« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

さらさんへの運命鑑定

さらさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
・夫婦の相性
さらさん夫婦は夫婦というより親子のような関係になってしまいます。
年齢差があるので、旦那さんは必ずそのような付き合い方をしてくるし、さらさん自身そうする事でしょう。
だから三歩下がるというより、頭を一個分下げるというようにした方がいい。
夫婦が対等な関係になってしまうと、旦那さんにとって結婚するのが苦痛になってきてしまいます。
 
・旦那の仕事運
現在雇われて料理人をしていますが、拘束時間が長く体力的にきついのと雇い主とそりが合わず、長く続けることは難しいようで、前からペンション経営をしたいと言っているのですが、応援すべきでしょうか。
 年齢的にもう夜間の仕事はきついですよ。体力が持たないというのなら、今の内に辞めた方がいいです。
 ペンション経営をしたいのなら、それを尊重してもいいでしょう。
 しかしペンション経営は今の仕事以上に労働時間が長いですよ。
 料理人である以上、レストランで勝負した方がいいと思います。
 
・さらの適職
 専業主婦です。
 さらさんの名前は家庭に収まっているのなら、男性並みに高い能力を持てるのですが、家庭を蔑ろにして仕事をすると、禄でもない女性になってしまいます。
 旦那さんが退職したがっている以上、今後の仕事は旦那さんの仕事をサポートする事になるんじゃないかな?
 
・家族の健康運
 旦那さんの健康運には不安があります。
 仕事柄、美味しい物を食べるので、普段の食事は質素な物にしたり、断食したりしないと、早目に死んでしまう事に成るでしょう。
 さらさんや子供たちの健康運は大丈夫です。
 
●タマティーからのアドバイス
 さらさん夫婦はどちらも子沢山の星を持っていないのですが、旦那さんは赤ちゃんが大好きで、さらさんは子供たちからパワーを貰う事が出来、それで子供を多く作っていってしまう可能性があります。
 子供は3人いるので、もう充分な数なのですが、今後、もっと増えるかもしれません。
 子供の数が多いと、独立した時に仕事をやる意欲が非常に高まるし、成功する確率も高く成る事でしょう。
 
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ちよこさんへの運命鑑定

ちよこさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
🏠住居について
双子が産まれることもあり、今よりも子育てしやすい環境へ引越たいのですが、タイミングとしていかがでしょうか?私の厄年が来年からですが大丈夫でしょうか?もしくは諦めてこのままアパートに暮らすことにすべきでしょうか?
 
 引っ越すなら今年がいいけど、それ以降は来年ですね。
 嫁入りしたのなら、旦那さんの厄年を優先すべきで、妻の厄年は引越しには関係ないです。
 
 
👪家族と霊線について
第一子をは主人が大好きですがやはり霊線は繋がっているのでしょうか?また第二子第三子となる双子についてはどうなのか気になっています。私が実母に対して昔程で無くともお互い否定する関係でしたので娘を持った場合に同じようなことをしてしまうのでしょうか?家族の健康と幸せの為に私が日々心がけることなどはありますか?
 
 長男の霊線は父親と繋がっています。
 という事は、双子はちよこさんと繋がる事になります。
 母子の相性という物があるので、それを調べないと解らないです。
 美味しい食事を作ると、家族全員が健康になれます。
 
📝仕事について
結婚するまで人生で目標もみつからず苦労が続いていたのですが、主人と出会ってから日々の幸せに感謝して暮らすことができるようになりました。私の価値は主人と子供の他にないと思うくらいですが、子育てがひと段落したら働けたらとも考えており、その場合に適正などあればアドバイス頂けたら幸いです。
 
 まずは専業主婦をやった方がいいです。双子を育てながら、仕事をやるってのは無理ですよ。
 ちよこさんは子沢山の星を持っていないけど、子供が沢山いるとパワーを貰えるので、それで非常に強力なパワーを発揮していく事が出来ます。
 だから子供をより多く生んだ方がいいです。子供の数が多ければ、仕事など簡単に出来てしまいます。
 もしも仕事をするなら、適職は「香り」に関係する仕事です。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちぇーさんへの運命鑑定

ちぇーさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01

占って頂きたい事は
・旦那様の運勢(適職、金運など)
常々、職場での人間関係が思わしくないらしく辞めたいと言っています。辞めればと言っても頑張れと言っても『俺の事を考えてない』と怒られてうんざりします。頑張っているけど周りに比べ出世しないのも不満のようです。

