« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年度、タマティーの超マイナー流行語大賞

2019年度の新語流行語大賞は、なんと、

「ONE TEAM]!

ま、ラグビーブームが強烈だったので、当然でしょう。

「ジャッカル」

「デクラーク」

も忘れられない言葉だ。

 

それでは、2019年度のタマティーの超マイナー流行語大賞のノミネート作品の発表です!

ちなみに、超マイナー流行語とは、タマティーが使用している流行語の事を言う。

 

●「ドラッグエリカ」

沢尻エリカは10年以上前からやっていたといから、多分、やめられないでしょう。

●「闇営業」

ゴールデン番組持っていて、闇営業をやるのは、非常に悪質。

しかしそれ以上に、店名に「午前7時から午後11時まで」を意味する物を使用しながら、夜間にやっているあのコンビニの闇営業はどうする?

●「エモい」

「エモい」とは、「エモーショナル」「感情的な」という意味のギャル語。

「この歌、エモい」

って感じに使う。

「この歌、エロい」

と聞こえてしまう。

●「大コケドラマ」

『いだてん』の事です。

とにかく詰まらない。

大河ドラマはもう1人の脚本家で書くのは無理だと思う。

質が高くなってきているので、5人チームで作るべきであろう。

●「朝ドラAB型枠疑惑」

朝ドラの主演女優はなぜだかAB型

「広瀬すず」「戸田恵梨香」もみんなAB型というのはなぜ?

朝ドラに批判が起こるのは、主演女優がAB型だからだろう。

●「チキンラーメン秘話」

『まんぷく』を見終わった後、安藤百福の伝記を読んだ。

40歳過ぎまで、波乱万丈の人生を送ってきたのだが、40代前半で、久遠寺の僧侶から観音信仰を勧められる。それで奥さんは西国三十三ヵ所観音巡りを行う。

その後、チキンラーメンが大ブレイク。

話が全然違う!

要は観音様の御守護があっての成功。

●「チャラミー」

「チャラミー」とは、「チャラい女子アナ田中瞳」の事を言う。

他の番組だと、チャラさが目立つ。

太った方が断然にいい。浮腫み易い体質じゃないぞ。

「なんでも自信あります」

とチャラミーは言うのだが、こういう女性にはとにかくやらせてみた方がいい。

●「6回ウンコ」

秋頃、「キャベツの千切り」と「ラッキョウ」を食べ捲り、修験道の勉強のために「修験道のお経」をあげたのですが、その際、なんと、ウンコが6回も出た。

ウンコが6回だと、3回目までは実があるけど、残りの3回はちょこっとしか出ない。

一体何が効いたのか、未だに不明。

●「猛暑で密室」

今年の夏は暑かった。猛暑のため、密室にしてクーラーをかけっ放し。

地球温暖化に逆行する悪行。

●「房総台風」「台風連発」

房総台風はまさに暴走台風。

台風連発のため、千葉県に被害が出捲り。

●「脱税芸人」

全く納税していないのだから、もはや「脱税芸」。

よくそういう人物がテレビに出ていたと思う。

●「三十路でセーラー服」

31歳でセーラー服は無理ありすぎ。

戸田恵梨香は本当に色気がない。

 

それでは結果発表!

今年の栄えある超マイナー流行語大賞は、

「チャラミー」!

 

| | コメント (7)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »