医薬品を使い自分の病気を治している。こうすれば長寿になるし、しかも天寿を全うする形で死ぬことになる。

 こうなってくると、ハザール人とそうでない者たちとでは、死後の生き方がまるで違ってしまい、ハザール人たちは霊魂が汚染されていないから霊界で早々と浄化されて、この世に生まれて来るのに対して、ハザール人以外の人たちは霊魂が汚染されているから、霊界で長々と浄化を受け、しかもこの世に生まれて来た時には身体障害者とか先天的な病気を持った状態で産まれてしまい、両者の間には圧倒的な差がついてしまうことになるのだ。

●陰謀論の正体

 内海聡が凄いのは、ハザール人たちが一体何を目指しているのか、それをきちんと指摘してまったことにある。出版市場に出回る陰謀論の全ては陰謀の事だけを論じ、ではなんで彼等がそういう陰謀を駆使して来るのか、それを全く述べていないのである。

 陰謀論の本は大きく分けて4パターン存在する。

①サバタイ派自身が暴露

 まずはサバタイ派自身が暴露した物である。サバタイ派の人たちは陰謀をやっているのだが、それだけではなく、情報を少しずつ開示しながら、人類総奴隷化計画を異教徒たちに納得させ、それを受け入れさせるということをもやっている。

 彼等は「地球市民」という言葉を作り、諸国民を融解させてしまい、それで奴隷状態に置こうとしている。諸国民が地球市民になったら、一体誰がその地球市民を管理するのかといえば、それはサバタイ派の人たちであるというようにしてしまえば、平和裏に人類総奴隷化計画を実現できてしまうのである。

②異教の宗教家たちによる指摘

 サバタイ派の当面の目標は「キリスト教の破壊」であり、このキリスト教徒たちから陰謀論の暴露という形で現れて来ることになる。まず最初に噛みついたのはカトリックの聖職者たちであり、続いてプロテスタントの牧師たちである。

 尤もサバタイ派はフリーメーソンを使ってカトリックたちもプロテスタントたちも取り込んでしまった。フリーメーソン自体、サバタイ派がキリスト教を破壊するために作ったということを知らずに、この団体に入社してしまうので、キリスト教がダメになっていくのは当然といえば当然と言える。

③陰謀を垣間見てしまった人たち

 陰謀を垣間見てしまった人たちは単独ではあるが陰謀論の本を書いて来る。内海聡もこの1人であって、精神科医として仕事をしているので、それでサザタイ派の陰謀を見てしまい、それで告発本を書いたのである。自らは実行部隊として働いた以上、その情報には信憑性がある。

④陰謀論に騙されている人たち

 陰謀論の本で意外とおっかないのが、陰謀論に騙されている人たちが陰謀論の本を書いて来ることである。これは想像以上に多く、この手の人たちが書く本は嘘が非常に多いので、その嘘を鵜呑みにしてしまうと、とんでもないことになってしまう。

 サバタイ派は宇宙人や爬虫類人という概念を作り出して、人類総奴隷化計画を推し進めてもいるのだが、本当に「宇宙人がいる」とか「爬虫類人がいる」と信じ込んでしまうから厄介なのである。宇宙人とか爬虫類人とかは要はサバタイ派の人たちのことであって、本当に実在する訳ではないのだ。

●「真心」と「子供心」

 俺はこの本を読んで、俺と内海聡とでは考え方が根本的に違うのに、なんでこの人はこんなにも凄い本を書けるのか、その理由が良く解った。それは俺の「真心」と内海聡の「子供心」が互いに同じ物を見ているからなのである。神道家だからこそ正直という倫理を持ち、虚無主義者だからこそも世間を否定してくる。

 神道と虚無主義では絶対に並び立つことはないのだが、この世に潜むとんでもない悪党の存在を見破ってしまったということでは全く同じなのである。俺自身、彼の虚無主義には一切共感できない。しかし虚無主義には或る一定の力が存在することだけは認めなくてはならない。

 バカな人ほど「科学的データを出せ」という。「どうしても自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の頭で考えないのか?」と言いたくなる。科学に頼っている限り、奴等の奴隷になっていくのかなんで解らないのか! 既に自分の精神が奴隷状態にあるから、肉体的にも奴隷になっていってしまうのである。

 この本は陰謀論の告発本ではない。内海聡によれば、

「我々はどのように考え、どのように生きて行くべきか?」

を問うた本なのである。この本の内容は衝撃的である。その情報の殆どは真実なのであって、この本を読んで衝撃を受けたという人は、今まで洗脳され続けてきたということなのである。

 現在、サバタイ派の人類総奴隷化計画は全世界を蓋いつつあるが、それは殆ど全ての人たちが最初から精神的な奴隷であるからこそ、人類総奴隷化計画が着々と進んで行ってしまうだけなのであって、自分が真理に覚醒し、精神的な奴隷であることをやめてしまえば、人類総奴隷化計画など一瞬の内に破綻してしまうことになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『モヤモヤさまぁ~ず2』 第1回勝手に番組流行語大賞!

●番組流行語大賞

 テレビ東京の女子アナ「狩野恵里」が『モヤモヤさまぁ~ず2』に登場するようになって、タマティーはこの番組に嵌ってしまい、毎週楽しく見させて貰っている。日曜日の夕食後の時間帯、しかもこの番組を見てリラックした上で午後8時からはNHKの大河ドラマに移行できるので、実に都合の良い状態になっているのだ。

 そこでタマティーが『モヤモヤさまぁ~ず2』に感謝して、勝手に番組流行語大賞を制定し、勝手に受賞作品を決めることにした。第1回の栄える番組流行語大賞は、

「雑!」

「お前は雑なんだよ!」

に決定! この「雑!」「お前は雑なんだよ!」というのは、さまぁ~ずの大竹一樹が狩野恵里の性格をズバリ言い当てた物で、その強力なインパクトを評価しての受賞である。

 『モヤモヤさまぁ~ず2』では番組の冒頭でさまぁ~ずと狩野恵里が出て来るのだが、そこで狩野恵里はその現地の説明をしなければならないのに、狩野恵里は準備不足のために毎回この説明ができていないのである。

「番組制作の準備をして来ない女子アナって?」

と思ってしまうのだが、雑な性格ならこういうことを平気でやってしまうのだ。 

 冒頭から雑ゆえに、その後も雑で、そして最後まで雑になってしまうことになる。だからせめて最初をきちんとやれば、最後まできちんとできる物だし、たとえ途中でどうにかなってもなんとかやれるのである。狩野恵里はそれができないからこそ、さまぁ~ずから激しいツッコミを受けることになるのだ。

 俺が狩野恵里を見てつくづく思ったのは、

「雑な人間は最後まで雑」

ということである。雑な人間はどこかが雑なのではなく、最初から最後まで雑なのであって、それを踏まえた上で付き合わなければならないのだ。ということは、

「雑な性格の人には雑であることを怒ってはならない」

ということになる。自分が几帳面な性格だからといって、他人に対しても几帳面なことを要求するのは間違いなのであって、相手が几帳面なことをしてくれないからといって怒ってしまうほどバカらしいことはないのだ。

