« 漱石の妻から見た夏目漱石 | トップページ | 猛暑だからこそ「熱中症対策」 »

103歳になっても、何も解っていない人

●老人だからといって偉い訳ではない

 10代の時には相手が老人だからといって敬意を表してしまうが、それは一見正しいようで間違っている。老人だからといって偉い訳ではなく、ただ年を取ったバカ者という者は幾らでもいるものだ。思春期という大事な時期に、禄でもない老人たちの意見を聞いてしまえば、自分の人生が巧く行かなく成ってしまうのは当然のことなのである。

 俺の人生経験から言わせて頂くと、男性の場合、仕事で成功している事が絶対条件であり、仕事で成功している人の意見だけを聞き、仕事で成功していない人の意見は聞かない方がいい。だから男子中高生が学校の先生の意見を聞いてしまうと、巧く行かなくなってしまうのである。

 女性なら結婚して、妊娠出産育児を経験した事が絶対条件であり、出来ることなら3人以上生んだ女性の方の意見は傾聴に値する。女性は赤ちゃんを3人生むと、母親として一人前になれるので、それで智慧のある言葉を幾らでも言う事が出来るのである。

 女性は結婚すると、妊娠出産育児のために第一線から退かなければ成らない。当然に収入は減り、生活は苦しく成る。しかしこの時期に生活の質が上昇し、それでレベルアップしていくことができるようになるのだ。

 今回、知り合いの女性作家から、

篠田桃紅著『103歳になってわかったこと』(幻冬舎)

を貰った。題名からして嫌な予感がする。プロフィールを調べてみると、103歳になるまで独身であるというのが解った。結婚していないのに、何を語るかと思いきや、やはり内容は禄でもなかった。

●倒錯話法の連発

 女性は結婚する事によって自立するので、結婚しないということは自立できないという事に成る。確かに美術家として経済的には自立した生活を送っているが、精神的には死んだ両親から全く自立できていない。俺はまるで女学生が書いた文章を読んでいるような気がした。

 作者が自立していないために、この本は倒錯話法の連発であり、言っている事と、やっている事が全然違うというのが解らないと、この作者が一体何を言っているのか全く解らなく成る。日本語で書かれた本なのに、翻訳が必要になる。

「私の死生観はない」

→これは本当に死生観がないのではなく、「私は美術家として生きているが、死ねばそれで終わり」ということであり、死生観をしっかりと持っている。因みに彼女の死生観は禅宗に基づく物であり、禅宗が解ると彼女が何を言っているのか実によく解る。

「百歳はこの世の治外法権」

→だったら犯罪をやってみなと言いたくなるのだが、彼女が言いたい事は、自分が若い頃から美術家として自由に生きて来たし、老齢になれば老齢を理由に約束を破る事も平気になったということであり、本当に治外法権という事はではない。

「いつ死んでもいいは本当か?」

→篠田桃紅に言っておく。これは本当だ。彼女は結婚していないから、そういう間違った考えを持ってしまうだけの事であり、結婚してしまえば自分の妻子が路頭に迷わまないように配慮するのは当然のことなのである。「死を覚悟して生きる事の大切さ」を解っていないからこそ、自分の持てる力を最大限に発揮することができないのだ。

「いい加減はすばらしい」

→だったら自分の作品でやってみなといいたくなる。「画龍点睛」という四字熟語があるように、画家というのは、徹底的に物事を貫き、最後の一打を決め込むからこそ、名作を作り出すことができる。芸術作品はアンバランスこそバランスなのであって、中庸では駄作になってしまうものなのである。

「あなたの人生を枠に収めない」

→篠田桃紅の人生はきっちりと枠に収まってますと言い返しておく。美術家として枠に嵌って生きているではないか? 枠に収まろうが、枠から食み出そうが、それはその人が決める事であり、他人がとやかく言うことではない。もしも他人に何かを言いたいのなら、自分自身、美術家である事を辞め、他の職業に転職すればいい。

●篠田桃紅への運命鑑定

 『103歳でわかったことは』は屑本である。作者は103歳なので、年齢相応に立派な事も言っているが、根本が幼稚であり、何か偉大な真理に到達した人ではない。それなのにこの本は10万部も売れたのだから、日本国民は大丈夫かと心配になってしまう。

①生年月日 大正2年3月28日

 篠田桃紅は寅卯天中殺なので、父親と縁が深いが、母親とは縁がない。事実、父親から書を習い、その後、美術家へと転身している。父親はいつまでも結婚しないこの娘に「結婚するように」と遺言を残して死んだのだが、篠田桃紅はこの遺言を守らなかった。

