日記・コラム・つぶやき

キキララさんへの運命鑑定

キキララさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
1.適職
「営業事務を短大新卒の頃から正社員でしています。12年目になります。2回、産休、育休ももらっていていい会社ですが、私の希望で時短にせずフルタイムの残業なしで働いています。若い頃は夜中まで仕事をするほど頑張っていましたが、もう仕事は同僚へ手放したので毎日、仕事が少なくて暇なのが苦痛です。しかも新年度からある会社を買収した為、支社が合併します。こちらが買収側なのできられたりはないのですが、事務員が2倍になり、もっと手が余りそうです。私は仕事が山積みなのが好きなので毎日暇な職場にいくのが辛い日もあります。子供が大きくなればまた仕事も増えるかと思いますが一度も転職したことがなく、不安です。
1年前くらいに手相をみてもらう機会があり、文才がある、海外に縁があるといわれました。アロマに興味があって自営とかも考えたことはありますが、今は育児と仕事でアロマを炊くことすらできていません。小説は短めな児童文学からかいてみたら入選したので少し自信がでてきました。小説家で成功しているといえばミステリー作家が多いかと思いますが、ミステリーは興味もなく、書かないので小説家になって食べていけるかとなるとまた話が違ってきます。なので現実的に考えると今の仕事をしたほうがいいのかなと悶々とします。
また入賞の件、ありがとうございます^^どちらかというと絵本に近い賞なので、次回から児童文学をかいてみたいですが、6万文字でも私はひぃひぃいってしまいます・・・(笑)小説をかくということはアイデアがあっても、与えられた文字数の中で、綺麗におさまりよくかくというのは大変ですね。
大手の出版社というと、タマティー様的にはどこと考えますか?ネットで検索すると、早速来年からどんどん応募要項があったので、どこに応募してみようか迷います。
しかしフルタイムで授乳中なので夜更かしは我慢している為、身をけずって小説を書く時期ではないと判断はしているので、応募作も応募する場所も未定ですが・・・
短編ならかけたので、来年1月のアンデルセンの絵本に応募してみようと思っています^^
現代小説も好きなので迷っていますが、どの路線でいくかご教授いただけたら幸いです。」
 
結婚による改姓で、30歳以降は仕事に家事に育児に忙しい人生を送る事になります。
仕事は現在育児中なので、現状維持に努めた方がいいですよ。
 
それと改姓で文才が出て来てしまったんです。
しかもかなり出来のいい作品を作れる可能性があります。
やるなら絵本がいいでしょう。絵本なら短時間で作れますので。しかも日本にはあんまりいい絵本はありませんから競争相手は非常に少ないんですよ。
 
大手の出版社は「講談社」(文藝春秋」「新潮社」「小学館」「集英社」「角川書店」「河出書房新社」です。
徳間書店は規模的には充分大きいのですが、なぜだか排除されてしまっています。
大手の出版社だと社員は全員一流大学卒の人たちなので、絵本だと児童文学とかに価値を見出さないんですよ。
 
児童文学だと「福音館書店」と「ポプラ社」だけど、必ずしも出来がいい物ばかり出しているとは限らないので気を付けた方がいいです。
育児ネタであるなら、主婦向けに雑誌を出している出版社でも可能になってくるので、あんまり狭く考えない方がいいでしょう。
 
 
2.実家の問題
「私は一人っ子です。昔から自立心が高いのか両親の過干渉が嫌だった記憶があります。そつなく両親とはいい距離で今付き合えていますが、距離が近いとイライラして、あまり好きではありません。母親はしっかりした人で厳しいと思っていましたが自身が大人になると頑固で融通がきかず、ヒステリックな人に思えてくるようになりました。幼少期から両親の仲は悪く、私は母親っ子だったので父親とはあまり仲良くしていませんでした。母親が今、精神的に参っていて、離婚したいの一点張りです。色々問題があるようですが私には話せない、といわれていてどんな問題なのか聞くのが怖いです。
幼少期によくみたケンカは、父親が肝心な話や情報を話さずに問題になって、母親が一方的にきゃんきゃん怒るパターンが多かったです。そういう時にいつも父親は黙っているだけです。
子供心に嫌な気持ちになったものです。しきりに母親は離婚といっていて、私も離婚してほしいくらいでした。とくにお金のことでもめていることが多かったように思います。私は社会人になっても実家にいたのですが、保険の年払いが支払えないからと30万ほどあげた記憶があります。いつもお金で争う両親は嫌いでした。
私のために離婚はしなかったようで、今は夫婦二人なので離婚したいといっています。ただ母親は無職なので一人で生活するというのはいささか難しい気がしています。こちらも応援してあげられる資金もありません。父親が死ぬのを毎日まっているようです(結婚してから迷惑ばかりかけさせられた、苦労させられたから最後くらいは遺族年金や保険で幸せに暮らしたいそうです)今は私の子供の面倒を見てもらうこともあるのである程度距離を保ちつつ、両親とうまく付き合っていますが、2人をどうとりもてばいいのか、どうしてあげればいいのかわかりません。
ちなみに私はどちらと霊線がつながっていますか?
また実家は2014年頃に引越しをしましたが(賃貸)家相がよくないのか、日もあまり入らず、家が重たい雰囲気です。母親は天日干しが大好きなので、それもあって参っているのかと思われます。
私も実家に泊まる度に風邪をひきます。(実家が引っ越す前はそんなことなかったです)一度お寺さんに引越しの相談をしたのですが(相談したのは実家ではなく我が家)、南西に引越したかったのですが(保育園の経路上)南西は私と長女が体調が悪くなるからやめといたほうがいい、といわれました。ちょうど実家が我が家からみて南西にあたります。それと関係ありますか?さらに引っ越した後で、父親が18歳から勤めていた会社を辞めて、一年ほど無職の状態が続き、母親はいつも怒っていました。父親自身が再就職先を決めなければならないので、愚痴愚痴本人に文句をいったり責めたりするな、とアドバイスはしたのですが。やっと最近仕事が決まって一息ついたところです。一時は父親が自殺するなんていいだしたので、大変でした。
また実家の引越し先のマンションの大家が、プライベートなことまで細々監視されているようでおかしくなりそう、と母親はいつも愚痴っていて、だいぶ参っているようです。毎夜、父親とその家のことで不安なのか、更年期なのか、眠れないらしくておかしくなりそう、と母親から愚痴られていますが問題の内容を詳しく知らない私はどうしてあげることもできず、ただ愚痴をいわれることも疲れてきました。
両親ともに私から見るとネガティブで、ずっと一緒にいるとイライラします。なので実家に帰るのは一ヶ月に一度くらいで、逆に嫁ぎ先の義実家には毎週土曜日に帰っています。義両親はいわゆる世間でいえば老害といわれる団塊世代ですが、陽気なのか私には義両親の方が気が合う気がしています。相性もみていただけますか?」
 
キキララさんの霊線は父親と繋がっています。
但し、父親との相性は悪いです。
相性の悪さは母親もで、あんまり実家に寄り付かない方がいいでしょう。
 
家相もあるだろうけど、結婚してキキララさんに変化が出て来たので、実家に行くと風邪をひいてしまうのかもしれませんね。
 
義父母との相性は物凄くいいです。
義父母共々、キキララさんの能力や運気を最大限に引き出してくれます。
但し、旦那さんは両親から離れたがっており、両親とは距離を置いた方がいいです。
 
3.私の名前の由来
「かしこい子になるように、だったような気がしますがタマティー様からみた由来も知りたいです。(確か以前、西野カナについてかいていた時に勉強もさせてもらってはいるのですが、漢字などは違うので・・ちなみにカナはだいたいブスってかいてた記憶があるので笑いました(笑)」
 
ブスなのは西野カナの事であって、尤も最近は綺麗になってきました。
 
「賢い子」ではなく、本来の意味は「愛おしい」です。
両親にしてみれば、愛おしかったのでしょう。
親子の相性は悪くても、自分が愛された以上、それなりの愛情を注ぐ事は必要ですよ。
 
字相の方は「心身の均整が取れていて、心身ともに美しい」という意味なので、自分がデブデブになってしまったり、良からぬ事を考えると、悲劇が発生します。
取り敢えず、普段着、特に自宅で着る服には注意した方がいいです。その服がだらないしと、徐々に心身が崩れていってしまうので。

4.引越しについて
「2とかぶるのですが、保育園の送り迎えの関係上、南西の地域に住みたいのですがいい賃貸が見つかりません。長い間見つからないので縁がないのかと思っています。主人も引越したがってはいますが、なかなかないので来年も難しいのかなと思っています。長男の小学校入学まで後数年はありますが、そろそろ学区も考えなくちゃいけないと思っています。どうしたらいいでしょうか?」
 
旦那さんは仕事で忙しいので、どうしても家探しには時間を割けません。
だからキキララさん自身があちこち探し回らないと、見つからないでしょう。
いい物件があれば、休日とかに夫婦で見に行くようにすれば、いずれ最善の物が見つかります。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

ぷ~さんへの運命鑑定

ぷ~さん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
「父が1年間闘病の末、11月に亡くなりました。
肺ガンでしたが、左の肺を全摘し、苦しいまま亡くなりました。
父を助けるすべはなかったのでしょうか。
寿命だったのでしょうか?
苦しんで亡くなっても、なくなったあとはその苦しみから解放されるのでしょうか?
 
