« 一体何が「ゲス不倫」? | トップページ | 只今『ベルサイユのばら』に嵌っております »

母親への誕生日プレゼント事件

●父親の死から3年
 
 父親の死から3年経って、母親は誕生日を迎えた。誕生日ではいつも祝っているのだが、服喪という訳ではないが、誕生日プレゼントを贈る事は控えていた。父親が死んでから様々な事が変わったので、そちらの方が忙しく、誕生日プレゼントを贈る気持ちすら起こらなくなったという方が本音かもしれない。
 
 しかし今回の誕生日では誕生日プレゼントを贈る気になった。そこで或る人に相談したら、
「女性は幾つになってもスカーフや帽子や洋服といった物ならなんでも喜ぶものよ」
と教えれたので、それで今回は、
「スカーフ」
を贈る事に決めた。
 
 ところが母親の親友が誕生日の直前になって洋服を贈り、その洋服に対して母親は、
「柄がちょっとね~」
とケチをつけていたから、急遽、変更する事にした。柄の好みは人それぞれなので、息子の俺がいいと思った物でも、必ずしも喜んでくれるとは限らないからだ。
 
 そこで俺は、
「ティーポット」
を贈る事に決めた。我が家にはティーポットがなく、母親は、
「ティーポットが欲しいわね~」
と言っていたからだ。ティーポットなら喜んでくれる筈である。
 
●ティーポットを探しまくり
 
 ティーポットを探すのに、半日用意した。ティーポットにも好みが存在するのであって、一発で探し当てる事は出来ない。時間をかけて探し出さないと、いい物を見つけ出す事は出来ないのだ。予算は5千円である。費用が高ければいいという物ではない。手頃の値段だからこそ喜ばれる物なのである。
 
 まずはユーズドショップに行った。店に入るとすぐに、1万5千円の品が4700円で売られているティーポットがあった。消費税を入れると予算を少しオーバーしてしまうが、許容範囲内であろう。しかし絵がダサい。しかも取っ手が掴みにくい。これではダメであり、俺は他の物を探した。
 
 陳列棚を一巡して戻って来ると、なんと最初に目を付けていた物がもうなかった。売れてしまったのであろう。実に残念な事だが、
「これは神様がここでは買うな」
と言っているのだと思い、他の店に行く事にした。
 
 しかし散々探しまくっても見つからなかった。そこで、
「100円ショップに茶器が売っていたな~」
と思い出し、それで100円ショップに行く事にした。するとこれまたすぐさま300円でティーポットが売られてのを見つけ、無地なのではあるが、そのデザインが実に良かった。
 
 因みにこのティーポットがはタイ製で、タイは紅茶を飲むので、それでこんなにも出来のいい物が作られていたのである。中国では中国茶を飲むために、中国茶用の茶器はあっても、紅茶用の茶器で出来のいい物はないのだ。これは日本も同じで、日本だと緑茶か珈琲を好んで飲むので、紅茶用の茶器には物凄く弱い。
 
 俺は滅多な事では100円ショップに行かないので、レジでティーポットを買うと、店員が、
「新聞をどうぞ」
と勧めてくれたのだが、100円ショップは商品を買った人に無料で今日の新聞をくれるのだ思い、感激してしまった。
 
 ところが貰った新聞はかなり前の物であり、しかも1枚1枚に切り取られている。なんてことはない。これは茶器を包むための包装紙であり、自分でティーポットをその新聞紙で包めという事なのである。100円ショップはお客が多いので、普通の店のように店員が包んでいる閑などないのだ。
 
●思わぬ失敗
 
 自宅に買って来ると、まずはティーポットの底に張られていたシールを剥した。電子レンジにも耐えられますとか書いてあったのだが、そういうシールは無粋であり、贈る前に剥しておいた方がいい。その上でティーポットを包装紙で包み、見事、誕生日プレゼントが出来上がった。後はバレないように隠しておいた。
 
