« 魂の歪み | トップページ | 幸せを10倍呼び込む毎日の所作 »

次期大統領はヒラリー・クリントン

●次期大統領はヒラリー・クリントン

 アメリカ合衆国では第45代大統領を巡って選挙活動が行われるようになったが、既に次期大統領はヒラリー・クリントンという事で決まっている。これはアメリカのユダヤ教徒たちがそう決めたのであって、余程の事情がない限り、必ずそうなる。

 民主主義に洗脳されてしまうと、大統領は大統領選に於いて選出されると思い込んでしまうが、実際には大統領選挙というのはセレモニーに過ぎない。大統領になる人物は既に大分前から決まっているのであって、選挙民たちが決めるのではないのだ。

 ヒラリー・クリントンは宗教的にはメソジストであり、政治的には若い時は共和党支持者であり、その後、民主党支持者に転向した。弁護士をやっている時にビル・クリントンと出会い、結婚し、一女を設ける。そして政治家に転職した。

 ヒラリー・クリントンの経歴は宗教的にも、政治的にも申し分ないのであり、充分に大統領になれる資格をもっている。しかも夫のビルは単なる男性ではなく、ロックフェラーの隠し子なのであって、だからユダヤの連中がヒラリーを買うのである。

 国家という物は如何なる国家に於いても、上り調子にある時には女性が行政権力のトップに就くことはない。現在、アメリカ合衆国は次期覇権国家の中国が台頭し、自分たちの覇権が脅かされているのであって、方向転換を図るためにはどうしても女性の政治家が必要なのである。

●大統領になってはならない人たち

 アメリカ合衆国はフリーメーソンたちによって作られた物であるが、ユダヤ教徒たちは通貨発行権を奪い取る事によって、アメリカ合衆国を支配下に収めてしまった。大統領がユダヤ教徒たちの指名で就任するようになるのはウィルソン大統領あたりからである。

 だからこれ以降、おかしな大統領が多々出現してくる事に成る。例えばフランクリン・ルーズベルトは身体障碍者であり、ジョン・F・ケネディはカトリックであり、ニクソンはクェーカー教徒である。本来では成れる筈のない者たちが成ってしまったのである。

 ビル・クリントンに至っては母子家庭の出身であるとされているが、母子家庭の出身者が大統領に上り詰めるのはどこの先進国であってもないことであろう。しかし背後にユダヤ教徒たちがいれば、こういうことができてしまうのである。

 ヒラリー・クリントンは女性であり、今まで大統領は男性しか就任して来なかった事を考えれば、通常なら当選することはない。だがユダヤ教徒たちが推した大統領候補ということになれば、そんな先例など関係ないのであって、女性であろうがなんだろうが大統領になってしまうのである。

 だから大統領候補たちの個人の信条や能力がどうのこうのを考えるのは全くの無意味なのであり、要はユダヤ教徒たち、正確に言えば国際銀行家になっているユダヤ教徒たちが誰を指名するかが大事なのだ。

●通貨準備制度理事会と国防軍との争い

 ところが近年、ユダヤ教徒たちは急速に力を落としつつある。その最大の理由はユダヤ教徒たちのボスが高齢のために能力を低下させ、それなのにボスの後継者が未だに権力を掌握をしていないために、ユダヤ教徒たちは巧く力を発揮することができなくなってしまった。

 アメリカ合衆国は一見、滅茶苦茶な政策を打っていると思ってしまうのだが、その原因はこれであって、ユダヤ教徒たちがパワーダウンしたことで迷走し始めたのである。しかも今まで押さえつけられてきたプロテスタントたちが反撃を開始し、ユダヤ教徒たちから権力を徐々に奪い返すということをやっている。

 ユダヤ教徒たちは通貨準備制度理事会を完全に押さえ、通貨供給量を制御できる立場にある。プロテスタントたちは主に国防軍を押さえ、戦争をするしないを決める権限を持っている。この2つの勢力が争い合っているのだ。

 このアメリカ合衆国の内部に変化にとばっちりを受けているのが日本である。

 ユダヤ教徒たちにしてみれば、アメリカ合衆国がこれ以上強くなって困る。だから日本を叩いて、アメリカ合衆国の弱体化を図りたい。プロテスタントたちしてみれば、日本で散々伝道したのに、日本人はキリスト教に改宗して来ないので、それで日本を叩く。

 それゆえ日本は共通の敵になってしまった。

 こうなると、ヒラリー・クリントンが大統領になってしまうと、日本とアメリカ合衆国の関係は悪化する可能性がある。ヒラリーはユダヤ教徒たちにもプロテスタントたちにも関係を持つことができるので、それで共通の敵である日本に攻撃を集中するということをやるかもしれない。

●アメリカ合衆国の覇権はオバマ大統領の時に終わった。

 実を言うと、「アメリカ合衆国の覇権は44代大統領の時が最後である」と、神様が最初からそう決めていた。アメリカ合衆国は今現在、圧倒的な軍事力を持っているかもしれないが、覇権を持てる時期はもう終わったのである。

 だから女性を大統領にするのだ。

 アメリカ合衆国の覇権が終われば、次は中国が覇権国家にのし上がって来る可能性がある。中国が覇権を取ってしまえば、日本は独立を維持することが出来なく成る以上、中国が覇権を取ることを絶対に阻止しなければならない。

 日本はアメリカ合衆国との関係を維持し、その関係が下手に悪化する事を防がないと、中国を敵に回してしまえば、非常に厄介なことになってしまう。敵は1つに絞るべきであって、2つも大きな敵を存在させてはならない。

 日本としては初の女性総理を誕生させるという選択肢を用意しておくべきであろう。女性総理が務まるのは、小池百合子しかいない。他の女性政治家たちでは無理であり、女性総理に成れる人材は非常に限られている。

 但し問題はあり、彼女が「結婚していない事」は大きな欠点であろう。女性が結婚しないということは、本当に日本の未来の事を考えた事があるのかという事に成る。結婚して子供たちがいれば、もっとスムーズに首相に成れる筈なのに、結婚しなかったことで足を掬われるかもしれない。

 ヒラリー・クリントンは「隠れフェミニスト」と見られており、こういうフェミニストは自分がフェミニストであると公言している女性たちよりも狂信的にフェミニズムを信奉しているものなのである。そういう相手に男性の首相を出しては成らないのであって、女性の首相を出す事で巧く攻撃をかわすようにすべきなのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 魂の歪み | トップページ | 幸せを10倍呼び込む毎日の所作 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/60090425

この記事へのトラックバック一覧です: 次期大統領はヒラリー・クリントン:

« 魂の歪み | トップページ | 幸せを10倍呼び込む毎日の所作 »