●肺の病
 肺癌は「喫煙」とか「大気汚染」とかが原因で起こるのですが、年齢の事を考えると、仕方のない部分もあります。
 男性は70代前半で免疫力が激減するので、その時期に癌を発症する事は充分にありえ、もうちょい自分の健康を気遣えば長生きできたでしょう。
 
 宗教的には、「肺の病に罹る人は〈ハイ〉と言えなかった」という物があります。
 多分、お父さんは姉さん女房を貰っているので、自分の奥さんに少し遠慮していた物があったのでしょう。
 夫婦の相性はいいのですが、年齢差ゆえに、自分が言いたくても言えない事があったんだと思います。
 
 ぷ~さんとお父さんの相性は実にいいので、どうしてもぷ~さんは父親の看病をしなければならなかった関係にあります。
 助けるすべはあったろうけど、癌に罹る人は頑固者が多いので、娘が進言しても、父親が聞き入れるとは限りません。
 嫁に行ってしまった以上、自分ができる事は物凄く限られていますよ。
 
 病死した以上、天寿とはいえませんね。天寿を全うするというのは、本当に老衰で綺麗に死んでいきます。
 老後の健康を充分に気遣っていれば、後10年でも20年でも生きた事でしょう。
 ま、年を取ったら、とにかく歩く事ですな。それと肉と魚をしっかりと食べる事です。
 
 病死した場合、死後、その病苦からは解放されます。
 但し、突如死んでしまった場合、すぐさま霊界に行けず、その手前の幽界という所で彷徨ってしまう事もあるので、どう死んだかは重要ですね。
 遺族が追善供養をすると、霊魂に霊力を与えるので、それで巧く霊界に行く事できるようになるんですよ。
 
 お父さんは死んだけど、49日までは霊魂の状態でこの世に留まっています。
 摩訶不思議な現象が起こる事も有り得るので、些細な変化を見逃さない事です。
 ぷ~さんの名前には「巫女」の意味が含まれているので、もしかしたらお父さんは何かを伝えて来るかもしれませんよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第一回 日本全国地方ガセネタ大賞

●日本全国地方ガセネタ大賞
 日本全国地方ガセネタ大賞とは、地方にあるガセネタを集め、その中から特に優れた物を表彰する物である。首都が東京にあるからといって、何事も東京標準で計られたのなら堪った物ではない。地方だから独自の物があって、東京の人から見れば、「え~ッ、信じられない~!」という事をやっているのだ。
 
 それでは結果発表!
 
 
●第五位 「茨城県のゴキブリホイホイは納豆で出来ている」
 ゴキブリホイホイは通常、粘着テープが貼られているのだが、茨城県は納豆が名産なので、納豆が使用されれいる。あのネバネバを使ってゴキブリを退治するのだ。しかし台所の床にゴキブリホイホイを置いておくと、ゴキブリではなく人間がひかっかっていたりする。大体、納豆臭いゴキブリホイホイって、本当に臭そう~。
 
 
●第四位 「山形県はこんにゃく玉が通貨として通用している」
 山形県民はこんにゃくが大好きで、脳味噌はこんにゃくで出来ている。だからこんにゃくを普段から食べる必要性があり、それで毎日食べている。そんなに頻繁に食べられる物だから通貨としても使用され、「こんにゃく玉3個で100円」というレートで取引されているのだ。両替商をやるのに許可は要らず、こんにゃく玉を販売している人なら誰でも出来る。
 
 
●第三位 「京都の女は決して本音を言わない」
 誤解を招かないように先に言っておくが、「京都の女」とは「京都市で生まれ育った女性」の事であって、「京都府の女性」を指さない。京都の女はなぜだか本音を言わない。差し障りのない事を延々と言う癖がある。尤も一体いつ本音を言っているのかは謎であり、これを解明した研究論文は今の所1つもない。
 
 
●第二位 広島県民の中にはカ―プファンではない者が多数居る」
 広島カープが広島市を本拠地にしているからといって、広島県民の全てがカープファンではあるまい。大体、広島県出身者から、広島カープがどうのこうのという話を聞いた事がない。他県の者が相手だから話さないのか、カープファンではないから話さないのか解らないが、とにかく広島市民なら別として、広島県民となれば、広島カープなんてどうでもいいと思っている人たちはかなり居る筈だ。
 
 
●第一位 「大阪人なのに生まれてから一度も人を笑わせた事がない者が居る」
「笑いを取る事」が義務化されている大阪では、「詰まらない大阪人」というのは本当に居場所がない。普段の会話で漫才レベルの物をやっているのだから、本気で笑いを取り行くというのは、相当ハイレベルな事をやっているのである。人を笑わせる能力がない人なら、早い段階でこの競争から降りてしまう事だろう。
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

毎年恒例! 第7回タマティーの超マイナー流行語大賞

●今年の流行語大賞

 今年、流行語は大量で、なんと候補に挙がったのは30個。

アスリートファースト/新しい判断/歩きスマホ/EU離脱/AI/おそ松さん/神ってる/君の名は。/くまモン頑張れ絵/ゲス不倫/斎藤さんだぞ/ジカ熱/シン・ゴジラ/SMAP解散/聖地巡礼/センテンススプリング/タカマツペア/都民ファースト/トランプ現象/パナマ文書/びっくりぽん/文春砲/PPAP/保育園落ちた日本死ね/(僕の)アモーレ/ポケモンGO/マイナス金利/民泊/盛り土/レガシー

 それなのに流行語大賞はなんと、

「神ってる」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!

  俺、使った事がありません。

 流行語大賞は野球に甘い! 日本のスポーツは今やサッカーこそがメインなのだから、スポーツネタで行くなら「アモーレ」だろ。流行語大賞が「アモーレ」になれば、表彰式に中森明菜が出て来たりして。「それは『ミ・アモーレ』だって!」 というツッコミが可能になってくるのだ。

 大体、今年の流行語大賞は「ゲス不倫」じゃないの。それか「ポケモンGO]だよ。流行語大賞の選考委員たちの感覚が一般大衆と完全に遊離してしまっている。「やくみつる」を除いて、選考委員たちを全て変えるべきであろう。流行語の選考は老齢になったらもう無理だよ。

●超マイナー流行語大賞トップ10

 超マイナー流行語大賞というのは、タマティーの超個人的な流行語の中から最も優れた流行語を表彰する物である。

 それでは今年の超マイナー流行語大賞を発表します!