●ノミネート作品

 『モヤモヤさまぁ~ず2』勝手に番組流行語大賞にはノミネート作品も存在している。

①「四連勝~!」

 「四連勝~!}というのは、番組内でさまぁ~ずと狩野恵里がゲームを行い、三村マサカズが狩野恵里に対して四連敗し、それを狩野恵里が勝ち誇って三村マサカズをバカにした際に使用される言葉である。この「四連勝~!」はモヤさまファンの間では最も流行した言葉である。

 ではなんでこの「四連勝~!」が番組流行語大賞にならなかったのかといえば、それは実際の生活で使用する可能性が少ないからなのである。この言葉を使うためには、ゲームを少なくとも四回やって、四連勝しなければならない。そういうことは滅多に起こらないものなのである。

 多くのモヤさまファンたちが見逃しているのは、三村マサカズはゲームが好きな癖にゲームが下手ということであり、それに対して狩野恵里はゲームが好きでもないのに、いざゲームをやらせるとそれなりに勝負運を発揮してくることなのである。

②「また2位かよ~」

 「また2位かよ~」とは、番組内でさまぁ~ずと狩野恵里が何かしらの勝負をやって、1位が大竹一樹、2位が三村マサカズ、3位が狩野恵里になってしまい、そのことを三村マサカズが不満にして言う言葉である。「1位」「2位」「3位」だと、1位と3位に注目が行ってしまい、2位になると自分の存在感が薄くなってしまうのである。

 さすがは20年以上芸能界を生きて来た男だけあって、自分が2位になってしまうと、3位の者に食われてしまうことの恐ろしさを知っている。だから毎回2位になってしまうと、自分の芸能人生命が危険になってくるのであって、「狩野恵里よ、3位になってくれるな」ということなのである。

 このことは様々なことでも当て嵌り、たとえばスポーツなんかでは下手に2位になるより、3位になった方がいいのであって、2位になるということは決勝戦で1位の者に負けてその大会を終えるのに対して、3位だと3位決定戦で勝利してその大会を終えることになる。これは非常に大きな違いなのであって、3位を取っていればいずれ1位になれるが、2位を取ってしまうと、なかなか1位になることはできなくなってしまうのである。

③「素顔損」

 「素顔損」とは、素顔に問題があるために、それで損をしてしまうことという意味である。狩野恵里は美人であるとは言えない女性なのだが、笑顔である分にはそれなりに魅力のある顔になる。しかし素顔は不満のある顔つきになっているので、それで様々な場所で損をしてしまうことになるのだ。

 さまぁ~ずの2人が狩野恵里に対してきついのは、狩野恵里の素顔が余りにも酷すぎるからなのであって、狩野恵里が素顔の顔を出さざるを得ない時、例えば葉書や手紙を読む時となると、さまぁ~ずの2人は途端にきつくなるが、それは狩野恵里が素顔損をやっているからなのである。

 狩野恵里の場合、素顔では口角が下がっているので、それで「コイツ、何か不満を持っているな」と思われてしまう。だから口角を上げる努力をし、自分が素顔になった時、不満を持っていると思われないようにしなければならないのだ。

④「若老」

 「若老」(ジャクロウ)とは、若いのに老けていることであって、狩野恵里は28歳なのに小皺が目立つことから命名された物である。理由は「肉の食べ過ぎ」、それと嘗てアメリカ合衆国に住んでいたので「直射日光に当たり過ぎ」て老化が早まってしまったのである。

 最近は映像技術が発達しているので、昔なら小皺など余り気にならなかったのだが、今では小皺と雖も目立ってしまうことになる。こうなると、常に若く保つ工夫をするか、逆に老けること魅力を出して行くかの選択が迫られることになる。

 狩野恵里の老け具合がばれてしまうのは、番組内に20代の女性が出て来た時である。狩野恵里には小皺があるのに、その女性には小皺がないから、その対比で余計に目立ってしまうことになる。『モヤモヤさまぁ~ず2』では年寄りを弄ることが多いのだが、バランスを考えると、どうしてもそうなってしまうのだ。

⑤「ムムム顔」

 「ムムム顔」とは、三村マサカズが番組内で不満になり、そのことに関する発言を控えようとするとこの顔になるものであって、要は「不満顔」という意味である。基本的に狩野恵里のおかしな言動に対して行う物であって、別に面白い訳ではないのだが、それによってトラブルを回避できることだけは事実である。

 狩野恵里が番組に参加するようになってから、狩野恵里がミスをする度に三村マサカズが叱っていたのだが、これをやってしまうと視聴者から不評を得てしまうので、それで露骨に叱ることを控え、ムムム顔を出すことで狩野恵里に「それはダメだよ」と言っているのだ。しかし狩野恵里はそれを全く受け取っていない。

 怒りを露わにするのは意外と損である。怒った所で相手は意見を聞き入れないし、その怒った所を見られると今度は自分の立場が不利になってくるのだ。そこでムムム顔となるのだが、それで問題が解決したのではない。叱る役は大竹一樹に移動してしまったので、となると、最も損な役回りをしているのが大竹一樹ということになる。

⑥「ドヤベロ」

 「ドヤベロ」とは、狩野恵里が自慢する時に頬の裏を舌で舐め回す癖のことである。ドヤベロはドヤ顔よりも愛嬌があるので、自分が自慢したい際にドヤ顔をするよりも好評を受けることになる。ドヤ顔はそれをしてしまうと、そのために不評を買うことになるので、ドヤ顔というのは出来る限りしない方がいいのだ。

 狩野恵里は仕事でミスをすることが多いのだが、もしもこれで自分が自慢すべき時に嫌な形で自慢した場合、さまぁ~ずの2人から本当に嫌われてしまうことになる。このことは普通の人たちにも適用できて、自分が自慢すべき時に嫌がられないような形で自慢すると、まあ、なんとかなるということなのである。

 多くの人たちはミスを恐れて、ミスをしないように心掛けるし、そのミスをどうにか挽回しようとする。しかし人間は誰でもミスをする以上、ミスしたからといってそれで終わりになることない。狩野恵里がなんとか出演し続けることができるのは、そういうことなのである。危険なのは自慢すべき時であって、人々に嫌われる形で自慢するからこそ、それで仕事を失ってしまうことになるのだ。

⑦「天然ボケキラー」

 天然ボケキラーとは、天然ボケによって本職のお笑い芸人を秒殺する人を意味する。この言葉が生まれたのは宇都宮編での「ラー油事件」が切っ掛けである。3人がギョーザ店に入り、ギョーザを注文したのだが、その際、三村マサカズが小皿に多目にラー油を入れた。それを見た狩野恵里が、

「ラー油、多くないですか?」

と訊いてきたので、三村マサカズは、これは自分の好みだと言い張り、

「じゃあ、お前はどうなんだよ?」

と訊き返すと、

「私は、ラー油を入れません」

と狩野恵里が答えたのだ。この天然ボケによって三村マサカズは撃沈し、

「天然ボケはいいよな~」

と羨ましがった。

 天然ボケは非常に強いのであって、本職のお笑い芸人だからといって、自分の芸に油断してはならない。お笑いの素人であっても、天然ボケをかますとプロのお笑い芸人の芸よりも面白いのであって、それは事実として認めなければならないのだ。

⑧「ひょっとこ滑り」

 「ひょっとこ滑り」とは、三村マサカズがひょっとこのお面を被って芸をすると、確実に滑ってしまうということを意味する。三村マサカズのひょっとこ滑りは滑らせたら天下一なのであって、これはこれで使い物になる。というのは、番組が最初から最後まで面白いとひと呼吸することができなくなるので、そうなると息が詰まってしまうからだ。

 『モヤモヤさまぁ~ず2』の放送時間は基本的に1時間半なので、番組の途中でテンションを下げる場所を設けないと、視聴者たちの集中力が持たないのだ。ひょっとこ滑りがない場合、食事中に会話をしないことで、三村マサカズが「喋れよ!」と突っ込んでひと呼吸を置いている。

 因みにひょっとこ滑りは毎回滑っているのではなく、大きなひょっとこのお面をつけて笑いを取り、見事リベンジに成功している。三村マサカズ本人としては嬉しい出来事なのだろうが、そうなると番組としてはテンションを下げるためには使えなくなり、それで他の物が必要になってしまうのである。

⑨「ここは大竹さんに」

 「ここは大竹さんに」とは、三村マサカズが番組で自分では巧くできないと判断した時、すぐに大竹一樹に任してしまい、自分ではやらないことを意味する。熱心に番組を見ていると、三村マサカズがこのフレーズを使う時は、「ずるい!」と突っ込みを入れたなくなってしまう。

 大竹一樹がちゃんとこなす確率は、三村マサカズがちゃんとこなす確率よりも遥かに高い。だったら最初に三村マサカズがやってみて、失敗した後に大竹一樹を出せばいいのである。その方が様になるのだが、しかしそればかりやっていると、三村マサカズの評価が低下しっ放しになってしまうのだ。

 このフレーズの教訓は、

「敢えてミスをしない。ミスをすることになるのだろうと解っているのなら、それができる者に任す」

ということである。なんでもかんでも自分でやる必要性はないのだ。自分ができる物だけをやればいいのであって、自分ができない物は他人に任した方がいいのである。

⑩「マジでうちのカミさん見てるから」

 「マジでうちのカミさんが見てるから」とは、大竹一樹が番組内で家族のことを触れられるのを嫌がり、家族のことはこれ以上訊かないようにさせるために使うフレーズである。大竹一樹の妻「中村仁美」は息子と共にこの番組を見ており、番組内で大竹一樹が不用意な発言をすると、そこで中村仁美は大竹一樹のことを怒っているらしいのだ。

 尤もこの妻が怒っている事実すら、大竹一樹はその後のことを恐れて番組内では否定する発言をしている。

 自分の奥さんのことを気にしながら仕事をするのって如何なものかと思うが、夫婦で夫が出演している番組を見ている夫婦ってのも変といえば変である。しかし出演者の側にこういう制約があるからこそ、番組の品質が保たれているといえば保たれているのだ。

 男性の場合、亭主関白になってしまうより、妻の尻に敷かれた方が有利になる。というのは、外で幾ら威張っていても、自宅に帰れば妻に頭が上がらないとなれば、その男性に愛情を持つことができるからだ。ところが外で威張り、家での亭主関白なら、その男性は嫌われこそすれ、好かれることはないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「信仰の腐敗」と「文学の創造」

●宗教文学と世俗文学は違う

 文学には大きく分けて、「宗教文学」と「世俗文学」の2つが存在する。宗教文学はその宗教を信奉する信者たちがその宗教心の発露として書く物であり、文学を否定しない教団なら、どこの教団でも誕生して来る。これに対して世俗文学はそういう宗教性がない物であり、宗教に関係なく、文字さえあれば、どこの国でも発生してくる。

 近代文学は世俗文学なのだが、それまでの世俗文学と一体何が違うのかといえば、「世俗文学なのに低俗ではない」ということなのである。どこの国でも世俗文学といえば低俗な物だった。これは西ヨーロッパの事情もなんら変わらない。しかし宗教改革を経て民度が向上してくると、世俗文学でも質の高い物を産み出せるようになったのである。

 近代日本で世俗文学が如何にレベルが低いのかを知っていたのは、夏目漱石であり、菊池寛だった。だから夏目漱石は近代的な世俗文学に耐えられるような世俗文学を書いた訳だし、菊池寛は小説を書いただけでなく、文学雑誌を作ったり、文学賞を作って、とにかく日本の世俗文学のレベルを上げていくということをやった。

 しかし問題なのは、日本の近代文学は自前の物ではなく、飽くまでも西洋、正確に言うと西欧であり、イギリス文学、フランス文学、ドイツ文学、その例外としてロシア文学の影響を受けて成立したのであって、大半の日本人はキリスト教なくして近代日本文学を産み出すことの大変さを知っているのに、日本のキリスト教徒たちはそういう苦悩を全く理解せず、近代文学は西欧で生まれたのだから、キリスト教の産物だろうと勘違いしていることなのである。

 西欧が産み出した近代文学は確かにキリスト教の宗教改革後に生まれた物だが、その文学の内容はキリスト教を否定していると言っていい。プロテスタンティズムは信仰義認説を取るのだが、聖書を読んで行く内に、信仰に疑いを持ち始め、それで無神論者に成り、その者たちが文学の世界に乗り出して行ったのである。

●信仰が腐敗していない

 日本は戦国時代にキリスト教が伝来したが、キリシタン大名が神社仏閣を破壊し、日本人を奴隷として売り飛ばしたので、それで江戸幕府はキリスト教弾圧に乗り出し、キリスト教を禁止してしまった。隠れキリシタンたちもいたのだが、その者たちはキリスト教的要素を取り入れているが、実際はキリスト教徒ではなく、日本的な神仏習合の徒たちであった。

 明治維新後にキリスト教が解禁されてキリスト教徒に成る者たちが出て来たのだが、日本のキリスト教は未だ信仰が新鮮であり、キリスト教の教義に対して疑問を持つ者たちが出て来ていない。所謂、「信仰の腐敗」が起こっていないのだ。

 信仰という物は常にその新鮮さを保てる訳ではなく、何百年と信仰し続ければ、信仰している人たちが疲れ切ってしまい、それで信仰の腐敗という現象が発生する。この信仰の腐敗が教会からの脱会者を産み出し、その者たちの中から近代文学を作る輩が出て来るのである。

 キリスト教では教義上同性愛を禁止しているので、同性愛者数の増大を以て「信仰の腐敗」の目安となる。新約聖書を読めば同性愛を禁止していることが一目瞭然なので、それなのに同性愛を容認するというのは、キリスト教徒たちの信仰が最早まともな物ではなくなっているということなのである。