 旦那さんは優しいんだけど、突如不機嫌になるので、ちぇーさんとしては扱いが実に厄介な物となります。

 出世を急ぐより、自分がすべき事をきちんとするようにした方がいい。30歳以降、急速に出世する事はありえず、地道な仕事をする事が要求されています。

 

・息子との関わり方
私も旦那様も息子を溺愛しています。でも、私共が未熟なせいで怒ってばかり…。どう育てるのがこの子にとって良いのでしょうか。そろそろ2歳半なので習い事(水泳)をと思っています。

 ちぇーさんは自分本位でしか物事を見ないで、それで息子に対して怒ってしまいます。息子と雖も自分の想い通りにやってくれるとは限らないから。

 旦那さんは息子に甘いので、甘さだけでは息子を育てる事は出来ませんよ。もっと職場で鍛えられる必要性があります。

 競争できる場所に送り込むと、切磋琢磨するようになり、それで猛スピードで成長していくようになるでしょう。

・お腹の子の名前

名前は胎児が教えたくれた物を最優先した方がいいです。

漢字はどちらでもいいです。強いて言うなら、後者の方がいいでしょう。兄と妹で仲良くする事が出来ます。

・夫婦の相性
本当は子供がいらなかったと言う旦那様。息子の事は可愛がってくれますが、悲しくなります。私が片付けできないからが原因らしいです。旦那様に優しくしたいけど、『俺は疲れてる』と言われるとますます優しくできません。優しくする方法はありますか?

 まずは片づけしましょう。掃除をして家の中を綺麗にしないと、夫婦仲は良く成りませんよ。

 ちぇーさんが優しくするのではなく、旦那さんがちぇーさんに優しくしたいんであって、そこを間違えると、いつも臍曲がりをやってきます。

・子宝について
まずはお腹の子を無事に産むことですが、その後にももちろん欲しいです。しかし子供部屋が2つしかないです。赤ちゃんが来にくいとかありますか?

 子供部屋などあってもなくてもいいです。とにかく子供の数を増やした方がいい。

 というのは、次の出産で「四の結界」が張られるので、家族としては推進力をなくし、家族をどう構築していくかという事になります。

 ちぇーさんは子沢山の星を持って居るので、赤ちゃんはどんどん産んでいくべきでしょう。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

フクママさんへの運命鑑定

フクママさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
●伺いたいことは、主人の会社を私も手伝っています、これから先仕事は安定しておりますでしょうか。共に仕事をしているので夫婦の相性も見ていただきたいです。
 旦那さんは財運が普通程度であっても、組織のトップになる運命にあるので、それで会社の社長は務まります。
 但し、下手に金儲けに走らない事。経理理念や経営計画を持って地道な経営を心掛けるようにしましょう。
 夫婦の相性は旦那さんが一方的に得をする関係で、フクママさんは旦那さんを支え続ける事に成ります。
 会社が大きくなってくれば、公私分離のためにフクママさんが身を引く事も考えておいた方がいいです。
 
●それと、子供達は将来の進路です。まだ中学生なので将来の夢は明確に決まっていませんが、進む方向性や向いている職業などありましたら教えてください。姉妹の仲もお願いします。
 長女には何かしらのスポーツをやらした方がいいでしょう。
 次女は芸能関係に興味を示すかもしれません。
 姉妹の仲は仲がいいんだか、悪いんだか、良く解らない関係でい続けます。
 高校を卒業したら家から追い出し、結婚するまで家に帰ってこないようにさせると、ちゃんと結婚してくれます。
 旦那さんは長女を可愛がるので、もしかしたら長女が女社長になって経営を引き継ぐかもしれませんね。
 
●どうしても私は次女と対立してしまいます(反抗期なのかもしれません)
 フクママさんには芸術的才能があり、次女は繊細な感覚を持って居ます。似ているようで似ていないので、まずそこで対立があります。
 次にフクママさんは大胆なのですが、次女は小心者なので、そこでもまた対立があるので、二重に対立してしまうんです。
 反抗期は誰でも来るものだから反抗して当然なんだけど、フクママさんと次女は性格から来る物なので、相手の性格を良く理解して接した方がいいです。
 
●タマティーからのアドバイス
 現在、「四の結界」が張られているので、フクママさんの家族は殆ど前進していない状態という事になっています。
 「四の結界」を破るためには、もう1人生むべきなんだろうけど、フクママさんの年齢の事を考えると、本当にラストチャンスですね。
 会社の後継者の事を考えると、やはり産んでおいた方がいいかも。
 現時点では長女が後継者候補ですが、長男ができれば、そちらの方に継がせても良く成るので、それで選択肢が増えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