第一位 「おっぱいファースト」

 「おっぱいファースト」とは、おっぱいを最優先にする事。育児では絶対に欠かせない流行語であろう。良質の母乳を出せば、赤ちゃんは健康になり、病気に罹りにくくなる。但し、育児中の母親たちが気を付けるべきは、常におっぱいを出しっ放しにしない事だ。宅急便とかが来るからね。

 「おっぱいを見ればむしゃぶりつく」というのは、考えてみれば、俺は赤ちゃんの頃からやっている。あれから何十年と経つのに、全く進化していない。男性である以上、そうなってしまうのだから、女性たちはどんどんおっぱいを見せて行こう。男性なのに女性のおっぱいに興味がなくなれば、その方が遥かに危険だ。

第二位 「ポコチンGO」

 「ポコチンGO」とは、ゲイの男性たちがハッテン場で相手の男性を捕まえるゲームを言う。男性同士でセックスできるよう了解を取り、相手の男性のパンツを脱がしたのなら、

 「ポコチン、ゲットだぜ!」

と決め台詞を発して、ポコチンを咥える。

第三位 「ゲス不倫特需」

 「ゲス不倫特需」とは、川谷絵音とベッキーのゲス不倫によって発生した特需の事を言う。マスコミででゲス不倫ネタが持ち上がると、必ず「矢口真里」の出番が発生する。不倫を自宅でやり、しかもセックスの最中に旦那に見つかるという、もうこれ以上ありえない失態をやったので、今となってはそれが貴重な収入源。

 「バスクリン」もゲス不倫特需で大儲けできた。マスコミで散々「ゲス不倫」と言われると、なぜだかバスクリンが懐かしくなってしまって買ってしまうという消費者たちが出て来た。できる事なら「バスクリン ベッキー味」「バスクリン ゲスの極み」とか出して欲しかった。CMの際にはベッキーのヌードを使用すべし。

 ゲス不倫ネタで盛り上がっている時、俺は国語辞典の著者たちの本を読み、そこで、

「ゲスる」

なる言葉を見つけてしまった。「ゲスる」とは九州地方の方言で、「嫌らしい」という意味を持つ。だから、この方言を使うと、

「ゲスるショー」:不倫ネタばかりやっているワイドショーの事

「ゲスリマクリティー」:嫌らしい事をやりまくる事

なんて言葉を生み出す事ができる。

第四位 「マジデチュウ」

 「マジデチュウ」とは、「マジでチュウする事」または「マジでチュウするように口を窄めて口の周りの筋肉を鍛える事」を言う。俺は普段、自転車に乗っている時にマジデチュウをやるのだが、そうやって口を鍛えている。こういう事をやっていないと、口が衰えてしまい、はっきりと物が言えなくなってしまうのだ。

 著名な学者さんなんだけど、その人は腹話術師じゃないかと思うほど、全く口が動かないので、話が物凄く聞きづらい。言っている事は正論なんだけど、喋り方でかなり損をしていると思う。特に女性たちはそういう喋り方をされると、聞く耳を持たなくなってしまう。だから口を鍛えておく事は必要。

第五位「SMAP解散予知夢」

 「SMAP解散予知夢」とは、俺が夢の中でキムタクに呼ばれ、メンバー全員の前で、SMAP解散を告げられた予知夢を言う。あの夢は本当にリアルだったので、予知夢を人に話したのだが、その後、SMAP解散報道があったのだから、これまた驚き。SMAPの解散はアイドルが活躍する時代がもう終わったと考えた方がいいかも。

第六位「二の腕ぷる~ん」

「二の腕ぷる~ん」とは、吉木りさの二の腕がぷる~んとなっている事を言う。そのようなブヨブヨの二の腕の持ち主が、芸能ネタの事をあれこれ言う事は問題があり過ぎる。他人に何か言いたいのなら、まずは筋トレでもして、自分の二の腕をどうにかしてから言え。吉木りさの年齢の考えると、そこまで二の腕が緩むのは早すぎる。

第七位「老害タレント」

 「老害タレント」とは、老害を垂れ流しているタレントの事を言う。具体的には「みのもんた」「和田アキ子」「明石家さんま」などの事を指す。ギャラが高額なくせには、この人たちが出て来ると全く面白くない。高齢化社会では芸能界でも老害は発声するのであって、或る年齢に達したら、早目に引退させた方がいい。

 俺は「お笑い芸人50歳定年説」というのを発見した。お笑いに最も敏感なのは女子高校生たちだから、高校三年生が「18歳」なので、30歳でひと昔ゆえに、お笑い番組の司会者は「48歳」、切り上げて「50歳」を限界と考えた方がいい。50歳を超えると、どうしても女子高校生たちの考えている事や言っている事が解らなくなってくるので、それでお笑い番組の司会者としてはもう不適格になってしまうのである。

第八位「テレビ漂流ゴミ」

 「テレビ漂流ゴミ」とは、テレビの中で漂流しているゴミのようなタレントの事を言う。具体的には「古舘伊知郎」を指す。まず「報道ステーション」の司会を長らく務めたのに、バラエティ番組に出て来るというのは無理がありすぎ。それに彼みたいに喋り過ぎてしまうと、他のタレントたちが喋れなくなってしまうので、それで番組が本当に詰まらなくなってしまう。ゴミなんだから早く消えて欲しい。

第九位「拝みシャンプー」

 「拝みシャンプー」とは、狩野恵里がモヤさまで披露した、頭上で拝みながらシャンプーする事を言う。これは本当に衝撃的で、礼拝をしながら洗髪を行っているので、洗髪をする度に運が良くなっていく。尤もやるのは面倒臭いので、狩野恵里じゃないと長続きしないのかもしれない。

 この狩野恵里がモヤさまでやったのが「卒業詐欺」。「番組を卒業します」と言った癖に、長々と出続けたので、卒業の価値が激減。卒業するならとっとと卒業して欲しかった。尤も巷では常時「閉店セール」をやっている「閉店詐欺」が存在しているから、卒業詐欺に対してそれほどきつくは言えない。

第十位「引退詐欺」

 「引退詐欺」とは、宮崎駿が引退すると言ったのに、また映画を作り出し、引退宣言が事実上撤回された事を言う。アニメ映画の監督は体力がないとできないので、もう白髪になったら引退でしょう。引退すべき人が引退してくれないと、スタジオジブリでは監督が育たなくなってしまうって。

●敢闘賞 功労賞 奨励賞

 今年は超マイナー流行語も豊作だったので、それで「敢闘賞」「功労賞」「奨励賞」を設けた。

敢闘賞:「ノリコール」

 「ノリコール」とは、モヤさまの三代目女子アナ「福田典子」が何をやっても可愛いので、すぐに「可愛い!」とコールしてしまう事を言う。あんまり美人ではなく、それでいて声が良い。但し何をやっても普通の事しかしないので、逆にそれが好印象。

 但し我が家では、

「狩野恵里の時と対応が全然違う!}

と苦情殺到中。

功労賞:「セクシャル三村」「ミムハラ」「ミムる」

 「セクシャル三村」とは、三村マサカズが猥褻な発言をするキャラに変身する事を言う。尤も常時変身中という噂も。このセクシャル三村が行う物が「ミムハラ」で、三村マサカズが行う嫌がらせを言う。事実上セクハラなんだけど、笑いを取れるから許される物で、普通の人たちは真似しない方がいい。

 「ミムる」とは、ダメ親父になっている男性が、三村マサカズを真似て、猥褻な事を言って笑いを取る事を言う。例えば、「あいつ、ミムりやがってよ~」なんて使われ方をする。性的な事に触れる時は、出来る限り笑いを取ろう。そうしないと真面目な女性たちは、些細な事で怒り出すから。

奨励賞:「バカウィン」

 「バカウィン」とは、ハロウィーンバカたちの事を言う。ハロウィーンを理解してやっているのならいいのだが、全く理解していないでやっているので、傍から見ると本当にバカな行為にしか見えない。普段、詰まらない人たちって、こういう時にとんでもないバカな事を遣り出すから要注意。

 

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (13) | トラックバック (0)

まりこさんへの運命鑑定

まりこさん、それでは運命鑑定行きますね!happy01
 
1.夫の健康、仕事について
旦那さんは家系からの食み出し者だから、父親の下で働けば、精神をおかしくするのは当然ですよ。
会社を辞めるか、その会社を引き継ぐかしないと、病気は治らないですね。
絵を描くのは運勢を強くしますが、飽くまでも趣味でやった方がいい。副業でやってもいいですが、30歳以降は子供向けの絵の方がヒットします。
結婚して親から一応自立したからこそ、旦那さんの身に変化が出て来たんです。
 