 いざ誕生日当日になったのだが、肝腎のケーキを買い忘れた。我が家では誕生日ケーキは必ず手作りであり、ケーキ屋で出来上がったケーキを買う事はない。但しスポンジは買う。しかしそのスポンジを間違え、デニッシュを買ってきてしまった。とはいっても丸い形をしているので、それでも良しとした。
 
 デニッシュでケーキを作ると、それは「巨大な生シュークリーム」であり、実に美味であった。だがこの味は若者向けで、母親には多少きつすぎたらしい。デニッシュはバターの味が強いのだが、それを嫌ったのである。それでも全部食べたのだから、不味くて食えない物ではなかったのだ。
 
 母親は今回の誕生日プレゼントはなしと思っていたのだが、俺が誕生日プレゼントを贈ると、さすがに喜んだ。すぐさま包みを開けると。
「何これ! へ~、ティーポット! いいじゃない。300円」
と行き成り値段を当てやがった。
(母親は凄いな~)
と思ったら、なんて事はない。値札を外し忘れたのである。最後の最後で大失態を仕出かしてしまった。
 
 今回の誕生日プレゼントで最大の欠点はなんといっても、
「値段」
なのである。値段は300円である以上、この値段がバレるのが一番拙い。値段を知られてしまえば、なんてチャチな物を贈ったと思われてしまうからだ。でも品はいいのだ。散々探し回った挙句、俺はそれを選んだのであり、これは値段の問題ではないのである。
 
●商品の価値って一体何?
 
今回の誕生日プレゼントで
「商品の価値って一体何?」
と考え込んでしまった。値段なんてあってなきが如しであり、消費者に買われない限り、商品は価値を有しない。
 
 この問題はアダム・スミスが提議し、カール・マルクスが労働価値説を完成させる事で、その答えを導き出したのだが、社会主義国は労働価値説で経済を運営したら全く巧く行かず、社会主義国自体が「労働価値説は完全に間違っている」という結論を下す事に成ってしまった。
 
 まず労働価値説は理論的にも現実的にも絶対に成立しない。生産者が如何に労働を投入しようが、そんな事は消費者にとって関係ない事である。確かに商品は労働なくして出来き上がる事はない。だからといって商品の価値は労働価値で測れる物ではないのだ。消費者の側から見れば「使用価値」を取らざる得ない。かといってこれも正しいとは言えない。
 
「商品の価値は市場価値である」
 
 そう答えるしかない。商品は高価だからといって良い物とは限らない。ユーズドショップで売られていた物はまさにそれで、確かに値段は高いのだが、その商品を買った者は価値がないと思ったからこそユーズドショップに持っていき、店の方は格安の値段でそれを買い取って定価よりも値段を引き下げた上で売っていたにすぎない。
 
 俺は100円ショップで値段こそ安いが、
「この商品にこそ価値がある」
と判断して買ったのである。100円ショップの方は人件費の安いタイで作った以上、安価で売っても充分に利益は出る。買った俺の方も利益が発生しているのだから、それで取引は成立するのである。
 
 商品という物は売れなければゴミ同然の代物なのであり、売れるからこそ価値を有するに過ぎない。こんな事、商売をやればすぐに解るというのに、経済学者たちは自分で商売した事がないから、出鱈目な事を言っているに過ぎないのだ。

|

« 一体何が「ゲス不倫」? | トップページ | 只今『ベルサイユのばら』に嵌っております »

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティー様
大変ご無沙汰しております。
先日は主人の鬱の件、本当にありがとうございました。
アドバイス通りじゃがいもや卵を食べさせたり、お年玉にあったように赤いマフラーをプレゼントしました。
合格発表はまだですが
悪くない成績で終われたようで、感謝しております。
今は何事もなかったかのように元気です。

セルフ試練こんまり流片付け、本日ついに、やっと終了致しました!!!
おととし初めてこんまりさんの本を読んで、かなり片付けたつもりだったのですが、甘かったようです。
ときめかないものがたくさん出てきました…。
安いから購入したり、高かったから手元に残したものが多く、
お金に囚われてるんだなーと恥ずかしくなりました。
息子が半日かけて探し回ったティーポット…間違いなくときめきそうです(o^^o)