佐々木さんへの運命鑑定

佐々木さん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
●夫婦の相性
佐々木さんの夫婦は、「巨万の富を掴む」事が定められているので、とにかくビジネスに精進して巨万の富を得てしまわなければなりません。
旦那さんは努力家で、如何なる手段を用いても成功しようというあくどさがあります。
佐々木さんは自分の好き勝手な事ばかりしたがるので、それを抑えて、旦那さんの支援に回ると、夫婦関係は巧くでしょう。
 
◎夫が、子供を授かってからというもの、今年中に新築で家を購入したいと毎日言っておりますが(アパートの隣室に騒音のひどい外国の方が引っ越してきてしまった事も一因)、私の本厄と重なってしまう為この時期でも大丈夫か心配です?世帯年収600万で土地・手数料込み2600万の家を考えております。
 とっとと購入しましょう。
 旦那さんは仕事でパワーを使う分、家でリラックスできないと、仕事に支障が出て来ます。
 大体、子供が出来ると、持ち家を持ちたくなる物ですよ。
 本厄でも、厄年を役年に変えれば、逆に巧く行きます。
 
◎妊娠してから、魚が苦手になってしまい、肉や油物が食べたくなってしまいました。今からでも食生活改善は間に合いますでしょうか?万田酵素はほぼ毎日摂っております。また、亜麻仁油を小さじ1を毎日舐めようかと考えているのですが大丈夫でしょうか?
 妊娠すると嗜好の変化が起ります。
 魚はもう充分足りているけど、肉や油物が不足しているのでしょう。
 亜麻仁油は体にいいので、毎日舐めるといいです。
 
◎赤ちゃんを安産で健康に産む為のアドバイスを頂けないでしょうか?
 歩く。歩く。歩く。とにかく歩く。
 寝る。寝る。寝る。とにかく寝る。
 それと病院での出産よりも、助産院での出産をお勧めしますね。初産が肝腎ですよ。
 
◎夫と私の健康運が知りたいです。
 旦那さんは年齢的にいって、食事の回数を減らした方がいいです。
 仕事で頑張るだろうから、夕食に重点を移し、朝食を廃止したり、昼食を軽めにするとかした方がいいでしょう。
 佐々木さんは便秘には要注意。運命学的に便秘に成り易く、それが乳癌や子宮癌を引き起こしてきます。
 起床したら、とにかく排便をし、朝のウンコがないなら、絶対に食べ物を食べないようにした方がいいです。
 
◎夫の仕事運はどうでしょうか?
 仕事運はありまくりです。 
 というか仕事をするために生まれて来たような男性だから、常に仕事が第一で、他の事は二の次。
 できることなら会社を立ち上げた方がいいです。
 
◎現在、6時~9時、16時~21時までの知的障害の方のサポートをする仕事を実父の紹介で行っており、もうすぐ5年たちますが2年間母乳で育てたく仕事を変えたくありません。(仕事中融通が効いて抜け出せたり、昼間ずっと子供といられるので)続けても問題ないでしょうか?
 佐々木さんはそういう仕事をやってしまう運命にあります。
 やっても問題はないですけど、ちゃんと旦那さんに仕事内容を話して、理解を得る事が必要です。
 早朝はともかくとして、帰宅して奥さんがいないってのは、普通の夫婦なら問題ありですよ。
 
◎夫と子供の為に私ができる事は家事、炊事、掃除以外にありますでしょうか?
 身嗜みのチェックでしょうかね。
 靴磨きをして革靴を綺麗にするとか、アイロンをかけたハンカチを持たせるとか、そういう事は仕事が忙しくなってくると疎かになるので、佐々木さんが配慮すると、常に身嗜みが良いという事になり、それが仕事での評価を高める事に成ります。
 
●タマティーからのアドバイス
旦那さんはこれから厄年が来るので、ここでブレイクする事が出来れば、大成功の人生を歩む事に成ります。新築の家もそれ関連の物なので、絶対に購入しましょう。
佐々木さんは30代を妊娠出産育児に充てた方がいい。仕事に重点を置いてしまうと、夫婦がバランスを崩して離婚という事になってしまいます。
佐々木さん夫婦は、夫婦で意見が合ってしまうので、第三者の意見を取り入れる事が必要になってきます。助言してくれる年上の人を持つようにしましょう。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ゆずさんへの運命鑑定

ゆずさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
*夫婦の相性、健康運、運勢
 ゆずさんの夫婦は、「激しい恋愛をしたか否か?」が重要になってきます。話を聞く限り、激愛というほどの物ではないです。   
 但し、運命星では、交際してから結婚するまで長い時間を要するので、それは本当にその通りにやっているので、その点は評価できます。
 
 健康運は旦那さんの方が悪いです。夫婦共々、体重が余りにも軽いのは問題ありで、体重を重くしないと、なんらかの病気に罹ってしまう事でしょう。
 ゆずさんは年齢的に自分の人生の方向転換を図らないといけない時期なので、それが出来るか否かで幸不幸が決まってきます。
 
*適職
 旦那さんは出来る限り、1人でやる職業の方がいいです。
 ゆずさんはその逆で、みんなでわいわいがやがやしながら働ける職場の方がいいでしょう。
 
*子宝について
(去年稽留流産、化学流産、3度目は胎嚢のみで流産しました。
高プロラクチンと言われ西洋薬を飲んでいましたが、今は漢方に切り替えてます。)
今後授かるのかアドバイス含め、教えて頂きたいです。
 
ゆずさんは子沢山の星を持っており、しかも名前は子供たちにエネルギーを注ぐ事に喜びを覚えるようになっています。
それなのに妊娠出来ないという事は、この夫婦の関係に問題が有り過ぎだからです。
 
夫婦が一緒に住むより、夫婦が別々に住んだ方が、妊娠し易くなります。
夫婦が別々に住んでも、ちゃんと通い合えば、離婚する事はないでしょう。
お互い、1人っきりになれる時間が必要なんですよ。
 
ゆずさんの年齢の事を考えると、「離婚」という選択肢もありです。
結婚して4年も経っているのに、子宝に恵まれないという事は、好きな事は好きだけど、そんなにも好きじゃないという事も有り得るので。
妊娠はいつでも出来る物ではないから、時間は大切にした方がいいです。
 
 
●タマティーからのアドバイス
とにかく太りましょう!
ゆずさんは運命星も名前からも太っていて当然なので、それなのにその体重は軽すぎです。
体重が軽いからこそ、不幸が起り易くなってしまうからこそ、出来る限り体重を重くした方がいい。
 
それとゆずさんは何かと神から助けが入る人なので、「神社に参拝しまくる」という事をすると、本当に幸運続きの人生になります。
「百度参り」ってのがあって、同じ神社に毎日百回続けて参拝すると、自分の望みが本当に叶うから、神頼みしまくった方がいいでしょう。
 
 

| | コメント (65) | トラックバック (0)

たたみさんへの運命鑑定

たたみさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
1.両親をクズと思って接しないと、納得いかないです。
一緒にいると私が顔に出るらしく、態度が悪い、と言われる。
母が具合悪いと、ざまあみろ、と思ってしまう。
 
 まず、たたみさんと両親の相性は物凄く悪いです。片方だけなら、まだ話し合う余地はあるんだけど、両親共々だから話し合って理解していくのは非常に難しいです。しかし母親は3人子供を産んでいるので、この点は格上なのであって、たたみさんはとにかく子供の数を増やしていかないと、この母親に潰されてしまいます。
 
 
2.妊娠中に子供が左心低形成と言う病気が判明しました。
2度の手術をし、今は三回目の手術まで、酸素を鼻につけてます。
今後の健康のアドバイスをお願い致します。
 
 心臓の病気は母親の方に葉酸が不足すれば起こります。果物や生野菜の量が空く成ったり、飲酒をしたりすると、葉酸不足になるので、それで成ってしまったのでしょう。
 この病気に関しては治療法が確立しているので、まずは自分で調べ、医者の言う事をよく聞いて、治療を進めていけばいいです。
 宗教的には、自分の目の前にいる大事な人を大切に思わないと、自分の娘がこういう病気に罹ってしまいます。だから旦那さんの事を大事にしましょう。
 
 
3.家族の運勢やアドバイスをお願い致します。
 
夫婦の相性はいいし、結婚した時期もいいので、離婚する事はないでしょう。
娘さんの霊線は父親と繋がっています。
旦那さんは子沢山の星を持っているので、赤ちゃんをどんどん産んで行った方がいいです。
 
4.この先仕事に就きたいが、どんな仕事が向いてますか?
看護師に興味あるのですが。
 
娘さんに深刻な病気がある以上、仕事に就く事は考えない方がいいです。もしも仕事に就いてしまえば、娘さんは死にます。もっと娘さんと向き合わないと。
旦那さんには財産運が充分にあるので、収入の事は心配ないです。
 
5.主人が滑舌わるく、早口で何話してるか聞き取れない、かと言ってあまりしゃべらないし、仕事は、朝5時半に出て帰宅は、23時前後です。
結婚したのが間違いじゃないかと思う時があります。
どうしたら良いですか?
 