2.自身の運命、健康について
まりこさんは故郷から離れる事で運勢が開けてきます。
それにホステスは適職で、様々な人たちと接する仕事は収入を上げるだけでなく、自分自身の実力も鍛える事になるんです。
女性にしては性欲が強い事もあり、性生活を充実していかないと、健康になんらかの悪影響が出て来ます。
また子沢山の星を持って居るので、子供は多く産んだ方がいいです。
食事はとにかく沢山食べるようにする事。かなり太った方が魅力的になります。
 
3.実母との関係について
まりこさんにとって母親との関係は大事で、関係は持った方がいいでしょう。
実母はただ単に面倒だったか、まりこさんの言い方が悪かったか、そのどちらかで、あんまり深く考えない事です。
 
4.義両親との関係について
舅姑の所にはどんどん行った方がいい。
旦那さんが一人になれる時間を確保してあげないと、旦那さんはヘトヘトに成ってしまう事でしょう。
姑さんからは料理を習い、その家の味を覚えた方がいいです。
 
●マタティーからのアドバイス
夫婦の会話は巧く行くんだけど、それは子供たちが居ての事で、子供たちの数が少ないと、どうも相手の事がよく解らないという事になってしまいます。
現在、「四の結界」が張られているので、2年後にもう1人作らないと、どうにもならんです。
因みに二人の子供たちの霊線は全て旦那さんに繋がっています。
旦那さんのパワーは強いし、まりこさんは旦那さんを立てているのでしょう。
尤もまりこさんに繋がっている子がいないので、それで家族は不安定になっているってわけです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まさかのトランプ旋風

●ヒラリー確実だったのに
「今年のタマティーの大予言」ではヒラリーが大統領になると予言しておいたのだが、まさかのトランプ旋風でドナルド・トランプが大統領選に勝利してしまい、45代大統領になる事が決まってしまった。安倍晋三首相が9月に訪米した時、アメリカ合衆国政府から「ヒラリーが次期大統領である」と紹介を受けていた。それなのにたった2ヶ月で大逆転である。
 
 最大の敗因は「ヒラリーの汚職」と「クリントン財団の腐敗」であろう。ヒラリーは結局、汚職の疑いを拭えなかった。クリントン財団の事は夫のビル・クリントンが責めを負うべきだろうが、あのバカが夫なら、もしもヒラリーが勝ってしまえば、再度、ホワイトハウスでセクハラ事件が起こったに違いない。
 
 今回注目すべき事は、「ウィルソン大統領以来、国際投資銀行家たちが選んだ者ではない者が大統領になった」という事である。だからトランプは選挙資金が自前なのであり、これが白人たちの支持をしっかりと掴んだ。しかも選挙戦略が実に巧く、敵陣に乗り込んで切り崩しを図った。更に選挙演説では過激発言を繰り返し、討論会ではヒラリーを打ち負かしたのだから、これなら勝って当然であろう。
 
 トランプの過激発言が問題視されるが、オバマ大統領は「世界の警察官を辞める」と宣言していた以上、だからトランプが「アメリカ第一主義」を唱えるのは別におかしな事ではない。寧ろアメリカ合衆国の覇権が事実上終わったというのに、次のビジョンを描かなかったヒラリーの方に問題があるのだ。
 
 アメリカ合衆国は長く国際投資銀行家たちの支配を受けていたのであり、この連中は全てユダヤ教徒だからこそ、トランプが勝利宣言を行った時、会場からは「USA!」コールが響き渡ったのである。アメリカ人たちの愛国心を刺激したのはトランプなのであって、だからこういう現象が起こったのだ。
 
●ロスチャイルド財閥の大反撃
 今回のトランプの勝利は決して偶然ではない。ロスチャイルド財閥の大反撃が起っており、まずは「パナマ文書」を公開する事で、ユダヤ人以外の金持ちたちを淘汰しようとし、イギリスのEU離脱を引き起こす事で、EUとロシアに戦争させ、再びヨーロッパを焦土に化そうとしている。
 
 ビル・クリントンがロックフェラー家の隠し子である事からも解るように、アメリカ合衆国ではロックフェラー家の影響力が低下してきた。如何なる財閥でも3代が限界であり、4代目以降はどうしても没落していってしまうのである。アメリカ合衆国のマスコミは殆どがロックフェラー財閥に属するので、それでヒラリー有利の報道を最後までし続けたのだ。
 
 トランプ自身はキリスト教徒で改革派に属しているのだが、しかし娘はユダヤ教徒に改宗している。だからロスチャイルド家からすれば全くの赤の他人ではないのだ。恐らく、今回の選挙ではモルガン財閥が動いただろうから、それでトランプが選ばれたのは当然であるといえる。
 
 ロスチャイルド財閥がアメリカ合衆国にして欲しい事は、「ヨーロッパに駐留しているアメリカ軍を撤退させる事」である。第三次世界大戦を引き起こすためには、北大西洋条約機構というのは邪魔でしかなく、これさえ外す事が出来れば、EUとロシアは正面衝突する事になり、これによって第三次世界大戦の火蓋が切って落とされる事に成るのだ。
 
 EUはロシアに様々な経済制裁を加えたのだが、結局、プーチン政権を崩壊させる事ができなかった。プーチンは想像以上に強力な政権を作り上げたのであって、経済制裁が効かない以上、後は戦争しかない。EUとロシアが共倒れになってしまえば、イギリス一国だけが大儲けできるから、イギリスは没落するどころか、再度、覇権を握れる可能性も出て来ているのだ。
 
●アメリカ合衆国の国力低下
 覇権国家は国際貿易を展開する事によって世界中から富を掻き集める。だからアメリカ合衆国は「空前絶後の大繁栄」を実現する事が出来たのである。しかしその反面、工場は外国に移転するようになるから、国内では商品が作られなくなる。せいぜい兵器ぐらいであって、他の商品は競争力をなくしてしまう。
 
 それゆえ覇権国家では国民が徐々に貧乏になっていき、それに応じて国力は低下していく。確かに数字的にはアメリカ合衆国はまだまだ世界ナンバーワンの国家である。ところがもしもアメリカ合衆国と中国の間で戦争が始まれば、確実に負けるであろうとの、軍事予測がなされているのである。
 
 今、アメリカ合衆国がすべき事は、海外に展開している軍隊をできるだけ撤退させ、同盟国には自力で防衛するようにさせていく事であろう。しかしオバマ大統領は何をやったかといえば、日本に対して地震兵器ハープを使用して、東日本大震災や熊本地震を引き起こしたり、核拡散防止という事で日本にあったプルトニウムをごっそり持ち去ってしまったのである。
 
 アメリカ合衆国の民主党は、日本が日露戦争に勝利して以降、首尾一貫して日本を敵国としてきたのであって、だから大東亜戦争の時は民主党のルーズベルト大統領だったわけだし、その後も民主党の大統領が出ると、徹底的に日本叩きをやった。だが中国が次期覇権国家として登場してきた以上、そういう外交政策ではもうダメなのである。
 
 アメリカ合衆国が覇権を維持したいのなら、ヨーロッパではイギリス、東アジアでは日本を絶対に失わない事だ。これさえあれば、大西洋と太平洋の海上権力を握る事ができるので、中国が台頭してきても、なんとか繁栄を維持できる。朝鮮半島は歴史的に中国の勢力下にあったから、韓国のアメリカ軍は撤退させてもいい。
 
 
●日本が取るべき政策
 安倍晋三は憲法改正を主張して衆議院議員選挙で圧勝したのに、オバマ政権から「憲法改正しないように」と言われ、安倍晋三は首相就任後、憲法改正の事には沈黙するようになった。それだけでなく、オバマ政権は日本維新の会の橋下徹を危険視し、政治家を辞めさせるように強要し、本当に政界から引退する事になってしまった。
 
 ところがトランプが大統領になれば、日本は憲法改正を正々堂々と行う事が出来るようになる。中国が軍拡に突っ走っている以上、このまま戦争放棄の規定のある昭和憲法があっては、もしも戦争になった場合、本当に負けてしまう事に成る。中国は尖閣諸島の領有を主張しており、領土の事で揉めれば、いつでも戦争は起こり得るのだ。
 
 トランプが言うように、日本に核武装させれば、アメリカ軍の負担は相当に軽くなる。日本が核武装していないから、アメリカ軍は日本に駐留軍を置かなければならず、これでは時間が経過すればするほど、アメリカ合衆国の国力は低下していく。尤も日本には核実験を行う場所がない以上、核武装するといっても、その核ミサイルはアメリカ合衆国からレンタルする事になるであろう。
 
 日本では70年以上に亘って、学校教育で洗脳が行われてきた。アメリカ合衆国の属国となるために昭和憲法があるのだが、その国辱的な憲法を「平和憲法」だと称して、有難く崇めてきたのである。洗脳が解除されない限り、憲法に関してまともな議論をする事はできないであろう。
 
 それと日本人の民度の低さは相当に深刻である。オバマ大統領の大統領就任演説の本が売れるのに、彼の真意を見抜ける者は誰もいなかった。「Yes,We Can」と言ったオバマが日本に対して一体何をやったかを知れば、全ての日本国民が激怒する事になるであろう。無知だからこそ、アメリカ合衆国のなすがままなのである。
 
●「3つの潰し」が始まる
 今後、「3つの潰し」が始まる。何が潰されるのかといえば、
「ロシア潰し」
「中国潰し」
「北朝鮮潰し」
である。イギリスはあの手この手を使ってロシア潰しを行う事になるであろう。但し、ロシアは現在「人口減少」が起っており、国民の質が物凄く上がっている。絶対に油断できない相手である。
 
 アメリカ合衆国は中国潰しを行う事になるであろう。とにかく次期覇権国家は中国なのであって、中国を今の内に潰しておかないと、アメリカ合衆国は本当に滅亡する事に成ってしまう。中国は一党独裁なのであって、常に国家は1つに纏まっているのであって、アメリカ合衆国の感覚でやれば、とんでもないミスをしてしまう事になるであろう。
 
 北朝鮮は経済が破綻しているので、いつでも潰れていい国家なのだが、なんせ戦争という切り札を持っている。いずれ朝鮮半島からアメリカ軍は撤退するだろうが、その前にやっておかなければならないのは北朝鮮潰しであり、朝鮮半島を統一した上で撤退する事であろう。
 
 民進党は蓮舫を代表にしてしまったが、彼女は台湾出身で中国支持なのだから、政権を取る事は絶望的である。自民党内でも中国と関係を持っている政治家たちは汚職とかでどんどん逮捕されていく事であろう。アメリカ合衆国が大きく外交政策を変化させる時だから、日本は絶対に外交で失敗する事は許されないのだ。
 
 
 日本は現在、安倍晋三が首相になっているので、実にラッキーだったと言っていい。彼なら外交を間違う事はないであろう。但し1つ懸念があるのは、安倍晋三の後継者が誰もいないという事である。日本も首相公選制を導入する事によって、国民の選挙で首相を選出しないと、どうしても小者が首相になってしまい、それではアメリカ合衆国の大統領とまともに付き合っていく事は出来ない。憲法改正では「議院内閣制の廃止」もやらなければならないのだ。
 
 

| | コメント (35) | トラックバック (0)

いとしのミスドデブ

●カフェオレが無料で
 最近、秋の長雨が続き、それなのに用事であちこち出かけなければならず、そのせいか本が溜まってしまった。そこで休日を利用して溜った本を一気に読もうとして読んでいた所、電話がかかってきて、
「サービス券でカフェオレが無料で飲めるからミスタードーナッツに来なさいよ」
と、とある女性作家からお誘いを受けてしまった。
 
「雨、降っているし~」
と俺は断ったのだが、
「いつも本ばかり読んでいないで、たまには外に出て来なさい」
と無理矢理に行く羽目になり、それで急いで支度を整え、ミスドに行った。
 
 サービス券があるので、カフェオレを無料で飲めるのだが、このカフェオレ、ドーナツに合して作られて物で、普通のカフェオレより遥かに薄い。ガムシロップを入れると、どうにか美味く飲める。通の人はミルクを入れるのだが、ミルクを入れたとしても、そんなに美味しくはならない。
 
 このカフェオレ、お代わりも出来るので、2杯も飲んでしまった。マグカップに入っているので、1杯でも充分なのだが、タダという事でお代わりを強制される羽目に。カフェオレはあんまり甘くないので、それでドーナツを2個買う事になった。カフェオレがタダであっても、充分商売が成り立つ訳である。
 
 実を言うと、ミスドに行くのは中学生以来であり、数十年経ってもミスドのドーナッツは相変わらず美味しい。ドーナツ専門でやっているので、ドーナツとしては断トツであろう。尤も客は殆どが女性客で、男性客は俺ともう1人しかいなかった。女性たちには確実に受ける味なのであろう。
 
 
●ミスドデブの特徴
 ミスドの店内を見回してすぐに気付く事は、女性客に於いてデブの比率が異様に高いという事であろう。ドーナッツは糖分と過熱した油なので、栄養的にはマックのハンバーガーよりも偏っている。オヤツとして食べる分にはいいのだが、これを食事として食えば、確実に太る事に成る。
 
 俺はミスドの店内にいるデブたちを、
      「ミスドデブ」
と命名した。
 
 このミスドデブの特徴を5つほどあげてみよう。
 
①ドーナツがとっても大好き
 ドーナツを異様なまでに好きにならないと、あそこまで太る事はできないであろう。というか、ミスドのドーナッツは飽きが来ないように作られているという事なのである。
 
②3サイズが同じ
 ミスドデブは通常のデブであるムーミン型デブではなく、3サイズが同じ数値なるという特殊なデブなので、外観は巨乳と出尻が目立つ。但し、脇腹に巨大なベーコンを巻き付けているからこそ、「あれ、変だな?」と思われる事に成る。
 
③意外とお洒落
 ミスドデブは意外とお洒落。3サイズが同じ数値になると、自分に合った服がなかなか売っていないので、それで必死に探す事になり、それがお洒落度を上げる。単なるデブだと、大きいサイズの服を買ってしまう事に成るので、それでお洒落にはならないのだ。
 但し、喫煙するミスドデブは逆にお洒落ではない。喫煙して酸欠になるので、お店を探し回るだけの体力がないのであろう。
 
④トイレが近いが、用を足すのは速い
 ミスドデブはトイレが近い。なんせ飲み物はお代わり自由なので、沢山飲めば、その分、出るであろう。しかし用を足すのは速いのだ。便所で長居しないので、他の客たちが小便で困るという事はない。
 
⑤ミスドに長居する
 ミスドデブはミスドに長居する。客の回転率の事を考えると良い物ではないのだが、長居できるからこそ何度も来る事に成り、それで経営が巧く成り立つ。マックだと長居すると追い出されてしまうので、だからマックは経営危機に陥ったが、ミスドは経営危機には陥らないのである。
 
 
●なぜデブは否定的扱いを受けるのか?
 デブは全員「巨乳」である。巨乳なのだから、本来なら高い評価を与えられていい。ファッションモデルようなスタイルであっても、脱げば「貧乳」なのだから、戦いをオッパイに限定すれば、デブは必ず勝てるのだ。それなのになぜだかデブは否定的な扱いを受けてしまう。デブたちは或る事をしないからこそ、自ら評価を激減させてしまっているのである。
 
 第一の理由は、
「デブはお洒落じゃないから」
という事であり、食欲が勝ってしまい、ファッションの事を考えなくなってしまうと、デブはお洒落ではなくなってしまう。デブはデブなりお洒落ができるのに、それをしないからこそ、デブである事を非難されてしまうのだ。非難されるとダイエットしようかなという事になるのだが、それは勘違いなのであり、足りない物はお洒落であり、お洒落をしさえすれば評価は高くなっていく。
 
 第二の理由は、
「デブは愛嬌がないから」
という事であり、デブが自分の肥満を卑下してしまえば、愛嬌がなくなるのは当然であろう。デブという事は脂肪が多いので、脂肪からより多くの女性ホルモンが分泌される事に成る。だから痩せている女性たちよりも愛嬌がある筈なのであり、それなのに自分が意図的に愛嬌を潰してしまえば、愛嬌がなくなってしまうのは当たり前であろう。
 