投稿: のんの | 2016年2月22日 (月) 23時53分

タマティーさん、こんにちわ。
ブログおもしろいですね、毎日
今日は更新されてるかな?と見るのが日課になっています。

ところで、運命鑑定?は私でもして頂けるのでしょうか?
もう、なんだかんだで色々と迷ったりしてましてどうすればいいんだろうと思っております。
よろしくお願いします。

投稿: たまこ | 2016年2月23日 (火) 17時14分

たまこさん、今回の誕生日プレゼント、色々と問題がありまして、第二弾がありますので乞うご期待。happy01

運命鑑定を受けたいのなら、試練が必要なので、今は「セルフ試練」になっているから、自分で考えてやってみて下さい。

投稿: タマティー | 2016年2月23日 (火) 18時37分

のんのさん、1つだけ質問があります。happy01

「旦那さんとの出会いと結婚に至るまでの過程を教えて下さい」

投稿: タマティー | 2016年2月23日 (火) 18時41分

のんのさん、まあ、とにかく別れなくて良かったですね。happy01

それでは運命鑑定行きますね!happy01

まずは、
「絶対に仕事を辞めるべからず」
です。
のんのさんは活動的なので、家事や育児をするだけでなく、外に出て仕事をしていないと、運勢がおかしく成ってしまいます。
仕事は収入を確保するとかではなく、自分が何かしらの仕事をしていないと、窒息死してしまうと思って、気楽にやる事です。

次に旦那さんの大学院進学希望は、
「どうぞご自由におやんなさい!}
と牛を放牧でもする感じで対応した方がいいです。
のんのさんにとって旦那さんは、
「この人、一体何考えてんの?」
と思ってしまうほど、訳の解らない行動を取ってきます。
そういう性格なのであって、結婚している以上、それに付き合っていけばいいだけの話です。

のんのさん夫婦の相性は、
「結婚生活が落ち着いてしまうとダメになってしまう」
というものなので、夫婦が別居して暮らした方が逆に巧く行きます。
普通の夫婦とは全く違う人生を送る事に成るので、その点は覚悟しておいて下さい。

天中殺で交際を開始したり、子供を産んだりとしているのですが、夫婦のどちらかの天中殺の時になんらかの変化があるってのが特徴ですね。
旦那さんはのんのさんと交際して人生が変わったし、次男が生まれた事でまた旦那さんの人生が変わって行くので、この天中殺はいい方向で処理しているので、なんの問題もありません。

四の結界は他の人たちが同居していれば、かなり緩和されます。
但し、早目に三人目を産んでしまった方がいい。
両親と雖も、いつまでも生きている訳ではないので。

習い事は運命星や名前から考えると。
「芸術」
関係の方ですかね。
尤ものんのさんにその手の才能があればの話なんですが。

息子さんたちは2人とも、
「自分の世界」
という物を強力に作り上げてくるので、それを壊さないようにして下さい。
かなり変わった子育ての方が巧く行きます。

三人目が欲しいのなら、早くに産んだ方がいい。
当分、天中殺はないので、授乳が終われば、簡単に妊娠できる事でしょう。

投稿: タマティー | 2016年2月24日 (水) 05時29分

タマティーさんおはようございます。
さっそく私の試練ですが、本気でスクワット100回する!(途中休憩あり)でいかがでしょうか?

投稿: たまこ | 2016年2月24日 (水) 09時06分

たまこさん、本当に試練をやる気ある~?weep

その試練をやったのなら、毎日30回の腹筋をすべし。

やると決めたのなら、家族全員の名前と生年月日、結婚した年月日、それに占って欲しい事を書いて送って下さい。

投稿: タマティー | 2016年2月24日 (水) 16時34分

タマティーさん、わかりました腹筋も毎日やります30回(^_^;)
あの〜どこに送ったらいいのですか?
タマティーさんのメールのアドレスがわかりません。
コメント欄ではないですよね?