旦那さんは見た目以上に頭が悪いです。頭は悪いけど、それなりに物事を考えているし、すべき事はきちんとしてきます。だからバカにしない方がいい。
結婚は間違いじゃないです。夫婦の相性はいいですよ。
夫婦で会話する時間をきちんと設け、聞き取れなかったら、「もう一度、言って」と頼めばいいです。
喋りに問題がある人は、それが改善するまで時間がかかるので、気長に待つ事です。
 
5.第二子は、可能ですか?
 
可能です。
年齢の事を考えると。30代は妊娠出産育児に充てた方がいいです。
第一子に異常が出た以上、食生活を改善しないと、健康な赤ちゃんを産む事はできません。
 
6.家の、目の前が道路で斜め前が交差点なので、車の音、人の話し声が、よく聞こえます、
うるさいため、網戸にしたら家族の話し声も、きこえない環境で早く引っ越したいのですが、一戸建てのローンがあります、
早く引っ越しできるには、どうしたらよいでしょうか?
 
ローンがある以上、二重窓にするとかして、防音するしかないでしょう。
引越ししたいのなら、とにかく家の中を綺麗にする事ですよ。家の中が汚いと、なかなか引越しする機会には恵まれないです。
 
7.母や父は、私のいない場所で主人にわたしへの不満を話しているので、主人も私の事をバカにしている、
ケンカすると、その事を話してきます、
両親も主人も信用できません、
なぜか、私抜きで仲良くしている感じです。
なんか、おかしくないですか?
このまま見過ごせば良いですか?
 
両親の事はもう忘れた方がいい。産み育ててくれた事に感謝して、接触は最低限に控えて、自分たちの家族を形成していった方がいいです。
旦那さんがバカにしてくるのは、たたみさんが旦那さんの事を全く立てていないからで、立ててしまうと、旦那さんの態度はがらりと変わります。
 
●タマティーからのアドバイス
たたみさんは今のままではどうにもならないです。
まずは「身嗜みを良くする」。ファッションセンスが良くなると、運勢も向上していきます。
次に「お香を焚く」。多分、苛立たせる雰囲気を漂わしているので、それをお香で消さないと、すぐに喧嘩になってしまいます。
第三に「音楽を流す」。心を落ち着かせる音楽を流すと、ストレスフリーになり、それで楽に生きて行く事ができます。
逆に言えば、今のたたみさんは服装に問題があり、お香は焚かず、音楽にしてもストレスに成ってしまう物を聞いているって事です。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

はなさんへの運命鑑定

はなさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01

●夫婦の相性について

まず、夫婦の相性はそんなに悪い物ではなく、寧ろ良い方です。

但し、この結婚には幾つかの問題があって、それで離婚に至ってしまいました。

最大の問題は、「はなさんが常に本心を隠して生きている」って事です。これは名前から来る物で、自分が意図していなくてもしてしまうのですが、本心を見せないために、元夫は怒ってしまったのでしょう。

第二の問題点は、「はなさんが結婚によって改姓してしまうと、旦那さんのエネルギーがはなさんに吸い取られ、旦那さんはパワー不足に陥ってしまう」という事です。はなさんがエネルギーを還元すれば良かったので、そういう事をしなかったので、結婚が破綻してしまいました。

第三の問題点は、「旦那さんの実家に先祖祭祀で問題がある」という事で、このために義父は自殺、そして旦那さんは離婚と、立て続けに不幸が続いています。

●墓参りについて

墓参りはしなくていいだろうと思いますが、これが絶対に正しい解答ではないです。

要は、旦那さんの実家がきちんと先祖祭祀を行なっていない事が問題なので、現時点で墓参りをすると、再び霊が憑依してしまう危険性があります。

●夫夫について

返還すべき物は返還しましょう。息子さんの霊線は旦那さんと繋がっているので、それを奪ったというのは罪が重いです。

離婚したとはいえ、相性はそこそこいいので、はなさんは心底嫌いに成る事ができないのでしょう。

●息子について

むすこさんは想像以上に心が冷たいです。物事をドライに考えてくるので、子供と雖も甘やかさないように。大人と思って接した方がいいです。

母子家庭になると、芸術的能力が高まるので、音楽方面に進んだ方がいいと思います。経済力の事を考えると、早目に音楽で食えるようになると、親子共々楽です。

但し、名前が元夫の苗字の方が断然にいいので、芸名としてそちらの名前を使うといいでしょう。

●仕事について

年齢的にもう転職は許されないです。今の職場で何かしらの功績を打ち立てない限り、転職したとしても、どんどん条件は悪化していきます。

はなさんの年齢を考えると、もう責任ある役職には就いていると思うので、もっと普通の人たちが好むような泥臭い仕事をしなさい。企画を百個考えれば、その内、2つか3つは大ヒットに繋がります。とにかく毎日ネタを考えるようにしましょう。

●両親との同居について

子連れで出戻ってきた以上、両親の手助けなくして、子供を育てる事は出来ません。利用できるのなら、利用しましょう。但し。お金の事ははなさんが負担して下さい。

はなさんの母親は、はなさんの運気を安定させるためになくては成らない人で、多少、変わった人なので喧嘩する事もありますが、離れないようにする事です。

●恋愛と再婚について

その男性は決して悪い人ではないのですが、現在のはなさんみたいな女性に手を出そうとする男性は糞みたいな男だから、交際などしない方がいい。まずは仕事で成果を出す事ですよ。

息子さんの事を考えると、再婚はしない方がいいです。もしもしたいのなら、息子さんが巣立った後にした方がいいでしょう。

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

こぴーさんへの運命鑑定

こぴーさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
①家族それぞれの基本的な性格、運勢
 
こぴーさんはよく喋りますが、余り説得力がなく、よく考えてから物を喋らないと、自分の意見は通らない人です。
旦那さんは男らしさのある人で、仕事は出来ます。旦那さんの喋りは説得力がありますが、なぜだか締まりが悪いです。
夫婦の会話には多少の問題があり、放置しておくと、旦那さんの意見だけが通ってしまい、危険な事になってしまいます。
長男は旦那さん似で、次男はこぴーさん似で、夫婦の会話が巧く成り立たる事が必要になってきます。
 
②私と息子たちの適性(習い事、趣味、仕事)
※主人の仕事は上手くいっている
 
こぴーさんは自分がしたい事をやればいいです。自分がしたくない物をやろうとしても長続きはしないでしょう。
息子たちはスポーツをやらせた方がいい。色んなスポーツに触れさせ、その中で気に入った物を集中してやればいい。
 
③夫婦の相性、家族の相性(霊線など)
 
夫婦の相性はいいんですけど、会話に問題があって、今のままでは噛み合わないでしょう。お互いにニックネームを付ける事で、自分を変えた方がいい。
長男の霊線は父親と繋がっており、次男の霊線は母親と繋がっています。
但し、現在、「四の結界」が張られているので、家族として推進力はないです。旦那さんは長男の運気の支援を受けて、どうにか仕事は巧く行っているけど、この状態を長くやってしまうと、長男が潰れてしまう事になります。
 
④子供は何人が理想か。戌亥天中殺は子育てに向かないから、少人数がいいとかネットでみたことがあるので、、。
(帝王切開のため、あと一人までは可。帝王切開のため、次の妊娠まで一年はあけたほうがいいが、そうすると天中殺の年に出産になる)
 
取り敢えず、3人にした方がいいです。子育てに向かない運命星ってのはないです。
第一子と第二子の間隔を当て嵌めると、4年後ですかな?
余りにものんびりな出産ペースですが・・・。
 
⑤居住地は現在のままか、主人の転勤はあるか。
 
それは旦那さんの仕事次第です。
四の結界が張られている時は、転勤になる可能性は高いですし、そのまま居座ってしまうと、事故に遭ったりする事もあります。
 
⑥厄年や天中殺に向けて気を付けたほうがいいこと
 
こぴーさんは結婚しているので、厄年は余り関係ないです。結婚して妻や母親に成る事が「役」ですから。
天中殺は離婚になる可能性があります。これは夫婦の会話が出来ていない事、それと「四の結界」が張られているからです。
こぴーさんは普段真面目であっても、天中殺の時にその真面目さが失われ、不倫してしまう事もあるので、その点は充分気を付けておいた方がいいです。
 