 タレントの柳原加奈子は身長153センチの体重74キロのデブタレなのだが、お洒落だし、愛嬌もあるので、だからタレントとして成功している。因みに彼女の好きな食べ物は、「フライドチキン」「スパゲッティ」「カルボナーラ」「ポテトチップス」「アイスクリーム」であり、どれも食べ過ぎると確実に太る物ばかりである。
 
 ミスドデブたちは御洒落だし愛嬌もあるので、デブであっても否定的な扱いを受ける事はない。尤も自分が自分の体形をどう活かすかなのであり、デブである事を卑下してしまうと、普通のデブたちが味わう悲惨な境遇を味わう事に成る。
 
 
●「デブになるぞ~」
 ミスドのCMでは、
 
「いいことあるぞ~、ミスタードーナッツ」
 
というのがキャッチコピーなのだが、しかしその裏は、
 
「デブになるぞ~、ミスタードーナッツ」
 
なのであり、確かにいい事はあるのだが、ドーナツを食い過ぎればデブになってしまう超危険なお店なのだ。
 
 近年、ぽっちゃり系のファッションがはやったが、ミスドデブはぽっちゃりではない。デブはデブなのであって、その点を絶対に勘違いしてはならない。大体、ドーナツを10個も食っていれば、デブにならない方がおかしいであろう。ミスドは「ドーナツを10個以上食べると太ります」と警告を発しておいた方がいい。
 
 ドーナツは所詮オヤツにしかならない物だと思うのだが、店内にはドーナツで食事している人たちが結構いた。俺はミスドでオヤツした後に、帰宅してカツ丼を食べたのだが、こういう事をしないと太ってしまう事であろう。どう考えてもドーナツでは充分な栄養を取れないので、ドーナツで食事する事はくれぐれも気を付けた方がいい。
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

絶対にテレビでは放送されない震災ニュース

●被災したのに被害のない人たち
 
 自分の周囲にも熊本県出身者はかなり多く居て、自分たちはこっちに出ているけど、両親や兄弟姉妹は熊本県に住んでいるという事になる。だから熊本地震が起こると、
「被害はどうなの?」
と訊く事になるのだが、中には笑ってしまう回答もあって、
「家族で宮古島に旅行中」
というのがあったりした。
 
 確かに熊本県に住んでいるからといって、常に熊本県に居る訳ではなく、旅行する事だって有り得るだろう。旅行中に自宅が被害を受けても、自分たちは旅行中ゆえに安全なので、別にビクともしないのだ。尤も、こういう夫婦がまずしなければならないのは、どうやって帰宅するかなのである。
 
 一番笑えたのが、
「益城町に住んでいるのに、自宅が倒壊しなかった」
という物である。テレビの映像では益城町の家々が全て倒壊してしまった情報が流れているのだが、その人の家は益城町の中心部から離れていたので、倒壊には至らなかった。倒壊した家屋は震源地から近く、瓦屋根を持っている物が多かった。逆に言えば、震源地から巧く離れ、新しい耐震基準で作られて家は倒壊する確率が低いという事なのである。
 
 とは言え、震度7なのだから家の中はメチャクチャになってしまったらしい。そこで、
「何か欲しい物ある?」
と訊いたら、
 
『支援物資よりもカネをくれ」
 
と答えやがった。家があるのに家なき子か! 地震のために物流がストップしてしまったので、とにかく商品がないために、商品が入れば爆買いするしかないとの事であった。
 
 テレビ局の方としては悲惨な映像を流せば流すほど視聴率が取れるから、どうしても現地で悪い情報ばかり取り上げる事に成る。しかし震度7の地震で、死者が50名程度なのだから、家々の倒壊や橋の落下があったにしても、被害は想像以上に軽い。寧ろ熊本県で新しい耐震基準を満たした家屋が異様に少なかったという事の方が問題なのである。
 
 
●オムスビ1個とロケ弁1つ
 
 今回の熊本地震で、俺が最もショックだったのは、被災者たちが避難所で3時間も並んでオムスビ1個しか貰えなかったのに、現地で取材に当たった女子アナにはロケ弁が配られ、そのロケ弁が実に豪華であったという事であった。その女子アナは正々堂々とツィッターにその写真を載せたのだが、人間として当たり前の感覚すらなくなっているのであろう。
 
 テレビ局が取材チームを派遣する以上、ロケ弁は用意していく事になる。現地では食べ物を調達するのすら難しいのだから、ロケ弁を用意する事は当然とは当然だ。しかし現地では食べ物が無い状態なのだから、ロケ弁を食べるにしても、密かに食っていればいいのである。わざわざその情報を公開する事はないのだ。
 
 熊本地震のように大きな地震が起こった時、東京のテレビ局のスタジオで、冷暖房が完備され、食事も食べ放題の状態なら、幾らアナウンサーやコメンテイターたちが喋っても、現地の情報は巧く伝わらないであろう。こういう時は全員が全員、現地に行くべきであって、東京のスタジオで呑気にやっている場合ではないのである。
 
 しかし現地に行けば「食事はどうするんだ?」という事になり、そうなれば被災者たちが食事にありつけないのに、テレビ局の関係者たちだけは食事にありつけ、しかもその食事は豪華な物になっているのだから、これでなんの矛盾も感じない訳にはいかないであろう。これはアナウンサーたちに「食事をオムスビ1個にしろ」と言っているのではない。アナウンサーたちは被災者たちの感情を理解していないと、とんでもない間違いを引き起こしてしまうという事なのである。
 
 みのもんたなんかは、こんな大事な時にツィッターを始めたのだが、
「自衛隊にはきちんとやって欲しい」
とコメントして、ネット界から猛反発を食らってしまった。テレビ業界に長年いると、どうしても人間としての当たり前の感情がマヒしてしまうのであろう。大体、みのもんたなんかは、東日本大震災が起こった夜にはキャバクラに行って酒を飲んでいて、キャバクラ嬢から、
「こんな所にいていいの?」
と叱られたくらいなのである。
 
 
●熊本県民の県民性
 
 今回の地震で、非常事態だというのに、熊本県知事が政府に盾突いたり、避難所に避難者たちが殺到して大混乱になってしまい、「同じ日本人なのにどうも違うな~」と思った人たちは結構多い。それもその筈、熊本県は古代に於いて球磨族がいた所で、「難治」と言われた場所だからだ。
 
 中国の三国時代に於いて、呉の孫権が琉球遠征を行うのだが、それによって難民たちが肥後の国にやってきて定住してしまった。これを撃退するために邪馬台国が戦争を行ったが、逆に戦争に負けてしまい、それで近畿地方から大和朝廷に攻め込まれ、滅ぼされてしまった。しかしその大和朝廷も球磨族の統治には苦戦し、仲哀天皇は球磨族征伐の時に流れ矢に当たり、戦死している。
 
 江戸時代には細川家が統治し「手永制」を導入して分割統治した。このために統治は巧く行ったが、熊本の人たちは組織戦が非常に下手糞になってしまった。因みに、熊本県でも熊本藩とは別に人吉藩があったのだが、この地方の人たちは手永制がなかったので、組織戦が下手糞ではない。
 
 熊本県民の県民性は、男性は短気で強情で、議論が大好きという、最悪の県民性である。明治期に熊本バンドというキリスト教プロテスタントの一派が出て来て、この連中が新島襄の同志社に入ると、同支社を滅茶苦茶にしてしまった。熊本県出身の男性たちを甘く見ると、とんでもない目に遭ってしまう事に成る。
 
 熊本県の女性たちは、控え目で忍耐強いの特徴で、女性たちの能力は高い。しかし熊本県は男尊女卑の風潮が強いので、フェミニズムの蔓延度高い。だから避難所でテキパキと働く既婚女性たちがいる一方で、独身女性たちはバラバラになってしまい、効果的な働きが全く出来なかったのである。
 
 熊本県民は男女共々「衝動買い」する傾向が強く、貯金するのは下手糞。このためお金がないばっかりに避難所で飲食物にありつこうという連中が殺到してしまった。今後、崩壊した家屋を再建していかなければならないのだが、貯金がない人たちが多い以上、政府は仮設住宅を作るのではなく、いっその事、マンションを作ってしまい、それを格安の値段で払い下げるという事をした方がいい。
 
●非常事態では「断食しろ!」
 
 避難所ではオムスビ1個を貰うのに3時間も並んだりしたのだが、3時間も並べばもう何もする気力が起こらなくなってしまう。俺があの光景を見てつくづく思ったのは、
「非常事態では断食をしろ!」
という事である。人間は3日間、何も飲み食いしなくても生きていける。非常事態なのだから飲食などしていないで、他の事をすべきなのだ。
 
 大体、非常事態に食事をする動物はいない。ライオンだって火事などで住む場所を追われれば、逃げるのに必死になり獲物を捕らえて食べようとはしない。動物というのはそういう物なのであって、なんで人間たちだけが非常事態なのに飲食をしているんだって話になる。
 
 それなのにどうして非常事態に飲食をするのかというと、人間は緊張を解くために飲食をしてしまうのだ。地震は滅多に起こる物ではないので、突如、大地震を経験してしまうと、思いっきり緊張してしまい、別にお腹が空いている訳でもないのに、飯が欲しく成ってしまう。とはいっても、余震が続く中では緊張を解く事など出来ないのであって、暫くの間は緊張し続けた方がいいのである。
 
 どの大地震でも1週間後には水と食料が行き渡るようになっている。だったらその間は断食したり、少食に徹したりして、出来る限りまともな食事をしないようにし、その代り、食事にかける時間を他にすべき事の時間に充てて、被害を最小限度に抑えるようにした方がいいのだ。
 
 普段、断食していない人たちが非常事態に断食しろと言われてもしないだろうから、だから平時の段階で断食を行い、断食に馴れておくようにすべきなのである。断食になれていないからこそ、非常事態では断食などできず、数時間も並んで、僅かな食べ物を貰うという事をしてしまうのだ。非常事態では食べ物よりも時間の方が大事という事を考えると、断食しないという事は実に愚かな事をやってしまう事に成るのである。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

緊急特集「熊本地震の真相」

●溜めに溜め込んでの大地震
 
『タマティー天使の今年の大予言』では阿蘇山の噴火や阿蘇山周辺で地震が起こる事を予言していたのだが、本当に熊本地震が起こってしまい、阿蘇山も小規模ながら噴火している。俺は「大予言」だけでなく、2月末の段階で関東地方で地震が起こる事を「予知」し、それをコメント欄で伝えていた。
 
 しかし本来なら、関東地方で震度5か震度6程度の物が起こる筈だったのに、地震は一向に起こらなかった。地震雲は千葉県から静岡県まで広がり、しかも形はしっかりとした物だったので、あれで地震が起こらないというのは絶対におかしい。そうこうしている間に、うちの姉が倒れて寝たきりになり、
「地球の磁場が狂ってる~」
と騒ぎ始めたので、大きな地震は必ず来ると踏み、コメント欄では訂正のコメントを出さなかった。
 
 熊本地震が起こる直前、国会でTPPの審議が行われようとしていたのだが、政府は外交交渉過程を全く明かさず、明かしても殆ど黒塗りをにして出し、これではなんのための国会審議かという事で与野党が揉めていた。その直後に熊本地震なのだから、これは国会に対して「TPPを無条件で承認しろ」と言っているような物だと考えた方がいい。
 
 熊本地震では最初に発生した地震が益城町で震度7であり、その後の余震で起こった物が本震であった。本震の地震エネルギーは阪神淡路大震災の地震エネルギーの「1.7倍」になるという。だから前震で死者が少なかったにも拘らず、本震では死者の数が一気に増えたのである。だから熊本地震は、
 
「熊本大震災」
 
と名称を変更すべきであって、政府は激甚災害に指定して、政府の主導で震災の処理に当たった方がいい。
 
 前震では震源の深さが10キロだから、これなら人工的に掘る事が充分に可能であり、地下に核爆弾を埋め、そして爆発させた可能性が高い。大体、地震の揺れ方が普通の地震の揺れ方ではなく、核爆弾を使った揺れ方に非常に近い。4月14日は合計すると「18」になるので、イルミナティの仕業と見てほぼ間違いない。「18」というのは魔術的に「破壊」を意味する数字なのである。
 
●狙われたのは「坂本哲志」衆議院議員
 
 俺は最初、益城町の町長「西村博則」が狙われたのではないかと思った。しかし調べてみると、なぜだか情報収集が出来ない状態にあるので、今の所は「保留」としておく。益城町に何か問題があるとするなら、熊本市に編入する事を町民たちが住民投票で拒んだ事であろう。
 
 熊本県知事の「蒲島郁夫」も何か狙われる事があったのではないかと調べてみたのだが、ハーバード大学の大学院を出た事や、自民党の支援を受けながらも自民党員ではない事が気にかかるが、確たる証拠がないので、今の所、これも「保留」とするしかない。因みに被災者に水や食料や医薬品が届かないのは、この蒲島郁夫知事がボランティアの受け入れを止めているからである。何かとんでもない悪意がないと、こういう事は出来ないであろう。
 
「じゃあ、一体誰が狙われた?」という事に成る。
 
 そこで調べまくったら、思わぬ人物が出て来た。それは衆議院議員の「坂本哲志」で、この人物は「衆議院農林水産委員長」をやった事があり、彼の選挙区は熊本県3区であり、この熊本県3区に益城町は含まれていたのである。これで解った。イルミナティは「TPPを無条件承認しろ」と、坂本哲志に脅しをかけたのである。
 
 坂本哲志は「TPP交渉における国益を守り抜く会」に所属しており、しかも親中派の人物なので、イルミナティとしてはこの人物を辞職や殺害に追い込む事になんの躊躇もしない。熊本地震の死傷者や罹災者たちには堪った物ではないが、熊本地震の真相はそういう事なのである。
 
 熊本地震では東日本大震災の時と違って、政府も熊本県も益城町もちゃんとした対応を取っているのだが、しかし現時点では政府は激甚災害の指定を出していない。恐らく裏では政治の戦いが行われており、蒲島郁夫と坂本哲志が退職する事を条件に、激甚災害の指定を出すという交渉が行われているのではないだろうか?
 
●阿蘇山の噴火が引き起こされる事も
 
 阿蘇山は熊本地震の前に地面が盛り上がるという現象を見せていたし、本震では阿蘇神社の拝殿が倒壊したので、阿蘇山の噴火が起こる可能性が出て来た。というか、イルミナティは阿蘇山の噴火を引き起こすために熊本地震を引き起こしたのであり、熊本地震だけに囚われていると、最悪の結果を招く事に成ってしまう。
 
 熊本地震で地盤が弱り、そこに雨が降って更に弱く成り、そして阿蘇山が噴火を起こせば、火砕流が阿蘇山周辺の集落を襲う事に成るであろう。とにかく今は阿蘇山周辺を立ち入り禁止にして、阿蘇山が鎮まるまで待つしかない。避難所に火砕流が襲い掛かれば、死者の数は一気に増える事に成る。
 
 九州で大きな地震が起こった場合、関西地方でも大きな地震が起こるのだが、しかし今回の地震は、本来、関東地方で起こる筈だった物を九州に持っていった物だから、関東地方の方が危険度は高い事になる。うちの姉は熊本地震が起こった後、
「関東地方でも起きないかな~」
と心配していたし、インターネットを調べてみると関東地方での地震を予知している連中がいたりする。
 
 イルミナティとしては、
「阿蘇山の大噴火」
    ↓
「東京大震災」
    ↓
「福島第一原発での再汚染」
というシナリオがあるらしく、阿蘇山で大噴火が起これば、次は東京大震災という事に成る。そして東京大震災が起これば、その次は東北地方で大きな地震を引き起こして、福島第一原発に更なる打撃を与えるのであろう。
 
 気にかかる事が1つあり、それは熊本地震が起こる前に核サミットがあり、「核爆弾テロを如何に防ぐか」について話し合われたという事だ。今、核爆弾テロをやる可能性がある連中といえば「IS]か「北朝鮮」なので、本当に核爆弾テロが起こるかもしれない。幾ら熊本地震が起こったからといって、震災のニュースばかりが流れ、海外のニュースが流れないのは、非常に危険だと言っていい。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

ここがヘンだよ、オスカル!

●女の友人を作らない
 
『ベルサイユのばら』の中で、オスカルは一番魅力的な存在なのだが、オスカルほど変な女はいない。女性として生まれながら、跡取りの問題で父親から男として育てられ、近衛士官になっているのが変なのではなく、人間が成長していくに当たって当然にすべき事をしていないから、実に変なのである。
 
 オスカルはなぜだか友人という者を作らない。オスカルの人間関係の基本は「上下関係」であり、「対等」に接する事ができない。アンドレは幼馴染ゆえに親しく接しているが、それでも伯爵令嬢と馬丁の関係がある事を前提に付き合っているにすぎない。唯一、最初から対等に接触したのはフェルゼンなのだが、彼は外国人であり、しかも伯爵という事で、実はオスカルと階級位が同じなのだ。それでフェルゼンだけは特別扱いなのである。
 
 フェルゼンは友人としてオスカルと付き合っているのだが、所詮、オスカルは女性ゆえに、どうしてもフェルゼンに対して友情以上の物を持ってしまい、それで関係が崩れしまう。アンドレもオスカルの事を女性だと意識するようになってから、友情以上の物を持ってしまい、それで関係が崩れてしまった。だからオスカルは男性たちと友情を築けなかったということになる。
 
 オスカルは男性たちとだけでなく、女性たちとも対等に接しない。アントワネットはオスカルの事が好きになり、自分のサロンに来るように誘うのだが、オスカルはその誘いを断ってしまう。このため後に、オスカルはアントワネットの心の内を理解する事が出来なくなり、それで近衛連隊隊長を辞める羽目になってしまう。
 
 女性は思春期に「親女」を作り、「永遠の友情」を獲得していく。永遠の友情があればこそ、その後、突如として恋愛可能な男性と巡り合い、恋をする事になる。『ベルサイユのばら』の中で、オスカルの親友になれる女性はマリーアントワネットしかいないので、オスカルがアントワネットと親友に成れなかった事は、オスカルの恋愛を不可能にさせてしまったのである。
 
●幼馴染とのセックスは身の破滅を引き起こす
 
 オスカルに女の友人が出来なかったのは、自分が父親から男として育てられたからかもしれないが、そうであったとしても、親友を持たない以上、恋愛は不可能であり、だったら恋愛などせずに仕事だけをして生きて行けばいい。物語の中で一時期、この決意をするのだが、結局はアンドレの思いに押し切られ、人生で最初で最後のセックスをしてしまう。
 
 幼馴染とのセックスは身の破滅を齎す事に成る。なぜなら「自分は何も成長していませんでした」ということになってしまうからだ。もしも幼馴染と何かしらの縁があれば、10代の時にセックスをしている筈である。そういう事がないなら、もう縁は何もないのであって、後は切り捨てて行けばいいだけの事なのである。
 
 女性の読者たちであるなら、オスカルとアンドレが結ばれるシーンは涙なくして読めないだろう。しかし男性の読者たちは「こんな物は恋愛でもなんでもない!」と見抜いてしまう事だろう。なぜならアンドレにはオスカルを不自然な生き方から解放してあげる力を持っていないからだ。
 
 男の子も女の子も、幼い時にはそんなに差はない。しかし大きくなればなるほど、差がはっきりと出て来る。どんなに幼馴染であっても、女の子たちの中には美人になり、卓越した能力を持って出世していく奴が出て来る。もうそういう女性には手出しなど出来ないのであって、幼馴染だからといって何かをしようなどというのは無理が有り過ぎるのだ。
 
 もしもアンドレが真剣にオスカルの事を愛しているのなら、オスカルの成長のために我が身を引くべきなのである。事実、ジェローデルは身を引く事で愛の証を示している。アンドレはオスカルとセックスした後に、オスカルの事を全て理解していた筈なのに、実は理解していなかった事に気づく。その直後に射殺されてしまうのだが、幼馴染だからといって、オスカルの事を全て理解していると考える事自体が万死に値する罪なのである。
 
●近衛士官なのに裏切る
 
 オスカルは近衛士官だから、国王と王妃を命に替えても守り通さなければならない立場にある。それなのにオスカルは近衛連隊隊長を辞めて、フランス衛兵隊隊長になり、フランス革命が発生すると、革命側に付くというとんでもない裏切りをやらかしている。オスカルのこの行為が如何に重大な罪であるかは、近衛軍という物がどういう軍隊であるのかを知らなければならない。
 
 フランス王国の軍隊には、
 
「近衛軍」
「陸軍」
「海軍」
「民兵隊」
 
の4種類が存在する。民兵隊は郷土防衛を、陸軍と海軍は国家の防衛を、近衛軍は国王の身辺警護を行う。陸軍と海軍は武装集団なので、クーデターを引き起こして来る可能性が常に有り得る。だから国王は近衛軍を持って陸軍と海軍がクーデターを引き起こせないようにするのである。
 
 国王は近衛軍の将兵が裏切らないように、近衛軍の将兵は良家の出身者たちで固め、採用すれば手厚い身分保障を与えている。オスカルは貴族だからこそ近衛士官になれた訳だし、オスカルがお金に困った事がないのも俸給が高いからなのである。それなのに裏切るのだから、本当にとんでもない事をしてくれたという事に成る。
 
 因みに、史実のバスティーユ襲撃では、守備隊の圧勝に終わっており、群衆の方に98名もの死者が出た。守備隊の死者はたった1名である。しかし守備隊の中に革命側に通じる者がいて、それで開門し、群衆たちが占拠したに過ぎない。フランス衛兵隊が裏切ったという事はない。
 
 古代ローマ帝国が内戦に次ぐ内戦に成ってしまったのは、近衛軍が裏切ったに他ならない。近衛軍が裏切れば、如何に専制君主であっても、弑逆されてしまうものなのである。フランス王国ではバスティーユ襲撃以降、政府が武力鎮圧に踏み切ったのであり、それで革命側が猛反撃を加えて、国王や王妃が処刑されるという最悪の事態になってしまったのだ。
 
●フリーメーソンでないのに自由思想に被れる
 
 物語ではオスカルが自由思想に被れて、それで革命側に走る事に成るのだが、これも実におかしな事であり、これは作者の池田理代子の完全なる錯誤が原因である。彼女はフランス革命を引き起こした自由思想は「サロン」で生まれたと考えていたのだが、確かにサロンで自由思想は活発に交わされたが、自由思想はフリーメーソン団が生み出した物であり、その事を理解できないと、フランス革命を何も理解する事は出来なくなってしまう。
 
 封建社会は縦の繋がりで成り立っているので、横の繋がりを生み出すためにフリーメーソン団が生まれた。フリーメーソン団はイギリスで生まれたのだが、フランスもイギリスと同じく封建社会であったので、それで急速にフリーメーソンたちが増えていった。フリーメーソン団には男性しか加入できないので、オスカルは女性であるために、フリーメーソン団には入会できない。
 
 貴族が庶民に接したからといって自由思想を持つ事はない。フリーメーソン団に入ったからこそ、自由思想を持つ事になる。イギリスはアメリカ独立戦争でフランスに負けたために、フリーメーソン団を通じて革命側に資金を提供し、それでフランス革命を引き起こした。フランスのフリーメーソンたちはまんまとイギリスに利用されただけの事であって、自由思想があればフランス革命が起こるというものではないのだ。
 
 因みに歴史上のフェルゼンはフリーメーソンであり、肖像画には堂々とフリーメーソンの勲章を付けて描かれている。オスカルはフェルゼンを通じて自由思想を知ったというようにした方が、より説得力のある物語になった事であろう。日本ではフランス革命の研究家たちがフランス革命を賛美するだけで、実際に何が起こったかを学術的に解明しないので、それで池田理代子のような錯誤者が出てしまったのである。
 
 フランス革命の際、貴族でありながら革命側に走ってしまった者たちがいた事は事実であるが、オスカルのように正義漢であるなら、最後まで国王や王妃に忠誠を尽くす筈だろう。 オスカルが革命側に走ってしまった事で、オスカルは自己矛盾に陥り、それで呆気なく死んでしまったのである。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