 日本ではキリスト教徒でありながら同性愛者という者は少ないし、カトリックなら聖職者、プロテスタントなら長老や牧師で同性愛者に成っている者はいないと言っていい。ということは信仰の腐敗が起こっていないということであり。これでは近代文学を理解できる者も作り出せる者も出て来ないということなのである。

 信仰の腐敗は必ず教会の腐敗になっていく。形式的には宗教儀式をやっているかもしれないが、その説教は世俗のお話なのであって、こういうことをやっていれば信者数が減少していくのは当然のことなのである。そのくせそれに反比例するかのように近代文学は大繁盛して来る。これは嘗て西欧で起こったことだし、現在ではアメリカ合衆国で起こっているなのである。

●日本の小説家たちに仏教徒が多い理由

 日本の文学界では、圧倒的に仏教徒である小説家が多い。本人が自分は仏教徒として自覚している者もいれば、本人には自覚がないのだが、その本人の思考はどう考えても仏教という場合もある。なぜこんなにも仏教徒が多いのかといえば、それは日本の仏教徒たちの信仰が腐敗しているからである。

 日本の仏教は国際的に見て異常な状態になっており、仏教徒を名乗っているのに既に仏教戒律を守っていない。仏教徒の最低条件は「三帰五戒」を守ることにあるので、これをしていないとなれば、国際的には仏教徒だとは認められないのだ。

 神は永遠かもしれないが、宗教の寿命は500年程度である。500年もその宗教が存続すれば、その宗教が腐敗してしまい、当初の姿とはまるで違った物になってしまうことになる。日本は平安時代末期から鎌倉時代にかけて鎌倉仏教が起こってきたから、もう既に500年以上経過しているから、仏教をどう信仰しようが、その信仰が腐敗するのは当然なのである。

 大乗仏教では「色即是空」「空即是色」の教えがあるので、小説家が小説を書くのは実に遣り易い。かといって信仰が腐敗しているために、仏教を肯定するような宗教文学にならず、きちんと世俗文学を書き上げることができる。仏教はキリスト教とは違った形で世俗文学を産み出すことができるのである。

 キリスト教では、世俗文学といっても、どうしても愛の発露に成らざるを得ない。しかし仏教では愛の発露以外にも様々なジャンルに手を出して行くことが可能なのであって、根本的な所から仏教徒はキリスト教徒たちに対して優位に立っているのである。

●日本のキリスト教徒たちはキリスト教徒である小説家を称賛するけど

 日本のキリスト教徒は人口の内、1%から2%しかない。数に於いては微々たるものだから、本来なら小説家を産み出すことができない。しかしキリスト教の小説家が存在しているのであって、「これは一体どういうことか?」となってしまう。

 日本のキリスト教系宗教団体は信者数こそ少ないが、歴史的に教育に力を入れ、学校や大学を多数創設してきた。このため文学のできる人材を産み出すことが可能になっている。かといって信仰の腐敗が起こっていない以上、書ける物は宗教文学程度で、近代的な世俗文学を書くことができないのである。

 もう1つ付け加えておくと、出版業界にはキリスト教人脈という物があって、この人脈を使うと、キリスト教徒でない者は排除されてしまい、キリスト教徒の者が意図的に排出されることになる。これが文学賞になると露骨になる。キリスト教徒の小説家が何かしらの文学賞を受賞したのなら、「インチキをやったな」と思った方がいい。

 日本のキリスト教徒たちはキリスト教の小説家を称賛するけど、これは宗教的には実に宜しくないのだ。日本のキリスト教徒である小説家は近代的な世俗文学を書けないし、宗教文学しか書けない。しかし宗教文学を書けるほど、日本のキリスト教は成熟している訳ではないのだ。

 宗教文学を書けば書くほど、肝腎の信者たちの信仰が弱まっていってしまい、それで教団が弱体化し、信者数が減少してしまうということになる。こういうことが起こってしまうからこそ、プロテスタンティズムはカルヴァン派に代表されるように、文学という物を思いっきり否定し、信仰生活にどっぷりと浸からせるものなのであり、文学が信仰にとって危険というのは教団自体が承知していることなのである。

 近代文学はその文学否定を経て生まれたのであり、だからといって文学否定をやっていない状態で小説を書くというのは、どうやったとしてもまともな文学作品を作り上げることができないのである。信仰も本物になっていない、小説も本物になっていない、となれば、共倒れになってしまうことになり、日本のキリスト教としては大損害ということになる。

●問題なのはキリスト教繋がりで翻訳の仕事が回って来ること

 キリスト教の信者たちはただでさえ数が少ないのだが、小説家になればもっと少なくなる。しかも翻訳家になればもっと少なくなる筈である。ところが翻訳家もキリスト教徒たちの割合は信者数の比率に反比例して高い割合になってくる。

 キリスト教徒としての繋がりがあり、キリスト教徒の人に翻訳の仕事が回って来るので、それでこんなへんてこな現象が起こっているのである。これは決して良いことではない、寧ろ悪いことである。というのは、翻訳というのは高度な技術を要するので、ただ単にその外国語ができれば良いという訳ではなく、大学で翻訳のことを本格的に学ばないと巧くできないのである。

 俺が日本語に翻訳された外国の本を読んでつくづく思うのは、翻訳が下手糞な翻訳家は必ずといっていいほど、翻訳の際に原題の題名を変えてしまうのである。特にこれは英語で書かれた本を翻訳する際に顕著なので、そういう翻訳では読者たちが誤解してしまい、その本の評価を見誤ることになってしまうのだ。

 翻訳家はキリスト教国で出版された本を翻訳したのだから、その作者はキリスト教を肯定していると思って翻訳しているのだろうが、実はその作者がキリスト教を否定しているという場合が多々ある。しかしそれを公然と言う場合もあれば、それを隠蔽している場合もあるので、余程ちゃんとした読解力がないとそれを理解することができないのだ。

 特にその作者が同性愛者なら、その作者はキリスト教を明確に否定していると考えてほぼ間違いない。キリスト教は同性愛に対して否定的であり、過去に同性愛をやったというだけで死刑にしたり、精神病院に送り込んで幽閉してしまったという歴史を持つので、同性愛者にしてみればキリスト教を否定しない限り自分の安全を保つことができないのだ。

●西洋の近代文学を仏教で見てしまうことの危険性

 こういうことがあるから、日本語に翻訳された外国語の本を読む時は非常に注意が必要である。その翻訳家がなんの宗教を奉じているのか敏感に感じ取ることができないと、思いっきり誤読してしまうことになる。プロフィールに宗教のことは出ていないので、己の読解力で以て、それを見破って行くしかない。

 日本の場合、宗教人口の比率で行けば、神仏習合をやっている者が多くなる筈であり、そしてまたその者が翻訳した本はそんなに悪質な翻訳がなされている訳ではない。明らかに翻訳家の信仰が翻訳の邪魔をしているのであり、神仏習合のように信仰を強調しないと、冷静に成って翻訳できるものなのである。