投稿: たまこ | 2016年2月24日 (水) 21時49分

今年来年、夫婦で天中殺です。
義母も天中殺です。
子供は今年6歳と3歳になります。子供も厄年のような。。。?!
タマティーさんのブログを読んでいると、天中殺ってとても良くないもののようで、天中殺におこなったことは後で裏目に出るような。。。?!
タマティーさん、天中殺の時期の過ごし方を教えて下さい。
私は何事もなく、平和に過ごしたいです。
天中殺の時にやった方がいいことや、やってはいけないことなどありますか?
あと、天中殺の時に知り合ってお友達になった場合、うまくいきますかね?
天中殺の時はお仕事はうまくいきますか?
新規担当になった仕事って天中殺でも大丈夫でしょうか?
天中殺、コワイです( ;´Д`)

投稿: ことこと | 2016年2月25日 (木) 01時41分

たまこさん、こちらです。happy01
非公開にしますので、安心して下さい。

投稿: タマティー | 2016年2月25日 (木) 06時15分

ことことさん、夫婦で天中殺なら、相殺されて、それほどでもないです。happy01
但し、天中殺の時期は普段では考えられない事も起こります。

例えば友達が出来ても、それによって新しい道が開けたり、逆にその友達が悪友のためにとんでもない事件に巻き込まれたり。

仕事も同じで。その仕事をする事で新展開が起こったり。逆にその仕事のために心身を壊したり、今の職を辞めたりしなければならなくなったりします。

天中殺の時期にしない方がいいのは、結婚とか、就職とか、起業とかです。
した方がいいのは、墓参りとか、神社仏閣に参拝する事です。

投稿: タマティー | 2016年2月25日 (木) 06時18分

タマティー様
お忙しいところ運命鑑定ありがとうございました!!
たくさんの質問に丁寧に答えていただき感謝です。

まず別れなくてよかったというのが意外でした。

普通の生活とか普通の家族の在り方に縛られていて
今の環境を苦々しく思っていましたが、そういう運命なのですね。鑑定を受け心が軽くなりました。

質問したいことがいくつかあるのですがまずは御礼をさせてください。
本当にありがとうございます。

投稿: のんの | 2016年2月25日 (木) 11時44分

たまこさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01


まず、
「養子に行くのは絶対にやめましょう」
という事です。
たまこさんは天中殺のド真ん中で結婚しているので、本来ならこの結婚は絶対に持たない筈です。
しかしそれが離婚せずに済んだのは、たまこさんが実家を出たからです。
実家はたまこさんが出て行く事で事実上「絶家」になったので、それが天中殺の威力を消滅させてしまったんです。

もしも無理矢理に養子に行けば、この結婚はダメになるだけではなく、夫婦のどちからが死にます。

一昨年の病気は「厄年」の成せる災厄だと思います。
病気が深刻にならなかったのは、天理教の指導が効いたのでしょう。
しかしその後に不思議な現象が起こったのだから、この指導は余りにも中途半端です。

旦那さんの名前が「満ちて広がる」という意味なので、息子たち三人は手放すべきではないでしょう。
3人いないと、満ちて広がりませんから。

但し、4人目の子を最初から養子に出すと決めて妊娠出産するなら、それは良いという事になります。
これは夫婦が本当に理解して行わなければ成らず、本当に理解していないなら、赤ちゃんは出来ないし、出来たとしても巧く育ちません。

年齢的にチャンスは「今年」と「来年」しかなく、ダウン症の子を産まないように、低温期には禁欲して、生理が終わって1週間後にセックスするようにすればいいでしょう。

出産後は後で問題が起こらぬように、早々と養子に出してしまい、自分たち夫婦が育てているけど、実父の子として育てるというようにしなければならないです。
養育費に関して、多少なりとも実父から出して貰いましょう。
別にそういう物は要らないんだけど、形式的にも貰っておくと、変な災いは起こらなくなります。

もしも子供が出来ないなら、その時は早々と諦めた方がいい。
もう3人いるんだから、それで充分でしょう。
実家は絶家にしてしまった方がいい。どうせ一旦家運が尽きたんだから。


後、たまこさんは子供たちに手がかからなくなったら、「宗教の道」に進んで、何かしらの大役を得る事になるでしょう。
それが天理教なのか、そうではないかは解らないけど、とにかく宗教の道に進む事になります。

投稿: タマティー | 2016年2月26日 (金) 05時57分

たまこさん、養子に行くのは非常に危険なので、絶対にやめましょう。

女の子を1人しか生まず、それを嫁入りさせたんだから、その時点で事実上絶家なんですよ。
絶家が嫌なら嫁がせなければ良かったんです。
養子に入ってしまうと、離婚していなくても出戻り扱いになってしまうので、拙いですよ、これは。

それこそ、神様に祈って、男の子を望みましょう!
別に女の子でも構わないですよ。

たまこさんには「人を助けてしまう力」があるんです。
今は息子たち3人がいるから、そちらの方にエネルギーが向かっているけど、息子たちが一人立ちしてしまえば、家族以外の人たちに向けざるを得ないですよ。

「不安神経障害」だって、これは昔なら、
「巫病」
と言われるような物であって、民間巫女たちはこの病気に罹った後、修行して、民間巫女になった訳ですよ。
沖縄県では「カミダーリ」という事で、巫病がちゃんと残っていて、それを経た人だけが「ユタ」になって、人々を救う訳です。

天理教は教祖が巫病を発症して教団を作ったのだから、暇がある時に、教祖の伝記や「おふでさき」「みかぐらうた」「おさしず」とか読んでみる事ですな。

旦那さんの賛成反対とかが問題ではなく、
「自分の中にある特殊能力に目覚めるか目覚めないか」
が問題なのであって、目覚めてしまえば、宗教の道に行ってしまうし、目覚めなければ、普通の人生を歩むだけの事です。

運命星にも、名前にも、宗教家になるという暗示が出ていますので、その事だけは知っておいた方がいいでしょう。

happy01

投稿: タマティー | 2016年2月26日 (金) 17時16分

タマティーさんありがとうございます!
大変参考になりました。
どうしようかかなり迷っていたから、聞けてよかったです!

そうそう、私は困ってる人を見るとほっとけないんです。常に誰かに相談されてますからその人がいい方向にいくようにといつもその人の事をおもっています。役に立っていればいいのですが…。話すことだけでスッキリする時もあるでしょうから私を頼ってくれているという事はありがたい事ですね。

天理教の事もよくお分かりになってらしてびっくりしました。天理教では陽気暮らしという教えですから、毎日を楽しく明るく陽気に暮らさないといけませんね。

タマティーさんありがとうございました。

それから一つ前のコメントは名前が出ちゃってますので消去していただけないでしょうか?慌てて書き込んだ私がいけないのですが…。すみませんお手間かけてしまって

投稿: たまこ | 2016年2月26日 (金) 19時37分

まるさん、大丈夫ですって!happy01
今からバクバク食えばいいだけの事です。
自分が食べたいと思ったのは躊躇なく食べた方がいいですよ。
但しお菓子は除きます。

現在、「四の結界」が張られ、それを間もなく突破するので、こういう事件も起こります。
1人で全部背負い込むより、夫婦で話し合って決めていった方がいいです。

投稿: タマティー | 2016年2月29日 (月) 16時34分

まるさん、〆鯖。happy01
タマティーも大好きです。

今回の病気は霊的な物だから、先祖祭祀をきちんと行う事ですね。

その病気は現代の医学では治らないから。
多分、体は冷えていると思うから、温泉にでも連れて行って、体を温めた方がいいですよ。

投稿: タマティー | 2016年3月 1日 (火) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/64023183

この記事へのトラックバック一覧です: 母親への誕生日プレゼント事件:

« 一体何が「ゲス不倫」? | トップページ | 只今『ベルサイユのばら』に嵌っております »