●タマティーからのアドバイス
 
こぴーさんは父親と縁がなく、結婚する事で新たな家族を築き上げていかなければなりません。結婚した以上、実家の事には手を出さないように。
旦那さんは名前が実に良い字なんですが、本人が然るべき努力をしないと、位負けする事になってしまう可能性もあります。旦那さんには仕事に全力を投入させ、家庭の事には出来るだけ手を出さないようにさせた方がいいです。
もしも旦那さんが転勤に成ったら、単身赴任にしてしまうという手もありで、必ずしも家族が一緒にいなければならないという物にしない方がいいでしょう。
 

| | コメント (34) | トラックバック (0)

仏教を研究して解った事 その3

●唱題はなんの役にも立たない
 俺は子供の頃から「日蓮贔屓」で、日蓮宗には期待していたのだが。仏教を研究して解った事は、「唱題」は仏教に於いてなんの役にも立たないという事である。唱題は、
「南無妙法蓮華経」
と唱える事なのだが、原始仏教の段階では、この唱題という物が存在しない。唱題は飽くまでも大乗仏教が起ってきたから出来た物に過ぎない。
 
 仏教で帰依しなければならないのは「三宝」であり、三宝とは「釈迦」「法」「サンガ」の3つを指す。だから法華経がどんなに素晴らしい経典であっても、それに帰依しているようではアウトなのである。今まで唱題が念仏ほど問題に成らなかったのは、法華経は釈迦を奉っているし、法もサンガも尊重しているので、それで唱題した所で、必ずしも仏教の教義に違反するという訳ではないからだ。
 
 それなのに、俺が仏教を研究していく過程で、日蓮宗の僧侶や信者たちが書いた物で、一流の書物は1つもなかった。なんでこんな現象が起こってしまったのかといえば、日蓮宗では法華経を最高経典と過信する余りに、釈迦の教えが一体なんであるかを研究していこうとする意欲が全くないからである。
 
 如何なる宗教にも「教義」と「教義史」という物がある。仏教のように人工宗教の場合、教義に於いて最も重要なのは、「釈迦の教えはなんであるか?」なのであって、それが解らなければどうにもならない。しかし釈迦の教えだけが仏教の教えではなく、釈迦の死後、仏教の教義は発展していくのであって、それを研究していく事もまた大事な研究なのである。
 
 古代日本に伝来したきたのは飽くまでも大乗仏教なのであって、原始仏教ではない。しかも日本の仏教は鎌倉時代に鎌倉仏教が出て来て、「一行選択」という事を行って、念仏とか坐禅とか唱題とかに特化してしまった。だからどの宗派も大乗仏教の中でもほんの少しの事をしか理解していないし、況してや原始仏教の事など全然理解していないのである。
 
●日蓮宗の最大の問題点
 浄土宗や浄土真宗の人たちは阿弥陀如来を信仰しているので、仏教を研究しても必ず嘘ついてくるという特徴がある。もしも仏教の教義をきちんと理解したのなら、どうしても棄教しなければならなくなるから、それが出来ないというのなら、嘘をつく事で自分の宗教心を誤魔化す事に成る。
 
 だから浄土宗や浄土真宗の人たちが書いた書物は注意して読まなければ成らないのだが、しかし日蓮宗の人たちが書いた書物は独特の乗りがあって、途中で読むのを放棄したくなるほどの酷い。俺はなんでこんな書き方をするのか長らく解らなかったのだが、日蓮宗には「三証」という物があって、これこそが読むに堪えないほどの書物にしてしまう最大の原因であるというのが解った。
 
 三証とは「文証」「理証」「現証」の事で、文証とはその主張が仏教的に正しいかどうか経典や論文によって証明する事を言い、理証とはその主張が理論によって仏教的に正しい事を証明する事を言い、現証とはその主張が現実世界に於いて仏教的に正しい事を証明する事を言う。
 
 一見、ご尤もな論法だと思うのが、日蓮宗では三証の内、現証を最も重視するので、それで研究がおかしな方向に突き進んでしまう事に成る。学問の研究では現実を捨象する物なのであって、現実的に正しいか否かを基準にしていれば、研究それ自体ができなく成ってしまうのは当然の事なのである。
 