 母親は意外とバカな人で、結婚しないこの娘に対して「やりたいようにやりなさい」といって、独身を認めてしまった。寅卯天中殺の人は母親の意見を聞いてしまうと、どうしても自分の人生が巧くいかなくなるのであり、結婚しなかったことが最大の失敗である。

 寅卯天中殺の人は結婚を大事にし、子供たちを産み育てる事に生き甲斐を見出す。パワーがあるために結婚と仕事の両立は簡単にできてしまう。有名な所では与謝野晶子がいる。だから結婚しないとなると、夫や子供たちからパワーが得られないので、それで大した仕事はしてこない。

 この運命星の人は長寿であり、和風の物が大好きであり、芸術作品に異常な興味を示す。それゆえ長寿の秘訣など別にないし、外国に行っても日本に戻って来るし、美術家として生きていく事も出来る筈である。

②芸名「篠田桃紅」

 地格は19画なので、見た目以上に心が冷たい。この本を幾ら読んでも愛を感じられないのはそのためである。もう1つの特徴は「根なし草」であり、それでどこの美術団体にも所属せずにやってきたし、外国を放浪するようなことをやった。

 人格は15画なので、みんなでワイワイガヤガヤするのが好き。だから家族がいないのは非常に残念であり、30代から60代を巧く活かせなかった。 この画数は集中力がないので、美術家として生きていくのは無理がある。

 外格は16画なので、穏やかに安定に生きる運命にある。彼女の意見は隠遁した人の意見だと思って聞いた方が無難である。しかしこの画数は突如として幸運に恵まれるので、それで有名な美術館や公共施設に収蔵されたにすぎない。

 総格は42画なので、多才だがどれも一流に達しない。典型的な器用貧乏である。事実、彼女の作品は一流の品ではないという前提で見ると、騙されることなく正しい評価を下すことができる。篠田桃紅からはどう調べても、美術家としての要素は見出せない。

③本名「篠田滿洲子」

 しかし本名となると、事態は一変する。

 地格は26画なので、若い頃からファッションセンスがダサく、婚期を逃し易い。少女時代から服の好みは変わっていないのだから、子供の頃からババ臭い服を着ていたことになる。これでは結婚するのは無理であろう。

 人格は19画なので、30歳以降は日本には縁がなく、外国と縁がある。だから43歳でアメリカに行くと、運が開けたのである。彼女は和風の物を好んでいるが、実は和風モドキであり、中身はアメリカ的な物であるのだ。

 総格は49画なので、晩年は感性が鋭く、芸術方面で大きな仕事をすることになる。本名でなら美術家としての運命が示されているので、本名で仕事をやった方が断然に良かった。芸名を持ってしまったがために、一流の作品を作ることができなくなってしまったのである。

●「人生は1人で面白い」、そんな訳ない!

 芸術家は奇人変人が多いものだが、この篠田桃紅も紛れもなく奇人変人である。しかし普通の芸術家たちのように何か自分の書きたい物があるから書いているのではなく、気が向くままに書いているのであり、これでは「雲水」が芸術家に成ったと考えた方がいい。

 篠田桃紅の言葉で最も気に食わないのが、

「人生は1人でも面白い」

という事であり、これに対して俺は、

「そんな訳ないだろうが!」

と反論したくなる。人間は誰しも1人では生きていけないいのであって、必ず誰かの手助けを必要とする。芸術家は自分の作品を買ってくれる人たちがいて初めて仕事として成り立つ。それなのに彼女は全くそれが見えていないのだ。

 人間は自分1人でも楽しむ事が出来るが、それは長く続かず、いずれ人が恋しくなる。人間はこの世に生きている以上、様々な人たちの影響を受ける。「これが自分だ」と幾ら思っても、自分は変化していくし、他人との関係を断ち切った状態で存在しえない。

 篠田桃紅は身内が全員病死してしまったので、自然に対しては謙虚でいる。しかし人間に対してとか、世間に対してとかには、全く謙虚ではないのだ。

「よくぞそこまで傲慢になることができるな」

というのがこの本を読んだ俺の感想である。

 自由というのは飽くまでも「法の下の自由」なのであって、法の支配を認めずして自由を追い求めたとしても、結局、人生のなんたるを知らず、自分が本当にしなければ成らない事を何もせずに年老いてしまう。

 それにしてもなんでこんな屑本を知り合いの女性作家が寄越してきたのか疑問に思って訊いた所、

「あの本、出版社から貰ったんだけど、詰まらなかったから捨てようと思ったの。でもベストセラーになっているから、捨てるに忍びず、それで上げたの」

との答え。

 屑本と解っているのならとっとと捨てろ。幾らベストセラーになっても屑本は屑本だよ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 漱石の妻から見た夏目漱石 | トップページ | 猛暑だからこそ「熱中症対策」 »

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、こんばんは。
たて続けにすみません…^_^;

安産スッポン運動の記事をみました。ウォーキングの他にも家でできる体操を探していたので、とても為になりました。ありがとうございます。
6ヶ月から始めようと思います♪

私、数年前に頬骨の一番高い所にシミができてしまい、今回のつわり中の不摂生でかその周りにも新たなシミがうっすらできてきた気がします。
鏡をみるたびに気になります…。
お金を払ってまでとる気はないですが^_^;
できてしまったシミは消えないと聞きますが、何かいい方法はありますか?

あと、断食にも興味が湧き、紹介されていた「3日食べなきゃ、7割治る」の本を注文しました。
読むのが楽しみです♪
2歳7ヶ月の息子がいるのですが、子どもの場合は朝ごはんをすぐに食べさせた方がいいのでしょうか?
大人と同じように、排便が済んでから、フルーツジュースや果物を与える方がいいのかと気になりました。

投稿: りいみ | 2015年7月20日 (月) 23時15分

りいみさん、そこは女性にとってシミが最も出来易い場所なんですよ。crying

とにかく化粧をしないようにする事。する時は薄化粧にする。
化粧品は安全な物を使用する事。
早寝を心がける。午後10時までには就寝する事。

軽いシミなら糠パックが効きます。これをやると肌は艶々になりますよ。
大きな物というか、根深い物なら、美容整形を受ければいい。超音波で治せる物があります。

幼児の場合、前日の食事が良ければ、起床した後すぐにウンチが出るものですよ。
子供も朝ごはんよりもフルーツジュースの方がいいです。

気を付けるべきは、子供には清涼飲料水を与えないようにすることです。清涼飲料水を飲むと飯を食わなく成るので。」
「ウチには清涼飲料水はない」と言い切るぐらいでないと拙いです。

投稿: タマティー | 2015年7月21日 (火) 05時31分

タマティーさん、ありがとうございます(>__<)
母親として子ども、旦那の為に食事を改善していきます。

ありがとうございました。

投稿: りいみ | 2015年7月21日 (火) 05時56分

タマティーさん、こんばんは。
以前、何度かコメントさせて頂いた、なつと申します。

記事と関係なくて申し訳ないのですが、
タマティーさんにまたアドバイス頂きたいのです。

今日は実家に来ていました。
皆で車で出かけようとしていて、
2歳の次女が車に乗りかけていたところ、
後ろから出てきた車の邪魔になると思った父が発進してしまい、
引きずられて転んで、足首から下をタイヤに挟まれてしまいました。
救急で運ばれてレントゲンをとりましたが、
幸い骨折はなく、内出血だけですみました。

不幸中の幸いで本当に良かったのですが、
立つけど、痛くて歩けない状態で、かわいそうです。
次女には1歳のとき、私の不注意で痕が残る火傷をさせてしまったこともあり、
またケガをさせてしまって、なんだか不安なのです。

私は、昨年と今年は天中殺にあたるのですが、
そのせいでしょうか?
実は今、第三子妊娠中なのですが、
出産して来年になると、運命はよくなってくるでしょうか?

アドバイス頂けると有難いです。
よろしくお願い致します。

投稿: なつ | 2015年7月26日 (日) 23時01分

なつさん、大変でしたね。こんな猛暑の中、痛すぎる~ゥ。crying

まずお父さんが余りに不注意すぎです。
孫への思いやりのなさが、こういう事に出てきます。
子供を車に乗せる時は、本当に注意した方がいい。

それと天中殺の時には、身代わりによる負傷も発生しますので、本来なら母親に起こる災厄が、娘に発生することがあります。
天中殺はできるだけ自分を殺すように心掛けないと、こういう事故が発生します。

天中殺を抜けると、運気は良く成ります。
しかも四の結界を脱するので、更に運気が良く成ります。

投稿: タマティー | 2015年7月27日 (月) 06時13分

早速のお返事ありがとうございました!!
不安なとき、タマティーさんに話を聞いてもらえると、
前向きなアドバイスを頂けるので、安心します!

次女は、時々、痛いと言いながらも、
足を引きずりながら、自分で少し歩くようになったので、
ほっとしています。

父は、年々、せっかちなのが酷くなっている気がします。。。
自分も普段、運転するので、改めて気をつけます!

来年から運気が良くなることを期待して、
今年中は、謙虚に育児頑張ります!
ありがとうございました!!
毎日本当に暑いですが、お体に気をつけて下さいね。

投稿: なつ | 2015年7月27日 (月) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/60759319

この記事へのトラックバック一覧です: 103歳になっても、何も解っていない人:

« 漱石の妻から見た夏目漱石 | トップページ | 猛暑だからこそ「熱中症対策」 »