 かといってそれが最善という訳ではない。神仏習合の者が外国の本を翻訳した場合、仏教の教えに基づいて見てしまうことになる。仏教は煩悩からの解脱を説くがゆえに、近代文学のように恋愛小説が主流になってしまえば、そんなに恋愛に執着することは煩悩以外の何物でもないのであって、そこから解脱しなければどうにもならないと思ってしまうのだ。

 確かにそれはそうなんだけど、そうなると近代文学を何も理解できなくなってしまうことになる。キリスト教では教義上、愛を説いたのだが、その愛が世俗化して、恋愛へと向かっているのである。専門用語を使えば「アガペー」から「エロス」へと転換したのだが、そのエロスは古代ギリシャのような物ではなく、キリスト教によって、正確に言えばプロテスタンティズムで変質した物なのであって、より精神性の高い物となっているのである。

 しかしこういう恋愛の仕方は人間の本来の姿から余りにも逸脱している。そんなに相手の事が好きなら、結婚へと昇華させていくべきなのであって、恋愛に留めておくべきではないのだ。恋愛を称賛する者は跡を絶たないのだが、どんなに激しい恋愛をしたとしても、結婚して子供を産み育てて行く者たちには叶わないのである。

 キリスト教徒でない者だからこそ、近代文学が内在している異常さを理解することができる。近代文学は異常な物なのであって、発展し尽くしてしまえば、いずれは崩壊していくことになる。こういう運命を背負っているのだから、今現在、キリスト教国が発展しているからといってキリスト教に改宗してしまうような人たちに近代文学を正確に理解して行くことは絶対に不可能だと言っていいのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年恒例! 第5回タマティーの超マイナー流行語大賞!

●今年の流行語大賞は本当にダメ

 毎年恒例のタマティーの超マイナー流行語大賞の発表の時期がやってきた。超マイナー流行語大賞というのは、タマティーの超個人的な流行語の中から最も優れた流行語を表彰する物である。世間の人たちが知ってようがいまいがそんな関係なく表彰してしまう所に、この賞の凄さがある。

 因みに今年の流行語大賞は、

「ダメよ~ダメダメ」

「集団的自衛権」

の2つである。今回の流行語大賞は本当にダメで、全く面白くない。

 「ダメよ~ダメダメ」はギャグとして成り立っていないので、こういうことで流行語大賞を貰うのは非常に危険である。確実に消えていくことになるであろう。「集団的自衛権」は安倍晋三首相のために盛んに使用されたが、これは政治的理由での受賞で、流行語といえる物でない。

 このため流行語大賞がタマティーの超マイナー流行語大賞に張り合える物ではないのために、このまま超マイナー流行語大賞を発表しても面白くない。そこで俺が勝手にテレビ東京で放送中の『モヤモヤさまぁ~ず2』の今年の番組流行語大賞を作り、これを以て対抗馬とする。

 それでは『モヤモヤさまぁ~ず2』の今年の番組流行語大賞は、

「雑!」

「お前は雑なんだよ!」

に決定! この「雑!」「お前は雑なんだよ!」というのは、さまぁ~ずの大竹一樹が女子アナの狩野恵里の雑な性格をズバリ指摘して言った言葉である。狩野恵里は本当に性格が雑で、例えば「船橋編」では狩野恵里は包丁で梨を剥いたのだが、その手際の悪さに我が家では家族全員が悲鳴を上げたほどだ。

 さまぁ~ずの2人は狩野恵里に対してかなりきつい言葉を言っているのだが、俺が狩野恵里の立場なら完全に落ち込んでしまうことだろう。しかし狩野恵里は余り気にしていず、

「そういう考えもあるんですね~」

と言って切り返しているのだ。これだからやっていけると同時に、これだから雑な性格は治らないと見るべきであろう。

●発表! 今年の超マイナー流行語大賞

 それでは今年の超マイナー流行語大賞を発表します!

第10位 「下痢ゴー」

 今年の流行語大賞は「レリゴー」だと思うのだが、この歌は本当に大人から子供まで良く歌っていた。これに対してタマティーが考えた物は「下痢ゴー」であり、「下痢になったらすぐさま便所に行こう」という意味を持った言葉である。下痢になったら、この言葉を使うと重宝する。

第9位 「即死ドラッグ」

 今年、「脱法ハーブ」が「危険ドラッグ」と名称を変えたのが、警察がこういうことをやると、余計にその犯罪が悪化していく。危険ドラッグは死亡率が非常に高いのであって、もしも変えるのなら、「即死ドラッグ」とでもすべきだったのである。

 因みに危険ドラッグの原料は一体どこの国が作っているのかといえば、それは中国であるのであって、となれば中国の人民解放軍の攻撃と捉えるべきであって、これは戦争だと思った方がいい。日本側も中国に麻薬を輸出して、中国人を麻薬中毒に陥れるくらいのことをやらないと、中国人たちの犯罪は止まらないのだ。

第8位 「ポコチンドン」「オッパイドン」

 「ポコチンドン」とは、男性が勃起した状態で「ドン!」と女性の体に当たる形で抱きつき、

「実は前から、お前のことが好きだったんだ」

と言う物である。女性は男性の硬直したペニスを敏感に感じ取るので、それでメロメロになってしまう。男女の腰が同じ高さにあるなら、女性の恥骨の割れている部分に、男性のペニスがフィットするので、それで安定した態勢になるのだ。

 因みにこの話はタマティーの実話です。

 ポコチンドンがあるなら女性にだってオッパイドンという物がある。「オッパイドン」とは、女性が男性の背後から「ドン!」と抱きつき、

「好きなの」 

と言う物である。男性は女性の乳房を敏感に感じ取るので、それでメロメロになってしまう。女性の恋愛経験値が低いとただ単に抱き締めることになるのだが、女性の恋愛経験値が高いと抱き締めた際の手が時間と共に男性の的間へと落ちて行くことになる。

 因みにこの話もタマティーの実話です。

第7位 「チンチンスピン」

  「チンチンスピン」とは、タマティーがユリア・リプニツカヤのキャンドルスピンに対抗して作った物であり、スピン自体はキャンドルスピンと同じなのだが、チンチンスピンではそれをフルチンで行うものなのである。スピンがチンチンに見えるからこそ、そう命名された。

第6位 「チンチン天狗熱」

  今年はテング熱が流行したのだが、タマティーが感染した物はチンチン天狗熱である。チンチン天狗熱に感染すると、朝になるとなぜだかチンチンが硬直しているのである。しかもタマティーの場合、篠崎愛ちゃんのグラビアを見ると、チンチン天狗熱の症状が出てしまう。

第5位 「ガニ股女ハラスメント」

 「ガニ股女ハラスメント」とは、ガニ股の女性は他人に対して嫌がらせをする可能性が高いということで、これは今年、タマティーが発見した物である。略して「ガニハラ」。このガニハラはビジネス上では非常に役立つので、ビジネスレディーがどういう歩き方をしているかで、ガニハラをしてくるかしてこないかを簡単に判別できてしまうのだ。