 三証を学問でやれば、必ず捻じ曲がった結論しか出て来ない。この事に例外は一切ない。解り易い例を挙げれば、福沢諭吉が実学の尊重を唱え、それで慶應義塾大学を作ったのだが、この大学からはまともな学術書も学術論文も一切出て来ない。なぜなら学問には実学と虚学があり、虚学こそが主であり、実学は虚学があれば自然と出て来る物だからである。
 
●大乗仏教は仏教ルネッサンス
 原始仏教は飽くまでも僧侶たちの宗教であり、小乗仏教になって僧侶たちと信者たちの宗教になり、そして大乗仏教によって菩薩たちの宗教へと発展していった。大乗仏教では僧侶と信者との身分格差が解消され、全員「菩薩」であるという事で平等な物に成った。菩薩とは「解脱が約束されている求道者」の事であり、修行に取り組んで行けば、必ず解脱できると考えたのである。
 
 しかし大乗仏教は小乗仏教を完全否定したのではなく、小乗仏教的要素を大量に取り入れる事で、新しい宗教運動としての体裁を整えた。だから大乗仏教は教義的には僧侶という出家者たちが存在しない筈なのに僧侶たちが存在してしまい、それで身分格差を完全に解消するという事が出来なく成ってしまったのである。
 
 原始仏教に於いて、釈迦は出家修行者たちである沙門たちを自分の教団に入会させ、釈迦を教祖を仰がせつつも、僧侶たちはみな平等であるとした。この平等こそ原始仏教を急速に拡大させた要因であったが、とはいっても、その繁栄は釈迦の死後100年で終わってしまい、小乗仏教に成ると身分差別が激しい物に成ってしまった。
 
 大乗仏教はそういう小乗仏教に対して反対して登場してきたのであって、仏教徒たちの平等を再確認する事で、新たなエネルギーを仏教に吹き込んだのである。確かに小乗仏教は原始仏教の教義や戒律を伝えている。だが肝腎な物が抜け落ちているのであって、それゆえ大乗仏教は小乗仏教に異を唱えたのである。
 
 大乗仏教は「仏教ルネッサンス」なのであって、この事が解っていないと、大乗仏教を正しく理解していく事は出来ない。もしも大乗仏教の主張を貫徹しようとするなら、僧侶たちは廃止されるべきなのである。実を言うとこれをやったのが仏教系新興宗教団体であり、「在家仏教」を唱えて、既成仏教を否定したのだ。
 
●なぜ在家仏教は成功するのか?
 在家仏教の殆どが日蓮宗系であるというのは決して偶然ではない。日蓮宗には三証があるので、在家仏教の方は現証を重んじて布教していけば、自然と大量の改宗者たちを獲得する事が出来てしまう。三証は飽くまでも布教で使える物であって、日蓮宗のように既に布教に重点を置かなく成れば、おかしな研究しかしない事に成ってしまい、それで信者たちを喪失して行ってしまうのである。
 
 教団に僧侶たちがいないのなら、その分、人件費を安くする事が出来、信者たちは少ない経済的負担で宗教活動を行っていく事が出来る。日蓮宗でも明治維新以降は、浄土真宗の悪影響を受けて、僧侶たちは出家したと言いながら結婚して妻子を持って居るので、信者たちは僧侶とその妻子の生活費を負担しなければ成らない。だったら脱会して、在家仏教の教団に入会した方が良いという事に成る。
 
 しかし三証は学問の研究にとって有害に成るので、それで在家仏教の教団はどこも大学を作っていない。唯一の例外が創価学会であり、創価学会は創価大学を作る事によって、学問研究を行える道を開いた。尤も創価学会自体、三証の教義を捨てていないので、創価大学の教授たちが「三証は学問研究にとって有害である」と気づかない限り、優れた研究を
行う事は出来ないであろう。
 
 釈迦は出家する事で、世俗の生活を捨ててしまったので、それで仏教の教義を作り出して行く事が出来た。学問でも学者たちが自分の生活の事を捨象するからこそ、まともな研究成果を生み出して行く事が出来るのである。実を言うと、僧侶たちのやっている事と、学者たちのやっている事には共通項があるのであって、だから学者たちの内、仏教徒である者たちの比率は高いのだ。
 
 だが日本の仏教は原始仏教からも大乗仏教からも遠く懸け離れてしまった物であるので、学問研究の邪魔になる教義を切り捨てていかないと、どうしても自分の信仰のためにまともな研究が出来なくなってしまうのである。日本の学問が振るわない原因は、釈迦の教えを解っていないのに、仏教を信仰している事にあると言っていい。
 

| | コメント (30) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »