ニュース

緊急特集「熊本地震の真相」

●溜めに溜め込んでの大地震
 
『タマティー天使の今年の大予言』では阿蘇山の噴火や阿蘇山周辺で地震が起こる事を予言していたのだが、本当に熊本地震が起こってしまい、阿蘇山も小規模ながら噴火している。俺は「大予言」だけでなく、2月末の段階で関東地方で地震が起こる事を「予知」し、それをコメント欄で伝えていた。
 
 しかし本来なら、関東地方で震度5か震度6程度の物が起こる筈だったのに、地震は一向に起こらなかった。地震雲は千葉県から静岡県まで広がり、しかも形はしっかりとした物だったので、あれで地震が起こらないというのは絶対におかしい。そうこうしている間に、うちの姉が倒れて寝たきりになり、
「地球の磁場が狂ってる~」
と騒ぎ始めたので、大きな地震は必ず来ると踏み、コメント欄では訂正のコメントを出さなかった。
 
 熊本地震が起こる直前、国会でTPPの審議が行われようとしていたのだが、政府は外交交渉過程を全く明かさず、明かしても殆ど黒塗りをにして出し、これではなんのための国会審議かという事で与野党が揉めていた。その直後に熊本地震なのだから、これは国会に対して「TPPを無条件で承認しろ」と言っているような物だと考えた方がいい。
 
 熊本地震では最初に発生した地震が益城町で震度7であり、その後の余震で起こった物が本震であった。本震の地震エネルギーは阪神淡路大震災の地震エネルギーの「1.7倍」になるという。だから前震で死者が少なかったにも拘らず、本震では死者の数が一気に増えたのである。だから熊本地震は、
 
「熊本大震災」
 
と名称を変更すべきであって、政府は激甚災害に指定して、政府の主導で震災の処理に当たった方がいい。
 
 前震では震源の深さが10キロだから、これなら人工的に掘る事が充分に可能であり、地下に核爆弾を埋め、そして爆発させた可能性が高い。大体、地震の揺れ方が普通の地震の揺れ方ではなく、核爆弾を使った揺れ方に非常に近い。4月14日は合計すると「18」になるので、イルミナティの仕業と見てほぼ間違いない。「18」というのは魔術的に「破壊」を意味する数字なのである。
 
●狙われたのは「坂本哲志」衆議院議員
 
 俺は最初、益城町の町長「西村博則」が狙われたのではないかと思った。しかし調べてみると、なぜだか情報収集が出来ない状態にあるので、今の所は「保留」としておく。益城町に何か問題があるとするなら、熊本市に編入する事を町民たちが住民投票で拒んだ事であろう。
 
 熊本県知事の「蒲島郁夫」も何か狙われる事があったのではないかと調べてみたのだが、ハーバード大学の大学院を出た事や、自民党の支援を受けながらも自民党員ではない事が気にかかるが、確たる証拠がないので、今の所、これも「保留」とするしかない。因みに被災者に水や食料や医薬品が届かないのは、この蒲島郁夫知事がボランティアの受け入れを止めているからである。何かとんでもない悪意がないと、こういう事は出来ないであろう。
 
「じゃあ、一体誰が狙われた?」という事に成る。
 
 そこで調べまくったら、思わぬ人物が出て来た。それは衆議院議員の「坂本哲志」で、この人物は「衆議院農林水産委員長」をやった事があり、彼の選挙区は熊本県3区であり、この熊本県3区に益城町は含まれていたのである。これで解った。イルミナティは「TPPを無条件承認しろ」と、坂本哲志に脅しをかけたのである。
 
 坂本哲志は「TPP交渉における国益を守り抜く会」に所属しており、しかも親中派の人物なので、イルミナティとしてはこの人物を辞職や殺害に追い込む事になんの躊躇もしない。熊本地震の死傷者や罹災者たちには堪った物ではないが、熊本地震の真相はそういう事なのである。
 
 熊本地震では東日本大震災の時と違って、政府も熊本県も益城町もちゃんとした対応を取っているのだが、しかし現時点では政府は激甚災害の指定を出していない。恐らく裏では政治の戦いが行われており、蒲島郁夫と坂本哲志が退職する事を条件に、激甚災害の指定を出すという交渉が行われているのではないだろうか?
 
●阿蘇山の噴火が引き起こされる事も
 
 阿蘇山は熊本地震の前に地面が盛り上がるという現象を見せていたし、本震では阿蘇神社の拝殿が倒壊したので、阿蘇山の噴火が起こる可能性が出て来た。というか、イルミナティは阿蘇山の噴火を引き起こすために熊本地震を引き起こしたのであり、熊本地震だけに囚われていると、最悪の結果を招く事に成ってしまう。
 
 熊本地震で地盤が弱り、そこに雨が降って更に弱く成り、そして阿蘇山が噴火を起こせば、火砕流が阿蘇山周辺の集落を襲う事に成るであろう。とにかく今は阿蘇山周辺を立ち入り禁止にして、阿蘇山が鎮まるまで待つしかない。避難所に火砕流が襲い掛かれば、死者の数は一気に増える事に成る。
 
 九州で大きな地震が起こった場合、関西地方でも大きな地震が起こるのだが、しかし今回の地震は、本来、関東地方で起こる筈だった物を九州に持っていった物だから、関東地方の方が危険度は高い事になる。うちの姉は熊本地震が起こった後、
「関東地方でも起きないかな~」
と心配していたし、インターネットを調べてみると関東地方での地震を予知している連中がいたりする。
 
 イルミナティとしては、
「阿蘇山の大噴火」
    ↓
「東京大震災」
    ↓
「福島第一原発での再汚染」
というシナリオがあるらしく、阿蘇山で大噴火が起これば、次は東京大震災という事に成る。そして東京大震災が起これば、その次は東北地方で大きな地震を引き起こして、福島第一原発に更なる打撃を与えるのであろう。
 
 気にかかる事が1つあり、それは熊本地震が起こる前に核サミットがあり、「核爆弾テロを如何に防ぐか」について話し合われたという事だ。今、核爆弾テロをやる可能性がある連中といえば「IS]か「北朝鮮」なので、本当に核爆弾テロが起こるかもしれない。幾ら熊本地震が起こったからといって、震災のニュースばかりが流れ、海外のニュースが流れないのは、非常に危険だと言っていい。

| | コメント (15) | トラックバック (0)