 既婚女性が気を付けるべきは、出産時に骨盤がずれ、出産後にガニ股になってしまい、肥満になってしまうと、急に性格が悪くなってしまうということだ。整体師の所に行って骨盤を治して貰うとか、普段の生活で歩き方に注意していないと、なぜだか自分の性格がどんどん悪くなっていってしまうのである。

第4位 「肩凝りK」

 「肩凝りK」とは、スポーツ中継を長く見過ぎて、肩凝りになってしまい、肩がカチンコチンになってしまうというものである。この肩凝りKは錦織圭がテニス界で活躍し始めると急速に蔓延した。スポーツ中継を見るのはいいが、やはり自らスポーツをして体を動かしていかないと、健康に良くないのだ。

第3位 「ノーミスの悲劇」

 「ノーミスの悲劇」とは、ソチ五輪で浅田真央がノーミスを狙い、逆に大失敗してしまい、メダル獲得ができなかったことに対して、タマティーが名付けた物である。人間は必ずミスをするものなのであって、ノーミスを求めてはならない。浅田真央がノーミスの演技をやろうとしていることに、タマティーは以前から警告を発していたのだが、結果的に本人には届かなかった。

 「ノーミス」という言葉を盛んに言うのは愛知県出身のスケート選手ばかりなのであって、愛知県のスケート教室での教え方に問題があるとみていい。

 「ノーミスの悲劇」は何も浅田真央だけの物ではなく、福島第一原発の原発事故だって、ノーミスの悲劇なのである。ミスが起こることを前提に原発を建設しておけば、あんな大惨事にならなかったのだ。「原発は安全です」と言い続けた東京電力の経営陣たちへの責任追及は絶対にやらなければならない。

 現在、原発は再稼働に向かって走り出しているが、「高速増殖炉もんじゅ」はもしも事故を起こした場合、それを止める手立てがないので、絶対に再稼働させてはならない。あれが事故を起こした場合、日本国民は全滅してしまうほどの超大惨事になってしまうのだ。

第2位 「ドヒャージョ」

 「ドヒャージョ」とは、NHKの女子アナ「橋本奈穂子」が首都圏ニュースで毎回飛んでもない服を着てきて、それを見たタマティーが「ドヒャ~!」と驚きまくり、それで名付けられた物である。橋本菜穂子の服装はまさに「ドヒャ~!」なので、彼女のファッションセンスは余りにも酷過ぎるのだ。

 このため首都圏ニュースをやっている月曜日から金曜日に於いて、タマティーは「橋本奈穂子への今日のファッションチェック」を行っている。日本人では着こなせづらい緑色の服を着たり、オバサンファッションを着たり、それなのに突如ホステスファッションを着たり、ごくたま~に合格点を貰える服を着たりするのだ。

 確率的にはオバサンファッションが一番多い。しかしよくぞここまで服を変えることができるものだ。

 そこで俺が橋本菜穂子に付けた綽名は、

「三十路のセーラームーン」。

 決めセリフも用意しておいた。

「月に代わって、浣腸よ!」

 首都圏ニュースで是非とも使用して貰いたいものだ。

第1位 「城南海ラブラブ出血熱」

 今年、タマティーは城南海がテレビ東京の『ザ・カラオケバトル』に登場してから、「城南海ウィルス」に感染してしまっている。城南海を見ていると胸が高鳴ってしまうのである。城南海ウィルスとは所謂「恋煩い」のことであって、この恋の病に悪戦苦闘中である。

 その城南海がカラオケバトルで5回目の優勝を果たし、「新カラオケの女王」の称号を貰うことに成功した。

「これで奄美に帰ることができます」

と城南海は言ったのだが、鹿児島県から東京に上京して7年目にして、やっと錦の御旗を飾ることができた。

 5冠を達成した時に歌った曲は、尾崎豊の『Oh My Little Girl』なのだが、城南海が、

♪ Oh My Little Girl 暖めてあげよう~

   Oh My Little Girl こんなにも愛してる~

と歌うのだが、城南海は頭を前後にフリフリしながらこのサビを歌うので、俺はおかしくて仕様がなかった。なんせ城南海の身長は151センチなので、そのチビが「暖めてあげよ~」と言っているのだが、これほどチグハグした物はないのだ。

「暖められるのはお前の方じゃ!}

とツッコミを入れてしまった。

 なぜだかこの城南海の物真似をするのが気に入ってしまい、閑があるとやって楽しんでいた。しかし雨が降った夜、外出中にこの物真似していた時、物真似に夢中になってしまい、階段から転倒してしまった。夜で薄暗かったという理由もあるのだが、3段飛ばしで地面に落下してしまい、両足を打撲し、右膝に至っては擦り剥いてしまった。

 これぞ「城南海ラブラブ出血熱」である。

 因みに打撲のために膝が腫れて発熱してしまい、全治するのに2週間もかかってしまった。

 打撲は本当に痛い。crying

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ばんちゃんに売れ筋を狙えと言われたので、新たな小説を考えました。

●下読み委員たちが好む物

 現在、小説の新人賞を目指して頑張っているのだが、結果は連戦連敗であり、第一次選考すら突破しないという悲惨な状態である。理由は解っている。最終選考のことばかり考え、下読み委員たちへの対策を全くしなかったので、それで落選しまくりということになってしまった。

 そこでばんちゃんが気を利かして、

「売れ筋を狙ってみては?」

とアドバイスをくれた。新人賞で厄介なのは売れ筋の小説を探しているということではないということだ。その出版社にはそれなりの基準があって、それを満たした物に新人賞を与えるということをやる。このため新人賞受賞作品の大半は売れ筋ではない。だから新人賞受賞作品が大ヒットするということはまずないのである。

 この出版社の基準というのが新人賞を受けるまでさっぱり解らず、自分が実際に受けてみて、やっと解った。はっきりと言ってしまうと、出版社の中には文学をきちんと理解している出版社と、全然理解していない出版社があり、そういうことはその出版社の規模には全く関係ないということだ。

 俺としては現在、日本の出版界を覆っている出版不況をなんとかしたいし、出来ることならベストセラーにしたいし、更に欲を出していえば日本文学史に残るような名作を作りたい。そういう物は売れてナンボの物であって、売れなければそういう変化を引き起こすことはできないのだ。

 通常、「売れ筋を狙う」というのは悪いイメージで捉えられる。しかし売れない小説など、なくてもいい物なのであって、売れるということは、それだけ読者たちが喜んで買ってくれるのであり、作者がそういうことを意識することは絶対に必要なことだと言っていい。

●『アナと雪の女王』をパクリまして

 今年は『アナと雪の女王』が大ヒットしたのだから、これをパクるのは最優先課題とすべきである。ジブリ映画のように大人も子供も見られるアニメ映画にするのではなく、やはりアニメ映画は子供向けに作ってしまった方が大ヒットするものなのである。

 そこで俺が考えたのが。

『アナルと雪の女王』。

 題名に「ル」が入るだけで、印象はガラリと変わる。主題歌は『レリゴー』に対抗して、

『下痢ゴー』。

♪下痢ゴー 下痢ゴー

 今すぐトイレに駆け込むのよ~

 そこはアナルよ~ ウンコよ出ろ

 なんにも怖くないわ~。ブリブリッ

 この小説を作るに当たって、最大の問題となるのが、タマティー本人が下痢をしたことがないということなのである。このため下痢というのがイマイチ良く解らない。しかし下痢をする人はかなりいるのであって、下痢をする人を主人公にすれば、少なくとも下痢をする人たちから熱狂的な支持を得ることができるものなのである。

 ネタを考えた後に悩んでしまったのだが、「雪の女王を一体どこで出すか?」ということなのであって、『アナルと雪の女王』という題名にすると、恐らくウンコをする場所は雪山ということになる。果たしてその極寒の地でウンコが出るのかということになる。

 雪山でウンコをしている最中に、雪の女王が現れ息を吹きかけ、ウンコも肛門も瞬間冷凍にさせてしまう。考えるだけで恐ろしい光景だが、どうやって凍りついたウンコを取り出すかで物語は展開していくことになる。因みに女医の役には現在『ドクターX』で活躍中の米倉涼子に出て貰おう。

●『かぐや姫』をパクりまして

 『かぐや姫』は日本の物語文学の始祖なので、小説を書く以上、この『かぐや姫』を手本にして書くことは絶対に必要である。『かぐや姫』には日本人が小説に対して好む物が大量に含まれているので、それを活かして作ればヒット作間違いなしなのだ。

 そこで考えたのが、

『アソコかぐや姫』。

 『かぐや姫』の前に「アソコ」を付けると、なんとも卑猥な題名になる。これこそ今まで誰もが見落としていた物なのである。「かぐや」とは古代日本語で「輝く」というという意味なのだが、現代の日本語では「嗅ぐ」という意味に捉えられてしまうので、そこで「アソコ」が浮上してくるのである。

 問題は「アソコ」とは一体どこなのかということになる。

 「アソコ」が一体どこか解らないからこそ、この小説は盛り上がることになるのだ。通常は人体のどこかを差すと思うだろうが、<ASOKO原宿店>に行ったことがあるなら、

「ASOKOって。雑貨ストアの事でしょう」

と言うだろうし、麻布十番の居酒屋<あそこ>に行ったことがる人なら、

「あそこって、居酒屋の事でしょう」

と言うことになるのだ。

 因みに、女性を裸にして脇の下を嗅ぐを、どの女性も「キャ~!」と恥ずかしがる。これこそまさに「人生の中で100%役に立たない無駄知識」なのだが、女性という者は脇の下が最大の弱点であるのだ。だから「アソコ」と聞くと、ドキリとしてしまうのである。

 女性の場合、便秘が続くと、股間が「悪臭マンコ」になるから気を付けるべきである。男性は相手が女性である以上、悪臭マンコに関しての発言は控えることになる。しかし余りにも臭いとなると、勇気を出して指摘することになるので、その時は本当に臭いんであって、一刻も早く便秘を解消しなければならない。

●『半沢直樹』をバクりまして

 去年、ドラマで『半沢直樹』がヒットしたので、今時の若い人たちはこういう物を好んでいることがはっきりとした。自分たちの組織の外を攻撃していくのではなく、自分たちの組織の中にある腐敗した物に攻撃する。それだけ多くの若者たちが日本の会社の腐敗を目にしているから、それでこの手のドラマが受けることになる。

 そこで考えたのが、

『半立ち直樹』。

 外では「やられたら倍返しだ!」と言いながら、家では半立ちの男が主人公の物語である。いつも半立ちのため妻から、

「倍返しはどうでもいいから、おチンチンを倍にして!」

と言われてしまう。出来ることなら、この妻役には上戸彩にやって貰いたい。

 しかしこれだと半沢直樹役をやった堺雅人が私生活でも本当に半立ちではないかと誤解されかねない。半立ちの情報が出回ると、次に出回るのは短小の情報である。『半立ち直樹』は決して短小ではない。飽くまでも半立ちなのである。

 そこで誤解のないよう考えたのが、

『半ダース直樹』。

 「やられたら倍返しだ!」と言う半沢直樹が6人もいる。1人でも厄介なのに、6人になると超ウザったい。

別名『6人の半沢直樹』

 嘗て『七人の侍』をパクって『七人のナナ』という漫画があったが、あれの1人欠けたヴァージョンだと思えばいい。

 こうなってくると矢鱈と煩いので、そこで考えたのが、

『フランダース直樹』。

 「ワンワン!」と吠え、「やられたら倍返しだ!」と犬語で言うが、ご主人様から、

「弱い犬ほど良く吠える」

と嗜められてしまう。因みに犬役はソフトバンクのCMに出ている犬ではなく、飽くまでも堺雅人であり、ご主人様役は北小路欽也である。この2人を使うと、何をやっても様になるから面白い。

●そういうことをやっているから取れないんじゃ!

 「アナルと雪の女王』といい、『アソコかぐや姫』といい、『半立ち直樹』といい、碌でもない物しか浮かばない。こういうどう仕様もない小説を作っていると、タマティーのファンたちから、

「そういうことをやっているから取れないんじゃ!」

と叱られてしまうことになる。

 しかし、フフフ、それこそがタマティーの策略なのである。あなたがそう思った瞬間に既にタマティーに食らいついてしまったのである。タマティーには切り札とも言うべき、新たなパクリ小説が存在している。それは!

『愛と青春の旅立ち』をパクりまして

『愛と青春の朝立ち』。

 漢字一文字変えるだけで、内容はがらりと変わる。こうなってくると、旅立ちの話ではなく、朝立ちの話になる。この小説は、男が朝立ちしながら女を迎えに行き、お姫様だっこをする際、チンチン1本で支える。やれるもんならやってみろ!

 もしもよりレベルアップしたいのなら、抱っこした女性をその場で回してもいい。「いつもより多く回しております!」とかで言っていれば、最低限の拍手は貰えることであろう。

 あれ? 

 拍手がない。

 もしかしてドン引き?

 もう、全く洒落を理解しないんだから~。こういうおバカなことをしながらも、タマティーはせっせと新たな小説を書いているのだ。今回の小説は執筆スピードをかなり落として、内容の濃い物になるようしている。下読み委員が誰であろうとも、それを突破できるだけの凄い作品を作らないと、第一次選考を通過できないのだ。

 つくづく下読み委員たちがばんちゃんみたいに柔軟な考えを持っていれば、簡単に新人賞を受賞できると思うだが、現実はそうではないので、かなりの苦労をさせられるものだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (11) | トラックバック (0)

女社長の憂鬱

●「うちの子たちの家の中は滅茶苦茶」

 うちの母親の同級生が会社を3つほど所有して経営しているのだが、母親はその女社長に呼ばれて遊びに行った。大いに歓待されて、非常に満足して帰ってきたのだが、その際、ケーキをお土産として貰ってきた。そのケーキが今まで食べたことがないほどに美味しいケーキで、値段のこと云々よりも、そのセンスの素晴らしさに感動してしまった。

 その女社長は美容院の会社を経営しているので、やはりそういう事業で成功を収めた人は食べる物にも拘り、実に美味しい物を食べているというのが良く解った。そのケーキは甘さもほどほどで、見た目も良いので、普通のケーキとはまるで違うのである。

 会社を3つ経営しているといっても、独身を貫いて仕事をしたのではなく、ちゃんと結婚し、子供も3人産み育てながら仕事をしたのであって、仕事も家庭も大成功を収めた女性なのである。尤も子供たちは3人いるのだが、全部女性であり、誰も跡を継ごうとしないために、自分の代で終わらすとのことであった。

 その会社には独身寮があり、独身の美容師たちを住まわしているだが、

「うちの子たちの家の中は滅茶苦茶」

と愚痴を零すほどに汚いらしく、そういうことをやっているから美容師としてもなかなか一人前になれないというのであった。俺はこの話を聞いて、

「仕事で忙しいなら仕方ないよ~。男性は結婚しないと家の中を綺麗にすることはしないもんだよ」

と答えた、しかしどうも俺はこの話を男性の美容師のことか勘違いしていたみたいで、家の中を汚くしているのは、なんと女性の美容師であったことが後に判明した。

 俺の誤解が解けると、なんで女社長の娘たちが誰も跡を継ごうとしないのか、なんとなく解ったような気がする。その女社長にしてみれば、仕事をきちんと行い、家の中も綺麗にするのは当然なのであろうが、それを教えるのが下手糞なのであって、女性の従業員たちは仕事に関してなら女社長の言う通りにしているのだが、生活では全然なっていない。多分、女社長の娘たちも表面的には良い人たちなのだろうが、裏ではだらしない部分があるのであろう。

●仕事の仕方と生活の仕方

 仕事の仕方と生活の仕方は全く関係のないように見えて、実は深い繋がりを持っている。仕事ができる人は生活に於いても整理整頓が行き届き、すぐに必要な物を取り出せるようになっている。しかし仕事ができない人は生活に於いてもゴチャゴチャで、必要な物が一体どこにあるのか解らないのだ。

 だから会社が独身寮を持ち、独身寮に住まわせながら仕事をさせるのなら、まずは独身寮での生活をきちんとさせた上で仕事をさせなければならない。そうやって育てると、仕事ができるようになり、高い成果を産み出して来るようになるのである。

 しかしこれには例外がある。アイデアを必要とする仕事では、家の中、特に書斎の中がゴチャゴチャしていた方がいいアイデアを産み出し易い人たちがいるということだ。「混沌からの創造」ということを書斎の中でやっているので、下手に整理整頓を押し付けるのは危険なのである。

 美容師となると実に微妙である。アイデアを必要とする部分もあるからだ。美容師のコンテストに出場するなら、とにかくアイデアを捻り出さなければならず、そうなれば家の中は滅茶苦茶ということになっても別におかしくはない。家の中を整理整頓してアイデアが出る人なら別に問題はないのだが、そういう人たちだけではないというのもまた事実であろう。

 となれば、女社長としては、この問題は実に深刻な問題だということになる。というのは、家の中を整理整頓できない人は、創造力を必要としない通常の仕事を、きちんとできていない可能性があるからだ。だから独身寮に住み続け、婚期が遅れているということになっているのである。

●女性を雇ったのならいずれは結婚させるのは雇用主の義務

 封建時代では女性を雇ったのなら、その女性を働かせつつ、いずれは結婚相手を手配するというのは雇用主の当然の義務であった、しかし近代的な雇用形態は賃金さえ支払えばいいのであって、女性労働者たちに結婚のことまで面倒をみなくて良くなった。

 しかしこういう物は大企業とかなら良くても、中小企業とかでそれをやってしまうのは実に拙いことになる。女性たちが結婚しなければ労働の質が上がらなくなってしまうからだ。あの女社長の憂鬱はまさにそれなのであって、結婚できない女性たちというのは、どんなに仕事をさせても、やはり一流になることができないのである。

 この問題はその会社の事業に関して問題なだけでなく、女社長の娘たちが後継者になりたがらないということでも問題を発生させている。娘たちはなんで後継者にならないのか、直接に会ったことがないのでその理由は良く解らないが、しかし母親のやっている仕事を見て、母親の会社には病的な要素があると見抜いているからなのであろう。

 女性社員を結婚させてしまった場合、その結婚によって退社する者と、結婚しても仕事を継続する者とに分かれる。結婚によって女性社員数は減少するのであって、それで女性社員たちの質が上がることになるのである。だから女性社員たちが結婚しないということは、この現象が起きないのだから、女性社員たちの質が上がる訳がないのだ。

 結婚退職は女性差別だとフェミニストたちから指摘されるのだが、男性社員たちの方はもっと残酷なのである。出世競争で負けた者たちを退職処分にすることで、男性社員数を減らして行くことになる。20代や30代で転職ならまだ就職先はあるが、40歳を過ぎればまともな就職先は全くないといっても過言ではないのだ。

●後継者を育てない経営は非常に危険である

 美容師の給料がどのような金額か正確な所は解らないのだが、女性が結婚しなくても生活していけるだけの金額を貰っているのだろう。となればその女性社員たちを放置しておけば、本当に結婚しなくなり、会社は行かず後家だらけに新陳代謝が進まないということになってしまう。

 女社長自身は自分の代1代で会社を終えようとしているのだが、会社組織が存在する以上、それでは困るのである。会社の売却先を用意しているならいいが、そういうことは全くしていない。それでは自分の死後、社員たちを路頭に迷わすのかということになってしまう。

 女社長が自分の娘たちを後継者にしないだけでなく、社員たちの中から優秀な者を抜擢して自分の後継者にしようともしない。このため俺はその女社長の事を知れば知るほど、

「無責任な女性だな~」

と思うようになってしまった。男性の社長たちでこういう無責任な人をまず見たことがないからだ。

 恐らく、その女社長は、「自分は仕事を頑張って来たし、妻としても母親としても充分なことをやった」という自負があるのであろう。それを基準に他の若い女性たちを比べてしまえば、どの女性たちも劣って見えてしまうのは当然のことだ。だからといって、その女性たちがダメなのではなく、ダメであるというのなら育てればいいだけのことなのである。

 自分に娘が3人もいるなら、自分の会社で優秀な男性の美容師を引っ張って来て政略結婚させるという手もあった筈だ。自分が男の子を産めなかった以上、そういうことをすべきなのだが、それすらしない。勿論、それは娘たちの自主性を考えてのことなだが、それが会社にとって良いことだとは限らない。

 会社を経営している者なら、後々のことまで考えるのは絶対に必要なことなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »